匂いのいい花束。ANNEXE。

あなたの原動力はなんですか?

e0044929_17484154.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

関東の麗しの薔薇のシーズンも一段落。
蜜蜂たちは薔薇を求めて日本国中に散らばりはじめました(笑)
皆さん、如何お過ごしですか?元気にしていらっしゃいますか?

今日はこのまえ友人と話していた時のエピソードをチョッと……。


いきなりですけど、アナタの生きる原動力は何ですか?
いえいえ……友人と酒を飲んでいてそんな話になったのです。
僕の長年の友人の生きる原動力は家族。
紆余曲折あって漸く結ばれた大切な奥さんと、
この前、生まれたばかりの一粒だね……。
家族のためなら何でも出来るそうです。
大変な仕事、キツい残業……なんのそのだそうです。


僕の原動力は何だろう……チョッと考えてみました。
内容は言えないんですが、今、一生懸命になってやっていることがあります。
それをする切っ掛けは……そう、怒りかもしれません(笑)
怒りといっても何かに激怒したり激昂した訳じゃないんです。
あることにチョッとムッとしたのね(笑)
僕の場合、この「ムッとする」のが大事なの(笑)

僕、今までの人生、何かをひっちゃきに頑張っちゃうとか、
前後、見境なくひたすら目標目指して突っ走るってことがなかったのね。
部活動も美術部でボンヤリだったし、勉強を頑張って大学受験に燃えた訳じゃないし、
仕事も自分の実力のみが頼りだから誰かと争うこともなかったし……。
ただ、何となく生きて来た……非常に平凡で穏やかな今までの人生。

そんな平々凡々な人生なんだけど、
折々にチョッと発奮する原動力が怒りなの(笑)

鳥が翼を広げ空を滑空しています。
時折、数回はばたいて少し身体を上昇させる……。
僕の「ムッとする」は、そんな鳥のはばたきのようなもの(笑)

この所、そのムッとすることが沢山ありました(笑)
頭に来ちゃうのね、だから頑張って、いつかはきっと実を結ぶと信じて、
黙々とあることをしている真っ最中です(笑)


2013年6月1日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2013 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2013-06-01 00:00 | 向き向きの花束。 | Comments(19)
Commented at 2013-06-01 14:14 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by unjaku at 2013-06-01 18:20
また難しいこと言ってる~!
ブノワ。さん、何に没頭していらっしゃるの?
もちろん教えていただけないに決まってますよねぇ。

私めは、手帳が真黒になるほどの5月のオーバーワークに
さすがに疲れがどっと出て、ただいま引きこもり中です。
何をしていても眠い!
身体が要求する睡魔には抗しきれず、暇さえあれば寝ております。

この間、犬のウンチを台所のゴミ箱に捨てそうになり、
あ・・・・私、かなりやばくなってる、と気付いたのがきっかけです。

生きる原動力かぁ・・・・。
否応なしにあの小娘二人ですね。
私がいなくなったら、夫だけでは対応しきれないもんね。
女ってややこしいから。友人関係も含めてね。

私って少し、いえ大分へんてこりんだから、小さい時から
一人でいるって苦にならなかったけれど、
今の子供たちを取り巻く環境は、そう簡単なものではないようで、
今日までは無事だったものが、明日は激変してるかもしれない
危うさがあるのですね。

ま・・そんなわけで、突然転がり込んできた二人に
否応なく叱咤されて生きているというわけです。
Commented by はるこ at 2013-06-01 22:54 x
マイケル ダグラスが「仕返しは、成功することだ」って。
ふっと思い出しました。
でもブノア。さんのはムッとすることだから質が違うかな、、
生きる原動力は、何か具体的に言葉にできません。
、、あるんですけどね、、引っかかりみたいなモノが、、
Commented at 2013-06-01 23:57 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kagonoorugo-ru at 2013-06-04 00:21
ご飯と猫・・・かな(笑)あ、主人も。
この3つが一つでもかけると私のいきる力はぬけていってしまいます・・。
考えるって大事ですよね、先日もバカボンの歌について
考えてしまいました「西から上ったお日様が東へ沈む」って
小さいときは何の気なしに聴いてたけど。ホントは凄く深い歌詞だったんだと大人になって気づいて、このような時、長生きしてみるもんだな・・って思ってしまいます。
Commented by raindropsonroses at 2013-06-07 16:16
家族思いさんへ。
こんにちは。メッセージどうもありがとうね。
そうですか、思いの外、真っ当でビックリ(笑)もっとアナタらしく「マハラジャを思い切りコロがす。」とか「王室に入る。」……とかね(笑)大丈夫ですよ、その原動力は。僕が保証します。償いは大変だ。一体どれだけ多くに人にしなきゃいけないの?(笑)是非、マイペースで今のまま、ズッコケでいて下さいね。まともになったら面白くないしアナタじゃないもの。僕の今の原動力は今度教えますね。近々、ご飯でもしましょ!

