匂いのいい花束。ANNEXE。

プラリ安曇野一人旅。

e0044929_15151910.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

やっぱり一人旅はいいなぁ…………。

国内、外国、近場のフラリ旅に限らず一人旅は気軽でいいです。
友人に気兼ねしなくていいものね。予定を自分の思うがままに変更出来るし。
雨でイヤだったら止めちゃえばいいんだし(笑)

先週のお盆休みに信州に一人旅に行って来ました。
前から行ってみたかった安曇野のジャンセン美術館に行くのがメインの目的です。
休みが確定したので、さぁて、あずさの指定席を……。
ところが!全くお話しにならないのは、何と1週間先まで満席だったんです(笑)
笑っちゃいますね、山手線に慣れているせいか、電車はバンバン来るものと思っている。
特急の指定席とか宿とか、簡単に、直前に取れると思っちゃっているんですよね。
考えてみれば、夏休みだし、お盆だし、避暑の信州だし……。
仕方がない……一番近々で取れる指定席を取りました。
1泊することも考えたんですが、先ず、宿が取れない(笑)
いっか、日帰りで……結局、朝一番で出発して、ほぼ終電で帰宅。


ジャン・ジャンセンはアルメニア生まれの画家です。
その存在は、僕が就職したての頃、
今も懇意にしている大親友に教えて貰って初めて知りました。
ジャンセンと言うと、先ず、皆さんが思い出すのは裸婦かバレリーナのリトグラフ。
僕はね、偶然に出逢った風景画「納屋」に一目惚れし、
買うか買わないか迷っている内にそのリトグラフが売れてしまいガッカリ。
所が、暫くして同じものが再び出て来たんです。迷わず買いました。
何でもそうですが、出逢いって本当に大事ですからね。
当時、就職したての身には大変に高額な50万円と言う金額を払って……。
勿論、自分で額縁を作りました。画題が「納屋」ですから廃材を使って。
いつだったか大丸?デパートの美術館で個展もありましたね。
その時に観た風景画……油絵と水彩画の感動は今でも鮮明に記憶に残っています。

そのジャンセンの美術館が安曇野にあることは随分前から知っていました。
でも、日々、忙しくしているとなかなか行けませんよね。近いと思うと尚更です。
近いと言っても片道4時間は掛かります(笑)
コマツさんがある石和温泉までは良く足を延ばしますが、
美術館がある穂高は松本のもっと先、白馬の手前になります。

おにぎり握って、お茶と少しのお菓子、カメラなどをカバンに詰めいざ出発です。
安曇のは晴れて気持ちのいい所でした。湿気は少ないけど矢張り暑いですね(笑)
ジリジリ照りつける陽射し、蝉の鳴き声、まさに夏の光景。
穂高駅からバスに乗って美術館の最寄りまで行きます。
美術館はヒッソリと林の中に佇んでいました……はぁ、ドキドキ。
ビックリしちゃったのは、僕が応援している俳優くん、
小谷真一くんが一昨年 tpt で主役を演じた「血の婚礼」の特別展をやっていたんです。
ジャンセンが挿画を担当した「血の婚礼」のリトグラフが飾られていました。

尊敬する画家の美術館を暫し散策……安曇野まで足を延ばして良かったです。
さてさて、僕の旅は自由気侭、当てのない旅のようで、
実は時刻表とかをキッチリと調べておく用意周到な旅なのです。
なんの当てもなく飛び出すような無謀なマネはしません(笑)
予定のバスを1本早めて穂高から松本へ。
当初の予定通り、穂高から新宿への直通便が取れれば、
松本に立ち寄ることはなかったのですが、午後、たった1本しかない特急は全て満席……。
並ぶのもイヤだし自由席はねぇ……お年だし(笑)

