匂いのいい花束。ANNEXE。

春眠暁を覚えず。

e0044929_8401828.jpg
……………………………………………………………………………………………………………………………

急に暖かくなりました。樹々の芽吹きも日に日に青々とし、
いよいよ春本番?そんな予感の今日この頃です。

しかし……眠い!
僕は寝起きはとてもいい方なんですが、
仕事で移動する電車やバスの中で強烈な睡魔が襲って来ます(笑)
まるで重しを付けられて海底に沈むが如く、スぅ〜っと眠りの縁に落ちる感覚。
口をついて出る大欠伸(笑)仕方ないです、春だから。

さて、この所、何回か、雑誌や映画のパンフレットなどに
文章を書かせて戴く機会がありました。
ご存知のように僕はプロの物書きではありません。
ギャラを貰ったからプロ……この図式は成り立ちませんね。
あくまでプロフェッショナルとアマチュアの歴然とした違いはあります。
何しろ僕は小学校の時の通信簿の国語の作文の欄に、
「×」が付いていた人間ですから(笑)
当時の担任の先生が今の僕を見ていたら
ビックリして腰を抜かすかもしれません(笑)

 「おぉ〜い!佐々木先生ぇ〜い!お元気ですかぁ?」(笑)

まぁ漢字の読み書きは強い方だけど、
句読点の打ち方はメチャクチャ、文法もいい加減、我流もいい所です。

そんな僕ですが、拘っているところもあります。
例えば「頂く」は「戴く」に、「仰る」は「仰言る」に、「バラ」は「薔薇」に……。
些細なことなんですが、文章を書く上でのこだわりなんです。
同じく「匂い」に関しては余程のことがない限り「香り」とは書きません。
これは編集部とのやり取りでも可能な限り守って貰っています。

さぁて、今日は原稿書きとロゴマーク制作。
またまた締め切りが迫って来ていてお尻に火が点き状態(笑)
だけどまだ何となく頭がボンヤリです……。
春は素敵な季節だけれどダルい!ダルいと言うよりは気怠い?

 「春眠暁を覚えず」

孟浩然でしたっけ……昔の人は本当にいい事を言います。
なんて言うんでしょう、的確に真実を突く目を持っていました。
今のメチャクチャに乱れた言葉遣いの中から、
後世に残る言葉って幾つあるでしょう……甚だ疑問です。
流行語大賞なんて翌年にはスッカリ忘れ去られていますもんね。
だって、流行だもの仕方ない?そうか、失礼いたしました(笑)

……………………………………………………………………………………………………………………………
e0044929_8404991.jpg
今日の写真は春のバガテル。
パリ郊外のこの素晴らしい公園、庭園には、
いつの季節も素晴らしい景色が僕等を待っています。
しかし何と言っても5月の薔薇の春!薔薇ファン垂涎の薔薇園ですものね。
このチューリップはその少し前3月に撮りました。
バガテルには薔薇やアイリス、ポタジェなど色々なコーナーがありますが、
このチューリップは何気ない草原に群生するもの。
風が種を運んで来たかのような植栽……これがガーデニングの基本&理想ですが、
いかにも自然な風を装って、実は冬場の手入れが行き届いている。
そして、それを感じさせないところが凄いです。


草々

2010年3月14日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2010 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2010-03-14 00:00 | 向き向きの花束。