匂いのいい花束。ANNEXE。

山口さんちから陳さんちへ。

e0044929_2063760.jpg
…………………………………………………………………………………………………………………………

先日、惜しまれながら亡くなった井上ひさしの戯曲に、
「頭痛 肩こり 樋口一葉」と言う、女優ばかり6人が出る名作があります。
女流作家、樋口一葉を題材に、女たちの生き様を歌と絶妙な台詞で綴る、
その後の一連の評伝戯曲の元となった傑作戯曲です。

物語は、樋口一葉、その母 多喜、妹 邦子、稲葉 廣、中野八重、
そして、物語をリードし引っ掻き回す絶妙キャラクターは、
自分がなぜ死んだか、誰を怨んで化けて出るべきかを、
記憶喪失の果てにスッカリ忘れて彷徨っている幽霊の花螢……。
母、娘、妻……それぞれのキャラクターを借りてあぶり出される、
6人の女優が演じる女たちの姿、悲しみだったり生きる勇気だったり、
観客にしっかりと伝える素晴らしい舞台でした。

舞台設定は、明治23年、一葉19歳の盂蘭盆(うらぼん)から、
明治31年、母 多喜の新盆まで、唯一、例外の明治26年10月下旬を抜かし、
全ての場面はそれぞれの年のお盆の16日、夕刻から夜にかけて……。

団扇、スイカ割り、浴衣、提灯、風鈴、ラムネ……。
この戯曲には当時の日本の夏の風物がゴマンと出て来る訳ですが、
あまりの暑さに火を起こすことも億劫で、
素麺をやめて冷や奴にするとか言った描写があります。
本当、毎日〜こう暑いと食欲をなくしている人も多いかと思います。
真面目なはなし、「頭痛 肩こり 樋口一葉」じゃないけれど、
素麺を茹でる火をつけるのも嫌なくらいに暑いです。
火がイヤだったら毎日〜冷や奴?それもねぇ……(笑)
火を見ないで調理をすることが嫌いだし、電子レンジは極力使いたくないし、
夏バテ予防に栄養価の高い物を食べないといけないし、
火を使って汗を掻くのがいやだったら、いっそのこと、香辛料タップリ、
辛い物や熱々の料理で大いに汗を掻くのもサッパリするかもしれません。

…………………………………………………………………………………………………………………………

僕の心もとない記憶によれば、
僕が青春を共にした山口百恵がたった一回だけ出演した料理番組がありました。
後にも先にも彼女が出た料理番組はそれだけだったと記憶しています。
その時に彼女が作ったのが麻婆豆腐!それも山口家に伝わる麻婆豆腐。
香辛料タップリの中華の辛いヤツではなくて、
生姜と醤油ベースのサッパリ和風麻婆豆腐だったような気がします。
以後、百恵ファンだった母が作る麻婆豆腐は山口家の麻婆豆腐に変身(笑)
しっかりと息子に受け継がれて現在に至ります。

所が数年前、いつもお世話になっている大好きなご夫妻
僕と友人を連れて行って下さった中華レストラン。
そこはあとで分かったのですが、陳 健一さんのレストランでした。
そこで戴いた麻婆豆腐に目からウロコが落ちた思いがしたものです。
そして、つい先日、渋谷のセルリアン・ホテルの陳さんのレストラン、
「szechwan restaurant 陳」に行って来ました。

親しい仲間とテーブルを囲むのはいいものです。先ずは冷えたビールで乾杯!
それぞれの近況報告にこれからの予定などなど……。
紹興酒を戴きながら話しも弾み、色々な料理を戴きながら、
最後はやっぱり麻婆豆腐でしょう!
麻婆豆腐……何でも、陳さんのお父さまが初めて日本に紹介したそうですね。
例年になく暑い夏、このところ我家の食卓に登板回数が多い麻婆豆腐ですが、
今回、陳 健一さんの麻婆豆腐を戴いてみて、
その美味しさにホレボレ。是非、作ってみようと一念発起。
色々と味を分析しながら足りなかった点を幾つかピックアップ。
さらにパワーアップして作ったのが今日の写真の麻婆豆腐です。

