匂いのいい花束。ANNEXE。

プロがいなくなった……。

e0044929_7542568.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

年末から忙しくて(……ってもう6月じゃん)
ついつい記事にするチャンスを逃していましたが、
最近、物凄く気になることをチョッと書いてみたいと思います。

あれは確か去年の12月、僕はあまり好きではないのですが、
矢張り巷は忘年会シーズンですから、酒の席が多くなります。
当然、帰りが遅くなったり、電車での帰宅が面倒でタクシーに乗る機会が増えますよね。
最近のタクシーの運転手って道を知らない人が多いですねぇ……チョッとビックリ。
地方から出稼ぎに来ていたり、色々、事情もあるでしょう。
でもね、プロですからね。お客を安全に目的地に運んで代金を貰い、
それで給料を貰っているんですから。

 「すみません、道、教えてください」……はないですよねぇ。

百歩、譲って、客の方が道に詳しく、最短の道順を知っていた場合はそれでもいいです。
初めて行く土地、道が分からなくてタクシーに乗る場合もあるんですから。



その時は、僕の家までの道順がまったく分からない運転手に業を煮やし、
住所を入力してカーナビを使うように頼みました。
そうしたら今度はカーナビの入力の仕方が分からないの(苦笑)
しょうがないです。僕が後ろの座席から身を乗り出して入力してあげました。
それってマズイですよねぇ?もし僕が悪い奴だったら?身の危険は感じないのかしら?



まだまだ沢山、例はあります。
色が作れない塗装屋、鉋(かんな)をかけられない大工(笑)
ハッキリ言ってプロフェッショナルとは言えませんね。

今やホームセンターではプロ仕様の材料や道具がゴマンと売られています。
インターネットで検索すれば、ある程度の使い方、コツは分かります。
器用な人だったらそこそこの仕上がりになりますもんね。
やる気のある人は、好きこそモノの何とかで創意工夫があるから。

以前、このブログで「一億総……。」と、言う記事を書きました。
プロもおちおちしていられませんよね。アマチュアの方が研究熱心だったりして……。
今、自分にご大層な肩書きを付ける風潮が蔓延しています。
今までに見た事も聞いたこともないような肩書きがズラリ(笑)
例えば、素人でも肩書きに「研究家」を付ければそれなりの箔はつきます。
いいんですよ、自由に研究してくれれば。でもそれはプロって言う意味じゃない。
プロの仕事ってそう言うものじゃないと思うんです。

カップ麺より不味い蕎麦屋、回転寿司より不味い寿司屋(笑)
歌手のクセに歌が下手な奴、役者のクセに大根……まぁ、これはご愛嬌ですが。

知識を深め、技を磨いてナンボのプロフェッショナルです。
自らを振り返ってチョッと反省……かな。

………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

写真は随分、前にパリのメトロで撮った1枚。
この大きなアールの付いた壁面にアッと言う間にポスターを貼って行きます。
その手際は本当に見事でした……が!結構、ズレているのね(笑)
その辺は大らかな国民性のフランスのこと、どこまでを求められるかの問題でしょうね。
日本だったらそれは凄いことになっていると思います。ピッタリですもんね!


草々

2012年6月11日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2012 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2012-06-11 00:00 | 向き向きの花束。 | Comments(14)
Commented by rosedeco at 2012-06-10 11:08
おはようございます。
道を知らない運転手ぅ〜〜??
何ですかそれは〜
プロがいない・・私もこの事で憤慨しておりますっ!
家を建てる・・外構をやる・・で、ほとほと嫌になっちゃいました。
年下の私に「プライドは無いのですか?」と問われた大工さんもいました。
私、許せないんですよね・・適当な仕事(笑)
適当な仕事ならまだ良い方で寸法を間違えても違う商品が届いても知らんぷりだもの。
私が仕事をしていた頃はそんな事なかった気がするのですが。
万が一、嫌な仕事だったとしても私なら誰より丁寧に、より早くやる努力をします。
嫌々やってたらもっと嫌になるもの。
今、外構工事の真っ最中です。
最後の最後で良い職人さん(凄〜く男前!)に当たったようです。
相変わらず、デザインや図面は自分でおこしてますが(^^;
業者とのやり取りも私なので。。仲良しになっちゃって。。開業できそうです(笑)
(あ。。昨日帰りに寄って下さればよかったのに!)
ブノワ。さんのパリ写真がすごく好きです。
お写真が見たくて今も時々古い記事っを読みに行っています。
今日のお写真もすてき。
パリの町を歩いた気分♪

