匂いのいい花束。ANNEXE。

大地の恵み……北海道を食す。

e0044929_2118422.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 「ブノワ。さんはグルメねぇ……。」

よく言われますが、僕は決してグルメじゃありません。
適正価格で美味しいものを食べているだけです。勿論、安くて美味しい方がいい。
わざわざ噂の店をお目当てに遠くまで足を運んで……有り得ません。
もう真夜中なのに高級フレンチが食べたい……我儘も言いません。
○○じゃなきゃイヤ!……無理も言いいません(笑)
その場にあるものの中から一番美味しいものを食べているだけです。
例えば旅に出て降り立った駅前に蕎麦屋とマクドナルドしかなかったら……。
その日の気分、選択の問題です。蕎麦屋しかなかったらメニューの中から何を選ぶか……です。

一人旅のフランス。足を延ばしたアミアンは日曜日でした。
店は軒並み休み……たった一軒、開いていたマクドナルドで食べた「マック・グラン」……。
まるでステーキみたいな肉厚のパテ……今まで食べたハンバーガーで一番美味しかったです。
僕の親友の友達が就職したての頃(バブルの終焉期)、
帝国ホテルに泊まってみたくて泊まってみたくて……。
大枚叩いて予約をし、夕飯はお金がないから牛丼を買って部屋で食べたそう……。
僕、そういう事はしません(笑)何事もバランスですからね。

お金を出せばそれなりにいいものは食べられます。
でも、財布の中身は決まっていますしね(笑)使っても減らないマジック財布じゃない。
ただ、絶対にイヤなことがあります。 それは何かを食べるために並ぶこと……。
これだけは死んでもしたくない。待つのは死んでもイヤなのね(笑)
それからラーメン一杯や丼だけで夕飯はお仕舞い……これもイヤだなぁ。

今回、疲労困憊、クッタクタにもかかわらず、
あけの段取りの悪さのせいで無理矢理並ばされましたけど……。
この話は北海道旅行の記事の最後に番外編で書いてみようと思います(笑)
今日は北海道で食べた美味しいものあれこれをチョッとね。

e0044929_21213542.jpg
e0044929_21201996.jpg
e0044929_21195718.jpg
e0044929_21193025.jpg
e0044929_21191574.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

さて、その僕が珍しく飛行機を飛ばしても通っているのが、
帯広の北の屋台村にある「プチ・プレジール」です。
ここは本当に素敵!奥さまの手料理とワインが美味しいのは当たり前として、
オーナーご夫妻の人柄ね……凄く好き。いきなりリラックスしちゃう。
店のお客さんたちもとてもフレンドリーです。 アッと言う間に話の輪が広がります。
複数人で行くとカウンターのあっちとこっちに話し掛けられて別々に盛り上がっちゃう(笑)
この日も僕は専門の薔薇の話から青い薔薇について盛り上がり、
あけはあけで昔の職業柄、プロレスの話で盛り上がり……(笑)
そうそう、あけの熱ぅ〜いジットリとした脅迫の視線で、
隣のお兄さんがピザをお裾分けしてくれました。
あけのそういう恐喝……じゃない、恫喝……じゃない、おねだりの才能って凄いです。
今回は名物のラクレットはポテトで。ほっけのスティック、紅豚(レットン)のステーキなど。
秋は難しいかも知れませんがまた来年の夏再び!

e0044929_21214114.jpg
e0044929_21212690.jpg
e0044929_21212440.jpg
e0044929_2121104.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

その日のランチをしたのが「十勝ヒルズ」の中にある「レストラン・ヴィーズ」。
ここは有り得ないほどリーズナブル&美味!
メインを1品選んで、前菜は取り放題のビュッフェ・スタイルでした。
取り放題……ウゥ〜む、危険な響き(笑)
デザートは全て食べ尽くすあけみたいなヤツがいるから1人3つまで。
メインは僕が山芋のグラタンを、あけはビーフシチューだったかな?
山芋のグラタンは思いの外、チーズのコクがあって濃厚でした。
やっぱりこう言う時ってお里が知れちゃうのね。
あけも僕も決してお上品なグルメじゃないの(笑)
まぁ、持つところが見えないくらいに料理を皿に盛り(笑)
食べ終わった時に積まれた皿の山、山、山……。
勿論、僕の周りは綺麗サッパリで、あけの方に空いたお皿を積みましたけど……。
ほほほほほほほほほ♪ ホラ、僕っていつも綺麗、綺麗でいたいから。

e0044929_21233267.jpg
e0044929_21231021.jpg
e0044929_2123456.jpg
e0044929_21233793.jpg
e0044929_21233222.jpg
e0044929_2122304.jpg
e0044929_21215850.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

2日目のランチは去年のディナーで大感激した美瑛の「レストラン・アスペルジュ」……。
兎に角、野菜が美味しいの!僕、肉も好きだけど野菜にはウルサイ(笑)
そして見た目も美しく、値段もリーズナブル。
綺麗に磨き上げられたガラスの向こうはアルケミラモリスが美しく咲き、
芝の上を小鳥がチョコチョコ歩き、蝶が飛び回ります。
地の野菜をタップリと使った料理は味付けが控えめで野菜の甘みがタップリ。
サラダもボーリュームあるし茹でたアスパラガスと皮を使ったソースの妙。
アスパラガスは一人2本。茹であげられた太いアスパラガスがグラスに入ってきます。
メインは鶏にお米を詰めたものと玉ねぎの付け合わせ。
付け合わせが色鮮やかな鍋に入って別々に出て来るって見た目も楽しいですよね。
デザートは甘いものをスッカリ食べなくなった僕には好ましい一皿。
但し、マッシュポテトのカプチーノ仕立て……。
このカプチーノ仕立てってどうもダメなんです。
流行って何年も経ちますが、何となく汚く感じるのは僕だけでしょうか。


なんだかね、飛行機飛ばして北海道に来て良かったって思っちゃうの。
地産地食……地元で獲れた食材を地元で食べる贅沢。
共通して言えるのはそれぞれの料理がとても薄味なのね。
素材の味そのまま……丁度いい歯応えに甘い甘い素材の味。
スグまた来たいと思っちゃいます(笑)
この秋はチョッと福岡かもしれないので無理ですが、
来年の夏は既に計画が着々と進行しています(笑)
それとも「プチ・プレジール」のためにだけ一泊で行くか……。

この3つの素敵なレストランが僕のプロデュース。
最後の晩のディナーは真のグルメでいらっしゃる、
あけ大先生さまさまのプロデュースでございます(笑)
その辺のドタバタは矢張り番外編にて……驚愕の事実発覚です(笑)請うご期待!


2013年7月22日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2013 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2013-07-22 00:00 | バベットの晩餐会。