匂いのいい花束。ANNEXE。

霧雨に煙る……。

e0044929_1435475.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

朝4時に携帯電話のタイマーがなります。窓の外はまだ真っ暗……。
念のため点けた部屋の照明を落としてみます。でも山の輪郭すら見えない朝の4時、
眠たい頭をシャッキリさせるために一風呂浴びることにします。

 「ンぐぐぐぐ……ガァ〜ゴぉぉぉぉっガァ〜ゴぉぉぉぉっ!!」

隣の部屋からは地獄の底から響いて来るような轟音の鼾(笑)
誰とは言いませんが……疲れているんですねぇ……(笑)

少し明るくなるまでの時間、いつもお世話になっている方々に旅の便りを認めます。
絵葉書は昨晩一休みしたカフェで譲って貰った50年前のもの。
切手は同じく37年前の古い切手です。裏面の糊を舐めたら古い黴の味がしました(笑)
持参したパンとお茶で腹拵え。そろそろ辺りも薄ら明るくなってきたかな……。
さてさて、外は雨だけどカメラを持って早朝の妻籠宿散策と洒落こみましょう!

妻籠宿はほぼ1本道の宿場ですから、迷う道もなく、
歩けば往復30分もあれば済むような小さな宿場町です。
あっちキョロキョロ、こっちキョロキョロ、被写体を探します。
今日は少し脇道に逸れてみましょうか……。
宿から離れた宿場の端の辺りにお寺を発見。階段を上がって高台から木曽の風景を見物。

頬を撫でる風は既に初冬のそれ、階段を上がって荒くなった息が白く見えます。
上まで上り、辺りを見回すと、さらに上の方に何やら大きな木造建築が……。

昨夜、食事の時に女将さんが話してくれた廃校になった小学校のことが頭を過ります。
役所広司と小栗 旬主演の「キツツキと雨」のロケーションで使われた小学校です。
僕は偶然ロードショーを観ていましたが、まさかこの映画がこの廃校で撮影されていたとは!
映画は微妙でした(笑)淡々と、何事も驚くべきことは起こらないストーリー。
人間の営み、過疎の村、親と子の関係、引っ込み思案な若手映画監督と、
地元の営林署に勤める中年男との友情……いい題材なんですけど、
ゾンビと言う日本とは全く異質なものが入り込む事によって何となく違和感が……。

宿の若女将が「観た方いらっしゃいます?」と夕食時に質問。
食事中の7人の中で観ていたのは僕一人だけでした。
感想を聞かれ、チョッと気を遣って大人の模範的な返事をしたブノワ。さん。

 「なかなか面白かったですよ!若女将はご覧になったんですか?」

 「えぇ……。」

 「どうでしたか?」

 「全ぇ〜ん然!」

って……ズッコケちゃいました(笑)

e0044929_14421196.jpg
e0044929_14415249.jpg
e0044929_144137100.jpg
e0044929_14411573.jpg
e0044929_14403985.jpg
e0044929_14402497.jpg
e0044929_14402327.jpg
e0044929_1439642.jpg
e0044929_14383813.jpg
e0044929_1438319.jpg
e0044929_14381275.jpg
e0044929_14375231.jpg
e0044929_14374683.jpg
e0044929_1437826.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

ようやく明るくなってきた早朝にその撮影現場となった廃校を歩きます。
霧雨に煙る木造の校舎……今は学ぶ子供の影もなく時計も止まったままです。
校庭には薄くなり消えかかった白線が雨に濡れて流れています。
ここ妻籠小学校は1997年に廃校になり読書小学校と統合。
その読書小学校も今は廃校となり、今は南木曽小学校になっています。

今、日本国中で問題になっているシャッター街、過疎の村、高齢化社会……。
昔の景色を残すためにがんじがらめの規則の中で生活する妻籠宿の人々。
若い世代は都会に出て行ってしまいます。住む人もいなくなった老朽化する家々。
規則に寄って他人に貸すこともままならず、使わなければ家は傷む一方です。
妻籠宿の問題もそうですが、何となく日本の縮図を見ているようでした。
写真を見ていると矢張り寂しいという言葉の他には何も出て来ませんね。

今日の1枚目の写真は小学校の玄関の横に据え付けてあった郵便受け。
3人でチョッと話しが弾んだんですが、これは大人の作品ですね。
これ欲しいです……子供の作だとしたら恐るべし……です。


2012年11月10日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2012 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2012-11-09 22:00 | 旅の栞。