匂いのいい花束。ANNEXE。

ある日突然に……。

e0044929_19113212.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

年末年始にかけて沢山の映画、舞台を観ました。
忙しければ忙しいほど、マメマメしく劇場に足を運びます。
素晴らしい感動や新しい発見が明日への活力になりますからね……。

今日は師走から新年に観た映画の話を少々……。
批評ではありません、雑感&映画にまつわるあれこれね(笑)
取り上げる作品は、「ホビット 思いがけない冒険」「もうひとりのシェイクスピア」
「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」「レ・ミゼラブル」……大作揃いです。

それぞれにある共通点があります。
その共通点とは……「ある日突然に……。」です。



先ずは「ホビット 思いがけない冒険」から。
僕ね「ロード・オブ・リング」3部作は全部観ています。
3作品楽しんだけれど、オールナイト一挙上映はチョッと尻込みする程度のファン(笑)
トルーキンの原作は読んでいませんが、鳴り物入りでの公開、取り敢えず……、
で、「ホビット」を観に行きましたが、なかなかだったかな。

ある日、突然、魔法使いのガンダルフがビルボの所にやって来るのね(笑)
それから跡を追うように続々と旅の仲間たちがやって来る。
乱れるビルボの平和な生活、 訳が分からぬまま旅に出るビルボ……。
誘った友人は「ロード・オブ・リング、観ていないから……。」そう言って断る人が多かったです。
でも「ホビット」観てから「ロード・オブ・リング」観ても話が繋がるじゃない?
結局、ゴラムと指輪が出てきてから断然、緊張感が出てきて面白くなりました。
しかし、ガラドリエル役のケイト・ブランシェットの美しいことと来たら!
もう全身の毛が総毛立つくらい美しいの。この方、ボッティチェリのビーナスの誕生ですね。
作品的には3部作と言うことで、まだまだ海のものとも山のものとも分からないけど、
「スターウォーズ」シリーズは全6本の内で公開2作目の、
「帝国の逆襲」が一番出来が良かったものね。 残り2本に期待しましょう。



次は「もうひとりのシェイクスピア」
久しぶりに日比谷に行きました。何年ぶり?
僕等、映画、演劇好きには最も馴染みが深い作家がウィリアム・シェイクスピアです。
世界中で彼の作品が上演されていない日はない……とまで言われる人気作家。
勿論、薔薇愛好家にとっても特別な作家です。
数えきれない程の薔薇がシェイクスピアの戯曲やソネットから名付けられています。
シェイクスピアは謎が多い作家です。不明な点が非常に多いです。
年譜に空白の時期があること。手書きの原稿が一切見つかっていないこと(これミステリアスね)……等々。
ただ、この点に付いては、シェイクスピアに限らず
この時代、他の誰に付いても言えることなので、
それだけシェイクスピアが世界中で愛読され注目されている証拠です。
シェイクスピア別人説もまことしやかに囁かれています。
そんな中の一人、第17代オックスフォード伯エドワード・ド・ヴィアーに焦点を当て、
もう一つのシェイクスピアの物語を紡いだのが「もうひとりのシェイクスピア」です。

ある日突然、ヴィクトリア朝のロンドンの演劇界に彗星のように現われたシェイクスピア。
文字は読めるけれど書くことが出来ない一役者のシェイクスピア。
次々にヒット作品を連発し、アッと言う間に時代の寵児になって行きます。
王位を巡っての愛憎、陰謀渦巻くヴィクトリア朝イングランドを舞台に繰り広げられる、
もう一つのシェイクスピアの物語。 全体の半分くらいまでは人物関係が分かりにくかったかな。
過去、現在、時代を縦横無尽に描くのと、時代によって同じ人物でダブルキャストでしたから。
だけどコスチューム・プレイってどうしてこんなに魅力的なんでしょう?