良い日曜日を。

歩夢

Commented by azking at 2012-06-10 15:19 x
私も職人の世界に足を踏み入れた時に、プロとは?って考えたことがありました。

お客のこだわりを叶えて、さらにそれを超えた提案と心地よい感動を与えられる人がプロだと思います。

今は安い!早い!が一番の世の中になっちゃったから
あまりにもこだわるプロ(本物)は用済みなんでしょう。

この間、工務店にリフォームをお願いして、洗面台を取り付けにきた下請け水道屋は、
洗面器具メーカーの取り付けNG例をそのまま再現して帰ったので、きつくダメ出しをしてやりました。
どこの業界も、この長引く不況を生き残ったのは、「口が達者で、早く適当に繕えることが出来る人」が占めてきているような気がしてます。

苦心を重ねたプロ
打算を重ねたプロ

単純に経験年数を聞いただけじゃ判断できないから、
本物に出会えるかどうかって難しいもんですね。

タクシードライバーにも、美容師のグレード別料金設定みたいなものがあったらいいかも?
いっそ格安航空会社みたいに、運転しかしませんみたいな文言を箇条書きにしたタクシーとかなら、納得して利用できるかな(苦笑)
Commented by はるこ at 2012-06-10 20:16 x
この貼り方は、ノンシャラン(甘く言うと)フランスですね、、、
ドイツだったら絶対通りません(笑)

昨日、雨で、荷物も重いし、急いでいたので、
タクシーに乗って??られました。
「こんな近い距離、どうしてバスや地下鉄を利用しないんです?
歩いたって行ける距離じゃありませんか、、!」
アラビア人の運転手です.とても機嫌が悪い、、
私は出来るだけのいいわけを並べ立てました、、、
が、まだ頭を振っていました。
私のことを怠け者、と思っていたみたいです(笑)
チップをビタ一文払わないで降りてやりましたけど、後味悪い!
でも何も出来ない人よりましですね、必死で生きてる。
Commented by おたふく at 2012-06-11 10:32 x
ブノワ。様はじめましてこんにちは
ガーデニングショウで今年はベラドンナを選んでいただいたおたふくと申します。私の庭でも素敵な景色となって咲いてくれました。いつかお礼をと思いながら遅くなりご無礼お許しください。
私も仕事をしてン十年、当初憧れた先輩達に近づけただろうか?これから先の方が短くなりましたが、お客様も賃金を払う人も第三者の目からもそして自分も心地のよい仕事をしないと!とあらためて思いました。はじめからの熟練者なんていませんが、育てるという環境も変わったのでしょうね。
ブノワ。様の言葉はピリリと喉に効くプロポリスキャンディのよう(笑)文章もお写真にも玄人はだしという言葉を思いながら、楽しませていただいています。
Commented by mChouette at 2012-06-11 15:35
こんにちは。
手っ取り早く…の世の中なんでしょうね。
タクシー運転手などはまさにそうでしょうね。でもやめていく人も多いって。そんなに簡単に稼げる商売でもないって。長年やっているからこそ知りうる情報があるんでしょうね。
アパレルでもデザイナー志望はわんさかいるけど、縫い子希望はいないって。ベースの部分がどれだけあるかって、それは一朝一夕では身につかないですよね。石の上にも3年って当ってるなってつくづく思う。
パリといえばずっと風邪引いて観にいけなかったウディ・アレン監督の「ミッドナイト・イン・パリ」観てきました。HAPPYでChouette(=ステキ!)。
それからWOWOWで新藤兼人監督の「午後の遺言状」。杉村春子と乙羽信子。死ぬまで最期まで女優だった二人には若さでは太刀打ちできないほどのオーラ。生きるパワーを浴びさせてくれた作品。
ではでは。まだまだコメント不可だけど映画観に行く元気出てきたシュエットです。
Commented by wood-land at 2012-06-12 02:13
ブノワ。さん
私も学芸大学でタクシーに乗ったら全く道を知らない運転手さんだったことがありますよ。
「この方きっと今日が初めての仕事なのね」と思って途中で降ろしてもらいましたけど。
それから先週フランス式早業を見ましたよ!
朝10時くらいだったかしら、ロジェ通りの真ん中あたりにあるファラフェル屋さんで
お店のすぐ前をかなり深くドリルで掘っていたのです。
「今日はお休みなのかな?」と思いながら通り過ぎ、またお昼頃通りかかったら
もうその場所はお客さんでいっぱいでした。
工事したところは綺麗に緑色の大理石?が貼られて。
日本なら一日くらいは赤いプラスチックのコーンが置いてありそうですよね。
Commented by raindropsonroses at 2012-06-12 05:56
歩夢ちゃんへ。
おはようございます。早々にメッセージありがとう!
そう、本当にプロ、職人が減りました。今の時代でそうです、この先は?誰が技術を伝えるの?最も、その技術を学ぼうとしない若者が増えているのでしょうけど……外溝工事は大事ですよねぇ……意外に皆さんそうは思っていないみたいだけれど。歩夢ちゃん、ようやくそこまで辿り着きましたか……この度の新築は本当に驚きの連続でしたもんね。適当な仕事には怒りを覚えますね。本当、プライドは?っていう感じ。気が乗らない仕事でもやらなければいけないんだから、笑顔でサッサとやっちゃうのがコツです。所で外溝の職人さんハンサムなんだ(笑)ポイント高いじゃないですか。永遠に工事が終わらなければいいのにね(笑)完成の暁には遊びに行かせて戴きます!イヤでも押し掛けちゃうからね!

