「ほっ」と。キャンペーン

匂いのいい花束。ANNEXE。

リスベット・サランデル。

e0044929_155034.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 「読んでから見るか、見てから読むか。」

確か角川書店の宣伝コピーでしたか。
皆さんはどっち派ですか?僕は出来れば読んでから見る方です。
主人公が映画化されてどのように描かれているか確認したいタイプなんです。
読んじゃったらストーリーが分かっちゃって面白くないでしょう?
そう言う人もいますが、僕は全然平気。
監督が原作をどう料理しているかを見るのが楽しいです。

 「原作と映画は別物だよ!」

そう声高に言う人もいます……そりゃぁそうだ。
でもね、僕は思うんです。原作を元に作っている以上、
そのファンの動員を当てにして作っている訳で、原作のファンの意見は無視出来ないし、
作家としての自分の表現をどこら辺まで曲げ、そして迎合して原作と向き合うか。
凄く面白いと思うんです。原作の映画化で成功した例は少ないですしね。
そこにこだわるならオリジナル・ストリーで勝負すればいい。
件の台詞を平然と言い放つ作家は原作を自在に料理出来る力量がないから遠吠えするんですね(笑)
原作物を映画化するには絶対に逃れられない宿命があります。



さて、この所チョッピリ惚けています……。
正月に纏め買いした「ミレニアム」シリーズ全6冊。
本当は単行本で揃えたかったんですが、一番最初が欠品で泣く泣く文庫本です。
もうね、一気ね(笑)アッと言う間に読み終わっちゃったの。
最近、これだけ集中的に読破したのは珍しいです。
思い出してみても「風と共に去りぬ」「細雪」「薔薇の名前」くらいでしょうか……。
夢中になって深夜までページをペラペラペラペラ、
前の巻が終わるとすかさず次の巻を手にしたのは。
スウェーデンの登場人物の名前が覚えにくいのにもかかわらず、
サラサラとページを捲ることが出来ました。

先ずね、映画を観たいと思ったのね。
スエーデン版のオリジナルは何故か食指が動かなかったのだけれど、
今回のハリウッドのリメイク版は主役2人が魅力的だったことと、
監督がデヴィッド・フィンチャーだったことが決め手でした。
デヴィド・フィンチャーは好きな監督なのね、スタイルがあるから。
だから先ず、映画を観る前に原作を読みたいと思った訳です。
僕、ミステリーの大ファンでもあるしね。

さて、「ミレニアム/ドラゴンタトゥーの女」の主人公、
リスベット・サランデル……近年稀に見る魅力的なヒロイン登場です。
主人公はジャーナリストのミカエル・ブルムクヴィストなんですけどね、
気が付くとリスベット・サランデルの魅力に首ったけでした。
人と、社会と全く関わり合えない孤独の天才ハッカー……。
こんなに寂しくて可愛らしくて守ってあげたい主人公がいたでしょうか?



どこで読んだのか定かではありませんが、
敬愛するメリル・ストリープの言葉に、

 「私が興味を持って演じた女性たち、後で考えてみると、
      必ずと言っていいほど精神に問題を抱えていました。」

と、言うのがありました。

映画に限らず、小説の主人公たち……。
魅力的な人物は必ずと言っていいほど人間的には問題を抱えています。
アル中だったり犯罪者だったり社会の鼻つまみだったり……。
例えばスカーレット・オハラ……絶世の美女だけど、
考えてみればあれほどイヤな女はいません。気性が激しく我儘勝手。
金のためなら妹の恋人を寝取ります。

実際は正統派の美女のルーニー・マーラがどうリスベットを演じるか?
はたまた、膨大な原作をフィンチャーがどう料理しているか?
大変に楽しみであります。映画は明日、公開!勿論、初日に駆け付ける予定です!
映画の感想はまた日を改めて今度……。
どうぞ毒吐かなくてもいいように……(笑)


