匂いのいい花束。ANNEXE。

美瑛ふたたび。

e0044929_1603487.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

僕が肩から下げたカメラを見ると、
チャーターしたハイヤーの運転手も、その夜の宿のオーベルジュのオーナーも、
いかにも残念そうに口を揃えてこう言いました……。

 「あぁ……晴れていたら正面に○○岳が見えたのに……。」

降り立った旭川空港は生憎の雨でした……一応、行楽的にはね(笑)
滑走路に降り立ってから少し手間取り、定刻より遅れてロビーに着きました。
時間は9時少し前……よし!これなら行けるかも!
美瑛のハイヤー会社に電話を入れます。可能なら1本前のバスで美瑛入りするので、
ハイヤーの予約時間を変更して貰えないだろうか……。

旅先では綿密な計画立てとフレキシブルな対応が必要です。
僕はいつも分刻みのスケジュールを立てて旅に臨みますが、
予定が狂った時の代案も幾つか用意しておきます。
飛行機は何があるかわからないので、丁度いいバスから1本後、
1時間30分余裕を見てバスの時間を設定していました。
慌ててバスに駆け込み美瑛に向かいます。


この7月に続いて11月上旬に2度目の美瑛訪問です。
そう、凄く気に入っちゃったんです(笑)
帰宅してからスグに次の旅のプランを立て始めました。
本当は雪の美瑛を訪れたいのですが、先ずは紅葉の美瑛をこの目で見たい!
カメラと簡単な着替えをカバンに突っ込んで身軽な出で立ちで出発です。
美瑛で使用したカメラは殆ど「ORYMPUS XZ-1」でした。
まるで美瑛訪問のために買ったようなカメラですが、
存分に使い倒し、遊んできましたので、選んだ写真を御覧くださいね。
ハイヤーの中の暖かさと外気の寒暖の差でレンズは曇り、
雨粒が付着したりで思わぬ効果が得られたりして(笑)
僕の性格を良く知っている人は大きくうなずいているハズ。
僕、レンズは滅多なことでもない限り拭かないの(笑)

e0044929_16112482.jpg
e0044929_1611177.jpg
e0044929_1610433.jpg
e0044929_16102485.jpg
e0044929_16101195.jpg
e0044929_1695883.jpg
e0044929_1693444.jpg
e0044929_1691979.jpg
e0044929_169295.jpg
e0044929_1684342.jpg
e0044929_1682697.jpg
e0044929_168918.jpg
e0044929_1675269.jpg
e0044929_1673386.jpg
e0044929_16281368.jpg
e0044929_1671222.jpg
e0044929_1665854.jpg
e0044929_1663186.jpg
e0044929_1661426.jpg
e0044929_1654377.jpg
e0044929_1652541.jpg
e0044929_165087.jpg
e0044929_1644093.jpg
e0044929_1642525.jpg
e0044929_164685.jpg
e0044929_1635073.jpg
e0044929_1633738.jpg
e0044929_1632230.jpg
e0044929_163641.jpg
e0044929_1624557.jpg
e0044929_1623127.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

如何でしたか、雨の美瑛……。
例年に比べ9月になってから気温が高くなったため、
美しい紅葉がまだ沢山残っていました。僕としては、雪の次に嬉しい雨の美瑛。
靴がビショビショ、ドロドロになるまで、手がかじかんで動かなくなるまで歩いてきました。
白樺の白い幹と黒い模様、黄色く色付いた葉。カラマツの銅色の葉が山全体を染めます。
黄金色のシャーベット状態になったギボウシ。雨で鏡のようになった道路に映る紅葉や樹々。
葉が落ちた樹には宿り木の丸い塊が幾つも幾つもくっ付いています。
一瞬、春かと思うような光景もありました。辛子菜が丘全体に満開だったのです。
これは収穫せずにそのまま朽ちさせ、肥料として活用するそうです。
雨、紅葉……これ以上は望めない好条件の美瑛。
今日はハイヤーを5時間チャーターしたて撮った丘の写真だけ選んでみました。
フィルターの悪戯で嵐の前、恐ろしく悪天候に見える美瑛をお楽しみ戴けましたか。
北海道再訪のもう一つの、そして最大の理由はまた近々、
時間をおいてアップしてみたいと思います。是非、お付き合い下さいね!


2012年11月29日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2012 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2012-11-29 00:00 | 旅の栞。 | Comments(12)
Commented by ターシャ at 2012-11-28 20:05 x
道産子の私も見たことのない秋の美瑛
大自然の迫力ですね!
シーンごと・・・「きっとここね」と思える写真は今までの美瑛のイメージと違って見えます
この季節も好きかも!

でも寒いのによく雨の中の撮影頑張りましたね~
だからこそ、植物・空・風・雨・自然の力が迫ってくるように感じます
素敵な美瑛・・・再発見出来たように思えました。
次回のレポートも楽しみにしています。
Commented by harry at 2012-11-29 00:24 x
ブノワ。兄さん、こんばんは。前回の旅の写真もすっかり惹き込まれてしまいました。とても素敵です。
自分は美瑛をほんの少し走っただけですけれども、なんというか地形に力があるような気がしました。畑の土も嬉しそうだし、樹々は一本々々が何かを指し示すように表情豊かに佇んでいるし。きっと雨が降っても、あのエネルギーが湧き発つような感じがしたのではないでしょうか。写真にそんなオーラを感じます。
続き、楽しみにしてますね。
Commented by raindropsonroses at 2012-11-29 05:58
ターシャさんへ。
おはようございます。その節はメールにて失礼いたしました。
メッセージどうもありがとうございます。お陰さまでとても楽しい旅でした。ここに載せてある写真はカメラのフィルターを通した、言わば、架空の美瑛ですが、それでも美瑛の雰囲気を良く伝えているんじゃないかなぁ……って思うんです。何でしょう、人々が美瑛に望む姿?チョッと大袈裟だけどそんな感じがします。僕、矢張り、天の邪鬼のようで、一面に広がる花畑や青い空、白い雲には興味がないようです(笑)次はいつかな……是非、雪が残っているうちに訪れてみたいです。3月は全く無理なので2月か4月の上旬?また楽しみが1つ増えました。そちらはそろそろ庭仕事が本格的に忙しくなる頃ではありませんか?身体に気を付けて下さいね。でも、頑張れますよね、あれだけ素敵なお庭なんですもん!次は一つ開けて帯広に飛びます。読んで下さいね!

