「ほっ」と。キャンペーン

匂いのいい花束。ANNEXE。

シニカルなエスプリとウィット……市川崑の細雪。

e0044929_2362768.jpg

拝啓……Oさま。

秋の晴天が続いております。
櫻の木も紅葉し始め、色のない東京の秋を華やかなものにしていますね。

さて、先日は思わず夕飯をご馳走になりまして大変恐縮しております。
結局、Oさんと話していると、最終的には映画の話しになりますね。
Oさんは、僕が日本映画を敬遠していると言いましたが、それは間違いです。
今の日本映画で映画館で見る価値のあるものが少ないと思うだけです。
テレビのスイッチを入れても映画館でも同じ顔ぶれ……。

僕が映画を観始めた頃、
地元の映画街には、東宝、松竹、東映、日活、それぞれの上映館があり
それぞれの映画会社は自社制作で映画を作っていたものです。
今は、殆どが外注の作品を配給するだけ。邦画専門の映画館も無くなりました。
当時、既に日本映画は斜陽と言われていましたが、
そんな中で、孤軍奮闘、ビッグネームでヒットを狙えるのは黒澤明と、
僕がビリー・ワイルダーと並んで敬愛する、今日が誕生日の市川崑のたった二人。
僕は、市川崑が大好きなんです。小さい頃、テレビ東京で土曜日にやっていた
「日本映画名作劇場」で、可成りの作品を観る事が出来ましたし、
当時はまだ、銀座の外れに「並木座」と言う邦画専門の名画座がありました。
貪るように邦画を観たものです。「映画は映画館で!」僕のモットウですから。
何故、僕がビリー・ワイルダーと市川崑が好きかと言えば、
たった一言、二人共ものを見る視線が非常にシニカルだって言う事です。
シニカルでユーモラス。そして、題材の切り口が非常に斬新で、
カメラワークや画面の構図がモダンな事でしょうか。
学生の頃、映画の興行界は、秋にヒット作は絶対に出ないと言われていました。
そんなジンクスを見事に破ったのが、市川崑の「犬神家の一族」でした。
角川書店とタイアップ、今では当たり前になった書籍と映画のタイアップですね。
駅々にはイラストのポスターがズラッと貼られ、本屋には原作が平積み状態。
映画はヒットし、以後、市川崑の第二の全盛期が始まります。
横溝正史の金田一耕助シリーズに始まる娯楽色の強い作品群。
そんな中、僕が市川崑の作品の中でも最高峰だと思う「細雪」が製作されました。
この「細雪」は、市川崑が助監督の時から映画化を狙っていた作品で
それまでに、東宝で阿部豊、大映で島耕二など、3回映画化されていました。

「昭和十三年のことである……」

雨の嵐山から始まる市川崑の「細雪」は、全編これ、彼、特有の
クローズ・アップとスローモーションの多用で
スタイリスト市川崑の魅力が全て出ているような気がします。
四姉妹の女優は、岸恵子→横浜、佐久間良子→東京、吉永小百合→東京、
古手川祐子→大分と、それぞれに関西以外の出身なので、
何となく上流関西(船場、芦屋)の言葉が怪しいのですが、それはそれ、
美しい着物、衣擦れの音、スローモーションに翻る羽織の裏地……。
冒頭の平安神宮でのお花見のシーンから完全に市川崑の世界です。

大阪は船場の大商家、蒔岡家の物語の一番最初の台詞が
篠つく雨の渡月橋のカットのあと、幸子の「お金……あぁ、あの事」で始まります。
お金の事など全く頓着しない四姉妹の最初の台詞が「お金……あぁ、あの事」。
佐久間良子の美しいクローズアップと、鈴を転がすような声……。

