匂いのいい花束。ANNEXE。

古の妻籠宿……その光と影。

e0044929_17434180.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

のどかな秋の1日、親友と3人で花フェスタ記念公園を訪れました。
折角、花フェスタまで足を延ばしたんです。
秋の行楽シーズン、貪欲な2人のマダムがタダで帰って来る訳がありません(笑)
僕はどこでもいいからゆっくり出来ればOKだし、2日目の行程はお任せです。

久しぶりに会った薔薇の仲間とサヨナラをする時間も惜しんで車を飛ばしました!
行き先は木曽路の妻籠宿……ガーデン研究家のあけさまが憧れる宿があるのです。
何でも江戸時代の風景がそのまま現在に残る宿場町だとか。
僕の希望はまだ日があるうちに宿に着いて街中を散歩し、写真を撮ること。
真っ赤な愛車を飛ばして貰いました(笑)お陰さまで宿に着いてから写真を10枚ほど……。

部屋に落ち着きお茶を戴くとスグに夕飯の時間になりました。
美味しい木曽の料理に舌鼓、満腹で動けなくなったので散歩に出かけてみます。
妻籠宿は店の営業時間が決められています。殆ど5時には閉まっちゃうんですよ。
宿の女将に聞いた、もしかしたら開いているかもしれないというカフェ目指し、
また、翌朝の散歩に備えて土地勘を養っておかなくちゃ!……と、言う訳で、
カメラ持っていざ出発です。妻籠宿の街並は厳しい規制で保護されていて、
江戸時代の中山道の雰囲気をよく残しています。

目指すカフェは運良く営業中だったので、
オーナーの面白いお話しに耳を傾けながら珈琲を戴きます。
翌日の観光の情報などを教えて貰い、店を後にしたのはまだ8時前!
日頃の喧噪を逃れ、何とも健康的な生活振りの僕たち(笑)
人っこ一人いない夜の街を散策、部屋に戻って、
Mayのオネエさまが持参した高級シャブリとおつまみを囲んで、
強烈な2人のお喋り攻撃に耳を傾けながら夜が更けるのでした……。

e0044929_1741938.jpg
e0044929_1740149.jpg
e0044929_1740572.jpg
e0044929_17404189.jpg
e0044929_17401273.jpg
e0044929_17395362.jpg
e0044929_17414473.jpg
……………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

今日の写真は妻籠宿で撮影したものです。
どうです、僕のブログのイメージとはチョッと違いますが、
なかなか風情のある景色ですよね。凄く気に入っちゃいました。
美しい秋明菊、お土産屋の店先、客を出迎える玄関先の花、
外国人観光客の大きな荷物……バックパッカーに大層人気のようです。
カフェのオーナーも言っていましたが、美しい街並には維持するためには、
僕達が想像も出来ない並々ならぬ努力があると聞きます。
その努力の結果、得るものと失うもの……なかなか難しいです。


2012年11月4日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2012 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2012-11-04 00:00 | 旅の栞。 | Comments(16)
Commented by Yumi at 2012-11-04 23:36 x
しばし忘れていた昔の日本を彷彿とさせる美しい写真....。かわいい鼻緒のついた下駄や、千代紙の風車.....。はぁ~~~~。きれいです。妻籠という名前も情緒たっぷりですね。ぜひ一度行ってみたいです。
Commented by あけ at 2012-11-04 23:44 x
宿場町面白かったね♪
あの、道であった猫が元気なうちに
猫のおやつ持って遊びに行こう(笑)

