匂いのいい花束。ANNEXE。

気が付くと……。

e0044929_19442169.jpg
…………………………………………………………………………………………………………………………

最近のこと、フと気が付くと、
パソコンの前に座って3時間くらいモニターに見入っている事があります。
そう、スッカリ定着した「You Tube」で昔の映像を見ているのです。

先ず、最初に見るのは山口百恵……。
僕の永遠のアイドル、日本の歌謡史に燦然と輝く不世出の大スターです。
関連の映像を次から次へと、毎日〜同じ映像を繰り返し見ています。
必ず見るのは、歌謡史きっての貴重な映像である
「ミュージック・フェア」における「Last Song」。この映像は貴重です。
谷村新司による楽曲も素晴らしいけれど、涙ながらに歌い上げる山口百恵の才能、
引退しなかった場合の女優の可能性を示唆する恐ろしいほどの表現力が見られます。

それから死んだ母が

 「お母さんの棺の中にレコードを入れてね。」

と、言っていた、「美・サイレント」。

常日頃、非常にセンスのない衣装で有名だったホリプロ(笑)
まだ十代だと言うのに喪服のような辛気くさい衣装や髪型、
シングル盤一曲に対して基本的に衣装1枚、
それも趣味の悪いデザインに安っぽい生地による最悪なもの。
そんなホリプロが頑張ったか(笑)「美・サイレント」の衣装は凄く良かったです。
キリッと肩パッドが入ったシルキー・ホワイトのジャケットに膝下のタイトスカート。
スカートの後ろにはヒップぎりぎりまで深いスリットが入っています。
えび茶色のヘチマ襟に共布の釦、同色の靴やレース使いも妖艶に、
インナーから手袋まで大人っぽいの一言……ハァ、綺麗。
メイク、髪型、衣装、楽曲、振り付け、伏せ字による歌詞の話題性……。
山口百恵のシングル盤の集大成です。

 「あらぁ……綺麗。お母さんの若い頃ソックリ!」

と、始めて見た時に夕飯の箸を止めて絶句した母の横顔を思い出します(笑)
「お母さんの若い頃ソックリ!」は余計だと思いますが、確かに山口百恵は美しかった。

もう一曲、「ジプシー」と言う言葉が差別用語と言うことで冷遇されている「謝肉祭」。
この曲はいい意味で宇崎龍童と阿木燿子コンビの泥臭い部分が前面に出たシングルです。
当時のアイドルが必死に守った「清純」や「可憐」なんてどこ吹く風(笑)
山口百恵が他のアイドルと一線を画した名曲。

ボンヤリと昔を振り返ってモニターに見入ること数時間。
当時はあまり気にして見ていなかった色々なことが見えて来ます。
ご存知の通り、山口百恵の瞳(二重)は左右対称ではありません。
向かって右からの横顔は意志の強さを表し、
左側からのものは、儚さ、そして、ふてぶてしさを体現します。

そして次から次へと走馬灯のように想い出は廻り、
最後には由紀さおりのこの名曲で締めです。
「恋文」……何と言う美しい曲!
この映像の由紀さおりの美しい顔に髪型!
ポンパドールにドレスと言う和洋折衷の美!正に日本の美!

感受性の鋭いティーンの頃にこう言う美しい女性達を見て育ったのです。
今のけばけばしいだけで没個性、ガサツで知性の欠片も見えない
清潔感ゼロのチャラチャラした若い女性に見向きもしないのは当たり前ですよね(笑)

…………………………………………………………………………………………………………………………

今日の写真は学生時代に僕が描いた山口百恵の肖像画。
その肖像画を「ソフィーの選択」のラストシーンのように加工してみました(笑)


草々

2009年6月5日


ブノワ。


[山口百恵/Momoe Yamaguchi (1959~ )]
[Last Song (1978)]
[美・サイレント (1979)]
[謝肉祭 (1979)]