次は大好きな監督、アン・リーの「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」です。
パイはある日突然、動物を売り払い、動物園を閉園して動物を売り払い、カナダに移住すると父に告げられます。
しかもまたまた突然の嵐で船が難破。救命ボートでシマウマ、ハイエナ、オランウータン、
それから泳いできたベンガルトラと漂流することになります。
少年パイが折れそうな心を奮い立たせ、知恵を絞って生き抜いた227日、
数々の綴られたエピソード、寓話から学ぶことは、人生、決して諦めず……と言うことでしょうか。
最後にパイの口から語られるもう一つの驚愕のストーリー。
これが真実の「ライフ・オブ・パイ」なのね。 嘘も信じて繰り返し語っていれば真実になる……。
これもこの映画から学ぶ一つの教訓。
「もうひとりのシェイクスピア」でシェイクスピアを演ったレイフ・スポール。
パイの物語を聞くカナダ人ライター役で出ていましたが、
驚愕の別人ぶり……これ真面目に凄い(笑)本当にあちらの役者恐るべしです。



最後は「レ・ミゼラブル」……ミュージカルの金字塔なんだそうです。
僕、ダメなんですよねぇ……ミュージカル(笑)
学生の頃、名画座で「シェルブールの雨傘」観て引っ繰り返っちゃった(笑)
台詞が全編、歌、歌、歌……「ウエストサイド物語」なんて全然いいと思わないの(笑)
劇団四季なんて絶対に観に行かない。死んでも行かない。
ミュージカルでも好きな作品はあります。「サウンド・オブ・ミュージック」とか、
「ダウンタウン物語」「ムーランルージュ」とかね……。
「サウンド・オブ・ミュージック」は歌に至る必然があります。劇中で歌うことに無理がないの。
「レ・ミゼラブル」の舞台版は勿論、観ていません。元々、舞台のミュージカルって興味ないし。
唯一、若かりし頃に友人に誘われて劇団四季の「キャッツ」の初演を観たのみ(笑)
芝居好きの知り合い(ブノワ。さん、こいつのこと大嫌いだった!)
そいつが「レミゼ」って省略して得意げに話すのもイヤだった(笑)
ミュージカル苦手な人の殆どがそうなように、いきなり歌いだす不自然さ。
僕もそれがダメで、今回もドキドキしながら劇場に行きました。

 「Look down, look down don't look 'em in the eye.
  Look down, look down, You're here until you die」……あぁ、やっぱり!(笑)

いきなり囚人たちの力強い歌から始まります。
ダンスシーンはほぼゼロ。良く出来ていると思います。楽しかったですよ。
マリウスとエポニーヌのホロリとするシーンもあったし……。
愛や恋は成就すると詰まりませんね。悲しい結末の方がより美しく昇華する(笑)
「レ・ミゼラブル」の突然は、盗んだたった1つのパンで突然、牢獄に繋がれ、
改心した後に突然コゼットを引き取ることになった実り多き男の物語り。
映画版のために新しく「Suddenly」も書き下ろされました。
実は先日、友人2人と2度目の鑑賞をしてきました。だから詰まらなかった訳じゃないの。
なかなか気に入ったから友人にも観て欲しかった……もうね、2人ともボーボーでした(笑)
ツボにハマる箇所はそれぞれだけど、あんなに泣くんだ…….。
例によって泣かないブノワ。さんは鬼畜扱い(笑)血も涙もない人非人なんだそうです。

良く出来たキャスティングは数年前のアカデミー賞、
ヒュー・ジャックマンが歌って踊って司会をしたあの年、
主演女優賞にノミネートされ、最前列のアン・ハサウェイを突然、舞台に上げ、
二人で素晴らしい歌声を披露した時に現実味を帯びたんじゃないかな?そう思います。
あの時、シャーリー・マクレーンがアン・ハサウェイを紹介しながら、

 「素晴らしい歌声よ。歌い続けなさい。」と激励したのが忘れられません。

デビューの頃「ヤング・イーストウッド」と言われたヒュー・ジャックマン。
今、そんなことを言う人は一人もいませんね。
いい役者になりました。堂々たる体躯に長い足……これからが楽しみです。
エディ・レドメインの豊かな歌声、テナルディ夫妻を演った2人に俳優の達者振り。
ラッセル・クロウのジャヴェールの自殺が唯一不可解ではありますが……。
彼ってこれ以上太るとキャシー・ベイツに瓜二つになっちゃう(笑)