ヘンデルの「Ombra mai fu」をシンセサイザーでアレンジした音楽も素敵でしたが
当初の配役は山本富士子だった長女鶴子役の岸恵子の可愛らしさ、
女盛り、次女幸子役の佐久間良子の華やかさ、艶やかさ、
演技開眼、三女雪子役の吉永小百合が見せた新しい魅力、
四女妙子役の古手川祐子の勝ち気……。美しい台詞と、その間の妙。
交わされる視線、白眉は、何と言っても雪子が結婚相手を決める瞬間の
台詞が全くない場面での視線だけの会話!絡み合う幾つもの視線で
幸子の雪子をを思う姉の愛情、そして夫の雪子に対する移り気を案ずる不安等、
各人の思惑と気持ちが視線一つで見事に表現されていました。
開戦に向かう日本の空気感まで味わえる何とも贅沢な時間。

e0044929_2365654.jpg写真は、今年の4月にお招きを受けた池上梅園での香道の会で、床の間にお茶の師匠が生けた桜を撮影。ピンボケ具合が何やら日本画のように見えませんか?小さい写真は、京都は法然院の谷崎潤一郎のお墓の「寂」の文字です。隣には松子夫人のお墓、後には谷崎が愛した平安神宮の枝垂桜が移植されています。

自分のご先祖さまは全くお参りしないくせに、
京都に行くと必ず谷崎潤一郎のお墓参りをする変な僕です(笑)


敬具

2005年11月21日


ブノワ。


[市川崑 (1915~ )]
[黒澤明 (1910~1998)]
[Billy Wilder (1906~2002)]
[岸恵子 (1932~ )]
[佐久間良子 (1939~ )]
[吉永小百合 (1945~ )]
[古手川祐子 (1959~ )]
[山本富士子 (1931~ )]
[犬神家の一族 (1976) 東宝]
[細雪 (1983) 東宝]

[谷崎潤一郎 (1886~1965)]
[細雪 (1942~1948)]
[PR]
by raindropsonroses | 2005-11-21 00:00 | 映画館へ行こう。 | Comments(12)
Commented by ダヴィデ at 2005-11-21 14:22 x
細雪、良い作品でしたね〜日本映画の中でも、市川昆監督は、小津安次郎に続く良い監督ですね。特に細雪は、関西弁の台詞が頭の中に残る良い作品です。特に佐久間良子さんが最高の演技でしたね。文学座の新橋耐子も良い味だしてて、楽しかったです。
Commented by raindropsonroses at 2005-11-21 14:41
ダヴィデさんへ。
結構、前の作品ですがご覧になっているんですね。
ヴィスコンティの貴族趣味とはチョッと違いますが、僕等が普段見る事の出来ない上流の世界を見せてくれた感じ……この年のアカデミー賞の外国映画部門には「南極物語」が出品されましたが(各国で一本選出)、何故、この「細雪」を選ばなかったか随分と問題になったそうです。選ばれていたらノミネートは確実だったでしょうね……もしかして、受賞?佐久間さんあたりは主演女優賞にノミネートされていたかもしれません。
新橋耐子さんはお見合いの時に出て来るチャッカリの陣場夫人ですね(笑)「ウチ等かて、そんなに懇意やないねん。何でもアンタの方から勝手に聞いてほしねんわ」って、関西弁の台詞のテープを貰って勉強したそうですよ。