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2012-06-12 06:04
azkingさんへ。
おはようございます。メッセージどうもありがとう。
先日のこと、お茶をされる方の新築のお宅に伺ってビックリしました。和室から繋がるお茶室が物凄いんです。一人の大工さんが2ヶ月かけて作ったそう……プロの仕事ってこう言うのね!なんて言うのかな、部屋の空気がピィ〜ンと張りつめているんですよ。いいものを見せて戴いたと思いました。キツくダメ出し……それもともすると「クレーマー」として疎まれるじゃないですか。ウルサい客なんじゃなくて自分達の技術が驚くほど稚拙な事に気付いていない悲しさ。哀れを感じます。「安い!早い!」……本当、そうなんですねぇ……急がば回れで、多少時間は掛かってもキッチリと仕事をすることが後々のためと言うことすら分からない。大袈裟な意味じゃなくって、お客さまにチョッとの驚き、感動を与えられればいいですね。ご覧になった時の驚きの顔ね。怒りの驚きじゃなくて喜びの驚き(笑)今、僕は技術を伝える若い衆を育てたいです……。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2012-06-12 06:11
はるこさんへ。
おはようございます、いつもメッセージどうもありがとう。
そなんです、近くで見ると5ミリは当たり前でズレている(爆)まぁ、こう言うポスターって遠目で見るものだからって言う考えなんでしょうけど、日本では考えられません、ドイツもなんですね?多分、何れにせよキッチリ貼ることは出来ないんだと思います。キッチリ出来ていればこの広い壁面も出来るハズですから。タクシー……ようやく捕まえた客が近くを指示……分からないこともないですけどね。言っちゃいけませんね。僕はワンメーターで申し訳ないと思う時は1000円置いております。勿論、気持ち良く送り届けて下さった場合ですけど。自分の考えを相手(客)に正直に伝えるのも時と場合によりけり。気持ち良く乗せればはるこさんだってチップ弾んだかもしれないのに……損して得取れですかね?必死で生きてる……重い言葉ですね。生活かかっているんですね……。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2012-06-12 06:17
おたふくさんへ。
おはようございます。こちらでは初めましてなんですね?どうぞ宜しくお願いいたしますね。そして、過日はありがとうございました。僕の「Bella Donna」キッチリ仕事していますか?(笑)可愛がってやって下さいね、本当に嬉しいです。初めからの熟練者はいませんけれど、成し遂げる人は初めから違うような気がします。勿論、そこに経験と技術が積み重なる訳ですけど……僕も教えて下さった先生に近付けたかなぁ……たまに疑問に思う事があります。僕にとっての完成形は遥か先、絶対に到達出来ないところにあるので、日々、精進、頑張らなければなりません。それから今、思うのは、僕の持っている技術を誰か若い子に伝えたい……です。誰かいい子いないかなぁ……。また遊びにいらして下さいね!お待ちしております。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2012-06-12 06:28
chouetteさんへ。
おはようございます。メッセージどうもありがとう。
ブログは拝見しています。「Midnight in Paris」……良かったみたいですね。僕、ウディー・アレンを見なくなって何十年経つのでしょう?(笑)軽く30年は経つと思います。「ハンナとその姉妹」……以来です!僕は一昨日、「木洩れ日の家で」を観て来ましたよ。さて、手っ取り早く……そう、全てに当て嵌まるキーワードかも知れませんね。長く愛しんで使うことがなくなった今ならではありませんか。請われたら何でもスグ捨てちゃう、新しいものがベストの世の中。デザイナー志望が多いんですか……でも、今のデザインってチョッと……ですね。何かをゴテゴテ付け足すことじゃなくて、削ぎ落として行くことがデザインと思う僕にとっては大きく首をかしげること多々あります。シンプル・イズ・ベスト……良く言ったもんだと思います。また遊びに来て下さいね、お待ちしております!