実は2回目の鑑賞に大きく心動かされたのは、
この4月から3ヵ月間のロングランをする帝国劇場の「レ・ミゼラブル」に、
親友が招待してくれるって言うんです。だから見比べる上でももう1回鑑賞……です。
でもどうせ観るのなら昔のバージョンが観たかったかなぁ。



人生っていつも突然に何かが起こります。
いいことばかりじゃありません。時には信じられないようなヒドイことも……。
的確な判断、乗り切る気力と胆力、幸運を引き寄せるガッツ……。
いつも笑顔で上を向いて……下向いていたって10円玉拾うくらいが関の山(笑)
映画っていつも色々な事を教えてくれますね。
これから春にかけてアカデミー賞絡みの良質の作品が次々に公開されます。
ジェニファー・ローレンスの「世界でたったひとつのプレイブック」も楽しみ!

今日の写真は「レ・ミゼラブル」に因んで、
フィレンツェの教会の中庭で撮った「Victor Hugo」ハイブリッド・ティーです。


2013年2月21日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2013 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2013-02-21 00:00 | 映画館へ行こう。 | Comments(12)
Commented by kagonoorugo-ru at 2013-02-20 23:20
映画はもっぱら、テレビで観賞するようになってしまいました。ほんとは映画館行きたいのだけどトイレ近くて(恥)歌舞伎や能も観たいのですけど…文化を感じるのは人間として大事なことの一つだと思います。
Commented by mChouette at 2013-02-22 10:10
ブノワ。さん ちょっとお久しぶりです。
一昨日CS放映で「ロード・オブ・ザ・リング」途中まで観てました。「ホビットの冒険」と繋がるのが嬉しいなぁ。ガンダルフとの再会シーンなども、あの冒険があったからの二人の信頼関係かとしみじみ感情移入させられたし、ビルボが書いていた物語が映されて題名は「ホビットの冒険」ってあるのも嬉しくなってくる。高校時代に指輪物語全部読んだ息子が通りかかって「次は12月だね。ハンガーゲームも12月だよ」って二人してウンウン肯きあえるのも嬉しいですよね。今回の3部作も期待できそうですよ!
「レ・ミゼラブル」って興行成績凄いって?ほんとですかねぇ?悪くなかったけどそれほどの感動でも~って思うんですけどね。「タイタニック」が感動か~?って思うのと同じレベルで?って思う。そのちょっと前は確かネコも杓子も「ショーシャンクの空に」だったかしらね(笑)
Commented by mChouette at 2013-02-22 10:11
ごめんなさい。あげられた作品それぞれお喋りしたくって長くなりました。
「ムーランルージュ」は気に入っている作品。でも今度の「華麗なるギャツビー」も予告編見る限りではミュージカル仕立てみたいですねぇ。なんだかなぁ、いいのかなぁって気もするけど、ディカプリオ君、レッドフォードと比べるとねぇ、予告編で観る気が失せてしまったです。
そこへいくと「ライフ・オブ・パイ」は良かった~。「レ・ミゼラブル」とどっち観よう?って悩んでいる人には太鼓判でこっちを勧めている私。やっぱりアン・リー監督って語っていくのが上手いですネェ!知らない間に感動がじわじわ沸いてくる。
「もう一人のシェークスピア」は未見。WOWOW放映待ってます。
今週末は「ルビー・スパークス」と「世界で一つのプレイブック」を観にいくつもりのシュエットです!
ではでは。
Commented by mChouette at 2013-02-22 10:30
ブノワ。さん ごめん。もう一言(ペコリ)
「レ・ミゼラブル」のラッセル・クロウって、彼がいたから映像が引き締まったって思いません? たしかに皆さんアカデミー授賞式でもヒュー・ジャックマンもアン・ハサウェイも歌も上手くってそれぞれに達者。でもクロウがいなかったら、なんだか素晴らしいけどユルユル映像みたいになっていたんじゃないかな~。ジャックマンもウルヴァリン止めて優しいお顔になったから(笑) 
ラッセル・クロウがちょっとお気に入りなもんで…太りすぎは確かだけどね。
Commented by azking at 2013-02-23 11:44 x
ブノワ。さん、こんにちは。

