匂いのいい花束。ANNEXE。

初ロンドンは休む間もない強行軍。

e0044929_1453047.jpg
拝啓

Rさん、その後お元気にお過ごしですか?
今年は未だ一度もお目に掛かっていないんですよ!
もう、新年会って言う時期ではありませんしねぇ……どうしましょう(笑)
ちょっと、当分の間予定が立ちませんので
お約束の写真を速達にてお贈りしますね。大きさは半切で良かったんでしたね。
お友達の結婚祝いに額付きでプレゼントすると聞きましたが、
この写真では暗過ぎやしませんか?まぁ、個人の好みもありますが……。

あれは何年前でしたかねぇ……僕がユーロスターでロンドンに遊びに行ったのは。
チケットはRさんに東京で手配して貰って、ファースト・クラスの旅でした!
車内で簡単な軽食とシャンパンのサービスがあったんですよ。
パリからおよそ3時間でロンドンのウォータールー駅に到着!
なぜかここで「♪チャンチャンチャンチャンチャン……ウォータルぅ!」と、
ABBAの曲を口ずさんでしまうのはご愛嬌として(笑)
Rさんに駅まで迎えに来て貰って2泊3日の強行軍の始まり始まりでした。

基本的に他力本願的な所がある僕は、
たった2泊だし、お金は1万円だけ両替して骨董市に備え、
食事は細かい所はRさんに出して貰い、カードがきく所は僕持ち……。
確かそんな具合でしたね。折角のロンドンなのに、なぜか初日の夕飯は
ホテルのベッドの上で買って来た焼きそばとお惣菜……。
まぁそれはいいとして、翌朝4時起きで向かった骨董市!
辺りは真っ暗闇で、何と皆さん、懐中電灯を持っての買物でした。
戦利品は、蓋がシルバーの香水瓶……思いの外ポンドが高いのにビックリ。
一旦、ホテルに帰って超不味いブレック・ファースト(笑)
なかなかどうして、噂には聞いていましたが、やっぱり英国の食事は不味い?
気を取り直して、朝靄がかかるハイドパークを散策ののち、
先ずは、何を置いてもナショナル・ギャラリーを見学。
当時、まだジェイミー・オリバー君が腕を振るっていたいたレストランでランチ。
彼は今、自分のレストランを持っているんでしたっけか?
午後は、テイト・ギャラリーを観てからお茶、金曜日だったので
午後遅くまで開いているナショナル・ポートレート・ギャラリーを見学……。

ナショナル・ポートレート・ギャラリーの素晴しさはまた今度お話しするとして、
その夜に食べたインド料理!この激マズ具合もまた今度と言う事にして(笑)
まぁ、よくぞ回りましたって言うくらいの超過密スケジュール。
こうして書いてみると、キングス・ロードから少し散歩して川を渡り
それから可愛らしい住宅街をプラプラした事がウソのように感じられます。
この写真を含めて、写真もかなりの枚数を撮って来ましたし、
一日24時間をフルに使ったって言う感じですかね……それにしても疲れた(笑)
この枯れた紫陽花の写真は、住宅街を歩いている時に発見し、
人様の庭に身を乗り出すようにして撮影した物です。怪しい人物?
まさにその通り(笑)この時はまだフィルムカメラを使っていたんでしたね。
何だか懐かしい一枚です。このカットは物凄いオーバー気味だったんですが、
ラボで思い切り露光時間を長くして貰って焼き付けました。
それが却っていい味になっている理由なんじゃないでしょうか?
一見、モノクロ写真に見えますが、冬のロンドンの空気感が素敵です。
ロンドンの写真、まだまだ沢山ありますから今度お見せしますね!
いい額縁が見付かるといいですね……よかったら紹介しましょうか?


敬具

2006年2月4日


ブノワ。


[ABBA (1974~1982)]
[Waterloo/恋のウォータールー (1974)]
[The National Gallery]
[National Portrait Gallery]
[Tate Gallery]
[Jamie Oliver/Jamie Oliver (1975~ )]
[PR]
by raindropsonroses | 2006-02-04 00:00 | 旅の栞。