[谷村新司/Shinji Tanimura (1948~ )]
[由紀さおり/Saori Yuki (1948~ )]
[手紙 (1970)]
[宇崎竜童/Ryudo Uzaki (1946~ )]
[阿木燿子/Yoko Aki (1945~ )]
[ソフィーの選択/Sophie's Choice (1982)]

★Copyright © 2005~2009 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2009-06-05 00:00 | Raindrops on roses。 | Comments(19)
Commented by rikiaru at 2009-06-05 14:42
昔がすべてよかったというつもりはないけれど
昔は普通に暮らしていても、小さな子供でも
美しいものにふれる機会が多かった気がします。
みなそうして育って来たのに、どうして安易な方へ美しくない方へ
流れてしまうのかしら。
自分も含めて反省しなければ。

由紀さおりさんの「手紙」1970年の曲なのですね。
私は小学校入学前でしたが、よく覚えています。
古風な手紙の文面がとても印象的でした。
「アズナブル」の意味がわからず「あずなぶる」だと思っていました。「ちはやぶる」のような古い言葉だと思っていたのです。

百恵さんの肖像画、美しいです。
Commented by muming at 2009-06-05 20:30 x
しばしYOU TUBUで遊んできました。本当にあっという間に時間がすぎてしまいますね。
とても懐かしい曲なのに歌詞がすらすらと出てきて…。今流行の曲ではこうはいきません。心にしみる歌なんていうと古臭い感じがするけれど、今も新鮮で感動してしまいました。子供のころに親しんだからといことだけではなく、やはりクオリティの高さなのかな?
曲だけでなく画像も楽しめるっていうのもいいですね。
それにしてもしっとりとした大人の「恋文」、あこがれるけど書かないで一生終わりそうです。
Commented by MAKI at 2009-06-05 22:44 x
YouTube、見出すと止まりません。
最初に辿り着いたとき、見たいものがなんでもある宝の山だと思いました。
私はやっぱりジュリー。
今見ても、ヒットスタジオはすごい番組だと思います。
山口小夜子さんとのコラボのVolare、とてもきれいだったんですけど、まだアップされていないみたい。
昔のサントリー ローヤルのCMシリーズなんかも見つけた時は興奮しました。あと見たいのは、浅岡ルリ子さんが出てた「土曜・日曜・月曜」
というドラマ...

昔のものなら見たいものがいくらでも挙げられるなんて、こんな後ろ向きじゃいけないんですけど、人の時間は限られているのだから、やはり好きなものしか見ていられません。

言われて気付きましたけど、百恵ちゃんの衣装、確かにひどいですね。今の時代ならもっと素敵な衣装が着られたでしょうに。
私も、「謝肉祭」は好きな歌です。
Commented by MAKI at 2009-06-05 23:49 x
すいません、
Volare,
niconicoにて発見しました。
Commented by ムー at 2009-06-06 00:29 x
ブノワ。さんの好きなタイプなんとなくわかりました。
ムーさんが全然そのタイプじゃないこともわかりました(笑)

Last Song 見ましたが凄いですね、
はなもよだれも垂らさず、目からつーっと涙。目薬じゃない涙。
途中から照明が変わりますものね、あれは予定外のあかりですよね絶対に。
百恵さんといえば私は「秋桜」かなー。

