匂いのいい花束。ANNEXE。

悪質だなぁ……。

e0044929_1546153.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

今日の写真はある晩の我が家のメイン・ディッシュです。
他に前菜として山盛りの野菜サラダ、
ご飯炊いてスペイン産のカバ用意して……。

友人が遊びに来ると言うので奮発してそこそこいいステーキ肉を買いました。
チョイ奮発して大好きな浅田真央の応援ね!NHK杯でしたから。
さて、スーパーに買い物に行きましたが、国産のブランド和牛だと、
1枚2000円以上するのでオーストラリア牛で我慢です。
オージービーフ、いいですよね。上手に焼けばさほど差はないものね。
付け合わせは北海道産のじゃが芋で作ったグラタン。
千葉県産のブラウン・マッシュルーム、僕、ホワイトよりブラウンが好き。
なくてもいいんだけど彩りで神奈川県産のトマト、
国産と行きたかったけれどなかったのでサンキストのレモン。
山盛りサラダで使った静岡県産のクレソンの茎……勿体ないですからね。
僕等、命あるものを食して生かして貰っている訳ですから、
米一粒、無駄にしたくありません。

じゃが芋のグラタンのレシピですが、
5ミリくらいの厚さに切ったじゃが芋をスペイン産のオリーブオイルでソテー、
青森産のニンニクのみじん切りを加え塩、胡椒します。
塩は赤穂の塩、胡椒はスペイン産の黒胡椒をその場で挽いて使います。
じゃが芋に火が通って透明になったら北海道産の牛乳を入れ煮込みます。
仕上げに高梨乳業の生クリームを入れ、水分が飛んでねっとりしてきたら、
オーブン用の器に移してイタリア産のパルメジャーノ・レジャーノ・チーズを、
タップリ上に擦り下ろしオーブンで10分ほど焼きます。
ニンニクですけど、僕、死んでも中国産は買いません。
口に入るもの……韓国産と中国産は極力排したいです。

さて、真央ちゃんが危なげなく優勝し、微酔い気分でお開きと相なりましたが、
何故、わざわざ食材の産地を書いたかというと、
最近、世間を賑わせていますねぇ……食品の誤表示問題。
ブノワ。さん、チョッと頭に来ているのね。
頭に来ていると言うか呆れている?やっぱりという気持ちの方が強いかもしれません。
元々、そういう表示にはあまり関心はないし、
やっぱり安い値段なのに高級食材使っている訳ないと思っているから。

しかし、出て来ますねぇ……次から次へとこれでもかって。
これ、誤表示ではありませんね。ウッカリ間違ったんじゃない。
そこには高級食材と表記して消費者をダマし、
商品単価を上げて不法な利益を得ようとする魂胆見え見え。
誰だったかそこで「販売戦略」って言う言葉を使った人がいましたが、
「販売戦略」じゃなくて立派な詐欺ですね。犯罪だよ。非常に悪質です。
これを名立たる高級ホテルや日本を代表する百貨店がやった……問題は大きいです。
中には「他でもやっているのに……。」とか、「何故、我々だけが?」とか、
「食べて分からないのは客が悪い……。」とかね。 心の奥底にこの考えがある。
反省の色が微塵も見えない。隙あらばまたやってやろう……くらいな勢いじゃないですか。
これらの店やホテルの存在価値は、高価だけれどいいものを客に提供して、
客を導く、言わば、文化の担い手でもある訳です。
それをどこで道を誤ったかねぇ……拝金主義の塊じゃない。
真面目にやっている人たちが可哀想ですね。
これからは誰も信用しないですもんね。

例えば、海老に限って言えば、
ブラックタイガーなどを車海老と偽って客に提供することにより、
一皿200円から300円くらいを料金に上乗せしている訳。
これを何年間にも渡って平然とやってきた訳でしょう?
これを誤表示と言い逃れする面の皮の厚さ(苦笑)
高級感を笠に着た詐欺師の集まりじゃない。罪は重いです。



数年前のこと、雪印食品の事件がありましたよね。
僕、あれ以降、雪印の製品は一切買っていません。
子供の頃から乳製品は雪印と信じて買ってきた消費者を騙した。当然の結果ですよね。
明治でも森永でもなく乳製品は雪印……神話は見事に崩れ去りました。
バターが品薄で雪印のバターしか売ってなかったらバターは買わない。
食べなければいいんですから。そうそう、不二家ももう2度と買わない。
船場の吉兆が客の残飯を次の客に洗って出していた驚愕の事件がありましたよね。
これ凄いなぁ……葬儀屋が菊の花を次に使い回すのとは訳が違うじゃない。
少なくとも1回、客の前に出されて箸つけたものでしょう?考えただけで気持ち悪い。
結果、廃業でしょう? つまりは消費者を騙すってそう言うこと。
偽装する店では買わない。ホテルで食事はしない……いやいや、泊まらない。
その位のことをして当たり前、もっと強硬手段に出たっていい、当然です。

震災以降、厳密には福島の原子力発電所の問題があってから、
皆、食品の産地にはとても神経質になりました。
僕はアバウトな人間だし、大変な思いをしている人たちの助けになればいいと思う方なので、
店頭に並んでいるのであれば、なるべく福島周辺のものを買うようにしています。
並んでいる=安全基準を満たしていると考えるから。
「バカだなぁ」って思う人もいるだろうけれど、
自分が食べているものが絶対に安全と考える方が愚かです。

 「アタクシは九州と北海道のものしか買わないの!」

自慢げに言っている人を知っていますが、
それって八百屋の段ボールに書かれた産地表示だったりする訳で……。

今回の事件で食の安全神話が根本から崩れ去ってしまった。
これから先、一体、何を信じたらいいんでしょうね?
産地なんて如何様にも書けるものね。

それから僕達の悪いクセなんですが、簡単に肩書きに騙される。
何でもそう、肩書きで人を見誤り、メニューのインチキ表示で安い食材を、
いかにも珍重な食材であるかのように有り難がって食し……。
ツバメの巣は春雨で水増しされ、松茸だってフレーバーが物凄く優秀なものが出ている。
まんまと騙される僕等も阿呆だけど、それを厨房から見ている、
訳知りの調理人の知らぬ存ぜぬのほくそ笑みが怖いです。
嘘の表示を有り難がって食べている客をどんな顔で見ていたんでしょうね。
つまりは料理人を含む会社側も悪質だけれど、
僕等もブランドに目が眩む阿呆だった……。
お金を返す返さないの問題も出ているらしいけど、
高い授業料を払ったと思って諦めましょう。
騒ぐのは愚の骨頂、恥の上塗りです。

日本人ってもっとマシなのかと思っていましたが、
なかなかどうして、腐ったミカンの集まり?
誰だっけ……「エビはエビでいいじゃん!」って言っていたのは(笑)
確かにね!エビのお高いお安いで死ぬことはないけれど、
JR北海道のデータ改竄は怖いなぁ……生死の問題だものね……。


2013年11月19日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2013 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2013-11-19 00:00 | バベットの晩餐会。