匂いのいい花束。ANNEXE。

何が見えますか?

e0044929_74162.jpg
拝啓

早いですねぇ、今年ももう8月になってしまいました。
Yさん、あれからどのようにお過ごしですか?
もうスグ夏休みの旅行でしたよね。今年は御家族でパリとか。
時間があったら絵葉書下さいね。約束ですからね。

さて、夏のパリは本当に素敵ですよね。
何でも僕は異常気象の男らしく(笑)初めて行った夏のパリ(8月)は
何十年ぶりかの猛暑……と、言っても日本から行った僕は
長袖のシャツ一枚で快適そのものだったけれど。
その後、訪れた冬は連日、最高気温−6度の極寒のパリ(笑)
確かにこの時は随分と寒さが厳しいなぁと思いました。
最近、行くのはすっかり春と秋になってしましましたが、
真夏に撮ったパリの写真で一番印象に残っている写真が今日の一枚。
これはオルセー美術館を観た後、プラリプラリと散歩がてら訪れた剥製専門店。
ここ「Deyrolle」は非常に有名ですが、ワシントン条約が厳しくなった昨今、
また、大きな剥製を置ける屋敷の減少などの理由で、
販売と言うよりは、レンタルの業務が主流になって来ているとか。
この時はここを訪れる事が旅の目的の一つになっていました。
実は僕、剥製って好きなんですよ(笑)何でしょうね、理由はよく分かりませんが、
多分、一生行けないであろうアフリカの悠久の大地とかを連想するからでしょうか。
非常に良く出来た剥製を間近に見るのは本当に楽しかったです。
一階の入り口を入り、大きな階段を登ると、いるいる、
ライオン、クマ、シマウマ、ダチョウ、水牛 ありとあらゆる動物が
所狭しと身体を休めています。当然、店内に漂うホルマリンの匂い。
それがこれらの動物の命が既にないことを示しています。
奥の昆虫標本の部屋に続く広間の縦半分が作業場になっていて、
眼鏡のムッシュが一人で黙々と作業していました。
第二の生を与えられている最中だったのはイタチか何かの小動物でした。
本当は鴨か何かの水鳥の剥製が欲しかったけど、以外に大きいんですよね。
それに、空港の手続きやトラブルを考えると手が出ませんでした(笑)

写真は 通りに面した窓から外を眺めるラマ。
こうして虫干しを兼ねたディスプレーの遊び心の妙は
日本人には絶対に真似できない感覚。結局、買い物は出来なかったけど、
一時間近く店内を見て歩き、非常に面白い経験となりました。
このラマの目には一体何が映っているんでしょうね
あれこれ考えていると一緒にアンデスの高地にタイムスリップしたような気分。
残念ながら今年も夏のパリには行かれませんでしたが、
機会があったらいつかまた、訪れてみたいものです。


敬具

2006年8月1日


ブノワ。


[Deyrolle/46, rue du Bac, 75007 Paris/01 42 22 30 07]
[PR]
by raindropsonroses | 2006-08-01 00:00 | 旅の栞。