you tubeお気に入りはジュリーの「君をのせて」です。
昔の歌ってバラードが多くてう~んせつないわ~~。




Commented by MERYL FAN at 2009-06-06 04:36 x
ブノワ。さん今日は。 毎年夏になると必ず父方の実家へ送り込まれました。 いとこのK子ちゃんは私より1つ上の淳子派、勿論こちらは百恵派ですから2-3日もすれば大喧嘩が始まります。(笑) また悪い事にK子ちゃんは友和のファンでもあった・・・これが引退するまでの数年間、夏の行事でした。 (笑) 2年前に親戚たちと約20年ぶりにあった時、このことで大笑いをしました。 でも当時はお互い真剣だったですけど。 ブノワ。さんのお母様もご自分の青春時代と重ねてご覧になっていたんですよね。 メリルの「ソフィーの選択」バージョンの百恵ちゃんの写真きれいです。 このままフェイドアウトしていくラストはよかったですね。 ブノワ。さん、今月は還暦月ですよ。 期待しています。(笑) あと2週間です。 ではまた、MF
Commented by rikiaru at 2009-06-06 21:38
こんばんは。
歌のタイトルを間違えてしまいました。
「手紙」ではなくて「恋文」ですね。
1973年。すでに小学校入学後の曲でした。
「恋文」も好きでした。
別れの曲なのに少しアップテンポでリズムのノリがいい感じで。
もちろん小さい時なのでそんな細かいことはわかってないんですけど。
バラエティ番組にでるとまた可笑しくてそこも好きでした。

