匂いのいい花束。ANNEXE。

ただただ立ち尽くすばかり!

e0044929_747699.jpg
拝啓……Yちゃんへ。

お元気ですか。久し振りですね!
今日はYちゃんの誕生日ですね。誕生日おめでとうございます。
幾つになったかは聞きません(笑)妙齢の女性へのお約束事ですもんね。

なかなか会えないので、今日は僕のお気に入りの庭園の写真を同封します。
この写真は、去年の6月にパリに行った時、チョッと足を伸ばして行った
ノルマンディー地方はディエップの近く、車で10〜15分の所にある高級別荘地、
Varengeville-sur-Mer、ヴァランジュヴィル・シュル・メールと言う村にある、
世にも美しい庭園、「Le Bois des Moutiers」で撮影しました。
ここは、知る人ぞ知る、花好き垂涎の由緒正しい庭園なんですが、
入り口を入ってスグの所に白の花のコーナーがあります。
今日はそこの写真を中心に焼き増ししてみました。
一枚目の写真は正面玄関からの一枚です。実際の入り口はこの写真の左手にあり
受付を済ませ左手の生け垣の繰り抜いてある所からホワイト・ガーデンに入ります。
そこはまるで天国のようなコーナーで、ありとあらゆる白い花で構成されています。
e0044929_7473435.jpg
e0044929_7475723.jpg
メインは白い薔薇の銘花で、繰り返し咲き性に優れる「Iceberg」です。
幾何学模様に整えられたツゲの中に、細い竹を支柱にして優雅に咲き誇ります。
この辺りは、チョッと和の風合いも感じないでもないですが、
常に自分が一番の僕は(笑)「何ぁ〜だ、ウチの真似?」って思ってみたり(笑)
こうして見ると、「Iceberg」が蕾を房状にたわわに付けていて
長期間、繰り返し良く咲く品種だと言う事が分かります。
その他、紫陽花、アストランジャー、ルピナス、コスモス、秋冥菊……。
白、白、白、白、白い花ばかり!しかも不思議に他の色も感じる事が出来ます。
写真奥の邸宅の壁には白いクレマチス……一輪だけ残っているのが見えますか?
翌日、再度、訪れた時には散っていました(笑)
僕は薔薇以外の植物には疎いので良く分かりませんでしたが、
きっと植物好きのYちゃんなら気絶せんばかりだったと思いますよ(笑)
e0044929_7482753.jpg
e0044929_7484655.jpg
e0044929_749290.jpg
この驚くべき庭園を知ったのは、僕がパリに頻繁に行くようになった6年前、
偶然、本屋で見付けた稲葉宏爾さんの本「パリからの小さな旅」ででした。
この本は僕のバイブルで、常に持ち歩いた結果ボロボロなんですよ(笑)
この村は、パリからの足を考えると、なかなか日程的にも難しい事が沢山。
厳しい道程ですが、無理をすれば日帰りも可能なんです。
でも、折角ですからホテルに一泊してゆっくりしたいですもんね。
矢張り「パリからの小さな旅」に載っていた海辺のホテルにも泊りたいし……。
一度、この村を訪れる事がメインの旅の時に、ある事情でズッコケ。
2度目の正直で訪れて腰が抜け、この写真を撮った時が2回目の訪問でした。

これだけの美しい庭園を維持するのは並大抵の努力では出来ないハズ。
事実、訪問者が多い昼間にはあまり作業をしないみたいですが、
美しさの陰で、数多くの園丁さんがボランティアで働いているそうです。
一人、写真を撮らせて貰いましたが、この庭園に誇りを持っている様子が
手に取るように分かって、同じ植物を愛する者として羨ましい限りでした。

ここでも、働いている何人もの人達にとても親切にして貰ったんですよ。
ウチのベランダも随分と薔薇の新芽が伸びて来ました。
その話しはまた今度、薔薇見学の時にでもお茶でも飲みながらゆっくりと……。
また手紙を書きますね。お元気で!


