匂いのいい花束。ANNEXE。

天国のソメちゃんへ。

e0044929_1921439.jpg

天国のソメちゃんへ……。

大好きな大好きな僕のソメちゃん、お元気ですか?
ソメちゃんが天国に旅立ってから、早いもので半年が経とうとしています。
どうですか、遠いパリ郊外で一人で寂しくないですか?
僕は寂しくて寂しくて、毎日ソメちゃんの事を思っているんですよ。

ソメちゃんは僕にとって最初の猫……自分の子供同様に思っていました。
最初にウチに貰われて来た日の事は今でも忘れません。
ケージの中から出ると、「ダァ〜っ!」と部屋の片隅に走って行き、
「にゃぁ」と一声、スグに戻って来て僕の膝に乗って来たんでしたね。
ソメちゃん、君はとっても人懐っこい人気者の猫でした。
初日、連れて来た友人が帰ると、腹這いになって本を読む僕の腕に
小さな頭をチョコンと乗っけてクゥクゥ居眠り(笑)
本当に君を貰って良かった……あの時ほど嬉しく思った事はありません。
あれから8年。いつ迄もズゥ〜ッと一緒にいるものと思っていたけれど、
去年、異変に気付きながら、僕がスグに病院に連れてかなかったばかりに
大切なソメちゃんとサヨナラする事になっちゃった……。
本当に悔やんでも悔やみ切れません……もう一度ソメちゃんに会いたい!

まだ元気だった頃は、洋服について来るソメちゃんの毛を見て
「全くしようがないなぁ……染香めっ!」って、悪態をついたものだけど、
今や、くっ付いて来るのは真っ白なお園の毛だけ……。
ソメちゃんの茶色くって、毛先が薄くベージュになっていて、
風が吹くとゆらゆら揺れる毛は二度とくっ付いて来ない……。
今でも、ソメちゃんのミンクのようにしっとり滑らかな毛の感触や
黒くて柔らかい肉球、チョッと短めで先が曲がっている尻尾、
アイラインバッチリの大きくて四角い目、チョンチョンって
小さくインクが飛んだように飛び散る所々の黒い毛……忘れません。
寒くなって来ると「布団に入れてぇ!」って手で枕元をかく音と
「あぁ〜ん」と言う声が今でも聞こえて来そうです。
そう、君の声は今でもハッキリ覚えていますよ……。
5キロもあった体重が最後にはたったの2キロ!
抱き上げると羽根のように軽いソメちゃん……本当に悲しかったです。

この前のお墓参りは10分しか居られませんでしたね……でも、待っててね。
僕もそこに行くからね!何年掛かっても絶対にそこに行くからね。
そうしたらズゥ〜ッと永遠に一緒に居られるんだよ。


敬具

2005年10月30日


ブノワ。


[Someka/染香 (1996~2005)]
[PR]
by raindropsonroses | 2005-10-30 00:00 | 猫が行方不明。