匂いのいい花束。ANNEXE。

結城美栄子展 三つ子の魂。

e0044929_7264193.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

鬱陶しい梅雨の中休み。昨日から結城美栄子さんの陶彫展が、
僕のブログにもリンクさせて戴いている六本木の「SAVOIR VIVRE」で開催されています。
とるものも取り敢えず初日に遊びに行ってきました。
だって、初日に行かないと欲しい作品が売れちゃうし……(笑)
一点物ですしその辺は結構、必死の形相。最後は小走りね(爆)
今日は撮影してきた何点かの作品を御覧くださいね。

e0044929_7335076.jpg
e0044929_7335931.jpg
e0044929_734515.jpg
e0044929_7334948.jpg
e0044929_7333555.jpg
e0044929_7325472.jpg
e0044929_7321150.jpg
e0044929_7324952.jpg
e0044929_7321062.jpg
e0044929_7315556.jpg
e0044929_732130.jpg
e0044929_7305197.jpg
e0044929_7312298.jpg
e0044929_7304333.jpg
e0044929_729587.jpg
e0044929_7301150.jpg
e0044929_7292517.jpg
e0044929_7294184.jpg
e0044929_7292268.jpg
e0044929_72968.jpg
e0044929_7285163.jpg
e0044929_7283689.jpg
e0044929_7281890.jpg
e0044929_72757100.jpg
e0044929_7275997.jpg

………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

結城さんの作品、特に子供たちがモチーフになった作品は異色です。
普通、子供たちって可愛い、愛らしいと表現されることが多いですが、
結城さんの子供たちはどこか懐かしいような、郷愁に駆られる表情をしています。
僕達がとっくの昔になくしてしまった大事なもの……何とはハッキリ言えないのだけれど、
心の奥に仕舞ったダイヤモンド……そんなものを感じさせてくれます。
子供の無邪気さ、反対に邪気。可愛らしさと残酷さ……。
見る角度でまったく違った表情を見せる子供たち……とても興味深いです。
懐かしい風景、食事を知らせる母の声、子供たちの歓声、
夕暮れに聞こえるカラスの泣き声までもがきっと聞こえてくるハズです。
慈しむように、ポートレートを撮るように撮影してきました。

1枚目、2枚目。そして最後の写真は走った甲斐あって、
僕のコレクションに加わった作品。展覧会のタイトルにもなっている「三つ子の魂」。
右のポッケには何が入っているんでしょうね?
友達と分け合った飴玉?さっきまで遊んだビー玉?
それともジィ〜ット見据える先に投げつける石ころ?
子供のクセにどこか分け知り、根性が座った表情が気に入りました。

他にも硬く焼きしめた陶器なのに、
柔らかな上気した子供の頬や、セーター、麦わら帽子、洋服の綿、サスペンダーの革……。
変幻自在な釉薬の妙と質感を楽しめる作品が一杯です。

今回は可愛らしい子供たちの人形、小品を中心に展示されています。
会期は7月10日までの開催です。
「SAVOIR VIVRE」は日本の現代作家の作品を扱う店です。
陶磁器やガラス、普段使いのものから趣味のもの、贈答品まで。
何か必ず素敵な物が見付かる場所……展覧会と一緒に見られますのでお楽しみに!
どうぞ皆さん、六本木まで足を伸ばしてみて下さいね!

最後に、結城さんから僕のブログに遊びに来て下さっている皆さんに、
特別ににメッセージを頂戴しました。

 岩下さんのブログをご覧の皆さん、
 鬱陶しい梅雨が続きますが如何お過ごしですか。
 この度、六本木の「SAVOIR VIVRE」で個展をすることになりました。
 この前の展覧会では初めてドローイングに挑戦したり、
 今までテーマを掲げて色々なことに挑戦してきましたが、
 今回は初心に返って?昔を少し思い出しながら、
 可愛い孫をモチーフにして作品を作ってみました。
 なかなかいい作品が出来たと自負しています。
 どうぞ友達とお誘い合わせて遊びにいらして下さいね。
 会期中は会場に詰めていますので、感想など聞かせて戴けると嬉しいです。
 是非、声を掛けて下さいね。皆さんの感想、お聞きしたいです。
 お目に掛かるのを楽しみにしております。

                    結城美栄子



結城美栄子展「三つ子の魂」
 7月3(水)〜10日(水)11時〜19時、最終日17時まで。

SAVOIR VIVRE
〒106-0032 東京都港区六本木 5-17-1 AXIS ビル 3F/03-3487-0318


2013年7月4日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2013 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2013-07-04 00:00 | 展覧会の絵。 | Comments(8)
Commented by ルネ at 2013-07-04 18:20 x
お久しぶりです。
結城さんの人形は、本当可愛い…
そして、何かを訴えかけてくれてますね。