「ライフ・オブ・パイ」
トラとの別れの複雑な涙に感動して、帰ってからカチカチのポップコーン食べ食べネットで数々のレビューを読みながら、驚愕しました!
物語のオチに驚愕するんじゃなくて、自分のとろさ加減に!
本気でファンシーに浸ってました(赤面)
名だたる賞を獲れたとしても、この手の作品を日本のTV放送でやるとは思えないから、もう一度劇場に足を運ぶことも考えましたが
主人公の宗教観の成り立ちをもう少し理解したいので、初めて原作を読むのもいいかもしれないと思いました。

そんなことを考えつつ
昨日「ある日突然に…」ソレはやってきました。
胃腸炎。
気がつかない体の弱り目に、サンドイッチの自家製アンチョビの油がまずかったのか、深夜→朝まで上から下から十何年ぶりかという大騒ぎで、すっかり干乾びてノックダウン。
ネット検索したら、とりあえず水分補給と絶食ということで2日目からは流動食。流動食ですよ!
これを2日間やってたら、焼きに失敗したカチカチの焼き栗を口いっぱいにほおばり、咽て夢から覚めた(笑)
あぁゴリゴリのごぼうとにんじんの金平食べたい…
Commented by raindropsonroses at 2013-02-23 21:25
コビトカバさんへ。
こんばんは。メッセージの入れにくい記事にメッセージどうもありがとう!
恥ずかしがることなんかありませんよ。僕も近くなりましたもん(笑)名画座2本立ては必ず休憩にトイレに行きます。能は観に行きたいです。野村萬斎好きなので。歌舞伎は増々足が遠のきそうです。新歌舞伎座、1日3回公演で一等席20000円ですよ!信じられませんね。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2013-02-23 21:31
chouetteさんへ。
こんばんは。メッセージどうもありがとう!
そうなのね、猫も杓子も「タイタニック」!本当にそんな感動作品だった?「アバター」もそうじゃないですか。アカデミー賞どうしちゃったの?って。時が証明しますね。僕、キャメロンさんは嫌いです(笑)金儲けが物凄く上手そう……。ピーター・ジャクソンは真面目ですね。スピルバーグと一緒で少年がそのまま大人になった感じがします。それがいいにしろ悪いにしろ、美点ではありますね。全作、完成した時点で6本、一挙、上映なんて言う企画出来そうですね。所でchouetteさんは「ハンガーゲーム」ご覧になったんでしたっけ?僕のジェニファー……素敵ですよ。明日は朝一で「マリゴールドホテル〜」続けて「世界にひとつの〜」です。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2013-02-23 21:37
chouetteさんへ。
続きます。アン・リーはいいですね。もっとも信頼の出来る監督の一人です。映画って色々な解釈が出来る作品がいいですね。「ライフ・オブ・パイ」はそんな作品の中の1本。僕「グリーン・デスティニー」好きなんですよ。チャン・チェン好きです。「Crouching Tiger, Hidden Dragon」って言うタイトルもいいと思いませんか?「レ・ミゼラブル」は春先に舞台を観に行きます。それからジックリ考えようかな。これだけ多くの人に愛されているって何か理由があるハズですもんね。だけど「華麗なるギャツビー」ってミュージカル仕立てなんですか?絶句!レッドフォードの凄さが今にして良く分かりますね(笑)