Commented by 薫る at 2009-06-07 18:30 x
はじめまして、ブノア。様。
「匂いのいい花束」を開いて「山口百恵の目だ」と直ぐ解りました。
1980年の師走、有楽座で「苗子」の去っていくのを見送って30年。
今の時代、確かに「目頭を切開した大きな目」には出逢うのですが、このような目(由紀さんも)には逢えませんね。
画ですか・・・驚きです。
荒川洋治「清めたてる暗さ」、亀淵友香「奇妙な切なさ」等「百恵の瞳」は、あの時代ですね。
私的には、山口百恵の口が一回り大きく、鼻が1mm高く、左右の顔がシンメトリー(瞳も)で、そして声質が金属質だったら・・・・未だに夢中ということは無いと思います。
内面も勿論ですが、この微妙さが彼女に多様性と品性を与えているような気がします。
私のPC机の前の壁に、一枚の写真が貼ってあります。
マホガニーの椅子の端に、コーヒーカップが一つ。頭上にライトが一つ。壁は照明の影で黒に近い。床は背景と続いた紙?色は明りで煉瓦色。LP「This is my traial」の中袋の写真です。
仕事から帰って、灯りを点けたら彼女がその椅子に座ってコーヒーを飲んでいたらどうしましょうか。お伽話ですね。
Commented by mchouette at 2009-06-09 13:32
>パソコンの前に座って3時間くらいモニターに見入っている事があります。
そりゃ観過ぎだわ、ブノワ。さん
そしてYouTubeへのリンクもありがとうございます!
といっても@会社だし、スピーカーは自前で安いのをつないでたけど壊れてしまったし、で音は無しなので家に帰って楽しませていただきます。ブノワ。さん画面に見入りながら一緒に涙してるんではありません?(笑)
でもYouTubeって嵌るんですよね。私もランビエール君のフィギュアの映像何回観たか!映画「ロミオとジュリエット」も!
「グラン・トリノ」もイーストウッドの渋い声がもうアップ。
最近バンド・デビューした長男君って百恵ちゃんに良く似てる。口元なんかそっくり。
阿木燿子、宇崎竜童コンビの曲を歌いだしてから、曲を追うごとに洗練されて美しくなっていったみたい。必要以上の化粧もしないところがいいんですよね。最後のコンサートの模様をテレビで観たけれど、この時の彼女は美しいなって思った。頂点で引退。引き際も綺麗だったし、その後も見事。三浦友和が「夫婦喧嘩をしたことがない」って語っていたけれど、最近の二人の写真なんか見ると、いい風に家庭を築き上げてきたんだなって思う。
Commented by raindropsonroses at 2009-06-11 19:25
りきさんへ。
こんばんは。メッセージどうもありがとうございます。
返事がスッカリ遅くなってしまいました、本当にゴメンなさいね。
さて、僕も全く同感です。昔が全て言い訳ではありませんよね。今は便利な世の中になった反面、ゆったりとした時間と言うものがなくなったように思えるのです。答え、結果がスグに出る世の中……昔はその過程を楽しんだものなんですけど。由紀さんの歌、凄い昔のように思えますね(笑)しかしこの人は歌が上手い!僕もアズナヴールを知ったのはこの歌の大分あとのことでした。百恵さん、もし良かったらオリジナルの絵を見て下さいますか?2006年1月17日、タグのポートレートを開くと簡単に見られます。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2009-06-11 19:29
mumingさんへ。
こんばんは。いつも本当にありがとうございます。
返事が遅くなってゴメンなさいね。
さて、楽しい時間を過ごされたようですね。僕も知らぬ間に一緒に歌っていますよ(笑)歌詞がそらでスラスラ出て来るんですよねぇ……まぁ、記憶力も良かったんでしょうけど(笑)メールに飽きた僕は、最近また手紙を書くようになりました。勿論、恋文ではありませんけど、背筋がキリッとする感じです。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2009-06-11 19:34
MAKIさんへ。
こんばんは。メッセージ恐縮です。
薔薇も終わりかけているのにバタバタで……返事が遅くなってゴメンなさいね。
百恵さんの衣装、ヒドイでしょう?昔はシングルごとに新しい衣装を新調していましたから、新曲が出るのがとても楽しみだったんです。所が!今だったらもっと素敵な衣装になっていたでしょうね。黒のワンピースに髪の毛を分け目なしのオールバックにした「横須賀ストーリー」なんて見ていられません(怒)ジュリーはね、僕がカラオケでキーを変えずに歌える唯一の男性歌手なんですよ(笑)歌の上手い人ですね、声がいい。「夜のヒットスタジオ」はいい番組でしたね。ちょっとカメラが動き過ぎる嫌いはありましたが、映像も良かったし、他の歌手の歌でリレーする趣向も良かったです。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2009-06-11 19:40
ムーさんへ。
こんばんは。いつも素敵なメッセージをありがとうございます。
返事がスッカリ遅くなっちゃった……ゴメンなさいね。
さて、ムーさんはハッキリクッキリのお顔なんですね?違いますか?(笑)僕は男女ともスッキリサッパリの顔に憧れます。ミスター・チルドレンの桜井くんみたいな顔に生まれたかった……。「Last Song」……凄い映像ですよね。歌手、山口百恵じゃなくて、女優、山口百恵の部分が大きな比重を占めています。美空ひばりが「悲しい酒」で同じことをしますね。彼女は完全な球形の涙を流す所が凄い(笑)「秋桜」もいいですよねぇ……この曲にヒントを得た「COSMOS」って言うアルバムもあります。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2009-06-11 19:48
MERYL FANさんへ。
こんばんは。お元気そうですね。メッセージどうもありがとうございます。
返事がスッカリ遅くなった理由は色々なんですが、これからはチョッとゆっくり出来るかな。本当にゴメンなさいね。さて、淳子派!いましたよね、ごくごく少数(笑)ついでに淳子の映像も見たんですが、彼女は歌が下手ですね。ウチの母が「あの子は目が嘘をついている!」って忌み嫌っていましたっけ(笑)因に母は山口百恵と三浦友和の大ファン、恋人宣言の時には涙を流さんばかりに喜んでいました……単純ですね。所で、昌子派っていませんでしたよねぇ……。IMDbのメリルの写真が変わって久しいですね。そう、今月は彼女の誕生日月間でした。何にしようかな……楽しみにしていて下さいね。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2009-06-11 19:50
りきさんへ。
こんばんは。いいんですよ、分かっていますからね(笑)
そう、由紀さおりってズッコケですよね(笑)美しい顔立ちと抜群の歌唱力……そして、ズッコケが凄いギャプで面白いですね。女優としてももっと活躍して良さそうなんですけど……。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2009-06-11 19:59
薫るさんへ。
こんばんは、はじめまして、ようこそいらっしゃいました。
メッセージどうもありがとうございます。折角、戴いたのに返事が遅くなってゴメンなさいね。
「古都」!薫さんは有楽座でご覧になったのですか?僕は地元の東宝の封切館で大晦日の最終回に見ました。最終回って言っても7時台の回は大晦日でありませんから夕方の最後の回、観客立った6人の寂しいフィナーレでした。「古都」で見せた大女優の片鱗……返す返す惜しい人が引退したものだと思います。目を切開!(笑)膝叩いちゃいました(笑)今は個性的であろうと化粧に懲り過ぎる傾向がありますが、ただただケバいだけで不潔そのもの、やればやるほど没個性です。矢張り内面に輝く物を持っていた百恵さんは凄いです。フと思うんですよ、百恵さん、引退せずに年を取ったら整形しただろうかって。お手数ですが2006年1月17日の記事を読んで貰えますか?オリジナルの絵が見られます。タグのポートレートから簡単に見られますよ。これからも宜しくお願いいたしますね。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2009-06-11 20:06
chouetteさんへ。
こんばんは。いつもメッセージありがとうございます。
3時間はたまにですよ(笑)だって、いつも同じ映像しか見ませんから……。
しかし、涙なんか流しませんよ!ただただ感心して見ているだけ。「You Tube」って、肖像権とか著作権って一体どうなっているんだろうって思うのですが(笑)兎に角、いきなり当時にタイムスリップ!なかなか現代に戻って来られません(笑)昔を懐かしむ年になったとは思えないんですが、今、僕等がなくしつつあるものを漠然と気付かせてくれる……そんな気がしています。映画の画像も公開をモタモタしているとサッサとアップされてしまっていますね(笑)まだまだ有効活用出来そうな「You Tube」何かいい映像があったら教えて下さいね。夫婦喧嘩ですけど、本当、そんな感じですよね……喧嘩にならないんじゃありませんか?息子の顔はこの前始めて見ました。こんなに大きな息子がいるんですね……感慨深いものがあります。