ブノワさんの写真のアングルも
素敵です。

是非結城さんの人形に会ってこなきゃ。
Commented by ムー at 2013-07-04 21:15 x
表情が今にも動き出しそう。
わんぱくで手強そうで品がある。
秋篠宮さまの坊ちゃんにどこか似てる。
日本の子供の原点なのかな。
Commented by くまはち at 2013-07-07 13:42 x
お暑うございます、ブノワ。さん^^;
いかが、お過ごしですか?

この子たち…
「もっと、のびのびとおやんなさい」
そう言っているような気がしました。
子どもたちと、学校の先生に見てもらいたい子達…。
そんな気がして。

あ~それにしても…。
みんな、同じ素材なハズなのに…不思議です!
お洋服が、本当に布に見えてしまいそうで…!
芸が細やかですね…
タメイキ出そう…(ふゥ~…)
それに、陶器なんて、時間との戦いなはず…。
神業ですね!


この子たち、大きさはどのくらいなのですか?
コンパクトに見えるのですが…。
小さい子だったら、この表現は、大変そうです…。
Commented by mChouette at 2013-07-09 10:39
ブノワ。さん お久しぶりです。
いささかの夏バテ気味のへたった心身に気合入れてお邪魔したら…素敵な作品に暑さも忘れそう。
夏の暑さも汗かきながらも時間を忘れて夢中になって遊んでいた子供の頃、遠い日のあの日、あの時間をよみがえらせてくれるような子供たちの仕草、表情。ブノワ。さんがゲットされたこの男の子! いいですネェ。むっと結んだ口元と彼の心の中の言葉。いろんなおしゃべりができそうで、彼と向き合っていると無邪気に一生懸命だったあの頃の自分を思い出させてくれそう。
素敵な作品ありがとうございました。今回の作品たち、今までも素敵だったけど、一層良かったです。
シュエット。
Commented by raindropsonroses at 2013-07-10 11:46
ルネさま。
おはようございます。久し振りでございますわね。ご機嫌麗しゅう?
結城さんの作品は本当に素敵ですね。1枚目の写真、気に入っているんですよ、子供の視線が対角線になっているでしょう?その先に何を見ているんだろうって……。どうでしたか?今日までですけど会いに行かれましたか?感想をお聞かせ下さいね!

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2013-07-10 11:49
ムーさんへ。
おはようございます。いつもメッセージありがとう!
そうなんでしょうね、日本の子供の原点。僕なんかがまだ知らない昔の子供たち……そんな感じがします。展覧会が終わって照明を消した後、真夜中に動き出しそうな感じがします(笑)子供たちの笑い声や泣き声が聞こえてきそうで素敵です。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2013-07-10 11:54
くまはちさんへ。
おはようございます。素敵なメッセージどうもありがとうございます。
そうですねぇ……結城さんの作品は結構な大作もありますが、今回は小品ばかり集められていました。大きさで言うと大きいものでペットボトルくらいかな?色々な素材を表現するのに台所にあるものを使っているそうです。爪楊枝とかね。そう言われてみると、台所には使えそうな道具が一杯じゃありませんか?(笑)結城さんは注文製作もして下さいます。僕は次回、我家の猫たちをモチーフに8つのお面を作って貰う予定です。
出る釘は打たれちゃう今、一輪だけの美しい花は抜かれちゃう昨今、見て貰いたい人たちには見て貰えそうにありませんね……。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2013-07-10 11:59
chouetteさんへ。
おはようございます。スッカリご無沙汰しています。どうですか?元気でましたか?
色々あるでしょうにメッセージどうもありがとうございます。今回もいい作品を手に出来たと喜んでいます。真面目に会場近くに来ると小走りになります(笑)前回の赤いニットを着た猫は、某有名な作詞家の方が狙っていたそうですしね、早い者勝ち、時間勝負なのです。結城さんの作品は固く焼きしめた陶の人形なのに、柔らかな感触や、今にも動き出しそうな形、そんなこんな、昔を懐かしく思い出させてくれる郷愁……いつも唸ってしまいます。数年前には関西でもしましたが、またそちらでも個展が出来るといいなぁと思います。是非、chouetteさんにも実物を見て戴きたい……そう思います。また楽しいお話しが出来ますように。これからもヨロシクです!

ブノワ。