匂いのいい花束。ANNEXE。

黒革の手帳。

e0044929_16104949.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

美容師で親友のTが何やら浮かない顔で席に戻ってきた。
まだ寒い2月、いつも皆で集まる三軒茶屋のスペインバルでのこと。
Tは最近、日本中でそうであるように喫煙者として肩身の狭い思いをし、
店の外までタバコを吸いに行って戻ってきたのでした。

その不機嫌の訳を聞いたのは随分と後のことです。
次にバルに行こうという話が持ち上がった時のことだったかな。

 「僕、あそこにはもう行かないよ。」

珍しくキッパリ言い放つTの頑なな顔を見、理由を聞いてみる。
あのタバコを吸いに外に出て、戻る時に聞いてしまったのだそうです。
背が高く、ハンサムで感じのいい店の店長とカウンターにいた女性客の会話を……。

 「あそこのテーブルの綺麗な方たち、モデルさんか女優さんですか?」

 「あぁ……違います。ただの客です。」

笑っちゃいました。他に言いようがありますよね。
「あ、違うみたいですよ。でも本当に綺麗な方たちですよね。」とか。
因みにその綺麗な方たちとは、上田城址公園の広場で、
テキヤのお兄ちゃんに声を掛けられた例の美女たちのこと(笑)

あの時のTの浮かない顔の理由に合点が行き、
実は僕もあの日、違う理由でヘソを曲げていたことを思い出しました。
いつも感じていたんですが、僕らはそのバルの客層よりチョッと年齢が高めだったのね。
でも、こっちは客です。遠慮する必要はどこにもないのだけれど、
そこは気遣いの人ブノワ。さん(笑)いつも開店の6時に行って、
混んでくる9時頃にはおいとまを……そんな感じでした。
いつも大人数で閑古鳥が鳴く時間帯に飲んで食べて……いい客だったと思います。
あの日、9時頃に店長がテーブルにやって来て一言……。

 「9時30分に団体の予約が入ったんですよねぇ……。」

はいはい、そろそろテーブルを明けろって?僕、ヘソ曲げちゃいました。
いつものようにそろそろ帰る時間帯なのは承知しているハズだし、
既に、皆コーヒーを飲んだりしていた訳だからそろそろ帰る時間だと分かるハズ。
それに団体が店に入って来たら気を利かせてテーブル譲るでしょう?
何も分かっていない。この2月以降、そのバルには一回も行っていません。
そのバル、僕の「黒革の手帳」に載っちゃったの(笑)

僕に黄色くなったクレソンを6把纏めて300円で売り付けようとした八百屋。
前に記事にしましたよね。開店当時は随分、売り上げに貢献したし、
(一日1500円〜2000円使っていた。)お気に入りだったんですが、
冷静に考えてみれば、結構お高いし、
八百屋のクセに黄色くなったクレソンを売り付けようとするとは!
僕の「黒革の手帳」に載っちゃったの(笑)
一度「黒革の手帳」に掲載されると二度と行かなくなります(笑)


友達関係もそう。
自分が困った時にしか連絡を寄越さない調子のいいヤツ。
平気で嘘を吐くヤツ。ドタキャンの常習犯。お金に綺麗じゃないヤツ。
それからメールや何かの返事が遅いヤツ(笑)
こっちが丁寧なメール送っているのに返事が遅いヤツ、返事も寄越さないヤツ!
一体どういうこと?僕は返事をする価値もないのかな?(苦笑)
文中に質問事項を書いてあるのに返事がないと非常に困惑します。
前に書きましたがメールの返信は一両日中に……ギリギリの許容範囲です。
これは便利だからこその約束ごとだと思います。
即答できない時は、一旦「確認しますからもう少し待っていてください。」
一度、メールで状況を伝え時間の猶予を貰うのが当たり前です。
皆、いい年の大人なんですからね。
そのクセ、facebookやツイッターに有り得ないほど書き込んでる(笑)
全員「黒革の手帳」掲載です。そうして、そいつの株価は下がり、
いつしか「お友達」のリストから落ちちゃいます。

人生もう半分ですからね。面倒臭いことは極力避けて通りたいし、
気の合った仲間と楽しい時間を過ごしたい……人情です。


今日の写真は黒革の手帳ならぬ僕のスケジュール帳。
ここ数年お気に入りでこのシリーズを使っています。
見開くと1ヶ月が丸々見渡せるので都合がいいです。
難を言えば一週間が日曜始まりなのね……これはなかなか馴染めません。
え?僕の黒革の手帳はどこに?それはね、ここここ!
僕の胸の内に仕舞ってあるのさ!(笑)


2013年12月8日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2013 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2013-12-08 00:00 | 向き向きの花束。