初めての松本……楽しかったですよ。
確か近くに大好きなharry兄貴が住んでいるハズなんですが……。
そんなこんな、頭を過りながら下り立った松本。
駅で偶然に見たポスターで予定を変更。市美術館に土門拳の特別展を見に行きました。
土門拳の骨太な作品群……圧倒的な迫力で昭和を見せて貰いました。
そしてここでもまた遭遇した草間弥生(笑)青森でも草間弥生一色でしたけど、
人気あるんですねぇ……圧倒的なドットでしたよ(笑)
松本城への道すがら、有名な散策所をプラリプラリ……。
途中、骨董店で小皿を数枚買ったり素敵なカフェで一休みしたり。

e0044929_15155130.jpg
e0044929_15161229.jpg
e0044929_15162924.jpg
e0044929_15164753.jpg
e0044929_15176100.jpg
e0044929_15172054.jpg
e0044929_15173565.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

何枚か写真を選んでみました。あまり撮らなかったんですが、
最後はお約束の松本城(笑)ではでは、こんな所で……はい。
なんとも盛り沢山な日帰り旅行と相成りました。
だけど、足は棒だしお財布はスッカラカン……。
国内旅行って何でこんなに高いんだろう?(苦笑)もっとも、図録が高かったんだけど……。
そうそう、前後してオークションで落札したジャンセンの静物のリトグラフは、
親友の店に飾ってあります。僕のコレクションをローテーションで貸し出しているんです。
いつかジャンセンの油絵か水彩画が買えるかな?
無理だろうなぁ……小さなマンション買えちゃうもんな……(笑)


草々

2011年8月26日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2011 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2011-08-26 00:00 | 旅の栞。 | Comments(10)
Commented by cream tea at 2011-08-25 17:17 x
こんにちは。
おひさしぶりです。
夏の一人旅、よかったですね!
信州の澄んだ空気が伝わるお写真です。
ドットのコーラには驚きました!
私も一人旅大好きです。
そして信州も大好きです。
安曇野、穂高、松本・・・・・・
地名の響きだけでも涼しい風を感じます。
ジャン・ジャンセンの「納屋」という作品、
思い出の大切な一枚なのですね。
思い入れのある作家の作品を追いかけて旅に出る、って
いいですよね。
そこで見た作品を思い出すたびに
旅の景色も一緒に思い出せます。
そんな思い出を一つずつ増やしていけると
素敵ですね。

Commented by raindropsonroses at 2011-08-25 19:15
cream teaさんへ。
こんばんは。早々にメッセージありがとうございます。どうですか、暑くなったり涼しくなったり……体調を崩していませんか?さて、楽しい一人旅でした。気兼ねなく自由気侭でね。たまにはこんな旅もいいもんです。信州は両親の出身ですし何だかいい人が多くて好きな県なんですよ。ドットのコーラ、暫く自動販売機の前でスッタモンダ……お土産に最適と思ったんですけど、どうやら非売品のようでした。これ、売っていたら凄いですよねぇ……まぁ、諸々の版権とかウルサいんでしょうけど。しかし、青森に続いて草間弥生……草間さんは松本出身らしいですね。ジャンセンの「納屋」ですけど、僕ね、元々、風景画が好きなんです。そんな訳で集めているのも風景画が多いかな……ジャンセンもバレリーナや裸婦より風景画に惹かれます。世界広しと言えどもジャンセンの美術館が日本にあるって言うのが凄いです(笑)思い入れのある作家の作品を追いかけてって言うことで言えば、ロンドンのテート・ギャラリーにサージャントの作品を観に行かなければ……前回は飾られていなかったんですよ……どこか一緒に旅したいですねぇ……来月は時間があったらレイクガーデン?(笑)

ブノワ。
Commented by cream tea at 2011-08-26 22:25 x
思わず再び・・・・・・
こんばんは。
作品を追いかける旅、と言って思い浮かべていたのが
正にテートのサージェント、でした♪
ブノワ。さんにとっての「納屋」が私にとっての
「Carnation,Lily,Lily,Rose」かしら。
もちろん買えませんが(笑)
本当に特別な思い出の詰まった一枚の絵です。

明日から両親が信州の温泉に行ってくる!と
突然決めたようで先ほどから信州周辺を
調べておりました。
そして、ブノワ。さんの行かれたジャンセン美術館も。
今すぐ行ってみたくなります。カフェもすてき。
「血の婚礼」の特別展もとても興味深いです。
その次の特別展も気になります。
通わないと見れませんね。
とても素敵な美術館を教えてくださって
ありがとうございます。
きっと行ける日が来ると思います!