敬具

2006年3月1日


ブノワ。


[Icebreg (F) Kordes, 1958]
[Koji Inaba/稲葉宏爾 (1941~ )]
[パリからの小さな旅 株式会社TBSブリタニカ刊]
[PR]
by raindropsonroses | 2006-03-01 00:00 | 旅の栞。 | Comments(22)
Commented by しん at 2006-03-01 11:16 x
ブノワ。さん
白でまとめた庭園、素敵ですね!いつもながら感じるのは、綺麗に整えたものの裏には、それなりの手間がかかるということですね。
人間にも言えること?(笑)努力なしには美しさが保てないのでしょうね。
ワタクシ・・・ルピナスってあまり好きじゃなかったんですけど、この写真では素敵に見えちゃうから不思議ですね。ブノワマジックかしらん?(笑)
Commented by raindropsonroses at 2006-03-01 11:35
しんさんへ。
こんにちは!ねぇ、素敵でしょう?
これはね、僕の写真のマジックではなくて、陰で一生懸命働く園丁さんのお陰ですね。一人、炎天下で汗ビッショリで芝生の際をカットしている男の子がいました。写真を撮らせて貰いましたけど、爽やかないい笑顔でしたよ。
シンクロナイズド・スイミングや水鳥の水面下の足、氷山の見えない部分……見えない所の努力が大事って言う事ですね。だから僕等はダメなのか?????一緒にしないでって?(笑)

ブノワ。
Commented by 薔薇の精 at 2006-03-01 11:47 x
キラキラと輝けるホワイトガーデン、 本当に美しい!
暫し見とれてしまいました。何時拝見しても溜息がでますね!
建物との調和がすばらしく、おとぎの国に迷いこんだ心地です。
ヴァランジュヴィル・シェル・メールって高級別荘地の美しい村なのですね。 ホワイトガーデンは永遠の憧れですもの、挑戦したい気持ちは
やまやまですが勇気がいりますよね! 綺麗な色の誘惑に弱いもので(笑)  骨董の誘惑にも弱く、この寒く雨の中、町田天満宮の境内での
市にこれから行ってこようと思っています(笑) テントまで張っても決行
する熱意,応援したくなりませんか!?(爆)
関東140店舗もの大掛かりの市とのこと。百聞は一見に如かずですもの


 
Commented by raindropsonroses at 2006-03-01 12:18
薔薇の精さんへ。
こんにちは。この、ホワイト・ガーデンは庭園の入り口、その後に続く素晴しい庭園のごくごく一部なんです。もう、溜め息ばかり、足は一歩も前に出ません(笑)
実は、今の所で薔薇を始める時、全種類白い薔薇で統一する予定だったんですが、考えた末に止めました。矢張り、薔薇の精さんと一緒で綺麗な色の花の誘惑には勝てませんから……。
骨董市、大丈夫ですか?いえいえ、冷たい雨の事じゃなくって、あまり買い過ぎないようにお願いしますね(笑)「テントまで張っても決行する熱意を応援したい」じゃなくて、「骨董が欲しい!」って素直に仰言った方がいいですよ(笑)今度、戦利品を見せて下さい!

