匂いのいい花束。ANNEXE。

男の顔は……。

e0044929_10252598.jpg
…………………………………………………………………………………………………………………………

 「男の顔は履歴書 女の顔は請求書だ。」

確かこう仰言ったのは藤本義一さんだったか……。
女性の顔が請求書かどうかは分からないけれど(笑)
男の、そして、人の顔って確かに履歴書ですね。
その人が今までどのように生きて来たかハッキリ分かる。
余計なお世話だけれど、幸せか不幸か……。
そんな事まで分かってしまう事があります。
顔に出るシワを忌み嫌う傾向がある昨今ですが、
シワだって美しいシワもあれば汚いシワもある。
どんなに深いシワでも美しいシワはあります。
日々、幸せの笑顔を絶やさず生活していれば美しくシワになろうと言うもの……。

さて、果たして僕自身の顔はどうかと言うと、
前にも書きましたが、自分の顔が大嫌いって言うことを除いて、
冷静に判断すると、常に非常にコワい顔をしているって感じでしょうか(笑)
仕事の時は物凄くコワい顔で声もかけられないって後輩が……。
まぁ、仕事の時にニヤニヤしているのも何だし、
これはこれでいいとして、随分と前になるけれど、
駒場バラ園に薔薇の苗を買いに行った時のこと。
当時の会社の同僚の女の子を一緒に連れて行ったんですが、

 「◯◯さん、仕事の時にはそんな真面目な顔していないですよね!」って(笑)

どうやら、仕事の時には見せない真剣な表情で苗を選んでいたようです。
僕は歩いている時も物凄くコワい顔をしています。
超ド近眼って言う事もあるのだけれど、結構、緊張して歩いているのかな?
ショー・ウィンドウに映る自分の顔を見てビックリする事があります(笑)
だって、あまりにもコワい顔をしているんだもの。

僕は実年齢よりも若く見られることが多いです。
それも35歳を過ぎた頃から見かけと年齢が逆転しました。
昔は物凄く老けて見えたんですよ……中学生の頃は大学生に、
二十歳の頃には軽く30歳過ぎに見られていました。
確かに、通勤電車の中で疲れ切った顔をしている、
同年代のサラリーマンよりは若く見えるかも……。
友人は「お気楽だからね。」と、言います。
社会に対して責任と言うものがない?そんな事もないと思うのだけれど……。
ハンサムじゃなくてもいい、感じが良くて穏やかな顔になりたい。
どこかホッとする雰囲気を身に付けたい……そう思います。


さてさて、明日から「第12回 国際バラとガーデニングショウ」が始まります。
友人は、有り難くも忠告してくれます(笑)
決してコワい顔はせず(………。)爽やかな笑顔で(無理……。)
名前を呼ばれたら破顔一笑(出来ない……。)言葉遣いは丁寧に(これは大丈夫……。)
粗相のないように日曜日までキチンとお勤めするように。
と、好き勝手なことを言います(笑)

皆さん、きっとコワい顔をして立っていると思いますが、
是非、声を掛けて下さいね。大丈夫、獲って喰いはしないから(笑)

写真は数年前に訪れたマドリッドの街角で撮った1枚。
可愛いステンシルの落書き……こう言う面白いの、どうするんでしょうね。
やっぱり消されちゃうのかな?


草々

2010年5月12日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2010 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2010-05-12 00:00 | 向き向きの花束。