作り方はいたって簡単。
材料は、豆腐、豚ひき肉、ニンニク、生姜、柚子胡椒、豆板醤、甜麺醤、
鶏ガラ顆粒、醤油、ごま油、サラダ油、鷹の爪、長ネギ、片栗粉……。
そうそう、我家は木綿豆腐じゃなくて絹ごし豆腐を使います。
皆さんのお宅ではどちらを使うのかなぁ……。
木綿豆腐の方が調理は楽だと思うけれど……。
一般に、豆腐は湯通しして型くずれしないようにするらしいのですが、
僕は絹ごし豆腐に重しを載せて水切りして使います。
豆腐の高さが半分近くになるまで重しを載せて水を切りそのまま炒めます。
ツルンとした絹ごし豆腐の喉ごしがとてもいい感じなんですよ。
本当は隠し味に花山椒を使いたいのだけれど、
なかなか気に入ったものが手に入らないので、
代用品として福岡に仕事で行っている友人がくれた柚子胡椒を使っています。
陳 健一さんの麻婆豆腐とは似て非なるものかもしれないけれど、
これもまたピリリといい風味、なかなか乙なものです。

…………………………………………………………………………………………………………………………

簡単レシピはこちら!

先ず、微塵切りにしたニンニクと生姜(結構、大量)を、
熱したサラダ油で炒め、火が通ったらひき肉を入れます。
ひき肉を程々に炒めたら、そこに調味料を順次入れて行き、
最後に豆腐をそっと入れて火が通ったら片栗粉……。
最後に胡麻油を少々に白髪ネギ。大雑把ですがそんな感じです。

今日は撮影用に長ネギを白髪ネギにしました。
勿論、普段は面倒臭いから微塵切りです(笑)
今回は友人が遊びに来ていて量が多かったので、
器は色染め付けのボールにしました。これ、親友に貰ったんですよねぇ……。
今からかれこれ20年も前かなぁ……想い出の大事な器。



百恵さんは今でもサッパリ味の麻婆豆腐を作っているのかな?
その味は百恵さんから息子に伝わり、そして息子から……。
百恵さん、ここにもあなたの味を受け継いだものがいますよ!ありがとう!
そんなことをフと思ったりもします。あれから何十年も経っていますもんね。
8月の中旬、そろそろ秋の空ですが、まだまだ暑い!
美味しい物を沢山食べて乗り切りましょうね。


草々

2010年8月12日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2010 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2010-08-12 00:00 | バベットの晩餐会。 | Comments(14)
Commented by 猫のおなか at 2010-08-12 12:06 x
ブノワ。さま
こんにちは。
ランチ時分だからといって、麻婆豆腐だけに惹かれてのコメントじゃありませんよ(笑)
「頭痛肩こり 樋口一葉」と聞いて、
思わず、“わたしたちの心は穴のあいたいれもの♪~”って歌いそうになってしまいました。
事務所なのに、ちょっとウルッとしながら(笑)
本当に素晴らしいお芝居ですよね。
Commented by raindropsonroses at 2010-08-12 12:35
猫のおなかさんへ。
こんにちは。メッセージどうもありがとうございます。
ランチ時分って、まさか仕事ですか?(笑)まぁ、普段良く休んでいますからね!さて「頭痛 肩こり 樋口一葉」ですけど、本当に良く出来た芝居だと思います。井上さんが一番乗っていた頃ですかね。最近、演りませんがどうしちゃったのでしょう?今年は追悼公演をするには急だったし、多分、来年は必ず上演するでしょうね。その時は是非!一葉たちと一緒になって合唱しましょう!(笑)家が片付いたら麻婆豆腐作ってあげますね(笑)

ブノワ。
Commented by garden-kusaki at 2010-08-12 23:18
ワタシのブログに暖かいコメントありがとうございました。
え~あの~今晩ウチも麻婆豆腐でした。
しかも陳 健一さんの写真が載っているニッポンハムの「中華名菜・四川辛口麻婆豆腐」です。
手抜きでどうもスイマセン。
Commented by raindropsonroses at 2010-08-13 09:26
kusakiさん!
おはようございます。メッセージどうもありがとうございます!
「容赦なく叩いて」仕留められなかったらさぞかしコワいだろうなぁ……と、思いつつメッセージを入れさせて戴きました(笑)驚いたんですが、kusakiさん、随分とお綺麗なんですね。園芸ガイドのHPを拝見してビックリしちゃった。僕は植物の知識に乏しいもので寄せ植えとかは出来ないと思いますが、これからもヨロシクお願いしますね。そうそう、凶暴なあけさんから守って下さいね(笑)ニッポンハムの陳さんのは豆腐に混ぜる形ですか?美味しいでしょうね。今度、買ってみようっと!