ブノワ。
Commented by G・d・D at 2006-03-01 13:20 x
ブノワ。さま
ご無沙汰しておりました!
雨が続きますが、霧雨の粒子の中に春の匂いを感じます。
ウチもつる薔薇などは随分と新芽が展開してきています。
雨が降っていても表へ出て新芽に宿った雫にみとれてしまいますね。
庭園『Parc Floral〜』は、ブノワ。さまを通じて初めて知りました。
ライ・レ・ローズとともに、とても惹かれる場所ですね。
郊外っていうのがまた何とも、欲望が増幅します(笑)
ホワイト・ガーデンを維持して行くのは並大抵の事ではないでしょう。
白く美しいが故に痛みも露になりますし・・・。
垂れるクレマチス、なんだかかわいいです。今年の試みとして鉄線やクレマチスを3種ほど育てます。白い薔薇だけを育てるといきまいていた頃を知っている友人は、『あれは何だったの?』と、今では呆れ顔。(笑)
育てはじめて感じたのですが、他の色の中で輝く純白の白薔薇はことの他、美しいと感じます。ブノワ。さま宅では如何ですか?
Commented by gyu at 2006-03-01 15:45 x
白のガーデン、憧れですね! でもご自分の所だったら、やっぱり色を混ぜちゃいますね。私も一時ベランダの鉢の花を城ばかりにしたんですが、ベランダだと緑も少ないし、白ばかりだと寂しくなってしまうんですね。
でも切花でバラを人にさしあげるとき、真っ白にグリーンをアレンジして贈る事が多いですね。
Commented by 屋上庭園 at 2006-03-01 19:15 x
ブノワさま
寒さが再びやってまいりましたが、確実に芽吹いている植物の動きを見ておりますと、寒さがきたってもう怖いもの無し、という気分になります。
もう春はすぐそこですものね。
アイスバーグの美しさに改めて感心しております。
よく咲き、病気にも比較的強く、難癖も無く、葉もまた美しい。
花弁の量も、開き具合も、開いた後もほんとにすっきりとした爽やかさが
漂っています。あまりにもありふれた品種ではありますがやはりその
魅力は否めませんね。イングリッシュローズに貢献するだけのことはあります。
いつか私もフランスの美しい薔薇の庭園を巡ってみたいものです。
イギリスとは又違った魅力に溢れているのでしょうね。
まず気候も土地(土)も光も違いますからね!期待が募ります!
(でもフランスで車に乗る際は車線が日本やイギリスとは逆ですよね?
それがちょっと不安材料です。きっと慣れれば大丈夫なのかしら)
Commented by raindropsonroses at 2006-03-01 20:37
G・d・Dさま。
こんばんは。思いのほか強い降りですよね……。
今年は薔薇にまともに水をあげていないような気がします(笑)水道代バカになりませんからね……午後、傘を差してベランダを歩いてみましたが、何とも、空気の匂いが違いますね!3月ですから当たり前だけど、春間近!新芽もグングン伸びて来ています。
こう言う素敵な所を訪れるといつも思うんですが、当たり前のようにして見学してしまう陰には、並大抵ではない努力と知恵、そして愛情が隠されているんですよね。良く見ると、イモムシがいたりクモが巣を張っていたり……隙無く手入れされた庭園と違い、程良く自然な感じを残すところが難しいのでしょうね。
クレマチスとクリスマスローズは老後の楽しみに取ってある僕(笑)今の所は本で見て楽しんでいます。今では、他の色の薔薇と混ぜて良かったと思っています。白い薔薇は最高に美しいけど、一番撮影が難しいです。今はデジタルですから、チョッと赤味(黄色味)を足してあげると綺麗になりますよ……赤味、お嫌いでしょうけどね(笑)

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2006-03-01 20:41
gyuさんへ。
こんばんは。ホワイト・ガーデンも素敵ですが、矢張り、他の色の植物があってこそなんでしょうね……まぁ、白にも色々ありますから写真で見るのとは違って、実際はもう少し色を感じるんですけどね。
白い薔薇とグリーンのアレンジは綺麗ですね!最近はグリーンの花の種類がとても増えましたから、白とグリーンだけで揃えても様々な花が使えるいい世の中になりました(笑)

ブノワ。
Commented by pua at 2006-03-01 20:46 x
素敵ですねえ。植物って、実はすっごく手がかかるし、「これでOK!」みたいなところがないじゃないですか。ただ「好き」というだけじゃ超えられない何かがあるし。それを延々としていくって、本当に頭が下がります。ブノワ。さんにもね!
誇りかあ。私も含め、大多数の日本人に足りないものですねえ。
Commented by raindropsonroses at 2006-03-01 20:51
屋上庭園さんへ。
こんばんは!本当、良く降る雨ですね。
アイス・バーグは屋上庭園さんが仰言る通り、決して、多くなく少なくなく、程良い感じがいいのでしょう。あと数枚花弁が少なくてもいけませんものね(笑)考えて見たら、ウチにはアイス・バーグないんですよ!今、こうしてお返事していて自分でもビックリしています(笑)
イギリスとフランス、確実に両国の国民性で庭園も違って来ているでしょうね。最近は、フランスでもイギリスのように自然な感じが主流になって来てはいますけど……僕は運転免許を持っていないので(!)何とも言えませんが、確かに都心で車に乗るのはコワいかもしれませんね。パリなんかは赤信号でも平気で道を渡っちゃうでしょう?それがパリジャンの印!なぁ〜んて……僕も良くやりますし。でも、屋上庭園さんって車をブっ飛ばすタイプでしょう?きっとそうだと睨んでいます(笑)僕も車の運転が出来たらすぐにでもイギリスに飛んで行くんですけど……近々、必ずイギリス訪問を叶えてみせます!

