匂いのいい花束。ANNEXE。

旅先で花を買う贅沢。

e0044929_962550.jpg
拝啓

Mちゃん、その後、如何お過ごしですか。
三寒四温とは良く言った物で、そんな寒暖の差の中で
少しずつ春に近付きつつあるようです。

今日は写真を整理していたら、懐かしい物が出て来ました。
新世紀を迎える2000年の暮れに一緒にパリに行った時の写真です。
まぁ、二人とも若かったですねぇ(笑)気持ちだけは変らない積りなんですが
二人とも、あれから確実に5歳は年を重ねたって言う訳です。
時の流れだけは万人に平等です。別に若く見える事が全てではないけど、
老け込むよりはいいものね……気持ちだけでも若くいたいものです。

新世紀の瞬間をパリで過ごす……これは5年前からの約束でした。
僕等、仲のいい親友4人で過ごす初めてのパリ!
随分と盛り上がった物ですね。生憎、天気には恵まれなかったけど、
美術館を歩いたり、買物をしたり、美味しい物を食べたり。
しかし、到着した日に食べたバスク料理は最悪だった(笑)
巨大なラム肉をオイルと豆で煮込んだ奴……あの大きさと匂いの凄い事!
Mちゃんは「あれはラムじゃなくてマトンよ!」って言い張っていました。
二人とも殆ど残しちゃいましたね……でも、あれは仕方ないです。
あそこのレストラン、無くなっちゃったんですよ!ビックリでしょう?

そうそう、二人で一緒に散歩している時に見付けた薔薇の木通りの薔薇専門店
あそこを覚えていますか?あの店も無くなってしまいました。
なかなか感じのいい店だったし、働いているお兄ちゃんも親切だったのに……。
あのお兄ちゃんね、あの後、僕がパリに行って店の前を通る度に
外まで出て来て挨拶してくれたんですよ。明るくて人懐っこい性格の彼、
いい仕事が見付かっているといいんですけどね。
e0044929_991581.jpg
この写真は、借りていたアパートに飾るために一緒に買った薔薇の花束。
モノクロの方は店の中から通りを向いて撮ったもの。
カラーの方は、Mちゃんが、折角お土産に買った蝋燭に灯をともした物を
コンパクトカメラで撮った物です。殺風景だった部屋が、
蝋燭の炎と色とりどりの薔薇の花のお陰で暖かく華やかな物になりました。
旅先で自分のために花を買う贅沢は何とも言えない物がありますね。
新世紀を祝うためにわざわざ日本から持って行ったワインは、
飲み頃をとうに過ぎて激マズ状態、言葉もなかったけど(笑)
それもこれも今となっては懐かしい想い出です。
あんな時間は二度と共有出来ないですものね……。


敬具

2006年3月11日


ブノワ。
[PR]
by raindropsonroses | 2006-03-11 00:00 | 旅の栞。 | Comments(12)
Commented by gyu at 2006-03-11 05:26 x
ホテルの自分の部屋に花を飾ってろうそくを灯す、これだけで殺風景なお部屋がぐっと素敵になりますね。私はいつも散歩をして野の花や草や木の枝などを採ってきて部屋に飾るんです。そうすると自分の部屋に変身!たとえ僅かな滞在でも、お花のある無しではぜんぜん違いますね。

せっかくお持ちになったワインがまずかったのではがっかりだったでしょう。持ち運びもあまりゆすらないほうがいいそうで、ワインはそこの土地のものをそこで飲むのが一番美味しいといいますね。買って帰ったら思いのほか美味しくなかった、という経験、よくしました。
Commented by raindropsonroses at 2006-03-11 08:01
gyuさんへ。
おはようございます。花はいつも買ったりして楽しむんですが、この時は一緒の女の子が、折角、お土産用に買ったロウソクを点けてくれました。不思議ですよね、一日、歩いて疲労困憊なんだけど、サァッと疲れが取れますもんね。そうだ、このロウソク、店のお兄さんが値段を大幅に安く間違えて後で払いに行った正直者の僕達(笑)
赤ワインはボルドーの不作の年の40年物、一週間かけて澱を沈めましたがダメでした。ソーテルヌは日々の保管が悪かったのでしょう、こんな事ならさっさと飲んじゃえば良かった(笑)まぁ、新世紀のお祝いと言う事で、不味かったのも面白エピソードです……。

ブノワ。
Commented by Brighton Rock at 2006-03-11 10:01 x
旅先で花を買う・・・いいですね。数年前にイギリス行った時に初めて旅行中に花束を買いました。フラワーマーケットで買ったものなので、安くてイキはいいけどアレンジは正直、たいしたことありませんでした。でも、生のお花をホテルの部屋に飾るという贅沢、精神的にもいいことだと気付きました。泊まったホテルは、ホテルとは名ばかりの、B&Bに毛の生えたようなとこだったので、お花の管理まではしてくれませんでしたが、それでも1週間元気でしたよ。
ところで、旅先での食に関するエピソードって、「美味しい」か「不味い」かは覚えているけど、どっちでもなかったっていうお店や食事のことって案外覚えていないものですよね。特に不味かった記憶は、何年経っても繰り返し思い出されますね(笑)。それも楽しい思い出のひとつとなるから不思議ですけどね。
Commented by M at 2006-03-11 11:20 x
わあ!懐かしい!
私の大切な思い出です。このキャンドル、まだありますよ。新世紀を迎えるパリで過ごした時間は本当に素敵でしたね。薔薇のお店も、天使のような金髪の男の子もよく覚えています。
来月は仕事でミラノに行きますが、また自分の為に薔薇を買おうかな・・・。そんな気持ちを思い出させて下さって、ありがとうございます。
PS:あのバスク料理以上ものものにはその後出会った事がありません(笑)
Commented by manali_moon at 2006-03-11 16:20
綺麗!!
1枚目のモノクロのお写真、すごく好きです。
2枚目のお部屋の演出も素晴らしいわ~。
空間がパッと華やぎますね。

