匂いのいい花束。ANNEXE。

天国のソメちゃんへ。

e0044929_1921439.jpg

天国のソメちゃんへ……。

大好きな大好きな僕のソメちゃん、お元気ですか?
ソメちゃんが天国に旅立ってから、早いもので半年が経とうとしています。
どうですか、遠いパリ郊外で一人で寂しくないですか?
僕は寂しくて寂しくて、毎日ソメちゃんの事を思っているんですよ。

ソメちゃんは僕にとって最初の猫……自分の子供同様に思っていました。
最初にウチに貰われて来た日の事は今でも忘れません。
ケージの中から出ると、「ダァ〜っ!」と部屋の片隅に走って行き、
「にゃぁ」と一声、スグに戻って来て僕の膝に乗って来たんでしたね。
ソメちゃん、君はとっても人懐っこい人気者の猫でした。
初日、連れて来た友人が帰ると、腹這いになって本を読む僕の腕に
小さな頭をチョコンと乗っけてクゥクゥ居眠り(笑)
本当に君を貰って良かった……あの時ほど嬉しく思った事はありません。
あれから8年。いつ迄もズゥ〜ッと一緒にいるものと思っていたけれど、
去年、異変に気付きながら、僕がスグに病院に連れてかなかったばかりに
大切なソメちゃんとサヨナラする事になっちゃった……。
本当に悔やんでも悔やみ切れません……もう一度ソメちゃんに会いたい!

まだ元気だった頃は、洋服について来るソメちゃんの毛を見て
「全くしようがないなぁ……染香めっ!」って、悪態をついたものだけど、
今や、くっ付いて来るのは真っ白なお園の毛だけ……。
ソメちゃんの茶色くって、毛先が薄くベージュになっていて、
風が吹くとゆらゆら揺れる毛は二度とくっ付いて来ない……。
今でも、ソメちゃんのミンクのようにしっとり滑らかな毛の感触や
黒くて柔らかい肉球、チョッと短めで先が曲がっている尻尾、
アイラインバッチリの大きくて四角い目、チョンチョンって
小さくインクが飛んだように飛び散る所々の黒い毛……忘れません。
寒くなって来ると「布団に入れてぇ!」って手で枕元をかく音と
「あぁ〜ん」と言う声が今でも聞こえて来そうです。
そう、君の声は今でもハッキリ覚えていますよ……。
5キロもあった体重が最後にはたったの2キロ!
抱き上げると羽根のように軽いソメちゃん……本当に悲しかったです。

この前のお墓参りは10分しか居られませんでしたね……でも、待っててね。
僕もそこに行くからね!何年掛かっても絶対にそこに行くからね。
そうしたらズゥ〜ッと永遠に一緒に居られるんだよ。


敬具

2005年10月30日


ブノワ。


[Someka/染香 (1996~2005)]
[PR]
by raindropsonroses | 2005-10-30 00:00 | 猫が行方不明。 | Comments(16)
Commented by otoboke-ya at 2005-10-30 01:09
ううう・・・悲しすぎるよ。ずっと忘れずにいてくれる飼い主さんで染香ちゃんは幸せだったことでしょう。いまでも実家で飼っていたミニウサギのこと思い出します。屋台で買ってもらって3日目、おなかを壊して冷たくなってしまいました。小学校のころです。小さい頃とはいえ・・・悪いことしました。
Commented by raindropsonroses at 2005-10-30 01:44
otoboke-yaさんへ。
こんばんは。屋台のウサギやひよこって何ででしょうね……中には立派なニワトリになって驚かせてくれる奴もいますが(笑)
ミニウサギ、悪い事なんかではなく、きっと、otoboke-yaさんの所で嬉しかったと思いますよ。こうしている今も、一番小さい小芳が膝の上で茹でたエビのように丸くなっています(笑)どの猫が一番と言う事はないのだけど、一番最初の猫は染香だけって事でしょうね……。