草々

2012年2月9日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2012 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2012-02-09 00:00 | 書架の片隅。 | Comments(10)
Commented by かなちょん at 2012-02-10 02:32 x
ツェッペリンのカバー曲イントロと共に、真っ直ぐな薄暗い雪道を突き進む予告編…
最初のうちはこの予告編がかかるだけで心拍数バクバクで怖くて正視できずにいましたぁ…
でもTVでは敢えて、あの曲を外してCMしてたので「何故?」と気になり始め、観にゆくべきか ゆかざるべきか…観た人の感想を待とうかと悩んでました
が、こちら拝見して決めましたぁ~!
やっぱり日曜仕事が終わったら観にゆこう~♪四大陸フィギュアまでに帰れるように頑張ろう~w
Commented by raindropsonroses at 2012-02-10 08:41
かなちょんさんへ。
おはようございます!メッセージどうもありがとう。
僕、テレビ見ないからテレビのスポットは見ていないんですが、心拍数バクバクでしたか?(笑)色々あるのかもしれませんね、版権の問題とかね。そろそろ支度して出掛けるんですが、まだ観ぬ内に傑作の太鼓判圧しちゃう勢いです(笑)この映画、長いんですねぇ……幸せ(笑)観終わった後の記事は一つ映画の記事が挟まってその次になりますが、追記するかもしれません。そうだ、フィギュアもあるんですね!この週末は大変だ!(笑)かなちょんさんは誰の応援?高橋くん?真央ちゃん?皆に頑張って欲しいですね!

ブノワ。
Commented by HarukoB1 at 2012-02-10 18:08
読んでから見た方がいいですね。
あまり本は読まない方なのですが、
本も映画もどちらもよかったのは
「ジャッカルの日」と「レインマン」です。
映画の方がだいたいユーモラスになりますね、、
Commented by raindropsonroses at 2012-02-10 18:20
はるこさんへ。
こんばんは。メッセージどうもありがとうございます。
そう、僕も読んでからの方がいいと思います、同感、同感!特にこの「ドラゴン・タトゥーの女」はそう思います。非常に良く出来ていましたが、読んでいないとチョッとチンプンカンプンかもしれません(笑)「レインマン」も原作物だったんですね?今、公開に合わせて慌てて読んでいる本があります。それはまた紹介させて下さいね。

ブノワ。
Commented by rikiaru at 2012-02-10 22:39
スウェーデン版の方は3作とも見ました。原作は読んでないので比較できませんが、とても面白かったですよ。やはり何よりもノオミ・ラパスが演じるリスペット・サランデルが強烈でした。北欧の冷たく重そうな空気や、無彩色のように見える景色、北欧らしいインテリアなんかも見て楽しみました。そうそう、スウェーデン語を聞いてるのも楽しい。まったく理解できませんが、外国語を音として聞くのが好きなのです。
なのでハリウッド版を見るつもりは全くなかったのですが、ブノワ。さんの感想によっては見に行ってみようかしらん?
一つ前の記事になりますが、カトリーヌちゃん、家に入れるといいのになあ、と思っておりました。その日が来るのを楽しみにしています。入れたら入れたでいろいろあるでしょうが、そのうち収まる所に収まりますから、ぜひに。
Commented by raindropsonroses at 2012-02-11 07:15
りきさんへ。
おはようございます。メッセージどうもありがとう!
はい、興奮して帰って来ました。興奮って言っても冷めた興奮ね。こうなるとスエーデンのオリジナル版を見ていないことが悔やまれます。原作を読んで映画を見るのが僕の楽しみですが、リメイクの場合はオリジナル版も見たいのです。りきさん、いいなぁ……僕は出きれば劇場で3作連続上映で観たいなぁ……無理だったら自分の中の掟を破ってDVDかな。ノオミ・ラパスは売れて来ましたね。「エイリアン」の前章の「プロメテウス」にも出ていますね。こちらも楽しみ。ただね、見ていないのに言うのは何ですが、外見はルーニー・マーラの方がリスベットだと思います。原作でリスベットは殆ど喋りませんが、映画は仕方なく最小限だけ喋っています(笑)フィンチャーは大きく端折る所は端折って見事でしたよ。記事にしますがその前に溜まった映画の酷評をしてからになります(笑)りきさんも是非、是非!