お友達同士の旅行、とても楽しそうですね。
分かち合った思い出を後で語れる相手がいるというのは、とてもいいですね。
Commented by raindropsonroses at 2006-03-11 23:16
Brighton Rockさんへ。
こんばんは。海外で花屋を回ると、日本ではついぞ見かけない品種などがあって楽しいですね。鉢植えなんかは買えませんが、滞在が長い場合には先ず花を買います。花瓶なんかなくっても、ミネラル・ウォーターのペットボトルを半分にカットしたりして代用です(笑)
ここのマトンのオイル煮、本当に参りました……パリ入りすぐで疲れていた事もあるんですが、匂い、量、全てが半端じゃなく2人で顔を見合わせる始末(笑)後日、メニュー(コース)で頼んでみたら結構、イケるのでビックリ。あれは一体何だったのか?チョイスを間違えたみたいです……。
旅先です、なるべく美味しい物を食べたいけど、こんなズッコケもまた楽し……ですかね(笑)まだ味を覚えていますよ!

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2006-03-11 23:20
Mちゃんへ。
こんばんは。お久し振りです!
あの時は参りましたね……いきなり雨だし、ビショビショで友人の家も分からなくなっちゃうし、入ったレストランはアレだし(笑)2人とも、如何に多く食べたように見せかけるかに苦労しました(爆)でも、あれは特別だったみたいですよ。その後、何回か行ったけど、それなりに美味しかったもの。でも、あの店も無くなってしまいました。僕等が行った時のパリとは随分様変わりしてしまいました……。
ミラノ、素敵な旅になるといいですね!面白い話しを楽しみにしていますからね。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2006-03-11 23:23
manali_moonさんへ。
こんばんは。花をモノクロで、しかも逆光で撮った割には素敵でしょう?(笑)
この薔薇を1〜2本ずつ貰ったのがカラーの方なんです。
親友とアパートを借りて、一日中一緒でしたが、気苦労もなく朝から晩までワイワイガヤガヤ、夜はこんな感じでゆっくりの素晴しい旅でした。なかなか出来るもんじゃありませんから懐かしさも倍増です。

ブノワ。
Commented by nanacy at 2006-03-12 21:53 x
モノクロの薔薇たちは実はこんなに色とりどりだったのですね~!
ヴィヴィットで可愛らしい薔薇のブーケとキャンドル、なんともロマンティックで素敵です。
昨日、金子明人先生のクレマチスの講座で伺ったのですが、英国では薔薇はキング、クレマチスはクウィーンと言われているそうです。なぜ、薔薇がキングで、クレマチスがキングになれないか?金子先生がおっしゃるには、色と形だそうです。薔薇にはクレマチスにない色が沢山り、クレマチスは殆どが平咲きだということだそうです。私としては、第一に香りをあげたいところですが。(笑)。
それにしても、薔薇色って薔薇の数だけあるのかも!!
Commented by raindropsonroses at 2006-03-13 00:21
nanacyさんへ。
これらの薔薇は、切り花にありがちな茎がしっかりと太いタイプでしたが、どれも皆、鮮やかな色で、しっかりと最後まで咲ききりました。
キャンドルは、灯を点さなくていいと止めたんですが、矢張り女の子ですね……ロマンチックな所は僕には真似出来ません。でも、お陰で素敵な晩を過ごす事が出来ましたよ。英国での例えは初めて聞きました。世界共通で女王だと思っていましたけど……。
そう、薔薇がこれだけ愛される最大の理由は匂いかもしれませんね。
薔薇色って、僕の薔薇色の人生はいつ来るのでしょうか!?

ブノワ。
Commented by しん at 2006-03-13 21:44 x
ブノワ。さん
ホテルのあの空間に彩りのある花があるだけで、空気が変わる気が
しますね。ちょっと前に友人の結婚式で、ブーケトスで不覚にも花束を受け取ってしまった私(笑)旅先のホテルの部屋で乾燥しないかしら?とも思いましたが、ハッピーな気を受けた?!ブーケのおかけで一晩、いい香りで休みました。そのあとホテルの妙齢のフロントの女性にブーケを託しましたが、彼女が思いのほか喜んでくれて、こちらまで気持ちが良くなってしまったことがあります。花のチカラだなってしみじみ思いますねぇ。
Commented by raindropsonroses at 2006-03-13 23:57
しんさんへ。
えっ!そのブーケ、フロントの女性にあげちゃったんですか?
これで、千載一遇のチャンスを見事逃しましたね(笑)今頃、その女性は玉の輿ですよ!
さて、この旅は本当に素敵な旅でした。あんなに素敵な旅はもうないんじゃないかな……そんな感じもします。この時がキッカケで、旅先では極力花を買うようにしているんです。見た目もですが、何となく気分が休まりますからね。ブーケの乾燥を心配するあたり、何となくしんさんらしいと思うのは僕だけでしょうか(笑)

ブノワ。