ブノワ。
Commented by 薫る at 2009-07-03 22:45 x
ブノワ。さんこんばんは。
先日、2006年1月17日の記事を読み、絵も見てきました。
若くて艶やかな山口百恵ですね。記事も読んで、何故か嬉しくなってしまいました。1980年師走(大晦日ではありません)、山口百恵の映画を初めて見に行きました、それも一人で。館内は人で埋まっていましたが、静かでした。そして日が暮れる前に有楽座を後にしました。銀座で買物をする気持ちにはなれず、日比谷から大手町、日本橋へと歩きました。その時の気分、不思議と覚えています。
私の中で山口百恵は20代、30代は女優で、40代、50代は再びアルバムを出して・・・が理想でした。百恵さんにとっては「余計なお世話」でしょうけどね。勝手に「さらば、わが愛 覇王別姫」のコン・リーは、私、山口百恵だと思ってます。「絶対にあれは、山口百恵だ」(笑)

You Tubeの「百恵映像80年・歌93年新アレンジ・そして白黒画像のCarumen Amayaの謝肉祭」は凄いと思いました。時空を超えての競演って現在の技術で、可能なんだと思いました。
Commented by raindropsonroses at 2009-07-09 20:20
薫るさんへ。
こんばんは。メッセージどうもありがとうございます。
返事が大変に遅くなったこと、最新記事を読んで下さってご理解下さい。本当にゴメンなさいね。
あの暮れのこと……決して大騒ぎではなく、淡々と僕の中で過ぎ行きました。引退記念と銘打ちながら、しっとりと文芸作品に仕上がっていたこと、未来の大女優の片鱗を見せながら銀幕の向うに消えていったこと、本当に残念でなりません。本当、余計なお世話「バカにしないでよぉ!」って啖呵を切られそうですが(笑)それぞれの百恵像があっていいんですもんね。僕はまだまだ秘めたるものを半分以上残して去って行った百恵さんに未練たらたらです。コン・リーは中国の百恵ちゃんと呼ばれたデビュー時代から完全に脱皮。今や押しも押されぬ大女優になりましたね。僕も大好きな女優です。ハリウッドでの彼女は感心しませんけれど……。You Tube……後程、見てみます。きっと新な発見があることと信じて……。

ブノワ。