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2013-06-07 16:24
unjakuさんへ。
こんにちは。メッセージどうもありがとうございます。
そりゃそうですよ!勿論、教えてあげません(笑)僕の場合、それを言っちゃダメなんです。黙々と、頭に来ながら頑張る訳です。人に言っちゃったらそこでガス抜けちゃうでしょう?黙ったままでガスを籠らせておくのがいいの(笑)何れ結果は出ます、そうしたら自然に分かるんじゃないかしらン。unjakuさんは大変ですね。でも、それは「きっとそう言うこと」だったんですよ。僕、運命論者じゃないけれど、そう考える事にしています。無理にゴリゴリやったってろくな事ないし。決して諦めるんじゃなくてね。子供にとっては少し特異な環境になったのかもしれないけれど、何れ大きくなってみれば、心優しい人に育って、unjakuさんをはじめ周りの皆に感謝するんじゃないかしらン?「大分へんてこりん」……凄く良く分かります(笑)首が取れるほど何回も何回も大きく頷いちゃった(爆)

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2013-06-07 16:33
はるこさんへ。
こんにちは。いつもメッセージありがとうございます。
そうですねぇ……似ているようで似ていない?でも、根本は一緒かもしれません。僕の場合、仕返しじゃなくて見返すことで頑張れるので。ムッと来て、なんだよ、なんだよ!今に見てろよ!で、ガガガガァ〜ット頑張るのです(笑)はるこさんは言葉にしにくいですか?そうですよね、そういう場合もありますよね。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2013-06-07 16:33
書きかけさんへ。
こんにちは。大丈夫、何も届いていません(笑)
是非、完成させて再送信して下さい!

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2013-06-07 16:40
コビトカバさんへ。
こんにちは。いつも温かいメッセージありがとうございます。
いい原動力ですね……素敵です。御主人が入っているところが物凄くいい!「天才バカボン」=赤塚不二夫の教えって凄いですよね(笑)偉大(爆)僕はそのお日様の昇る方角が暫く分からないでいました。バカボンのパパのお陰です(笑)パパが建てた家って凄いんですよね。玄関入ると天上に便器が付いていて、そこから入るの(笑)大人になって気がつくことって沢山ありますね。もっと長生きして探求しましょ!

ブノワ。
Commented by azking at 2013-06-08 09:27 x
ブノワ。さん、こんにちは。
うっかりもんです(笑)

長文になってしまったので分けて送るつもりが、キー操作ミスでページごと前?に戻ってしまって慌てました。
どうにもPC音痴なもので(苦笑)失礼しました。

生きる原動力。ですね。
よく考えてみると、『私はこう生きるぞ!』と思って生きるということに貪欲に邁進した記憶がありません。
中学までは父の職業柄引越しを繰り返していたので、自分を主張してもしなくても、新参者というものは何かの対象になりやすく、自分の意に沿わない境遇に晒されるのです。
特に不快に感じず、死にそうにならなければ「たった二年半いるだけの土地。なんとかなるさ」と鷹揚に構えて、理不尽で執拗なイジメもかわしてきました。
元々の性格もあるのでしょうが、多分その根性の決定付けは小学3年の母の日の出来事なのだと思います。

Commented by azking at 2013-06-08 10:00 x
必要最低限のこづかいを貰っていた時分、母の日に妹と出し合ってプレゼントを買いに行ったのです。
小さなタルトを二つ買い、相場の上がったカーネーションは手が届かず、
カウンターの片隅に短くなったカサブランカを見つけて交渉の末、残りのお金でピンクのラッピングまでしてもらいました。
団地を転々とする母が、狭いベランダで育てるには憧れだった花でしたから、私はとてもいい買い物をしたと思ったのですが、包んでくれる店員は「お母さん、亡くなっているのかしら」とひそひそ話し。
当時、母の日に白いカーネーションを置いている店は珍しかったくらいですから…あえて何もいわずに店を出て、妹と歌を歌いながら家路を急ぎました。
途中、小学校と中学校の高い塀に挟まれた幹線道路に差し掛かったとき、塀の上へとよじ登り顔を並べて道路を注視してざわつく中学生が目に入り、路肩のブルーシートの塊が目に入りました。
少し先の方でパトカーの赤灯がチカチカし、泣き叫び跪く女性とその人を支える警察官がいます。
Commented by azking at 2013-06-08 10:20 x
後ろから突然母が駆け寄ってきて何かを叫ぶのです。
「その花をそこに置いていきなさい」
そう言われて、気がついたのです。
泣き叫ぶ女性が母の大切な友人で、晩くにやっとできた息子さんは同じ学校の特別教室の生徒で知的障害があり、一人で登下校するのは無理だったということ。
『そこ』とはブルーシートの塊のことで、その中には人がいて死んでいる。
祖父は僧侶でしたから、長期休暇の折に会いに行っても誰かしらの法事や葬儀をやっていて人の死は身近で、生まれたらただ生きるのみだと思ってはいましたが、その経験をして
何があっても親より先に死んではいけないんだ
そう強く思いました。

