匂いのいい花束。ANNEXE。

生きたままドライ……ノルマンディーの紫陽花。

e0044929_7203414.jpg
拝啓

Aさま、先日はお忙しい中、時間を割いて戴き恐縮です。
久し振りのお目に掛かり、積りに積もった話しをするのは楽しいですね。
連れた行って戴いた隠れ家的なカフェも素敵でしたし……。
今度は僕がいい所をお教えしますね、是非、お付き合い下さい。

空梅雨と言うほどではありませんが、今年の梅雨は雨が少ないですね……。
シトシト雨も外出しない時は風情があって素敵だけれど、
出掛ける時の雨は気が滅入りますね。薔薇もカンカン照りの日より、
しっとりと雨の日の方が伸びがいいように思います。
まぁ、何事もほどほどにと言う事ですか(笑)

そんな中、雨が最も似合う花、紫陽花が満開ですね!そろそろお仕舞でしょうか。
もう街の至る所に色とりどりの紫陽花が咲いています。
ほとんど手入れいらずのこの花は、普段はひっそりと存在を隠すかのようですが、
一旦、季節になると、さも「見て見て!」と言わんばかりに存在を主張しますね。
街中に植えられている紫陽花はピンク系かブルー系がほとんど、
僕は白い花〜グリーンの紫陽花が好きなので、ちょっとどきつく感じますが、
それでも梅雨時、雨にしっとり濡れた紫陽花を見るのはいいものです。

今日の写真はフランスはノルマンディー地方、ディエップの近くにある
Varengeville-sur-Mer、ヴァランジュヴィル・シュル・メールと言う、
高級別荘地にもなっている小さな村の紫陽花、個人のお宅の前庭です。
背景の白は、そのお宅の白壁になります。
この小さな村は花好き垂涎の庭園、「Parc Floral des Bois de Moutiers」が
非常に有名で、もう一つ、この村にはフランス一とも世界一とも言われている
紫陽花園「Shamlock」があります。開園は4月から10月までの約半年、
冬場は閉まってしまいます。この紫陽花園は、所謂、庭園形式ではなく、
林の中の木の下に夥しい数の紫陽花が自然な姿で植えられているんですよ。
この紫陽花園があるせいか、村中、至る所に紫陽花が植えられています。
それは、ちょっとした道路沿い、街角の植え込みから個人の庭先まで。
村全体が紫陽花で彩られています。この写真を撮ったのはなんと10月。
これだけ綺麗に花が残っているのってちょっとビックリだと思いませんか?
矢張り、日本とは気候が全然違うんですね。湿度の違いでしょうか。
初夏に咲いた紫陽花は、そのままの姿を綺麗に残し、
秋のこの時期まで美しまま。2回目に僕が紫陽花園を訪れた時は
6月上旬……時期が早かったせいか、まだ殆ど開花していませんでした。
見頃は7月の今頃でしょうか。いつか満開の時に訪れてみたいものです。

薔薇ばかりのウチにある紫陽花はたった一本だけ。
一年前に某大手園芸店で買ったグリーンの紫陽花
一般にグリーンの紫陽花は菌による伝染病とか言われていますね。
でも、これは園芸種、きっと大丈夫ですよね?ちょっと心配ではあります。
そうそう、6月に訪れた時、この紫陽花園で物凄く素敵な経験をしました。
そのエピソードはまた次の機会、お目に掛かった時にでも……。


敬具

2006年7月8日


ブノワ。
[PR]
by raindropsonroses | 2006-07-08 00:00 | 旅の栞。