匂いのいい花束。ANNEXE。

季節を気にかける……。

e0044929_1901149.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

す、す、す、凄い!レタスがとうとう500円の大台に乗りました。
用事があって近所のスーパーを2軒廻ったけれど両方とも同じ……もう買えないわ(笑)
100円のパックで外側の硬くて傷んだ葉っぱを4枚千切って、
袋詰めにしたものなんか買えない!茶色くなった部分があって見るからにダメ(笑)
この所の寒さが野菜、特に葉物の値段を高騰させています。

リフォームをして今の所(下町)に引っ越してきて3年が経とうとしています。
下町の良い点、悪い点、生活に便利な点、不便な点、色々ありますが、
僕が一番、残念に思っているのは、日々の食料品の買い物が思うように出来ない点です。
八百屋どころか魚屋、肉屋、所謂、昔ながらの個人商店が少ないです。
駅近くには2軒のスーパーがあります。1軒は昔からある高架線下のスーパー。
このおめでたい生き物の名前の店は、売場面積が狭いため、必要最小限のそこそこの品揃え。
去年、鳴り物入りでオープンした、いかにも東京……飽食の街……みたいな名前の店は、
その貧弱な品揃え、特に季節感ゼロのラインナップにはガッカリさせられることしきりです。
クレソン、ズッキーニ、パプリカ……置いていません。ありえない!
もう1軒、家から少し離れた所に、身内の呼び名みたいな名前のスーパーがあるんですが、
そこは充実の品揃え。でも、日々の買い物と言うことになるとチョッと遠いかな……。

新年になって、駅前の閉店した花屋の小さなスペースを利用して、
遠くの八百屋が出張販売するようになりました。店内は狭いので何でも揃う訳ではないけれど、
結構、季節のものや珍しいものが並びます。
今日の写真はこの前、その小さな店で買った「なばな」の胡麻汚し。
なばなは数年前にいつも親切にしてくれるお友達が、
3月の誕生日のお祝いに、自宅で咲くミモザと一緒に送ってくれたことがありました。

この時はお浸しとパスタにして戴きましたが、それがいい切っ掛けになったのかな?
季節の旬の物をなるべく摂る。シンプルな調理法で季節を楽しむ……。
日々、そんなことを心掛けるようになりました。Aちゃん、どうもありがとうね!
今回は胡麻汚し。煮立ったお湯でサッと茹で、丁寧に取ったお出汁に暫く漬け込みます。
よく汁気を切って、マヨネーズ、ラー油、醤油、そして煎り胡麻を細かく切ったものを塗します。
胡麻は擦ったものを買って来るのではなく、使う時に細かく刻みます。
だって、少ししか使わないのに擦っちゃうと周りにくっ付いて勿体ないじゃない(笑)
この「胡麻汚し」の「汚し」っていつも凄いなぁって思っちゃいます。
素敵な響き……口に入れるものなのにね。これって日本独特の文化じゃないかな?


器はオークションで落としたもの。
洋服のグリーンは死んでも着ないけど(笑)器のグリーンは結構、好きです。
それから、食器は、ひとつひとつの歪みや釉薬の自由な表現が味として珍重される土物よりも、
どちらかと言うと洋食器に近い、絵付けと形が同じことを良しとされる磁器の方が好きなんですが、
(土物テーブルに置いた時や、重ねた時の高台のザラザラした感触も苦手。)
この器は大層気に入りました。お漬物やチョッとした珍味を入れるのに重宝しています。
グリーンの器に緑の物を入れるのも意外に美味しそうに見えて好きかな……。

そろそろ春の気配を感じることが多くなって来ました。
梅が咲き、桃、桜と来るとアッと言う間に薔薇のシーズンですね!


2013年1月30日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2013 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2013-01-31 00:00 | バベットの晩餐会。