匂いのいい花束。ANNEXE。

黒豆が飛んだ!

e0044929_16124297.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

この時期の朝の5時はまだまだ真っ暗です。
どうかな……と、思いつつ玄関に行くと、
玄関ドアの磨りガラスごしに小さな黒い影がうっすら……。
黒豆が朝ご飯を食べに来ていました。ホッと胸を撫で下ろす瞬間。

5月にお星さまになったカトリーヌと違い、
黒豆がご飯にやって来る時間はまちまちなんです。
しかも、朝は遅く7時頃(僕、出掛けちゃう)
夕方は早くて4時頃にフラリとやって来ます。
しかも、その時間はアバウト、大体の時間で、いつも気紛れ、
バラバラなんです。雨風が強いと来ないしね(苦笑)
その点、カトリーヌはキチンとしていました。
朝は4時、夕方は5時からジィ〜っと玄関先で、
辛抱強くご飯が出てくるのを待っていました(笑)
どんなに寒くて暗い冬の朝でも4時に。
僕が仕事で遅くなっても、7時でも8時でも玄関周りで僕の帰り
(と、言うよりご飯が出てくるのを……。)を待っていました。
もうね、カトリーヌにとつて、ご飯は一日の最重要課題だったから(笑)
雨が降ろうが槍が降ろうがご飯が出てくるまでジィ〜っと待っていた……。

なかなか黒豆に定期的にご飯をあげられないでいます。
でもね、フと思ったの。以前お見せした玄関の廂上の黒豆の写真。
黒豆はここにいることが多いんです。だったらここに器を置いて、
時間に食べに来なかった時や、夕方、仕事で遅い時、一回、帰れない時、
多めにご飯を入れておけば自由に好きな時にご飯が食べられる……。
僕も来るか来ないか当てにならない黒豆のために10分あれば、
一旦、帰宅していた習慣を止められる……。
なかなかいい案に思えたんです……。


が!……話を一番最初に戻すと、
磨りガラス越しに見えていた食事中の黒豆。
僕、玄関框の横に置いてあったペットボトルを足で倒しちゃったんです。

 「バンっ!」

大きな音!ガラス越しに一瞬の緊張が走り、
ビクッとした黒豆が……バサバサっと飛び去ったのです!(驚)
バサバサバサ……って!
もう、ブノワ。さんの頭の中には、
渡辺真知子の「かもめが翔んだ日」のサビのメロディーがリフレイン(笑)
♪黒豆ぇが翔んだぁ、黒豆ぇが翔んだぁ……♪

 「黒豆よ……お、お、お、お前は悪魔の化身だったか!」

ンな訳もなく、羽根が生えていた訳でもなく(笑)
黒豆だと思っていたのは、な、な、な、なんとカラスだったのです。

廂上に置いたご飯……これもねぇ……。
ご存じの通り、僕の仕事は休みと時間がまちまちなんです。
日中、家にいることも多い……ある日のこと。
一階で本を読んでいると、目の端に何やら動くものが……。
はっ!あの赤茶色い影は……そうなんです。最近姿を見かけないと思っていた泥棒猫。
黒豆のご飯をくすねに来ていた赤毛のブタ猫じゃありませんか!
顔は上田吉次郎似(笑)丸々と太り、普段から大根ほどもある、
立派な尻尾を揺すって一階の出窓の横にある塀の上を歩いています。

 「もしかして!」

慌てて外に出てみると、やっぱり&案の定&思った通り、
廂上でガツガツ黒豆のご飯を食べているではありませんか(怒)
もうここにはご飯を置けない……脚立に乗って諦めて玄関先に器を下ろして、
フと前のお母さんの家の門扉のところを見ると……。

最近、近所で話題になっている仔猫……。
キジ虎&白の生後半年くらいのチビ猫がこっちを見ているではありませんか!
一体どこの子?可愛らしいしお腹すかせているのは可哀想だけど、
次から次へと現われる野良猫の面倒を見る訳には行かないし、
これはこれで、また避妊&去勢の手術等の問題も出てきましたが先ずは黒豆!
カラス、ブタ猫、仔猫……。
黒豆のお食事を虎視眈眈と狙う敵が3匹(羽)も!

ボンヤリ&ウッカリな黒豆。
果たしてご飯を安心してゆっくり食べられるのでしょうか?(涙)


2013年12月1日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2013 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2013-12-01 00:00 | 猫が行方不明。