ブノワ。
Commented by circolina at 2005-11-21 17:03
あぁ、桜はやはり日本画がいい。後ろの砂壁?が光を抑えた黄金色に見えて美しい!と思ったら写真の効果だったんですね。(笑)
邦画は日本人として恥ずかしいほどに観てなくて、寅さんと釣りバカ日誌(バスの中で…)その他覚えてなのを数点。ここに書かれているのを読みましたら「細雪」とても観たくなりました。母が若かりし頃ラブレターを書いたことのある山本富士子も出ているし。
raindropsonrosesさんは香道もなさってるのですか?とっても奥が深いと聞いたことがあります。
Commented by G・d・D at 2005-11-21 20:19 x
ブノワさま
随分寒くなってきましたね。
今日の桜の写真の美しい事!素晴らしいですね。
作為があっては撮ることのできない一枚のような気がします。
このような写真に惹かれるのは、やはり日本人だからでしょうか?
市川崑の映画はライティングが素晴らしいと思います。
あの照明ゆえ女優陣はかなりの白塗りだそうですよ。
残念ながら『細雪』は観ていませんが、横溝正史の金田一耕助シリーズはもう幾度となく観ました。ラストを締めくくる『病院坂の首縊りの家』での佐久間良子も壮絶なまでに美しかったですね。いつも上唇のリップラインが気になって仕方ないのですが・・・。
Commented by しん at 2005-11-21 21:29 x
ブノワ。さん
素敵な桜の絵・・・って思ったらピンボケ!なんですか?マジックですね。
私は父が映画好きでしたので、邦画もよく観てました。細雪はたぶん通しで全部、観ていないのですが、制作記者会見みたいな映像を見た覚えがあります。着物を着た4名の「ザ・女優」って面々が、懐かしいです。
そして最後に・・ご自身のご先祖様のお墓参りも行かれますように(笑)
お勧めします。
Commented by raindropsonroses at 2005-11-21 22:04
circolinaさんへ。
こんばんは。そうですね、桜は日本画がいいです。絵具に艶があってはいけない感じがしますね(笑)
「細雪」は、機会がありましたら是非、観て下さい。豪華絢爛、最後の日本映画って感じです。でも、決して雑ではなく、細かいカットの積み重ねで非常に丁寧に作ってありますから。
それから、書き方が悪かったかもしれませんが、長女の鶴子には最初、山本富士子さんを希望した市川監督なんですが、結局、果たせず、パリの岸さんに電話で出演を依頼したそうです。お二人とも、市川監督の映画には書かせない女優さんでしたからねぇ。お母さまのラブレター、分かる気がします。山本さんはミスニッポン、絶世の美女でしたから。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2005-11-21 22:24
G・d・Dさま。
こんばんは!本当、寒くなって来ました。なぁ〜んて、家の中ではTシャツに半ズボンなんですが……。
「細雪」は危険ですね(笑)G・d・Dさんが観たら、立て続けに10回は観るでしょうねぇ(笑)兎に角、映画好き心をくすぐられっ放しの140分です。女優の美しい事!昭和初期の風俗もふんだんに盛り込まれ、お金と時間をタップリかけて作られた映画だと思います。
佐久間さんは、あれ、コンプレックスなんでしょうね……僕は何とも思いませんが、こればかりはどうにも仕方ありません。先日、「悪魔の手毬唄」を劇場で観る機会があったんですが、思ったより古くさくてビックリ。それに較べて「犬神家の一族」はモダンですね(笑)そうそう、僕は見ていないんですが、市川崑は「病院〜」のあとに「八つ墓村」を撮っていますね、豊川悦司で……果たしてどんなでしょう。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2005-11-21 22:30
しんさんへ。
そうなんです、開けてビックリ玉手箱でした。これ、フィルムじゃなくってデジカメですからねぇ……怪我の功名って奴?(笑)
「ザ・女優」は物凄く綺麗ですから、今度一回、通して観て下さい。可成り豪華ですよ。
お墓参りですが、ウチの両親ったら自分の家のお墓の位置が分からないの(笑)5年前は40分探しました。もっとも、数年前に引っ越していたらしい……墓石ですよ、墓石(笑)

ブノワ。
Commented by しろたん at 2005-11-23 01:08 x
ど~もです。映画は最高です。が・・・今日の「ハックル」は
たまに見せ方が現代的になったりして、驚く所はあったのに
なんかシックリこなくて 久々
失敗しました。でも 映画中ずっと しゃっくりしているおじいちゃんの
かわいさは・・・心ゆうさぶられ
おじいチャン好きにはたまりません!!
「きっちんストーリー」のおじいちゃんもかわいいです。
たまには、邦画もみなくてわっ
Commented by raindropsonroses at 2005-11-23 17:19
しろたんへ。
「ハックル」ですかぁ……色々な映画を探して来ますねぇ(笑)僕はまだ観ていなくて(多分これからも観ない?)予告編のみですがダメでしたか?おじいチャン好きはなかなかいないでしょうからキツいかも(笑)
映画は本当にいいですよね。暗闇に身を置き、画面と正面から相対する瞬間が好きです。映画は映画館で!いつもそう思っています。

ブノワ。
Commented by artshore at 2005-12-05 01:08
邦画好きで、市川崑監督もよく見ました。
最初に知ったのは「犬神家・・」でしたか。のちにオリンピックの
ドキュメントを見て、そのこだわりに瞠目しました。
それにしても、桜の写真がとてもいいですね。
Commented by raindropsonroses at 2005-12-05 01:53
artshoreさんへ。
こんばんは。
お褒めの言葉ありがとうございます。
artshoreさんも邦画お好きですか……。
僕も昔は洋画、邦画の差なく、むさぼるように観ていました。
「犬神家の一族」は、今観てもモダンですよね。
市川監督の作品に出た事がある友人に聞きましたが、何でも、物凄く色っぽい方だとか……。

ブノワ。