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2006-03-01 20:56
puaさんへ。
こんばんは!僕ね、猫も植物も同じだと思うんです。
何もない時はすくすく育ってくれるけど、様子がおかしい時にはこっちが察してあげないといけないと思うんです。染香の膀胱炎は即日見付けましたし(笑)薔薇も、皆さん「大変でしょう?」って言うけど、ようは観察あるのみ!一に観察二に観察……ってなもんです。そして適切な処置をする。だから知識も必要なんですね、きっと。
花の時だけワイワイするんじゃなくって、一年365日の仕事なんです……はぁ、大変ですよね(笑)

ブノワ。
Commented by 屋上庭園 at 2006-03-01 21:31 x
ブノワさま
なぜお分かりなのでしょうか??普段の私は自他共に認めるのんびり人間なのですが、クルマに乗っておりますと、エンジンをより回転させてこその車なのだから!と思ってしまうのです。(なんだか危険ですねー)
運転は人を変えるとはよく言いますが私もそうなのかもしれませんね!イギリスでは私はもっぱら助手席でカーナビ役でしたがあちらの道路はとても走りやすく、車窓に広がる緑の丘や土地によって変化する土質?の違いなどみていてとても楽しかったです。
日本のように高速代も必要なければ、目的地までの道路事情も
非常に明快で分かりやすく、イギリス本土は非常に狭く土地の起伏が緩やかなので、横断旅行も楽にできます。民家の間を車で通りますと
小さな窓からそこでの生活がほんの少し垣間見え、自分の知らない世界に存在する素朴な日常生活を感じる事ができます。
遠い異国へ来た、と感じると同時に共通の生活感のようなものを実感し
ました。
はあ、旅への想いが募るばかりです・・・
特に空気が暖かくなりますとヨーロッパは輝きを増しますからね!

Commented by Coucou at 2006-03-01 22:32 x
ブノワさま。ぼんそわ。噂のホワイト・ガーデンですね!ノルマンディー地方あブルターニュ地方はなんとなく緑の感じが違いますよね。北の感じ(上手く言えなくてまんまなんですけど)が好きです。ワタシは、稲葉宏爾さんの「パリからの小さな旅」見て、シスレーが描いたモレ・シュル・ロワンに行ったことがあります。本は、パリにいる友人にあげちゃいましたが、思い出はバッチリ記憶に保存してありますのよ。おほほ。
Commented by raindropsonroses at 2006-03-02 00:05
屋上庭園さんへ。
わかりますとも!伊達に長生きはしていません(笑)
そうですね、ご自分で認めるのですから言っちゃいますが、屋上庭園さんは非常にポワァ〜んとした感じですよね(笑)でも、僕の長年の経験から言うと、そう言う人は運転すると豹変するんですよ。これは可成りの確率で当っています。但し、運転は上手いと思いますけどね。僕は直感が働く方で「この人の運転には乗りたくない!」って言う人もいますからね(笑)屋上庭園さんは大丈夫、安心して助手席に座れると思います。
旅先で自分の足を確保すると、観光コース以外を見て回れるからいいですよね!多分、僕も屋上庭園さんも同じ所に感じ入るハズですから尚更です(笑)個人の庭でも、とてつもなく素敵なアイデアがあったりしますもんね。
パリの友人から大雪だとメールがありました。どうやら春は日本の方が一足早いみたいですね。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2006-03-02 00:09
Coucouさんへ。
こんばんは。そうです、これが噂のホワイト・ガーデンです。
ノルマンディーとブルターニュ、やっぱり、海の暖かさの影響とか色々とあるんじゃないですか?確実に違いますもんね。
モレ・シュル・ロワンはどんな感じでしたか?僕はまだ未訪、いつか行きたいと思って入るんですけどね……。
稲葉さんの本はどれも面白くて、かなり参考にさせて貰っています。独特の視点がいいんでしょうか……。