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2012-11-29 06:09
harryの兄貴!
おはようございます。メッセージどうもありがとうございます。
お元気でしたか?新居の住み心地は抜群なんでしょうねぇ……何だか物凄く羨ましいです。こちらはスッカリ秋を通り越して冬間近?手袋が欲しい季節になりました。さて、美瑛。僕、免許、持っていないじゃないですか。車でもあったらもうチョッとディープな所に行けるかもしれませんが、今回は大満足の旅になりました。友人は皆、何でそんな枯れた季節に行くの?と、訝し気ですが、枯れた大地にも次の春に繋がるものが沢山見えるじゃないですか。それが好きなのね。肥沃な大地……東京にいたら全く無縁ですもんね。良く言われるんですが、薔薇園に植えてある薔薇を見ると、その薔薇園が作られた時代が分かるんです。美瑛も有名な樹のネーミングを見ていると流行った時代が分かりますね。パフィーの樹ですもんね(笑)もうチョッと新しい何かを仕掛けたらいいんじゃないかって思うんですけど……今度、harry兄貴のバイクの後ろに乗っけて貰って美瑛を廻りたいなぁ(笑)続きなんですが、夏の分でまだアップしていないものもあるんですが、順番にコツコツと……お付き合い下さいね!

ブノワ。
Commented by yako at 2012-11-29 08:06 x
ブノワ。さん、おはようございます。
潤いに満ちた美瑛の眺め、一枚一枚がそこから物語が立ち上がってくる映画のシーンのようです。

何故か「ヤコブへの手紙」を思い出しました。
心に沁み入る眺め、ありがとうございました。
Commented by はるこ at 2012-11-29 20:24 x
雨に濡れた歩道、、、それに写り込んだ景色、、、!
雨にけぶる遠くの木々、、
美瑛独特ですね、、すばらしい力作揃いですね!
Commented by raindropsonroses at 2012-11-30 17:21
yakoさんへ。
こんにちは。お元気ですか?メッセージどうもありがとうございます。
「ヤコブへの手紙」ですか……ここ美瑛で映画を撮ったら素敵でしょうね。ロケハンって楽しそう!「ヤコブへの手紙」は郵便配達のおじさんが並木道を自転車で走って来る姿が好きでした。あのおじさん、ヤコブのお金を盗って自転車を新調……だったんですか?今度は雪が残っている時期に行ってみたいです。どうでしょう、無理かなぁ……。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2012-11-30 17:23
はるこさんへ。
こんにちは。いつもメッセージどうもありがとうございます。
雨って捨てたもんじゃないでしょう?僕は雨の中で写真を撮るのが好きです。日頃、思いもかけない物が見えたり撮れたりしますから。でも、この多くの写真はカメラが搭載しているフィルターのお陰で現実離れして写っています。何だかドラマチックでいいのです……。

ブノワ。
Commented by yako at 2012-12-01 01:26 x
こんばんは。
ええ、きっと素敵なシーンになりますね。
どんなストーリー、俳優さんで…と妄想しちゃいます(笑)
「ヤコブへの手紙」、そう、謎が最後まで明かされないのですよね。
解釈を委ねられる感じで。私には悪い人には見えなかったのですが。
雪景色の美瑛も見てみたいです!
Commented by azking at 2012-12-01 13:57 x
ブノワ。さん、こんにちは。

今日の天気、丁度こんな感じで風雲急を告げるみたいな目まぐるしいお天気です。
そんな空を見つつ、手がかじかみながらパソコンに向かっているので、ベタですいません。
今日の写真、気分はもう『嵐が丘』です。
思わず、某動画サイトでケイトブッシュバージョンをBGMに、彷徨う亡霊になり切りました(笑)
Commented by raindropsonroses at 2012-12-03 10:07
yakoさんへ。
おはようございます。メッセージ恐縮です。
そうでしょう?妄想しちゃう(笑)日本人じゃなくてもいいですね。「007 スカイフォール」で軍艦島をつかっていました。マレーシアって言う想定だったかな?郵便配達のおじさん、悪い人には見えませんでしたが、コッソリ家に入って来る所を見ると、前々からだったんでしょうね……。雪景色は可成り難しいかも……行くとしたら2月かな。果たしてその時に諸々の段取りが出来るか甚だ疑問なんです。もうチョッと旅の記録は続きます、お付き合い下さいね。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2012-12-03 10:11
azkingさんへ。
おはようございます。寒くなって来ましたねぇ……お日様が恋しいです。
メッセージどうもありがとうございます。「嵐が丘」!あれいいですよねぇ。実は僕、カラオケで歌うんですよ、ケイト・ブッシュ・バージョン(笑)何だか荒天の美瑛に佇むと、色々とあらぬ物語りが浮かんで来たりします。住んでいる人にとってはそれどころではないと思うんですが……。一面、雪の美瑛に行ってみたい!来春には必ず!北海道は行きたい理由がもう一つあるんです。それは次の記事で!

ブノワ。