馬籠を見たら、雰囲気を守って維持する難しさを感じるねぇ~♪
今度は美味しいお蕎麦屋さんを探しておくわ!!
Commented by はるこ at 2012-11-05 16:08 x
がらっと雰囲気が違いますね !
こういう世界もこんなに美しく表現出来る才能をお持ちなんですね!
日本のこの空気感、大好きです。
特に5枚目の景色が身にしみます。
Commented by Coucou at 2012-11-05 22:23 x
ブノワ。さま、ごきげんよう!東海道中、否、中山道中膝栗毛?いい旅をなさったようですね。ワタシのPCでどれだけ再現できているかわかりませんが、お写真の色合いも日本を感じます。嗚呼!NHKの『小さな旅』のテーマ曲が止まりませんわ。
Commented by ぱぐ at 2012-11-05 22:23 x
なつかしいな、中学の時、妻籠・馬籠あたりに学校の旅行で行ったので。宿に下駄と唐傘があったので、履いてみました(笑)
Commented by omemetan at 2012-11-06 00:30
ブノワ。さん、こんばんは。
だいぶ寒くなってきましたが、お元気でお過ごしですか?
とても雰囲気のある写真の数々にウットリしました。
妻籠には、寝ざめの床という浦島太郎が竜宮城から帰って来て
目覚めた場所とされている真っ白い巨大な石がありませんか?
すべすべのとても美しい石(岩?)です。
ついつい外国に目がいってしまいますが、
日本もまだまだ素敵なところがありますね~。
Commented by mChouette at 2012-11-06 11:50
タイムスリップしたみたいな風情ですねぇ。
こんな空間に身をおくと時間もゆっくりと流れているような……
一人で気ままに歩き回りたいところですネェ。
便利さとか情報が氾濫する時代の流れに迎合しないで、ずっと受け継ぎ続けているって、とっても大変なことだろけれど、でも大切にしていくべきものなんですよね。変りゆく中で頑固に変わらないものの大切さ。こんな場所がそんな大切なものを思い出させてくれる。
引越し、独立とずっと忙しく過ごされていたブノワ。さんにとっては本当に大事なトリップだったことでしょうね。
私は週末は京都まで日本画の山口華楊展に行ってきました。良かった!
ではでは。
Commented by unjaku at 2012-11-07 09:08
おはよ。Benoit。さん。 ごぶさたしました。
喘息娘が、やっと退院して、とりあえず肩の荷がおりました。

妻籠懐かしいですね。
水と花が美しく、峠を越えて馬籠にでると、
また雰囲気ががらっと変わるのも楽しい中山道です。

私が行ったのは、雨交じりの晩秋の寒い夕暮れでしたが
人がほとんどいなくて、昔の街道の雰囲気がよくでていました。
そうそう、妻籠宿の近くに、廃校になった諏訪小学校があって
趣のある木造校舎が残っていました。もちろんのぞけるだけのぞいて
帰って来たのは言うまでもありません。

奈良井宿は行かれませんでしたか?
ここもまた古い宿場町の雰囲気を残している町並みです。
NHKの「おひさま」の舞台になった街といえば、思い出す方も
多いかもしれません。

中山道は、なかなか見どころの多い街道です。

気分はまだボロボロのhibariでした。
Commented by raindropsonroses at 2012-11-08 05:46
Yumiさんへ。
おはようございます。お元気でしたか?メッセージどうもありがとうございます。
妻籠って言う名前……いいですよね。小さな宿場町でねぇ……宿場にある諸々が押し付けがましくなくて良かったです。この記事を見た親友が「僕も行ってみたい」と言い出し、再訪の段取りを含めて、また旅の目標が増えました。旅の記事はもう少し続きます、是非、ご覧になって下さいね!

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2012-11-08 05:50
牛スジあけぽん!
おはよう!その節はお世話しました!我が儘マダムのお付き合いは本当に大変!(笑)
さて妻籠。お隣の馬籠宿と較べると全然違うのね。チョッとビックリしちゃった。馬籠だったら記事にしなかったと思う。維持するのも大変だけど犠牲にするものも多いみたいね。あの猫ね!やっぱり人懐っこい奴は可愛がられるね(笑)そうそう、記事を読んだTさんが行きたいって言い出したの。珍しいんだよねぇ……電車で行けるかなぁ?チョッと段取りしてみようっと!