レイクガーデン、いいですね!
Commented by harry at 2011-08-26 23:00 x
ブノワさん、こんばんは。
安曇野へようこそ!僕らも少し時間ができるとふらっと出掛けることが多いです。ちょうど兄さんが出掛けた前の週になるかな、ジャンセン美術館の山側へ少し入った所にある小さなギャラリーを訪ねてのんびりしてました。晴れた日もいいし、薄曇りの日なんかさらに素敵です。松本市美術館もこじんまりしていてなかなかいいでしょう?今の職場でお世話になっている創業者の奥さんが、ちょうど土門拳の写真展へ出掛けて、想像以上に圧倒されて衝撃的だったという話を、つい2、3日前に聞いたところでした。草間さんは松本ではちょっと突き抜けすぎちゃってて、東京で観るのとはまた違う非現実的な印象があるんですよね。
こちらにいると、そういうちょっとした刺激が日常のあちらこちらにあって、心休まるだけでなくどこか生きていく支えになる刺激が静かに湧き出しているような、そんな印象を受けています。いいところです。次回はダメ元で一声掛けてくださいね。夜になったらちゃんと解放してあげますから(笑)。ぜひ、またふらっとこちらの空気を味わいにお越しくださいませ!
Commented by paokiti1959 at 2011-08-27 00:55
こんばんわ。
おや、一人旅は楽しいにょ?
じゃ、ぱお吉もいつか弘前の美術館へ一人で行ってみよーっと ^m^
で、お休みいっぱい取ったのに日帰りだったの??
ちょっともったいなかったねぇ~・・・
日帰り往復600kmまで対応している「ちっこい車」で出掛けたくなったらいつでも誘ってちょ ^^

で、その「欲しい絵」は「薔薇御殿」建ててから買ってネ♪
Commented by raindropsonroses at 2011-08-27 17:36
cream teaさんへ。
こんにちは。何だか秋めいて来ました(笑)残暑は?このまま秋?(笑)
さて、再びメッセージをありがとうございました。僕、テート・ギャラリーで勿論、観ましたが、「Carnation, Lily, Lily, Rose」は日本でも観たんですよ。文化村でしたっけ?良く美術館の目玉を持って来ましたよね。まぁ、それだけ素晴しい作品を持っているって言うことなんでしょうけど……大丈夫、いつか必ず観られますって。あの作品は実物の方が数倍素敵ですから感激することは必定です。いつかロンドンに一緒に行く事があったら……頭の隅のメモ帳に記しておきましょうね。ご両親の信州行きは無事に計画通り?まだ夏休み中ですから上手く宿とか取れましたでしょうか。天気とか心配ですけど、いい旅になられた事を願っています。アンテナは常に張っていて、素敵なことを沢山覚えておきたいですね。いつかそれが現実になる事もある訳だし。レイクガーデンは泊まりで行きたいもんですよねぇ……9月の下旬?僕は薔薇はそんなに期待していないから閉園ギリギリ前でもいいんですけど……美味しい店もありますよ、是非、計画しましょう!