ブノワ。
Commented by ミエル at 2010-08-13 13:52 x
ブノワ。さん、こんにちは!
美味しそうな麻婆豆腐ですね~♪
器が更にこだわりのお味を引き立ててくれているのでしょうかー。
ブノワ。家には、百恵ちゃん風麻婆が引き継がれてきてるのですねぇ。
うちはちなみに長年”周さんの麻婆”を作っています(笑)

陳さんの麻婆と言えば、お父様の陳健民さんのお弟子さんが開いている上野毛のお店で、
初めてご馳走になった時、辛さと美味しさに感動したものです。
それから毎年、師と仰ぐ方に(バラのでは無いのですが)、
ご馳走になっています。
おしゃべりしながら色々食べた後に、たっぷりの一人前を汗をかきながら頂くのが、
とても楽しみになっているんですよ。

麻婆豆腐、近々登板させなくてはいけませんねえ(笑)
Commented by raindropsonroses at 2010-08-13 18:11
ミエルさんへ。
こんばんは。台風一過、ドンヨリとした週末を迎えております。
お元気ですか?メッセージどうもありがとうございます。今頃は姪っ子さんと楽しくしていらっしゃる頃でしょうか。さて、麻婆豆腐。最近はスッカリ出番が増え、我家の食卓の常連になりました。たまに百恵さんの麻婆豆腐も作るんですよ。兎に角母は百恵さんと友和さんのの大ファン(僕もですが……。)テレビを見たその瞬間から百恵風になりました(笑)ミエルさんのお宅は周さんちの麻婆豆腐?(笑)本当、それぞれのお宅に違った味ありですね。上野毛のそのお店、「吉華」と言うお店でしょうか?何となく聞いた事があります。親しい仲間と囲むテーブルはいいですよね。人生の宝物です。ミエルさん、姪っ子さんに麻婆豆腐作ってあげて下さい!

ブノワ。
Commented by ミエル at 2010-08-13 21:56 x
ブノワ。さん、こんばんは、再びお邪魔いたしま~す。
そう!食通に人気の”吉華”さんです。
ぜひいらしてみて下さいね、ブノワ。さんが食した麻婆と同じか、
ぜひ食べ比べてみて教えて下さい。花椒が効いてますよね!

で、言い忘れましたが、もちろん絹ごしを使います。
更に切り方はひし形ですよ~。杏仁豆腐と同じです。
ツルツル感がいいですよね。
水切りはね、レンジでチンしてますがー(笑)

実は今晩のおかずはお豆腐が無くておナスがあったので、
麻婆茄子を作っったんですよ~(笑)
で、ちょっとボリュームつける為に、半熟卵を乗っけてお醤油をたらして丼にしました。
姪っ子は美味しいと言ってよく食べてくれました。
美味しい笑顔は、張り合いがあって嬉しいですよね。
今度は麻婆豆腐、山口家風でね!(笑)

そして私も、百恵ちゃんと友和さんのゴールデンコンビに憧れていました。
思いっきりその世代です(笑)
お母様の素直さ、可愛らしいじゃないですかー。
百恵ちゃんは永遠に変わらない素敵な女性ですよね。
ステージに置いたマイクの美しさは、今も永遠です☆
Commented by raindropsonroses at 2010-08-14 07:39
ミエルさんへ。
おはようございます。メッセージどうもありがとうございます。
さっき姪っ子さんのボディーボードの記事を読んだ所でした(笑)
やっぱり「吉華」さんでしたか……友人に勧められていたんですよねぇ……今度、行ってみようかな?陳さんのお父さまからお弟子さんへ、百恵ちゃんから母、そして僕へ……味って受け継がれて行くんですね。僕、長野出身の母の極端に塩っぱい味噌汁は受け継ぎませんでしたけど(笑)所で、菱形に切った豆腐!そっとかき混ぜないとダメですね(笑)鋭角の角が取れちゃう!麻婆茄子に麻婆春雨……バリエーションが沢山ありますね。昨日お作りになったっていう丼、物凄く美味しそう!僕も今度真似して作ってみますね。欣喜雀躍っていう言葉あるでしょう?百恵さんと友和さんの交際宣言の時の母が正に欣喜雀躍でした(笑)僕は複雑な思い……お分かりですよね?その時以降、僕の芸能界への興味はなくなったのでした。従って最後のステージも見ていません!