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2012-11-08 06:00
はるこさんへ。
おはようございます。いつもメッセージをすみません。励みになります。
ガラッと雰囲気変わるでしょう?(笑)僕としては何となくこのブログに合っていないような気がするんですけど……結構、写真撮りましたよ。胸一杯に深呼吸するといい匂いがするんです。落葉や藁を焼いた匂いとか。宿も良かったしまた行ってみたいです。夏か冬……ここはあまり雪は降らないのかな?建物を見てそう思いました。この所出歩いてばかりいるので写真が沢山溜まっちゃいました。もうチョッと旅の記事が続きますのでお付き合い下さいね。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2012-11-08 06:03
Coucouさんへ。
おはよう!元気にしていますか?メッセージどうもありがとうね!
そうなんですよね、PCのモニターって皆それぞれ違うものね。家電量販店のテレビ売り場に生とビックリしちゃう(笑)写真、沢山撮ったんですけど、実はこの記事に使った写真がメインじゃないの(笑)もっと感じ入っちゃった場所を見付け、さらに感激。そのお話しはまた今度ね!Coucouさんが妻籠宿に行ったら大変ね。異人さんが来たかと大評判になると思いますよ(笑)今度一緒にどこか行きましょうね!

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2012-11-08 06:06
ぱぐさんへ。
おはようございます。メッセージどうもありがとうございます。
学校の旅行で行ったことあるんですね!修学旅行とかですか?きっとその頃と何も変わっていないと思いますよ。実は僕もチョッとだけ宿の下駄をお借りして近所にいる猫を探しに行ったんですけど、見事に指の皮が剥けました(笑)もうチョッと旅の話しが続きます。どうぞお付き合い下さい!

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2012-11-08 06:12
おめめちゃんへ。
おはようございます。スッカリご無沙汰!元気にしていますか?
僕は相変わらずですけど、日々、忙しくしています。出歩いてばかりで家でゆっくり出来ていませんけど……。そうなんですよ、外国にばかり目が行きがちですが、ディスカバー・ジャパンですね!(笑)ただね、何となくカメラを向ける被写体に馴れていないって言うか、なかなかいい写真が撮れないんですよ。今アップした紅葉の写真なんて全くダメ(苦笑)あまり興味がないからかな?寝覚めの床……知りませんでした。おめめちゃんは何でも良く知っていますねぇ……宿の入口に鯉の岩?がありましたけど……。先週末はチョッと足を伸ばして一人旅でした。ドドォ〜んと写真を使って記事をアップしますので楽しみにしていて下さいね!

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2012-11-08 06:18
chouetteさんへ。
おはようございます。いつもメッセージどうもありがとうございます。
何だかここに引っ越しして来てからバタバタです。ゆっくり家で過ごすことがなくなりました。僕は自営業ですからいつでも休めるんですが、矢張り、友人と一緒となると週末に動くことが多いでしょう?仕事と遊びで手帳はビッシリです。平日も友人に合わせて観劇とか食事とか……アッと言う間に時間が経ってしまいます。妻籠は素敵な所でした。何百年も変わらずそこにある空間……チョッと僕の中では異質な感じなのですが、宿も良かったしとても有意義な時間でしたよ。タダもう少し長くいたかったかな?暗くなる寸前にチェックイン、翌朝スグに出て来ましたから……。妻籠の記事、もう一つだけ書いてあります。番外編、読んで下さいね!そうそう、chouetteさんは相変わらず芸術していますねぇ……山口華楊、東京には来ないのかしらン?僕はこの週末にポール・デルヴォー観に行きます!

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2012-11-08 06:26
unjakuさんへ。
おはようございます。大変な中、メッセージどうもありがとう!
その後どんな感じですか?チョッと一安心でしょうね……unjakuさんも身体を休めて下さいね。雨まじりの寒い夕暮れ……僕と同じシチュエーションですね!殆ど誰も歩いていませんでしたよ。何だか寂しいくらい。あまり時間もなかったんですが、朝食前にカメラを持って散歩して良かったと思います。カフェの御主人に聞いたんですが、なかなかどうして、古いものを保存して行くのは大変みたいですね。幾つもある決まり事、得るもの失うもの多々あるみたいです。翌日、お隣の馬籠宿に行って厳しい決まり事も必要だなぁ……と、改めて実感。全然、雰囲気が違いますもんね。奈良井宿は行きませんでした、また木曽を歩く機会もあるでしょう、その時にでも!

ブノワ。