Benoit。
Commented by raindropsonroses at 2011-08-27 17:46
harryさんへ。
こんにちは。メッセージどうもありがとうございます。
スッカリご無沙汰ですけど元気にしていらっしゃいますか?お盆休みにチョコッと接近遭遇しにそちらに行って来ました(笑)実は松本散策は苦肉の策だったんですよ。ジャンセン美術館に直行、直帰の予定だったんですけど、電車が取れなくてポッカリ空いた時間を松本散策に……いい街ですねぇ。美術館も程良い大きさで気に入っちゃいました。写真集は持っているものの、土門拳のオリジナルプリントを観るのは初めてだったんですよ。モノクロの濃淡がハッキリした骨太の作品に圧倒されっ放し。駅のエスカレーターでよそ見してポスターを発見して良かったと思います(笑)実は僕、草間弥生のリトグラフを持っているんですけど、ドッともない質素な1枚(笑)ワザとそう言うのを選びました。「ジャンセン美術館の山側へ少し入った所にある小さなギャラリー」……あそこかな?(笑)今回は3〜4時間師かゆっくり出来ませんでしたので、次回はharryさんご夫婦と御飯を食べるつもりの予定を組んで出掛けますね。その時は案内を宜しくお願いいたします!

Benoit。
Commented by raindropsonroses at 2011-08-27 17:50
ぱおさんへ。
こんにちは。メッセージどうもサンキュウでした。
そう、オイラは基本的に個人行動の人だから(笑)お友達と行動するのは非常に稀です。一人はいいですよ……何より計画に全く縛られない所がGOO。その代わり、臨機応変、フットワークを軽くしておかなきゃ詰まらない旅になっちゃうけど……。ぱおさんも是非!今の所泊まりがけはチョッと無理かなぁ……猫沢山になっちゃったし、まだまだ暑いから薔薇が心配だしね(苦笑)そろそろ秋薔薇のシーズン、また悪巧みしましょうゼィ!(笑)

Benoit。
Commented by かな。 at 2011-08-28 23:39 x
ブノワ。さん、おばんです♪

足は棒になったけど、心はいっぱいリフレッシュされた様子
盛り沢山の素晴らしい1日でしたね。
ブノワ。さんのお写真見て、涼やかな空気をお裾わけしていただいた気分です。

安曇野、かな~り昔に旅行したことがありますが
(ジャンセン美術館がまだなかったすんごい昔の話しだけど)
レンタサイクルで滑走した気持ちの良い風を思い出してます。
ブノワ。さんの記事を読んで、ジャンセン美術館に行きたくなっちゃったわ。
土門拳、ひさかたぶりに名前を目にして酒田に行きたくなっちゃったし
コーラのドット、楽しい♪ 松本出身だもんね。常設されてるのね。
松本も行きたいし、青森の方にも行きたくなっちゃった・・・・
あ~ぁ、お蕎麦食べたい。お団子食べたい。バラ焼き食べたい。(笑)
ブラリと出かけてみたくなっちゃった。
Commented by raindropsonroses at 2011-08-29 21:42
かな。さま。
おばんです!今日も暑くなりましたねぇ……元気にお過ごしでしたか?
メッセージどうもありがとうございます。最近はね、スグに足が棒になっちゃいます(笑)でも、いつも旅の時は「もう二度と来られないかもしれない……。」この思いが強いので、ついつい頑張って歩いてしまいます。だって、短い人生で同じ所に何度も行かれる訳でもないし……思い残して帰って来るよりいいですよね。もう10年若かったらレンタサイクルもいいけれど(友人は皆、僕が自転車に乗れないと思っている!)今回はシッカリお高いバス(片道500円!)で時間稼ぎしました。ジャンセン美術館、なかなかいいですよ。かな。さまも時間がある時に足を延ばしてみて下さいな。そうそう、美術館のチケット売り場の横に巨大なドットのカボチャが置いてあるんですけど、これがまた白地に赤いドットで可愛いの……部屋には入りませんけどね(笑)フットワーク軽いお陰で思わず美術三昧の旅になりました。バラ焼き食べたいですねぇ……今、かの地はどんな様子なんでしょう?まだあれから2ヶ月も経っていないんですよねぇ……。

ブノワ。