ブノワ。
Commented by omemetan at 2010-08-16 00:15
ブノワ。さん、こんばんは。
こんなに暑くても食欲って、まったくなくならないです!
最近は、流行りの食べるラー油を作ってみたり、
家の裏手に植えているゴーヤがポツポツ収穫出来るようになったので、
チャンプルーを作ったり。
私は、麻婆茄子をよく作ります。
柚子胡椒が隠し味の麻婆豆腐、美味しそうですね~♪
母が九州の大分の出身なので、柚子胡椒は
冷蔵庫に常備しています。
今度、真似して作ってみま~す!
Commented by raindropsonroses at 2010-08-16 08:45
おめめさんへ。
おはようございます、メッセージどうもありがとう!
このところ暑さがぶり返しましたがお元気ですか?昨日は上野の水上音楽堂で芝居……うだるような蒸し暑さだったんですけど食欲はなくならないの(笑)その辺はおめめさんと同じですね。ウチにも食べるラー油ありますよ。貰い物ですけど、あれってラー油って言うよりもラー油味の惣菜みたいなものですね。おめめさん手作りのが気になります。何しろラー油大好き人間なもので(笑)ウチには常時6本くらいラー油のストックがあります。お母さま九州なんですか?そんな風には見えないなぁ……山の手かどこかの深窓の令嬢かと思っていました。僕も豆腐ばかりじゃなくって茄子でも作ってみますね。茄子、美味しいですもんね!お母さま、お父さま、旦那さま、皆さんに宜しくお伝え下さい!

ブノワ。
Commented by mchouette at 2010-08-18 09:43
ブノワ。さん おはようございます。暑い夏も跳ね飛ばし、マイペースで記事更新されてるんだ!元気~!
陳健一さんの麻婆豆腐。息子が立川に住んでいた時、駅ビルの中にお店があり何度か食べに行ったことあります。辛いんだけど後を引く美味しさ。山椒をうまく使っているんでしょうね。麻婆豆腐とあわせてここのとろんとした杏仁豆腐もお気に入り。付け合せの搾菜がまた美味しくって!図々しくもお代わりしたら、初めと同じ量だけ持ってきてくれたのも感激。
今夜あたりブノワ。レシピを参考に作ってみようかな。豆腐以外の材料は我が家の冷蔵庫に揃っている。仕上げに京都の原了郭の黒七味もいいのではないかしらって思う。黒七味…これはなかなかに優れものですよ。
Commented by mchouette at 2010-08-18 09:44
字数オーバーでごめんなさい。
それから山口百恵さんが出演した料理番組って、高島忠男ご夫妻が芸能人たちをゲストに迎え、それぞれの得意料理を作ってもらう番組に出ていたのを見たことありますよ。メニューはアジのムニエルと粉ふき芋。料理の定番、基礎のABCみたいなシンプルなメニューがかえって彼女らしいナァって好感持てたのを記憶しています。そんな私の好印象と同じ内容を後日誰だったか忘れたけどエッセーで書いていたのも読んで同じ印象持ったんだってのも覚えている。
ではでは。
Commented by raindropsonroses at 2010-08-18 18:40
chouetteさんへ。
こんばんは。メッセージどうもありがとうございます。
僕ってブログに関しては暑さ寒さは関係ないみたいです。暑いからって書く気が失せることはないようですよ(笑)体温低いクセに元気ですね。何でしょうね、寒いのも平気ですしね。陳さんの麻婆豆腐、美味しいですよね。良くカレーなんかにある「何倍辛い」みたいな、ただただ辛さが売りの物と違うんですよね。到底足元には及ばないんですが、何となく気分は陳健一プロデュースの麻婆豆腐です(笑)京都の黒七味もいいでしょうね!そう考えるともっともっと工夫の余地はありますね。そんな中から自分だけの味みたいなものが出来て来るといいなぁ……。豆腐がなくても茄子とか春雨とか、色々と応用がきくのも嬉しいですね。しかし今日も暑かった!上野の美術館に行ったんですが、絵を観るどころじゃありませんでした(苦笑)

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2010-08-18 18:43
chouetteさんへ。
続きます。百恵さんの料理番組出演は一回だけじゃなかったんですね!教えて下さってありがとうございます。鯵のムニエルと粉吹き芋……凄く彼女らしいなぁ。今でも三浦家の食卓には上るんでしょうね。家庭の味、母の味って各家庭それぞれで面白いですね。またそれが進化して時分の味になり子供に伝えられて行く……chouetteさんの味って何ですか?娘さんに伝わっていますか?

ブノワ。