「ほっ」と。キャンペーン

匂いのいい花束。ANNEXE。

アルバート氏の人生……グレン・クローズの憂鬱。

e0044929_15605.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

さてさて、今日は僕のブログの中で1番人気がなく、メッセージが少ない、
映画、演劇の部門の話題から……薔薇と演劇は両立しないのか?(笑)


今を遡ること30年前。
まだ映画全盛時代の大スターが妍を競っていた時代。
男優ではレッドフォード、ニューマン、ホフマン、デニーロ、女優ではフォンダ、キートン健在。
そして、ストリープ、クレイバーグ……新しい時代のスターが頭角を現して来た頃……。
一風変わった俳優が僕達の前に姿を現しました。
「ガープの世界」「再会の時」「ナチュラル」……この3本を観た時、
なんて素晴らしい女優が出てきたのかと思ったものです。

彼女の名前はグレン・クローズ。
主役ではなかったけれど、素晴らしいキャラクターの造形で圧倒的な存在感を放ち、
当然ながら3作品ともアカデミー賞の助演女優賞にノミネート。
この辺りはまだまだ新進の演技派女優……くらいの認識だったと思いますが、
次作の世の既婚男性を震撼させたと言われた「危険な情事」で一気にブレイク。
以降、主役クラスの女優の道をまっしぐらです。
今や大女優の名を欲しいままにするグレン・クローズの最新作「アルバート氏の人生」を観てきました。


映画の感想と丁寧な評論はお友達のところで読んで戴くとして、
僕はチョッとグレン・クローズの演技のことなどを……。

女であることをひた隠しに隠し、
男として厳しい階級社会のイギリスで生きるアルバート・ノッブス。
同僚に想い人もいます。細やかだけど、煙草屋開業と言う未来の夢を追い、
コツコツ貯金をして一つ一つ実現に向けて準備をしています。
大柄で周りの女性達の注目の的の塗装職人のヒューバート・ペイジとひょんなことから、
一晩、同じ部屋に寝ることになり、頑なだったアルバートに、
ある違った色合いの未来が開けてきます……。

圧倒的な技巧と的確な表現で「男」を演じるグレン・クローズ。
見事で非の打ち所がないのだけど、何か一つ物足らない気がします。
それはいつも彼女を見ていつ頭のどこかで感じていた何か……。
例えば「アルバート氏の人生」で言うと、
同じ立場の役ヒューバートを演じたジャネット・マクティアと較べると一目瞭然です。
技巧に長け、緻密で圧倒的なテクニックで的確に役を表現するクローズと、
先ず役柄を大きく捉え、男の演技に必要なものだけを最小限に散りばめていくマクティア。

クローズは付け鼻に非の打ち所のないウィッグ、凝ったメイクを施し、
一つ一つ「男」であることを積み重ねていきます。
どこにも非の打ち所がなく、一部の隙間もない完璧な役作りのクローズに対して、
大きく輪郭を捉え、特に「男」に見せる役作りをしている訳ではないように思えるマクティア。
二人が同じ部屋で寝なければいけなくなったシーンは非常に興味深いです。
劇場内が騒然となった衝撃のシーンの後、僕は男優が、
特殊メイクで着け胸をしていると信じて疑いませんでした。
2人の役作りにおける全く違うアプローチ。どちらが正解とは言えません。

完璧な嘘をつくには、99パーセントの真実に1つの真実を紛れ込ませるか、
100パーセント嘘を積み重ねるか……と、言われていますが、
どちらの「嘘」が、より真実に見えるかは見る人、騙される人に委ねられます。



僕は決してクローズの芝居が詰まらないと言っているのではありません。
「運命の逆転」の病弱の大富豪の妻はお見事だったし、
「いつか眠りにつく前に」の、息子の突然の死に取り乱して号泣するシーンや、
「危険な関係」の圧倒的な存在感。特に、ラスト。劇場で満座の嘲笑を受けたことよりも、
己が遊びで仕掛けた「ゲーム」で、最愛の人を失ってしまった喪失感、
それも、死んで初めて気が付いたことの驚愕から化粧台の小物を手で払い取り乱すシーン……。