カトリーヌですが、果たして家の中で我慢してくれるでしょうか?もう少し年取って外が辛くなって来てからでもいいのかなぁって。今は外の自由を謳歌させて上げるのも一つの道?そんな風にも思います。

ブノワ。
Commented by mChouette at 2012-02-15 10:44
ブノワ。さん こちらにもお邪魔しますね。私は先に映画を先に観てしまって原作はどこかで思いながら未読。映画ファンの中には原作は絶対に読まないとか、映画と原作を較べて評する人なんかもいるいる。以前の私も同じ類だったけど、今はどんな風に脚色してるんだろうって眼で観るのも面白い。
リスベット・サランデル…スエーでン版リスベットが良かったので、リメイク版リスベットはどこまでオリジナルに迫れるかな?どうだろうなって不安に感じつつ、週末に観にいく予定。ダニエル・クレイグはミカエル役には合っているって思う。彼はハードボイルドやアクションのキャラにはちとしんどいところがあるなぁ。
初日にいそいそと劇場まで…そんなブノワ。さんが羨ましい。わたくしめは最近はそんな気が沸いてこない~(泣)
ではでは、映画は観てのお楽しみ!
Commented by raindropsonroses at 2012-02-17 06:31
chouetteさんへ。
おはようございます。メッセージどうもありがとうございます。
そう、こだわりがある人もいるみたいですね。僕はどちらでもいいんですが、時間があるのであれば原作は読みたいです。そして、可能なら映画を見る前に読んで、監督がどんな風に料理するか見てみたいの。それがどれくらい自分の感覚と違うのかを見るのが面白いです。オリジナル版のリスベットは良かったみたいですね。僕ね、思うんですけど、リスベットって社会に対してツンツンにツパっていたんじゃダメなんじゃないかなぁ……って。彼女は暗く、弱く、それこそ原作のテーマである「男に虐げられる女性」の代表として描かれなければならない。それが爆発した時とのギャップが見せ所なんですよ。ルーニー・マーラ嬢、非常に良かったです。映画ですから喋らなければいけませんが、原作はもっと寡黙です。ダニエル・クレイグはいいですね。僕もそう思います。初日に駆け付けるなんて滅多にありませんよ(笑)次はメリルの新作!

ブノワ。
Commented by mChouette at 2012-03-13 10:22
おはようございます。あらためてお邪魔します~。
原作読みました。ブログアップしました。アップしたてのほやほやTB持ってきました。
ブノワ。さんは原作→ハリウッド版映画→スウェーデン版映画で、私はスウェーデン版→ハリウッド版→原作と逆方向から入ったんですね。
いやぁ原作でエキサイトさせてもらった今となっては、映画は「あれはあれ」それはそれ」で、続くハリウッド版がどない料理するのか脚本が興味の対象でございます。さて次に読む本が見つからない! ブノワ。さん何読んだはります?
Commented by raindropsonroses at 2012-03-13 17:55
chouetteさんへ。
こんにちは。さっき読ませて戴きました!(笑)
いやぁ、しかし面白かったですねぇ……僕も一気に6冊行きました。こんなの「風と共に去りぬ」「薔薇の名前」「細雪」くらいかな?リスベットとミカエル……一応3部作で何となく決着がついていて良かったですね。これ中途半端のままだったら気が狂っちゃいます(笑)その書きかけの4部作目……どうするんでしょうねぇ。読んでみたいと思いませんか?僕もchouetteさんと同じく読む本がなくて困っていたんですが、昨日「二流小説家」読み終わりました!これって「このミス」をはじめ3冠達成ですって?chouetteさんも読んでみます?(笑)トラックバック2つ行きました、ヨロシクです!

ブノワ。