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2012-06-12 06:34
Mayさんへ。
おはようございます。お疲れのところメッセージ恐縮です。
とうきょうに出稼ぎに来るタクシー運転手が多いとテレビの特番で見たのは何年前でしょうか。地方は大変なのは分かりますが、東京はもっと激戦地区なのに……道を知らなきゃ話しになりませんね。ここがダメならあっちへ……安易な考えだと思うのは僕だけでしょうか?さて、あそこのパラフェル屋さんですね?(笑)不思議ですねぇ……フランス人はその点、時間に無頓着なのに。工事って大体時間通りに終わらないですもんね。スカイツリー、フランスに建てていたら2〜3年は工期が伸びますね。これ絶対にそう(笑)美術館の改修工事なんて予定通りに終わった試しがないもの(爆)さぁ手、マルメゾンの次は何でしょう?楽しみにしていますね!

ブノワ。
Commented by Coucou at 2012-06-12 10:32 x
ブノワ。さま、おはようゴザイマス。残業を終え、ちょうちん個人タクシーを呼び、名前を言えば、おうちに着く、そんな時代も今は昔となりました(笑)いやいや、タクシーネタは尽きません、すっとぼけた運転手、できる運転手。タクシーに限らず、いずれの職種にしても、これぞプロという方に出会うと感動しますが、これでプロ?と言いたくなる場面も多々ございますわね。
かくいうワタシも師匠から、「もっとプロ意識を持ちなさい」と言われたものです。技術はもちろんのこと。それはもうがんばってもがんばっても足りないのですが、師匠は、「技術は大事だけど、上手なだけじゃ見ていてつまらない、魅せる感動を与えるのは技術だけじゃないからね」とよくおっしゃってました。

ちなみに、「日本一歌の下手な歌手」って商標登録した上床敬子さんて人がいます。
あ、ワタシは…日本一下手ななんとかの商標登録はしてません(笑)

それにしても、ブノワ。さまの技術を継承してくれる人がいたらいいですね。
Commented by raindropsonroses at 2012-06-13 05:53
coucouさんへ。
おはようございます。元気にしていますか?メッセージどうもありがとうね。名前を言えば……いやいや、まだまだその伝説は生きているでしょう!(笑)初めてそのエピソードを聞いた時に「これは物凄いお方と近付きになったものだ!」と、思ったものでした。だって、お宅に天守閣があるんですもんね(笑)しかし、本当にタクシー・ネタは尽きないですよね。「あぁ、この人は……。」そう一瞬で唸らせる何かを持っている人いますね。安心して任せられる。それから何事にも言えますが、技術は勿論なんですが、使う道具?これまた大事でして、見た瞬間「こりゃぁダメだ!」と、絶句する人も多々います(笑)でね、師匠が仰言った至言!そうなの、何事も「ショー」なんですよ。上手く出来て当たり前、感じが良くて当然、さらにショーアップしなければいけません(笑)Coucouさんも商標登録したら如何ですか?「日本一傲慢な〜」とか「日本一居丈高な〜」とか(爆)争う人いないと思うんですけど……。継承してくれる若者……ドォ〜ンと来てくれれば全部包み隠さず教えるんですけど……。

ブノワ。