技巧とケレン味……あれは他の誰にも出来ない圧倒的なパフォーマンスでした。
(因に僕の薔薇「Marquise de Merteuil」はこの悪徳の侯爵夫人から取っています)
ミュージカル「サンセット大通り」におけるノーマ・デズモンドの圧倒的歌唱。
同じく素晴らしいテクニックのメリル・ストリープと較べると良く分かります。
緻密な技巧の積み重ねは同じなのだけど、クローズには圧倒的に「華」がない……。
悲劇のヒロインを1本、背負って立つには「華」が必要なのです。
その辺が数々の賞にノミネートされながら、今一つ受賞に至らないグレン・クローズの憂鬱。

その昔、バロック時代の、所謂、古楽器は、狭いサロンの演奏には丁度良かったけれど、
現代になって大ホールの演奏には不向きです。音量を上げるために、
様々な改良を施され、甦る大音量と共に、一見、華やかな印象を受けるけれど、
古の楽器の穏やかで滋味溢れる音には到底適わない……。
グレン・クローズが助演から主演にシフトした時のことを考えると、
大音量を出すために改良されたバロック楽器を思います。
勿論、助演の器には到底納まらないし、緻密で圧倒的な技巧は、
テクニックに弱い僕には大層、魅力的なんですけどね。



アルバート・ノッブス……果たして現代だったらどのような人生を?
19世紀のアイルランドでは、クローゼットに隠れていたアルバートが、
広い世界に出て来られる可能性は皆無だし、果たしてどこまで秘密を隠し通せるか甚だ疑問だけれど、
ラストシーンでベッドに横たわるアルバートの穏やかで満足そうな表情。
チフスで最愛のパートナーを失ったヒューバートと、
案の定、男に捨てられ、私生児を生んだヘレンの未来に、
明るい希望を見いだすしかありません。


2013年1月26日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2013 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2013-01-26 00:00 | 映画館へ行こう。 | Comments(9)
Commented by toramutti at 2013-01-26 00:28
こんにちは。日中マイナス気温のドイツです。。

「ガープの世界」は小説で読んだだけで映画を見ていないのですが、グレン・クローズ、どの役だったのかしら、と思いました。

日本も寒いのかしら。ご自愛くださいませ。
Commented by unjaku at 2013-01-26 10:25
ブノワ。さま、 おはよう!
「アルバート氏の人生」ご覧になったのね。
今一番気になっている映画です。何処かではやく見たいなぁ。

わたしね、グレン・クロース大好きなんです。
メリル・ストリープも気になる女優さんだけど、
私の中では、グレン・クロースの方が大きい存在です。

もし舞台女優として、二人が同じ舞台に立ったら、
グレン・クロースの方が存在感が際立つような
そんな気がしてなりません。
メリルストリープ一筋のブノワ。さんには申し訳ないけれど。

ああ・・これで出禁間違いなしね。悲しいけれど好きなんだもん。

私が初めて彼女を観た映画は「白と黒のナイフ」。相手はジェフ・ブリッジ。法廷ものだった。容疑者を弁護する敏腕弁護士役。
その彼女に仕掛けられていく罠。そして真実に遭遇した時の
驚愕と狼狽と恐怖は、彼女だけではなく見る側も追い詰めていく。

映画としてはB級扱いでしたが、
オリーブの実をいったん好きになったら癖になる。
そんなオリーブの実のようなグレンクロースなのでした。

グレンクロースを取り上げてくださって、どうもありがとう。
そして美しい写真も、グレンクロースのイメージにぴったり!
Commented by raindropsonroses at 2013-01-26 16:01
ナタリーさんへ。
こんにちは!お元気でしたか?メッセージどうもありがとうございます。
「ガープの世界」は僕も読みました。一時期、アーヴィングにハマりましたから。グレン・クローズは看護婦のおっかさんです(笑)間違っても性転換のロバータじゃありませんからね(笑)こちらは寒いですが、そろそろそれも先が見えて来たかな……そこここに春の気配ですよ!

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2013-01-26 16:25
unjakuさんへ。
こんにちは。今日は好い天気ですね。春間近!そんな感じです。
いつもメッセージどうもありがとうございます。しかし!何だか本当に僕の毒針で刺されたいみたいですねぇ……真面目に出禁になりたい?(笑)今日のメッセージ、ザッと読んだ限りでは出禁5年かな(笑)2人が同じ舞台に立ったらクローズの方が際立つ?やっぱり出禁10年だ(笑)冗談抜きに、メリルの舞台が観られるのなら僕はニューヨークまで飛びますよ。バーブラのステージが観られるならチケット10万円でもいいや。「白と黒のナイフ」観ましたがね。当時、ああ言う感じのスリラータッチの作品流行りましたね。unjakuさんは2人が共演した「愛と精霊の家」ご覧になりましたか?メリル、クローズ、アイアンズ、バンデラス……物凄く豪華な配役でしたね。「アルバート氏の人生」は是非!彼女の演技を見るための映画ですから。マクティアの役作りも見てね!それから助演時代の3本も!これは傑作揃いですから。

