匂いのいい花束。ANNEXE。

靴とカメラは……。

e0044929_15152310.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 「靴とカメラは重たい方がいい……。」

僕の持論です。

なぜなら靴は重たい方が綺麗に歩けるから。
カメラは重たい方がブレずにいい写真が撮れるから……です。
勿論、ある程度って言う意味ですけどね。
世の中、靴とカメラに限らず何でも軽量化、軽量化と,
メーカーをあげてしのぎを削っていますが、それってチョッと違うと思うのね。

僕、スニーカーは別ですが、革靴、特にブーツはパリでしか買いません。
ほほほほほほほほほ ♪ 別に気取っている訳ではないんです。
「Jean-Baptiste Rautureau」の木型が僕の足にピッタリだから。これもイヤミに聞こえるかな。
「Jean-Baptiste Rautureau」の靴は買ったその日に一日中歩いても何ともありません。
これ非常に大事ね。 パリに着くと取る物も取り敢えず、
鞄を借りたアパルトマンに放り投げて4区の店に走ります。
店が開いていれば暫しウットリと見せて貰い、
閉まっている時はガラスにへばり付いて店内を観察(笑)
スニーカーはアディダス、ナイキ、パトリック……たまにコンバース。
今はスッカリ影を潜めましたが、所謂、ハイテク・スニーカーは苦手。
スラリと細身の形が好きです。 色はやっぱり白と黒かなぁ……あと赤とか。
先が丸く潰れたハンバーグみたいなヤツは死んでも履きません(笑)
あと穴がボコボコ開いたプラスチックのサンダルもイヤ。
あれ履いて電車に乗れる人の神経が分からない……。
僕、ハンバーグみたいな靴しかなかったら家を一歩も出られないかな(笑)
パトリックはチョッと無理して一番大きなサイズでギリギリ入るのですが、
矢張りあのスラリとした形には勝てません。


カメラに限らず、僕、機械にはそんなに興味ないのね。
単純に何かをするための道具だと思っているから、
最低限の機能が付いていればいいし、要はそれを如何に使いこなすかだと思うから。
従って次々に出る新製品には全く興味がありません。
第一、使いこなせない機能が盛り沢山だし(笑)
買う時は、その時に買える一番いいものを買って大事に大事に使います。
よく薔薇のマダムたちが僕のカメラを触りたがりますが、持たせてみると開口一番、

 「重ぉ〜い!」

そうなんですよ。フィルム・カメラもデジタル・カメラも、
ボディが金属で出来ていますからね!
その割りには皆さん、長玉(長いレンズ)を付けた、
ゴツいカメラ持っていますよねぇ……不思議。


写真は去年の北海道旅行の時の写真。
慣れないオリンパスのカメラ……知らない内にシャッター押しちゃったんでしょうね。
車の中で偶然、何故か撮れていた1枚。お気に入りのアディダスのスニーカーです。
この時はまだ何でもなかったのですが、
キクちゃんとこうちゃんにバリバリにされちゃいました(涙)
迷ったんですけどね……今回の北海道、ボロボロを履いていくか、
それとも新しいものを買って履いていくか……。
結局、履き慣れたボロボロを選びました。北海道では歩きますし、
新しいスニーカーでマメでも作ったら厄介だし、
どうせ旅の道連れはあけと後輩だし……気取っても仕方ないですもんね(笑)


2013年7月25日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2013 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2013-07-25 00:00 | 旅の栞。