匂いのいい花束。ANNEXE。

山口さんちから陳さんちへ。

e0044929_2063760.jpg
…………………………………………………………………………………………………………………………

先日、惜しまれながら亡くなった井上ひさしの戯曲に、
「頭痛 肩こり 樋口一葉」と言う、女優ばかり6人が出る名作があります。
女流作家、樋口一葉を題材に、女たちの生き様を歌と絶妙な台詞で綴る、
その後の一連の評伝戯曲の元となった傑作戯曲です。

物語は、樋口一葉、その母 多喜、妹 邦子、稲葉 廣、中野八重、
そして、物語をリードし引っ掻き回す絶妙キャラクターは、
自分がなぜ死んだか、誰を怨んで化けて出るべきかを、
記憶喪失の果てにスッカリ忘れて彷徨っている幽霊の花螢……。
母、娘、妻……それぞれのキャラクターを借りてあぶり出される、
6人の女優が演じる女たちの姿、悲しみだったり生きる勇気だったり、
観客にしっかりと伝える素晴らしい舞台でした。

舞台設定は、明治23年、一葉19歳の盂蘭盆(うらぼん)から、
明治31年、母 多喜の新盆まで、唯一、例外の明治26年10月下旬を抜かし、
全ての場面はそれぞれの年のお盆の16日、夕刻から夜にかけて……。

団扇、スイカ割り、浴衣、提灯、風鈴、ラムネ……。
この戯曲には当時の日本の夏の風物がゴマンと出て来る訳ですが、
あまりの暑さに火を起こすことも億劫で、
素麺をやめて冷や奴にするとか言った描写があります。
本当、毎日〜こう暑いと食欲をなくしている人も多いかと思います。
真面目なはなし、「頭痛 肩こり 樋口一葉」じゃないけれど、
素麺を茹でる火をつけるのも嫌なくらいに暑いです。
火がイヤだったら毎日〜冷や奴?それもねぇ……(笑)
火を見ないで調理をすることが嫌いだし、電子レンジは極力使いたくないし、
夏バテ予防に栄養価の高い物を食べないといけないし、
火を使って汗を掻くのがいやだったら、いっそのこと、香辛料タップリ、
辛い物や熱々の料理で大いに汗を掻くのもサッパリするかもしれません。

…………………………………………………………………………………………………………………………

僕の心もとない記憶によれば、
僕が青春を共にした山口百恵がたった一回だけ出演した料理番組がありました。
後にも先にも彼女が出た料理番組はそれだけだったと記憶しています。
その時に彼女が作ったのが麻婆豆腐!それも山口家に伝わる麻婆豆腐。
香辛料タップリの中華の辛いヤツではなくて、
生姜と醤油ベースのサッパリ和風麻婆豆腐だったような気がします。
以後、百恵ファンだった母が作る麻婆豆腐は山口家の麻婆豆腐に変身(笑)
しっかりと息子に受け継がれて現在に至ります。

所が数年前、いつもお世話になっている大好きなご夫妻
僕と友人を連れて行って下さった中華レストラン。
そこはあとで分かったのですが、陳 健一さんのレストランでした。
そこで戴いた麻婆豆腐に目からウロコが落ちた思いがしたものです。
そして、つい先日、渋谷のセルリアン・ホテルの陳さんのレストラン、
「szechwan restaurant 陳」に行って来ました。

親しい仲間とテーブルを囲むのはいいものです。先ずは冷えたビールで乾杯!
それぞれの近況報告にこれからの予定などなど……。
紹興酒を戴きながら話しも弾み、色々な料理を戴きながら、
最後はやっぱり麻婆豆腐でしょう!
麻婆豆腐……何でも、陳さんのお父さまが初めて日本に紹介したそうですね。
例年になく暑い夏、このところ我家の食卓に登板回数が多い麻婆豆腐ですが、
今回、陳 健一さんの麻婆豆腐を戴いてみて、
その美味しさにホレボレ。是非、作ってみようと一念発起。
色々と味を分析しながら足りなかった点を幾つかピックアップ。
さらにパワーアップして作ったのが今日の写真の麻婆豆腐です。

作り方はいたって簡単。
材料は、豆腐、豚ひき肉、ニンニク、生姜、柚子胡椒、豆板醤、甜麺醤、
鶏ガラ顆粒、醤油、ごま油、サラダ油、鷹の爪、長ネギ、片栗粉……。
そうそう、我家は木綿豆腐じゃなくて絹ごし豆腐を使います。
皆さんのお宅ではどちらを使うのかなぁ……。
木綿豆腐の方が調理は楽だと思うけれど……。
一般に、豆腐は湯通しして型くずれしないようにするらしいのですが、
僕は絹ごし豆腐に重しを載せて水切りして使います。
豆腐の高さが半分近くになるまで重しを載せて水を切りそのまま炒めます。
ツルンとした絹ごし豆腐の喉ごしがとてもいい感じなんですよ。
本当は隠し味に花山椒を使いたいのだけれど、
なかなか気に入ったものが手に入らないので、
代用品として福岡に仕事で行っている友人がくれた柚子胡椒を使っています。
陳 健一さんの麻婆豆腐とは似て非なるものかもしれないけれど、
これもまたピリリといい風味、なかなか乙なものです。

…………………………………………………………………………………………………………………………

簡単レシピはこちら!

先ず、微塵切りにしたニンニクと生姜(結構、大量)を、
熱したサラダ油で炒め、火が通ったらひき肉を入れます。
ひき肉を程々に炒めたら、そこに調味料を順次入れて行き、
最後に豆腐をそっと入れて火が通ったら片栗粉……。
最後に胡麻油を少々に白髪ネギ。大雑把ですがそんな感じです。

今日は撮影用に長ネギを白髪ネギにしました。
勿論、普段は面倒臭いから微塵切りです(笑)
今回は友人が遊びに来ていて量が多かったので、
器は色染め付けのボールにしました。これ、親友に貰ったんですよねぇ……。
今からかれこれ20年も前かなぁ……想い出の大事な器。



百恵さんは今でもサッパリ味の麻婆豆腐を作っているのかな?
その味は百恵さんから息子に伝わり、そして息子から……。
百恵さん、ここにもあなたの味を受け継いだものがいますよ!ありがとう!
そんなことをフと思ったりもします。あれから何十年も経っていますもんね。
8月の中旬、そろそろ秋の空ですが、まだまだ暑い!
美味しい物を沢山食べて乗り切りましょうね。


草々

2010年8月12日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2010 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2010-08-12 00:00 | バベットの晩餐会。