ブノワ。
Commented by hibari at 2013-01-26 21:21 x
ブノワ。さん こんばんは。
毒針は一度お目にかかってからにしましょうか。
それまでたっぷり溜めておいてください。
昔、ある方が「蜂の一挿し」って言いましたねえ。
私がまだ十分若い頃だったから、ブノワ。さんは中学生頃かしら?
ホホ・・年寄りは、もう正直に物を言わなきゃ損だと思っていますから。
だって、この先知れていますもの。

「愛と精霊の家」は知りませんでした。
丁度病気の治療の副作用で苦しんでいたころです。
あの頃からしばらくは、外出もままなりませんでしたから。

心配した三男が「母ちゃん大丈夫か?あんなに頑張っていた母ちゃんは何処へ行ったんだ?」と日々心配してくれた時期でしたから。
ごめんなさい。思い出すとまだ涙が出るの。

人生って思い通りにならないの。
小さな二人と暮しながら、ささやかな自由時間が持てるようになった
今を愛おしく思う毎日です。

映画青年の夫や次男の影響もあって、ずいぶん沢山の映画を観ました。分野は違っても、大切な財産です。
嬉しいわ。また素晴らしい映画青年に出会って。
おまけに、夫も顔負けの毒針をお持ちなのですもの。
鍛えていただきますわ。ネ

Commented by raindropsonroses at 2013-01-27 07:02
hibariさんへ。
おはようございます。メッセージどうもです。
榎木さんでしたか……どうしてらっしゃいますかねぇ。「愛と精霊の家」……ご存知ない?????えぇぇぇぇぇっ!グレン・クローズのファンなのに?(笑)人生、思い通りになりませんか?でも、上手く行かない時は「今はそう言うことなんだ」って思えばいいです。上手く行かない時にゴリ押ししてもダメですから。日々、出来る限りのことをする。明日に繋がりますもん。御主人も毒持ち?フフフフフフ、では、違う毒をご用意いたしましょうか(笑)映画で観たものは財産ですね。僕なんて映画観なかったらどんな人間になっていたか……考えるとコワいかも。

ブノワ。
Commented by mChouette at 2013-01-28 09:50
ブノワ。さん おはようございます。
早速のTBとメッセージありがとうございます。私のほうは土曜日は「ライフ・オブ・パイ」それからおバカ映画「テッド」の二本立て、日曜日は中学時代の仲間内で新年会で、ようやくにこちらに参りました。
ブノワ。さんは女優論で迫りましたか。私は作品論で迫ってみました(笑)
グレン・クローズ。ある時期まではメリル・ストリープと重なって二人は似たタイプの女優だなって見ていた時期もありましたけど、いつしか違う方向にいっちゃったわ。メリルのほうがどちらかというと女性的な華が感じられるのかな。彼女のフィルモグラヒーをみると、やはり彼女ならではの、彼女だからこその味の演技がある。これ書いていて、ふと思ったけど「ダウト」でメリルが演じた役をグレン・クローズが演じたらまた面白かっただろうなって思うナァ。
本作のグレン・クローズとジャネット・マクティア。グレン・クローズはジャネットという存在に対し、ある意味、色を消した存在として演じた。二人のベテラン女優がみせた演技。私、そういう風に受け止めたな。
Commented by mChouette at 2013-01-28 09:53
ブノワ。さん、字数が多いっていわれたので続きになります。
映画記事には遊びに来る人少ないから長いメッセージも賑わいでいいかな?
同じガルシア監督の「美しい人」でみせた人生を感じさせる静かな演技もまたグレン・クローズならではだなって観ていた。イギリスではマギー・スミスもジュディ・デンチもまだまだ花盛り。グレン・クローズもこれからオオッ!エエッ!って思わせる大輪の味をみせてくれるかも(かな?)…「危険な関係」のあのグレン・クローズが案外と気に入っているシュエットです。
Commented by raindropsonroses at 2013-01-29 05:10
unjakuさんへ。
おはようございます。このメッセージは公開しません。
直接宜しくお願いいたします。喜ばれると思いますので。

ブノワ。