すっかり長文になってしまいましたが、過程のすべてが絡み合い外せないストーリーなので一気に書かせていただきました。

今、庭では百合が蕾をあげてきています。
カサブランカは植えませんでしたが、梅雨が終わる頃にはさわやかな香りが庭を支配するでしょう。
事故以来、母の日には彼に百合を手向けたことを思い出しながら母に感謝しています。
勿論、父の日にも感謝を…忘れがちですけど(笑)
Commented by raindropsonroses at 2013-06-09 04:06
azkingさんへ。
おはようございます。メッセージどうもありがとう。
そう、子供は残酷なのですよ。自分達と少しでも違う人間を徹底的に虐めます。転校生……かっこうの標的ですね。自分がそちらの側にならないように自然に働く心理、分かるけどコワいですね。あまり深刻にならずよく頑張りましたね。どうせ2年いるだけの土地……その考え方も中学生にしては達観してチョッと物悲しい感じもしますが、切り抜ける方法を早くに身に付けて良かったですね。僕等の時も虐められているヤツがいましたが、それはある愛情の表現だったりして……いたじゃないですか、ワルいヤツ。でもそいつは結局、イジメているように見えてそいつを守っているんです。いつも一緒にいるじゃないですか、だから他のヤツは手出し出来ない……イジメの心理は難しいですね。今は守ってくれる友達も親もいない。先生も然り。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2013-06-09 04:13
azkingさんへ。
続きます。母の日の想い出はそれぞれに沢山ありますよね。僕も色々と失敗したなぁ……赤いカーネーションなんて子供心にダサくてイヤだったので、白のカーネーションを買ったりね。花屋の店員の態度が優しくなりました(笑)入院している母に彼岸花を持って行ったりね(爆)他意はないのですよ、ただ綺麗だと思ったし、子供だったので知識がなかっただけ。そのお母さまとお友達、そして子供さんの想い出は鮮明に残っているんですね……カサブランカ、一番いいところに行きましたね。その時その時に一番のことを教えて下さったお母さま。今はそう言う親もなかなかいなくなりました。命の大切さ、弱い者を守る心、相手を思い遣る気持ち……大事にして行きたいですね。そしてそういう心遣いを自然に示せる人間になりたいです。

ブノワ。
Commented by azking at 2013-06-11 11:33 x
ブノワ。さん、こんにちは。

ブノワ、さんの花にまつわる母の日の思い出アレコレ。
ご披露頂きありがとうございます。
流石ブノワ。さん。個性的!
そう!他意なんてナイナイ(笑)
赤いカーネーションのダサさも解ります(爆笑)
母が40過ぎた時にもうちょっと大人っぽいカーネーションってないのかしら?と思って花屋に
「一重で和を感じさせるダイアンサスってないですか?」
とリクエストしましたが
「あっても売れないから仕入れないよ」とお断りされました(苦笑)
たしかに、一等地にある高級花屋とかではなく、町の、庶民の花屋にそんな商品は売れませんね(笑)
Commented at 2013-06-11 11:55 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by raindropsonroses at 2013-06-14 07:59
個性的さんへ。
おはようございます。メッセージどうもありがとう。
そうですか?個性的ですか?(笑)僕はこれが普通だと思っています(笑)だって当時は赤とピンクのカーネーションで作ったプードルですからね!これを異常と言わずして何が異常?(笑)全然、美しくないじゃない?母は植物や小動物が好きなクセに、それ程の知識はありませんでした。だから彼岸花を綺麗と思い、白いカーネーションを気に入ってくれたのだと思います。血は受け継がれていますね(笑)花屋も商売ですもんね、先ず、売れ線、第一なのでしょう。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2013-06-14 08:07
イジメの心理さんへ。
おはようございます。メッセージ恐縮です。
この短いスペースでイジメに関することを語るのは無理ですが、要は溺れる時に似ていますね。海に投げ出された時、自分が溺れないように他人の頭を押さえても水に浮こうとする……。自分がイジメられないためにイジメる側に回る……考えなしに自然にそうなるのでしょうね。大人になると、長いものには巻かれろ、寄らば大樹の陰……色々な知恵が付いてチョッとは賢く世渡り出来ますが、子供はストレートで残酷ですね。トットちゃんなんてごくごく僅かな例です。個性は疎まれ、出る釘は打たれる……世の中の常です。イジメの心理さん、変な風にならなくて良かったですね(笑)そう、自分がされてイヤだったことは人にはするな……なかなか出来ませんが、恩に着ることはとても大事ですよね。恩は幾ら着ても着膨れしませんから!(笑)

ブノワ。