匂いのいい花束。ANNEXE。

僕のチューリップ熱。

e0044929_12373072.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

先日のこと、久しぶりの休みを利用して日比谷に映画を観に行きました。
朝一番で「マリー・ゴールドホテルで会いましょう」、
30分開けて「世界でひとつのプレイブック」です。
豪華ロードショウ連続鑑賞(笑)時間は有効に使わなきゃね!
今日は映画の感想ではなくて、映画にまつわるあれこれ、
花……特にチューリップについてのお話です。

帰宅して映画に関して色々と調べました。僕は先入観なしに観たいので、
なるべく情報は少なく、白紙の状態で映画館に通います。
帰って来て「マリー・ゴールドホテルで会いましょう」のことを調べていたら、
何と、原作、脚色が「チューリップ熱の」のデボラ・モガーではありませんか!
もうビックリ!「チューリップ熱」は数年前に楽しく読みましたし、
その後、何度も話が出てはたち消える映画化の話も気になっていましたから。

男優はジュード・ロウ、コリン・ファース……甲乙付けがたし。
女優は大嫌いな、もっさりスカーレット・ヨハンソン……絶対にイヤかも。
もっと苦手な、のっぺりキーラ・ナイトレイ……絶対に有り得ない!(笑)
今だったらジェニファー・ローレンスなんかいいかも!彼女、クラシカルだし。
同時期に「真珠の首飾りの少女」があったことも映画化が遅れている一因?
早く映画化されないかな……あの時代のチューリップ・バブルを廻る、
愛憎入り組んだ陰謀のあれこれ、球根1個で人生が狂っちゃうなんて!
コスチューム等、絵的にもいいだろうし、凄く楽しみなんですけどね……。

さらに偶然は、1月にカントリーハーベストに注文してあった、
チューリップが約30本、家にあったんです。
このチューリップは、女優の結城美栄子さんに戴いた、
自作の大きな大きなテラコッタの鉢カバーに何か入れて撮影したかったので、
色が白か淡いピンクの卵形の巨大輪、若しくは、白か黒、紫系のパロット咲き……。
幾つか希望を伝えて市場から取って貰ったんです。
何故なら、随分前にパリのパレ・ロワイヤルで撮った1枚の写真が忘れられなかったから。

届いたのが「ネグレッタ・パロット」……なかなかいい色合いです。
暖房の効かない寒い玄関先に置いて管理し、一番いい状態になるまで2週間。
ようやく撮影したのが今日の一連の写真です。
チューリップ……やっぱりパロット咲きが一番美しい!
それも枯れる間際の美しい姿と来た日には!
ただ、美しいと言うよりは、何やら壮絶なものを感じます。
年を重ね、美しさと凄味を増した往年の大女優……そんな感じ。
例えれば、ヘルムート・ニュートン撮影の最晩年の煙草をくわえたエヴァ・ガードナー、
晩年のヴィスコンティ作品の貴婦人シルヴァーナ・マンガーノ……。
グロリア・スワンソン渾身の「サンセット大通り」のノーマ・デズモンド!

e0044929_12385258.jpg
e0044929_12384024.jpg
e0044929_1238254.jpg
e0044929_12381416.jpg
e0044929_1238835.jpg
e0044929_12375161.jpg

………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

どのアングルも美しいけれど、1枚目の首筋の、
ゾクゾクするようなカーブと複雑な切れ込み!
矢張り、チューリップはパロット、ガーベラはスパイダーです(笑)

結局、テラコッタに入ったチューリップはいい写真が撮れませんでしたが、
チューリップは花保ちもいいし、長く楽しめる花ですね。
大好きです……茎と葉がキュッキュッっとする以外はね(笑)
沢山のチューリップ、今はドライになるべく吊るされています。


2013年3月18日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2013 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2013-03-18 00:00 | Raindrops on roses。