ブノワ。
Commented by Coucou at 2006-03-02 00:52 x
是非モレ・シュル・ロワン行ってみてください。川が流れてて、のほほんとした村でしたよ。お散歩テクテクな午後を過ごしましたっけ。丁度競技ボートの練習してる若衆がいたりして、じとーっと眺めたりして(笑)雰囲気でしたわよ。シスレーの絵がそのまんま!と思いました。行ったのは確か5年くらい前のことです・・・今もかわらないのほほん村であって欲しいですね。そいえば住宅の庭や、干してある洗濯物までが絵みたいな気がしたんですけど・・・、当時のワタシは今より感受性が強かったのかもしれませんね(苦笑)今は昔・・・となりにけりです。
Commented by nao at 2006-03-02 00:53 x
ブノワさん こんばんは♡ ホワイトガーデンの記事を読んで思い出したことがあります。それは孤高の作家丸山健二さんがおっしゃってたことなんですが、実は丸山健二さんはホワイトガーデンに憧れてご自分で作ってみたのですが「白はあちら側の色なんですよ、だから白い花の中にずっといると気持ちがヘンになってあちら側にひっぱられちゃうんで、色を入れることにしました」とNHKの番組でインタビューに訪れた児玉清さんにおっしゃってました。「荒野の庭」とゆう写真&言葉の本素敵ですよ。
Commented by raindropsonroses at 2006-03-02 07:41
Coucouさんへ。
おはようございます!モレ・シュル・ロワンってシスレーの洪水の絵がある所でしたっけ?描かれた場所に絵の看板が出ている?
季節がいいと、薔薇園や植物縁がある街が優先になってしまいますが、是非、一度、散歩しに行きたいと思っています。シスレー好きなのですよ……意外かな。じとーっと眺められた(秋波を送られた?)ボート部の若衆、無事だったでしょうか?それとも、ボートに穴が開いたとか(笑)
感受性は今の方が強いんでしょうけど、まだ市井の人間だったんじゃないですか?今は天守閣ですからねぇ……。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2006-03-02 07:46
naoさんへ。
おはようございます。貴重なエピソードを教えて下さってありがとうございます。「荒野の庭」今度探してみましょう……。
ホワイトガーデンは皆さん憧れる所でしょうけど、矢張り、色々と経験して来てから初めて出来るものなんでしょうね。僕も最初は作りたかったけど、今はそんな風に思っています。ここの庭園も。裏手には様々な植物が植わっていますから……。
何れにせよ、理想は、種がこぼれ、株が別れて自然に育って行く庭です。ベランダでは限界がありますけど、「それ風」に見えるように心がけています(笑)

ブノワ。
Commented by nanacy at 2006-03-03 00:10 x
ブノワさん、こんばんわ!
懐かしいです。今まで色々な庭園を訪れましたが、このホワイトガーデンはその中でもとても印象的でした。
本当に洗練された、それでいて温かみのある、作り手の心が伝わってくるような、そんなお庭でした。
私も稲葉宏爾さんのファンで、Coucou さんのように「パリからの小さな旅」を片手にモレ・シュル・ロワンに行ってきたんですよ。そして、トロワ、ブノワさんにお薦めいただいた、ヴァランジュヴィル・シュル・メールにも行きました。イラスト入り地図もとっても可愛いのでお気に入りです。まだまだ、行ってみたい所が盛り沢山で嬉しくなってしまいますね。それにしても、ヴァランジュビル・シュル・メールはブノワさんから随分とご親切なプリインフォーをいただいてたので、とても心強かったです。でもあんなに歩くとは夢にも思いませんでしたけど!!(笑) 
新刊の「路上観察で歩くパリ」も面白そうですね。是非、購入せねば!
Commented by raindropsonroses at 2006-03-03 09:26
nanacyさんへ。
おはようございます。稲葉さんですが、東京下町某所、偶然入った店に稲葉さんの著書が置いてあって、チョッと場違いな感じの和食の店だったんで理由を聞いたんです。そうしたら、なんと親戚のお店とかで、ロゴマークなどは稲葉さんのデザインだそう(笑)因に、パリの親友は稲葉さんご夫妻の髪の毛を切っています!何だか因縁ですね……。
この庭園は、パリに行く時は訪問を必ず視野に入れているんです。最悪、日帰りも出来ますもんね。次回は紫陽花の頃?それもいいと思っています。どこもそうですが、厳しい目を持つ植物好きに評価されるって言う事は大変ですね。さらにいい物を期待されますし、悪く言えば、皆さん手厳しいですからね!(爆)
「路上観察で歩くパリ」って言うんですか。早く手元に欲しいですね(笑)

ブノワ。