匂いのいい花束。ANNEXE。

プラダを着た悪魔、京都に行く。

e0044929_1741962.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 「nるるるる……。」

きんが午睡からパッチリ目が覚めた(笑)
よっこらしょと重たい体を持ち上げて、お気に入りの段ボール箱の中から飛び降りる。
箱の中には毛だらけになったタオルとTシャツが入っています。
フと覗いて見ると、下にチョコレート色の物体を発見……。
引っ張りだしてみると、な、な、な、なんと!
随分前に親友がウチに忘れて行ったプラダのコートが、
クッシャクシャになり小さく丸められて、
毛だらけ状態で一番下に入っているではありませんか……。
パンダの段ボールに入っているということは、
4年以上前に前のマンションで行方不明になったコート(笑)

 「ウフフフフ……やったね(笑)」

丁寧に猫の毛を取り、蒸気をあてたり濡れたタオルでシワを伸ばし、
乾燥させて、まるで新品のように復活させました……いただき!(笑)
e0044929_1755136.jpg
e0044929_1751111.jpg
e0044929_1753136.jpg
e0044929_175173.jpg
e0044929_1745170.jpg

美しく再生なったチョコレート色のプラダのコートと、
燃える紅葉のようなオレンジ色のニットを着て行ってまいりました。
錦秋の京都……口の悪い友人は僕のことを「プラダを着た悪魔」と言います(笑)
そうです、プラダを着た悪魔、京都に行く……です(爆)

朝、早い新幹線で京都入り。名古屋まではよく来ますが京都は久しぶりです。
先ずは大事な仕事を片付けなきゃね!
駅にはお得意さんが出迎えてくれていました。
早速、車で移動して仕事に移ります。 1日24時間、
こればかりは金持ちAさま、貧乏Bさま、時間だけは平等、
人類皆平等に限られているし有効に使わないとね。
午前中の決められたアッと言う間にタイムリミット。
1回じゃ決まらないこともあったけど、収穫大、
なかなか実り多い時間を過ごしました。

さて、仕事が終わったからには遊ばなきゃ!(笑)
今回の京都訪問のもう一つの楽しみ。京都在住の親友との再会。
それからブログでいつも良くしてくださっている大阪のマダムとのデート……。
別々に会う時間はありません。いいよね一緒で、2人とも僕の友人だもの!
京都駅で待ち合わせたんですが、な、な、な、なんと!
親友がフィアンセを連れて来ていました。可愛らしいお嬢さん!
だけどしっかり者と見た!(笑)これで親友の行く末は安心です。
4人揃ったところで一先ずランチ。美味しいうどんに舌鼓を打ち、
一路向った先は洛西の「まつおえんげい」です。
僕ね、「まつおえんげい」は初めてなんです。
京都に行く時に何度かトライしてみたんだけど、なかなか時間が取れず断念……。
友達の話はよく聞いていますからね……もう、行きたくて行きたくて。
e0044929_1741788.jpg
e0044929_1731339.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

オーナーの松尾さんに色々と案内して戴きました。
お忙しいのに時間を割いてくださって恐縮です。
松尾さんっていつも温度が一緒なのね。怒ることってあるんだろうか?(笑)
併設されているカフェ「ログハウス」で美味しいワッフルと紅茶に舌鼓。
寛ぎながら賑わっている店内を見渡すと、
スタッフの皆さんが笑顔でテキパキ働いています。
僕ね、随分前に行った勝沼のワイナリーを思い出しちゃいました。
ドライブの途中で偶然見付けて立ち寄ったワイナリー。
オーナー自ら丁寧な案内をしてくださり、
試飲のワインはプラスチックじゃなくてちゃんとガラスのグラスだったのね。
お話しを伺い、ワインを試飲しながら外を窺うと、
楽しそうな笑顔で和気靄々と働くスタッフの姿が見えました。
凄く働きやすそう……当然、そのワイナリーのワインは驚くほど美味。
仕事って商品に表れますよね。つまり働きやすい環境はいいものが出来る!
同じようなことを「まつおえんげい」にも感じるんです。
スタッフの皆さん凄く楽しそう。働きやすそうな店内で扱っている苗は、
どれも一級のメンテナンスがなされています。

さて、手ブラで帰る訳がありません(笑)
今回、僕が買ったのはイングリッシュローズの比較的新しい品種を含む5本です。
勿論、河本純子さん作出「まつおえんげい」のオリジナルの薔薇「Réveil」もね。
念願の「まつおえんげい」初ランデヴーのマダムも楽しんでくれたみたいで何よりです。


今日は写真少ないです。
僕、あまり紅葉って興味ないの。勿論、綺麗だとは思いますけどね。
京都らしい風景もゼロ。このブログ始まって以来の菊の巨大輪がトップです(笑)
菊の花と紅葉の写真はあっちゃんには敵わないや……(苦笑)
黄色い菊はあまりにも美味しそうだったから!好評だったPhotographie Noireでどうぞ!


2013年12月4日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2013 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2013-12-04 00:00 | 旅の栞。