ブノワ。
Commented by harry at 2005-10-30 01:59 x
実家にいた頃に一匹だけワタクシになついていた猫が居たことをチラッと書きましたけど、この時期になると「ぎゃおんぎゃおん!」と妙な声を出して布団に入ってきては人の腕にあごを載せて気持ち良さそうにしていたんです。こっちもなんだか「お前、ほんとに猫なの?」という気分がしたりして。。
餌をくれるうちの母には見向きもせず、触られそうになると逃げ出して(笑
その子は私がコスタ・リカに行ってしばらくした頃に家出をして、それっきり帰ってこなかったと母からの手紙で知りました。
あの子に似た猫に会うと、なんともいえない気分になります。
Commented at 2005-10-30 02:01 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by raindropsonroses at 2005-10-30 02:10
harryさんへ。
猫なりに何かを思っての家出だったんでしょうね……。
それにしても、「ぎゃおんぎゃおん」って(笑)猫それぞれに個性があって鳴き方も違いますが「ぎゃおんぎゃおん」かぁ……。
可愛がっていた動物が死んだ時って、人それぞれの反応があって当然なんですが、僕は、どちらかと言うと、忘れまい忘れまいと毎日思い出す方なんです。僕の頼りない記憶なんてスグに無くなって消えてしまいますからねぇ。そうだ、染香のアルバムを作らなければいけないんだった!出来たら見て下さいね。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2005-10-30 02:13
立ち上がった染香の強烈な両手同時の猫パンチをモロに顔に受けたあなた、優しいコメントありがとう!染香が両手で猫パンチをしたのはあなただけですよ(笑)どうです、ちょっと勲章でしょう?(爆)
Commented by ダヴィデ at 2005-10-30 10:24 x
本日、コメントできず、すみません(泣)
Commented by Coucou at 2005-10-30 10:40 x
うるッ泣きそうになりました。ソメちゃん、こんなに思われて幸せね。猫がブウブウゴロゴロいいながらお布団めくってもぐりこんでくるのが嬉しい季節になりましたね。そいえばパリ散歩中、アパルトマンの窓辺にいる美しい白猫を発見、発情期の雄猫を真似て激しく声をかけたら(もちろん仏語で!)、絵に描いたようなハゲ親父が顔を出したことがあります。「うちの娘に何の用だッ」と言っていたかどうかは確認できませんでしたがビックリ!ブノワさんにとっても、「うちの娘」なんでしょうね。愛情たっぷり。
Commented by raindropsonroses at 2005-10-30 11:35
ダヴィデさんへ。
おはようございます。落ち着いたら最後まで読んでコメント下さいね。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2005-10-30 11:41
Coucouさんへ。
染香の事、色々とタイミング等ありまして、なかなか全員に言えずにいました。特に、同じ時期に可愛がっていた猫を亡くした友人、飼っている猫が病気で困っている友人……等々。その中の一人、パリの友人に先日ようやく話せたので記事にしました。これで、染香の事をあれこれ書ける!エピソード満載猫でしたから……。
そのハゲ親父、牝猫が自分に声を掛けて来たと思ったんじゃないですか?その発情の声、ここにフランス語で書いて見て下さい(笑)

ブノワ。
Commented by しん at 2005-10-31 19:59 x
ブノワ。さん
染ちゃんが天国に召されて半年ですか・・・それは、まだまだ思い出しますね。私なんて5年前に逝ったニャンコの気配を今でも感じて、呼んでみますよ。この間は、階段を降りる時に鈴の音がして「!!!」
居るわけないのに。でも、ちょうど命日だったのです。来てくれてたのかもしれません。
Commented by raindropsonroses at 2005-10-31 20:45
しんさんへ。
こんばんは。まだ半年って感じです。何だか、ついさっきの事のようで……いまだに、お園を叱る時は「ダメ!ソメ!」って言ってしまいます(笑)
ニャンコの鈴の音ですか。来ていたんでしょうね、きっと。
僕は他の友達と違って、忘れないよう忘れないよう、日々、あれこれソメの事を思い出しています。そうでなくても、何れは消えて行く記憶、忘れたくない想い出で一杯ですからねぇ……。

ブノワ。
Commented at 2005-10-31 22:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by raindropsonroses at 2005-10-31 23:13
最後の一行……こんなに短い?って何度も確かめちゃいました。
優しいコメントありがとうございます。
染香はとっても人間らしい猫でした。何て言うんでしょう……考えている事が分からなかった事は一度もありませんし……。本当、会って戴きたかったけど残念です。

ブノワ。
Commented by at 2005-11-01 23:15 x
愛する者とお別れするのは本当に寂しいですね・・・
写真から染香ちゃんのブノワさまへの愛情・信頼・子供のような甘えなど見受けられました。
ブノワさまも染香ちゃんを今でも優しく見つめているのでしょう。
ちょうどこの日、私にとって大切な人の告別式でした。
故人が大好きだった賛美歌が流れ、涙が止まらなくなりましたが、
歌の一節の「なげくはたれぞ、主ならずや」と何度も歌っている内に、
「私の身体はこの世を離れるけれど、嘆く必要はないのよ。私は幸せよ。」というメッセージを受け取ったように思いました。
もう会えないのは悲しいけれど、染香ちゃんもブノワさまと共にいることでしょう。
私はそう思うのです。
Commented by raindropsonroses at 2005-11-01 23:44
翠さま。
こんばんは。翠さんも大変でしたね……悲しい中にも、前向きな姿勢を取れる所が翠さんの美点ですね。僕はね、悲しいけど忘れる必要はない思うんです。それよりも、もっと毎日思い出していたいんです。決して感傷に浸っていたい訳ではありませんけどね(笑)
ただ、悔やまれるのは、何故もっと早く病院に連れて行かなかったかって事なんです。自分の都合で死なせちゃったも同然ですから……全愛情を注いで思い切り可愛がったし、ソメも幸せだったと思うけど、それだけが心残り。早く治療していれば、まだ僕の膝の上に乗っかっている訳ですから……。
ソメったら今でも僕と一緒にいますかねぇ。

ブノワ。