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2013-02-23 21:44
chouetteさんへ。
さらに続きます。そうです、太り過ぎです!チョウ・ユンファかと思っちゃいました(笑)彼って歌えるんですね。chouetteさん、ご存知でしたか?その事の方が驚きだったりするんですが、途中からキャシー・ベイツに見えておかしくておかしくて……随分前のアカデミー賞でスピーチの時に客席の「リトル・ダンサー」の心細いジェイミー・ベルくんに向って温かい言葉掛けていたでしょう?凄くいい人なんでしょうね。「グラディエーター」のロケ先のフィレンツェでベビーカーを押している彼に会ったと友人が興奮ぎみに話していましたっけ……。ジャックマンって「売れていますね!」とインタビューで聞かれ「オーストラリアの俳優はギャラが安いからね!」と返していました。頭いいんですね。好きな俳優ですよ。「〜プレイブック」凄く楽しみ!

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2013-02-23 21:55
azkingさんへ。
こんばんは。メッセージどうもありがとうございます。
お加減は如何ですか?我慢、我慢の子ですよ!(笑)流動食はお粥ですか?たまには柔らかいものもいいでしょう?(笑)しかし、自家製のアンチョビって!どうやって作るんですか?「ライフ・オブ・パイ」は色々な見方が出来るからいいのでしょうね。もう一つの驚愕の物語り、信じたくはないですが、それもまた厳しい一つの現実……何を信じようと見る人の自由ですからね。ファンシーでもOKなんだと思います。優れた映画って万華鏡みたいなもんでしょう?原作は読んでみたいですね……活字離れがヒドいのでこちらは現実味がありませんけど。僕、ジェラール・デパルデューがスグに消えて良かったって(笑)昔は好きな俳優だったんですけどね……ハンサムだったんですよ、30年前は……今はスクリーンに映っちゃいけない姿になってしまいました(笑)明日、明後日って連休なんです。映画、観まくります!僕のジェニファーが出ている「世界にひとつのプレイブック」!物凄く楽しみ!azkingさんも観てね!記事にしますからメッセージ頂戴ね!

ブノワ。
Commented by azking at 2013-03-01 19:47 x
ブノワさん、こんばんは。

『映っちゃいけない人』そうズバリ言ってしまえるブノワ。さん、好きです(笑)
先週末。全快祝いに親子丼とホットワインで乾杯しました!
流動食は基本お米と和だしのお粥でした。
ビタミンやミネラルも摂らなきゃって、久々に顆粒じゃない本気出汁をとりましたよ。煮干を・・・昆布を・・・そのまま食べたい衝動と格闘(笑)
変な夢見るくらい追い込まれたんですから、「いい」なんてもんじゃないですよ!
アンチョビ。言い間違えてます(汗)頭の中はオイルサーディーンでした。(右を指差しながら「左」とか言いがちなんです)
鰯のちっさいのをどうしようかと思って調べたらコチラで見つけまして
http://ameblo.jp/0404sakura-saku/entry-11158120221.html
すぐ食べたくてオイルサーディーンにしたのでした。アンチョビレシピも載ってます。

今日は、砂埃の強風と戦いながら観てきましたよ。
世界にひとりの「あなたのジェニファー」を(笑)
記事を待って、またコメントします。
Commented by raindropsonroses at 2013-03-05 17:45
azkingさんへ。
こんばんは。メッセージどうもありがとうございます。返事がスッカリ遅くなってしまいました。本当にゴメンなさいね。年度末はそれはそれはバタバタで、ほぼ、記憶喪失状態、疲労困憊で死亡寸前です(笑)さて、どうやら全快したようですね。良かった良かった。まぁ、固いものは追々に(笑)おいるサーディン&アンチョビ……サイト見てみますね。多分、僕は自分で作らないと思いますけど(笑)魚とか肉ってあまり触るの好きじゃないんです……食べるのは大好きなクセにね。映っちゃいけない役者って沢山いますよ!ニコラス・ケイジとかデ・ニーロ……これがテレビだったらチャンネル変えられています(笑)僕のジェニファー……記事に出来るにはまだ先ですが、是非、ご感想を!

ブノワ。