匂いのいい花束。ANNEXE。

猫ちゃん、アナタは何を見上げているんですか?

e0044929_8362052.jpg

拝啓

Dさま、その後如何お過ごしですか?
先週は忘年会の幹事、ご苦労様でした。
お陰さまで素敵な一時を過ごす事が出来、皆、大層喜んでいます。

さて、Dさんはジャン・コクトーがお好きなんですってね。
隣のAさんとお話ししているのをチョッと小耳に挟んじゃいました。
今日は先日のお礼にジャン・コクトーの猫の写真を同封しますね。

この写真は、10月にパリに行った時に足を伸ばして訪れた
Milly la Fore と言う小さな村にある、ジャン・コクトーの礼拝堂の猫です。
この村には、晩年のコクトーが住んだ家も残されていますが、現在は非公開です。
礼拝堂は町の中心部から5分ほどの村外れにあります。
元々は、ハンセン氏病の患者のための病院の付属の礼拝堂でした。
今では病院は取り壊されて、礼拝堂だけがひっそりと残り、
庭には当時をしのばせる薬草が沢山植えられています。
ここにも、ターシャ・テューダーの庭にも植えてあった、
薬屋の薔薇の異名を持つ「Rosa Gallica Officinalis」が植えられていました。
礼拝堂の名前、「Chapelle St-Blaise des Simples」は、
その昔、薬草でハンセン氏病を治したと言われている St-Blaise に因んでいます。

e0044929_8365234.jpg
e0044929_837323.jpg
昼時で休憩に入ったのどかな村は殆ど人を見掛けません。ランチは、地元でも有名な、ホテル兼レストランの「Le Cygne」で、ツナのサラダとハムのステーキ、デザートには桃のシロップ煮を頼みました。サラダは野菜とツナ&マヨネーズ、ステーキはポテトがほくほくだった他は普通、デザートも大きい桃1個にしっかり種が入っていてご愛嬌……何の変哲もない昼ご飯ですが、数年来、ズゥ〜ッと訪れたかったMilly la Fore で、親しい友人と食べるランチは別格です。





時間は少し早かったのですが、プラプラと村を散策するつもりで出発です。
結局、礼拝堂には開門時間の1時間も前に到着(笑)友人は礼拝堂で一休み
僕は、その先の国立薬草園へ。旅先の親切に心暖かくして戻ってみれば
何と、こちらでもビックリする事が。入り口で待っていた友人に
ランチから戻って来たマダムが「アナタ、ずぅ〜っと待っているわねぇ
もし良かったら時間前だけどお入りなさい」と、声を掛けてくれたんだそうです。
しかも、30分も前ですよ!本当にフランス人は親切ですね。
念願叶って入る礼拝堂は静謐そのもの。床下にはコクトーが眠り、
祭壇の右側にはコクトー自身の写真、左側には、最愛の人ジャン・マレーの写真。
そして、手前のケースには、生前、何よりも手が美しく写っている事に執着していた
ジャン・コクトーらしく肘から先の腕のオブジェが飾られていました。
礼拝堂内には、コクトーが描いた薬草が天井まで線画で伸び伸びと描かれ、
ジャン・マレーのナレーションが静かに響き渡るのでした……。
愛情の形は人それぞれです。死んでなお、愛する人と一緒にいられるのは
これ以上ない幸せの形なのではないでしょうか。

さて、この猫ちゃん、祭壇から入り口を見て右側にいました。
猫好きらしいジャン・コクトーが描いた可愛らしい猫です。
下から飼い主のコクトーを見上げているようで微笑ましいです。


敬具

2005年12月11日


ブノワ。


[Jean Cocteau (1889~1963)]
[Jean Marais (1913~1998)]
[Chapelle St-Blaise des Simples/01 64 98 84 94]
[Le Cygne/22, Place du Marche 91490 Milly la Foret/01 64 98 80 48]
[PR]
by raindropsonroses | 2005-12-11 00:00 | 旅の栞。 | Comments(18)
Commented by Lapislazuli at 2005-12-11 02:00 x
桃のシロップ煮!
どんなお味でしたか?
自宅で再現できる、そんな料理でしょうか。
もし、再現できたなら……呼んで下さいまし。
Commented by 紗季 at 2005-12-11 06:17 x
猫ちゃんの記事、待ってました!
ブノワさんのおっしゃる通り、同じ場所を訪れていても、気がつく点、感じる視線は、違うものですね。
ほんと、この猫は何を見上げているのでしょうね。この上目遣いな猫を見ると、見ている私達の視線も上に向かいますものね。壁に近づくと、自分を見上げてくれているような気もするし(笑)
それにしても、レストランのお料理、美味しそうですね~。私達もここにすれば良かった…。ってことで、またこの街へ行くことにしました(「食いしん坊バンザイ」です・笑)。
Commented by raindropsonroses at 2005-12-11 10:30
Lapislazuliさんへ。
おはようございます。桃はちょっぴりシナモン風味のソースが掛かっていました。下にはパイが敷いてあって……自宅では再現したくないかな(笑)桃の缶詰を開けて生クリームでも添えた方が簡単でいいです(笑)

