匂いのいい花束。ANNEXE。

アスペルジュ ブランシュ。

e0044929_165661.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

縁(えにし)とは不思議なものです。
京都と東京……遠く離れているのにしっかりと友情で結ばれているみたいです 。

この冬、11月下旬から2度ほど京都に足を運びました。
親友のKくんが念願叶ってビストロをオープンすることになったんです。
青天の霹靂、彼、ズゥ〜っと頑張ってましたからね。願いが叶いました。


めでたい、めでたい!
さて、どうする?お祝いは何にする?お手伝いしなくちゃね!
こんな時、力にならずしていつ力になる?(笑)

僕に出来ること……限られています。
世界でたった一つ、僕のオリジナルの書体でロゴマークをデザインしました。
誰でも頼まれればデザインする訳ではありません。
Kくんのビストロと親友Tが経営している恵比寿の美容院……。
それから僕の薔薇のシリーズのロゴマーク……今までにたった3点です。
京都ですからね、チョッとだけ和の雰囲気を筆記体に忍ばせてみました。
書道のあれこれ、ニュアンスを散りばめてみました。
それから、これは親友の美容室の時に懲りちゃったんですが、
ロゴマークのデザインのデータを渡して印刷などをする場合は問題ないのですが、
看板など、人の手でロゴマークを手書きをさせると、
とんでもない代物が出来上がってしまいます(笑)
似て否なるもの、全く別物になったりします。
仕方ないです……自分で書くしかありません。
……ってな訳で、足繁く京都通いと相なった訳です。
e0044929_16595347.jpg

店は町屋を改装した店舗を居ぬきで借りられたそうです。
内装は前の店舗のものをほぼそのまま使うので、僕の出番はありませんが、
出来る範囲でパリ好きのKくんらしい味付けをしましょうか。
僕のコレクションの中から、Kくんもパリ留学時代に通ったであろうパリの市、
福島金一郎の油絵「パリの市」を開店祝いにプレゼント。
あとはKくんの希望で、何点か僕の写真、フランスを旅した時に、
フィルムで撮った作品などを、イタリアやフランスのアンティークの額縁を使って額装。
フランスに因んだものと言うことで、レオナール藤田(リトグラフですけど)や、
ジャンセンの小品、パリの蚤の市で買った油絵などで飾ってみました。
なかなかいい雰囲気に仕上がりそうです。

トイレ脇の坪庭と、店の正面の植栽は「まつおえんげい」の、
松尾さんが直々に見てくださいます。なんと言う贅沢!


「アスペルジュ・ブランシュ」……12月15日(日)のランチからオープンします。
Kくんがフランス滞在時に身に付けた本場の味。
京都のレストランで培った日本人に合ったフランス料理の数々。
地の京野菜をふんだんに取入れた料理を是非お楽しみください。



縁とは本当に不思議なものです……。
一番最初はブログで知り合ったんでしたっけ……。
当時、僕が遊びにいっていた女性のところに「ブログ開設したで!」……とKくん。
お節介なので、始めたばかりのブログにコメントがあったら嬉しかろうと、
Kくんのブログにメッセージを入れたのが切っ掛けでした。
かれこれ4年近く連絡をしていなかったのに、
フと気になってメールしてみればこの嬉しいニュースです。
Kくん、ビストロのオープンを今では使わなくなった、
僕のパソコンの旧アドレスに送っていたそう……返事ありませんよね。
僕から連絡するなんて虫が知らせたのでしょうか?

コワイのは(笑)僕が「開店祝いは何がいい?」……と、聞くと、
待ってました!とばかりに僕が昔フィルムで撮った写真をご所望です(笑)
どれだろう?……もしかしてこれ?携帯のメールに添付してみると、

 「ドンピシャ!」

そう返事が返って来ました(笑)
もっとコワイのは(笑)僕のブログを見て欲しい写真を物色していたそうです(笑)
もう1枚、ロンドンで撮った紫陽花の写真も……。
ドンピシャの2枚の写真……以心伝心?(笑)
しかも、さらにコワイのは、まるで「飾って!」とばかりに、
お誂えむきに両方とも素晴らしい額装がしてあったこと……。

暫くは大変でしょうけど、真面目に汗して働けば必ずいいことがあります。
早く軌道に乗って「ブノワ。さん、これからはお代は戴きませんからね!」
……この台詞を聞いてみたいものです(笑)
e0044929_1658216.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

今日の写真は店の前で作業中の僕。何だか上半身しかなくてコワい写真(笑)
それから店に飾った小品3点。手彩色のヒースの版画に僕の作品。
それぞれイタリアとフランスのアンティークの額縁に入っています。
最後はKくんの得意料理、鴨のコンフィ。
これだけのコンフィは他ではなかなか食べられません。

京都の方も、旅行で京都を訪れた方も、
「アスペルジュ・ブランシュ」……ずずぅ〜いとご贔屓に!

 Asperge Blanche アスペルジュ ブランシュ
 〒600-8179 京都市下京区横諏訪町313-2
 Tel 075-352-4570
 火曜日定休、営業時間12:00〜22:00
 http://www.facebook.com/aspergeblanche



2013年12月12日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2013 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2013-12-12 00:00 | バベットの晩餐会。