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2005-12-11 10:36
紗季さんへ。
おはようございます!
本当、面白いものです。この時も同じものを見ているのに友人と僕ではまったく感じ方が違う訳ですし、紗季さんの記事を読んでも「あぁ、そうだったのか……」なんて(笑)猫の視線の先にはキリストがいますね、天使と一緒に。確かそうだったと思います。
レストランは普通でしたが(笑)繁盛している所を見ると、地元でも有名なレストランなんでしょう。今度は何時、訪ねるのですか?矢張り、暖かくなってからでしょうね……今度は、お互い日曜日は止めておきましょう(笑)

ブノワ。
Commented by しん at 2005-12-11 14:24 x
ブノワ。さん
ジャン・コクトーが亡くなってから、かなり月日が過ぎましたがいまだに
その影響力は大きいみたいですね。私もコクトーの描く絵が好きで
昨年まで絵を壁に飾っていました。その絵も猫ちゃんがモチーフでした。
また、絵を引っ張り出そうかしらん?と思いましたが・・・
大掃除の日まで待つことにしました。だって、ほら?小掃除は好きだけど何度も大掃除なんてしたくないですもん(笑)
Commented by raindropsonroses at 2005-12-11 15:07
しんさんへ。
こんにちは。東京は寒いです(笑)
僕は例の黒い虫のように活動中止(爆)さて、ジャン・コクトーは、しんさんの仰言通り影響力大みたいですね。この日も、生前、彼が住んでいた館には観光バスで団体が見学に来ていました……中は見られないのに(笑)
コクトーは猫と一緒に写っている写真も多いですよね。シャムだったかな?絵は是非、復活させてあげて下さい。掃除が嫌いなのは僕と一緒ですね(笑)猫の巣窟と化した部屋より……。

ブノワ。
Commented by 薔薇の精 at 2005-12-11 17:24 x
随分ご無沙汰いたしました
ブノワ様のご活躍の様子などはN様より頂戴したブログのコピーや
A様より度々お話が伺え楽しんでおりました
今日より毎日美しい写真やお洒落なコメントを楽しみにしています
Commented by ojou at 2005-12-11 19:05 x
桃かぁ。←あぁ、すぐに食べものに食いつく私…。やわらかい果物の火を通したヤツって苦手だなー。りんごとかなしとか堅い果物に火を通したヤツってあんなにおいしいのに、ずいぶん違いますよね。
コクトーのネコ、顔がすごくいいですね。どんなに上手な画家でも、なかなか「目」を決めるのって難しいはずなのに。この上目遣いの視線といいバランスといいステキ&かーわいいー!ということは、コクトー氏、だいぶネコ好きなのですね。
Commented by raindropsonroses at 2005-12-11 23:17
薔薇の精さんへ。
こんばんは。お元気でしたか?
ようやく中世の暗黒時代を抜け出られましたね?(笑)
皆さんがそんなに迄してこのブログを応援して下さっているかと思うと、とても嬉しく思うとともに、これからの大変な励みになります。
書きたい事は、一年が700日あっても書き足りないほどあるんですが、果たして、悲しいかな文章力と、そう、写真の質も追いつきません。でも、これからも頑張りますからご贔屓にして下さいね。ヨロシクお願い致します。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2005-12-11 23:22
ojouさんへ。
こんばんは!花よりダンゴ?でも、三国一の美女と言われているojouさん、お元気でしたか?
実は、僕もこの桃は苦手でした(笑)ピーチ・メルバの麗しいお姿が頭の上をグルングルンまわっていたんですが、想像していたものとはチョッと違っていました。スーパーの安売り100円の桃缶の方が良いかな(笑)
コクトーは猫キチみたいですよ。猫と一緒の写真が沢山残っています。この猫の目、よく、小さくて安いオモチャについている半球の中にクルクル動く黒い小さなタマが入っている奴に似ていませんか?(笑)

ブノワ。
Commented by Brighton Rock at 2005-12-12 01:09 x
ジャン・コクトーがこんな可愛い絵を描く人とは知りませんでした。まるでマンガに出てくる猫のようです。手先が鳥の足みたいのもご愛嬌です。
下の”何の変哲もない昼食”写真、イギリスでも見かけそうな、その色の地味さ、なんだか懐かしく思いました。思わず味を想像してしまいました。桃のシロップ煮とステーキのソースが同じ色! 日本食のような”彩り”には程遠いけど、食べると結構美味しいんじゃないですか?
Commented by raindropsonroses at 2005-12-12 01:26
Brighton Rockさんへ。
今、その味を反芻していました(笑)
まさか、同じソースって言う事はありませんでしたが、桃はもういいやって感じで、ハムのステーキは量で満足かなって感じ(笑)ポテトが美味しかったです、ハイ。さすが農業大国フランス!
「イギリスでも見かけそうな、その色の地味さ」って言うと綺麗ですが、要するに、「色が悪くて不味そう」って事でしょう?(笑)
コクトーの猫だけは、他のデッサンなんかと違って、ちょっと別物の可愛さがありますね。かなり猫好きだったらしいですよ。

ブノワ。
Commented by Brighton Rock at 2005-12-12 01:33 x
>要するに、「色が悪くて不味そう」って事でしょう?(笑)
正直言うとそういうことです、ハイ。不味そうというか、大味そう?これもまた表現がキレイ過ぎる?
話は全然関係ありませんが、農業大国フランスという言葉から、過去のスズメの記事をふと思い出し、読み返してました。で、そこからまたまた友人に教えられた”スズメ三昧”というブログを覗いてきました。やっぱりいいですねぇ、日本のスズメちゃん!ブノワさんもよかったらチェックしてみてくださいね。
Commented by raindropsonroses at 2005-12-12 01:54
Brighton Rockさんへ。
イギリスよりはマシかと思いますが、それでもまだまだフランスの野菜の柔らかさはどうにかならないかと思います。柔らかいブロッコリーなんて食べられませんからねぇ(笑)それにしても、BrightonRockさん、贔屓の引き倒しですよ!(爆)
日本のスズメの方がコロコロしているように思うのは僕だけでしょうか?もっとも、種類が違いますからね……僕は、フランスのスズメを見て「不味そう!」と言った人を若干一名知っています(笑)

ブノワ。
Commented by ダヴィデ at 2005-12-12 13:52 x
ジャン・コクトーいいですよね〜僕も依然この教会に訪れました。コクトーが愛したジャンマレーの写真が綺麗に飾られていたのを、はっきり覚えています。フレスコ画もコクトーらしく、大胆でかつ楽しいものでした。入り口のこの猫には、びっくりしました。遊びすぎ?(笑)でもこの猫凄く好きです。
Commented by raindropsonroses at 2005-12-12 14:01
ダヴィデさんへ。
こんにちは。そうですか、この礼拝堂をご存知とは!
この村、日本人の観光客も多いらしいですね。観光案内で配っているパンフレットにも日本語で載っていましたから。
ジャン・マレーの写真は一瞬、何が何だか分かりませんね。上半身、裸のヌードでしたっけ……。この猫はオリエンタル系ですね。すらりとした体つきが特徴です。ウチのドテッとした猫達とは大違い(笑)

ブノワ。
Commented by artshore at 2005-12-14 02:32
はじめてパリに行ったとき、
ポンピドー・センターでコクトー展をやってました。
毎日することもなかったので、あのあたりを
よくぶらついてました。 ステーキの写真、食欲そそりますね。
当時はこういうのも高くて、めったに食えたかった。

Commented by raindropsonroses at 2005-12-14 10:38
artshoreさんへ。
おはようございます。コメント&トラックバックありがとうございました。僕のように、季節全く無視し、時事性もないブログはトラックバックされる事が殆どありません(笑)チョッと嬉しかったです。
ポンピドー・センターでコクトーですか……さぞかし大きな展覧会だったのでしょうね。パリでメニューが読めないと決まってステーキになります(笑)よく焼いて貰って食べれば一番安心ですから……。
また遊びに来て下さいね、お待ちしています。

ブノワ。