匂いのいい花束。ANNEXE。

イングリッシュ・ローズの魅力と功績。

e0044929_638344.jpg
拝啓

Mさま、その後お変わりありませんか。
梅雨も明け、暑いけれど夏らしい天気が続いています。
夏が苦手なMさんの事、可成りグロッキーなのでは?(笑)
しかし、梅雨明けと同時に秋の気配なのでしょうか、
我家のバルコニーにはトンボが乱舞しています……。

さて、Mさんはそろそろ薔薇の株を一休めしている事と思います。
思い返せば今年は例年に増して花の数が多かったですね。
この暑い時期、いつもはパッタリと途絶える薔薇も、
少し小さめとは言え、美しい花を沢山付け続けています。
中でも、成績がいいのはディヴィド・オースチン作出のイングリッシュ・ローズ。
それも近年に作出された物の成績が抜群にいいようです。

たまに真面目に考えちゃう事があるんですが、
もしも、もしもですよ、この世にイングリッシュ・ローズが存在しなかったら
薔薇の世界はどうなっていたでしょう。Mさんはどうなっていたと思いますか?
多分、ここまで薔薇のブームにはならなかったでしょうし、
僕自身もここまで薔薇に熱中していたかは自信がありません。
最近ではオールド・ローズの魅力が再認識されましたが、
それもイングリッシュ・ローズが存在してこその事ではないでしょうか。
世界的にはモダン・シュラブに分類されるイングリッシュ・ローズは、
花の性質的にはオールド・ローズとモダン・ローズの中間に位置するのでしょう。
元々、イングリッシュ・ローズとは、オールド・ローズの花の形と匂いに、
モダン・ローズの繰り返し咲き性と多彩な花色を取り入れようと作られた薔薇です。
一番の功績は、その新しい薔薇の一群に黄色い花を沢山作出した事。
これらの花の形で黄色いオールド・ローズは殆どありませんからね。
それに加え、その黄色い花のシリーズが素晴らしいと来ています。
他の色の薔薇に混ざり、庭や薔薇園、庭園にもたらす効果は絶大です。

ウチにもイングリッシュ・ローズの黄色が数種類あります。
「Jude the Obscure」「Charlotte」「Golden Celebration」
「The Pilgrim」「Charles Darwin」「Graham Thomas」
「Mary Webb」「Pegasus」「St-Alban」「Jayne Austin」……。
ざっと数えただけでこれだけあります。どの花も繰り返し咲き性に優れ強烈な匂い。
e0044929_6382875.jpg
先ず1番最初の写真、僕が驚いたのは「Jude the Obscure」の匂い。
蜂蜜に砂糖とレモンを漬けたような素晴らしくも強烈な匂いは、
僕が今まで経験した薔薇の匂いの中でも最高の匂いの一つです。
クリームのように滑らかでしっかりとした花弁質、最後まで決して反り返る事無く
綺麗にカップ咲きのまま終わります。樹勢も旺盛そのもの。
e0044929_639039.jpg
2番目の写真は、今年、遅めの春にお迎えした「Charlotte」。
少し心配しましたが、見事に沢山の花を付けて楽しませてくれました。
2番花も沢山花をつけました。その数も半端じゃありません。
花の形で言えば、少し前の典型的なイングリッシュ・ローズの形。
だからと言って、それが少しもネックにならないほど愛らしい薔薇です。
e0044929_6393832.jpg
3番目の写真は、ウチお迎えして相当経つ「Golden Celebration」。
この卵黄色!豊かに波打つ花弁はタップリと中心部を包み込むよう。
そして、全ての薔薇好きの期待を決して裏切らない強烈な匂い。
紅茶を思わせる強烈な匂いがやがては白ワインを思わせる芳醇な匂いに変化。
黄色のイングリッシュ・ローズの一つのピークをなす薔薇ですね。
この薔薇の後ろに、最近の素晴しいイングリッシュ・ローズが繋がっています。
e0044929_640921.jpg
4番目の写真は、日本橋三越屋上の「チェルシー・ガーデン」で購入。
ツルとしても扱える「The Pilgrim」です。屋上庭園に2本植えてあったんですが
他の品種も植えたいと言う理由で掘り上げられた物を譲って貰いました。
そんな訳で、最初から非常に大きな株で、花付きのいい年には
花の重さで枝が大きく枝垂れるほどビッシリと花が付きます。
匂いは強烈な紅茶(ティー)の匂い。花は開ききるとフラットになります。
e0044929_640407.jpg
5番目の薔薇は、新しい時代のイングリッシュ・ローズを象徴する
「Charles Darwin」。一番の特徴はこの色でしょうか。
少しくすんだグレーがかったマスタード・イエローは唯一無二。
イングリッシュ・ローズに限らず、他の種類の薔薇にも類を見ません。
最後まで絶対にカップの形が崩れないのも非常に優れた点です。
匂いは強烈、紅茶、それも良質のダージリンの茶葉を思わせる匂い。
e0044929_641996.jpg
6番目の写真は銘花中の銘花、「Graham Thomas」です。
ウチはそれほど大きくないんですが、かなり旺盛な伸長力を持つ薔薇。
花弁数は現在のイングリッシュ・ローズからするとやや少なめですが、
何と言っても、銘花「Mary Rose」と共に
現在のイングリッシュ・ローズの人気を決定付けた薔薇、
紅茶(ティー)の匂いも清々しい圧倒的な人気を誇る一本です。
e0044929_6414031.jpg
7番目の写真は、探しに探した「Mary Webb」。前に買った薔薇の本、
アメリカで出版された「100 English Roses for The American Garden」、
この本で見て以来一目惚れ。注文後、長年待って手に入れました。
かの、 ターシャ・テューダーの庭にも植えられている由緒正しき薔薇
赤味の少ない黄色はスグに退色してオフホワイトになります。
幹には殆ど棘がなく、真っ直ぐ直立型の育てやすい品種。
匂いはフルーツ……少しレモンがかった紅茶(ティー)の匂いがします。
既にカタログからは消え、知る人も少ないですが、
僕が最も好きなイングリッシュ・ローズの中の一本です。
e0044929_642637.jpg
8番目の写真は、最近ようやく良さが分かって来た「Pegasus」。
デヴィッド・オースチンの苗に付いているタグの写真とは全然違います。
花色がもう少しアプリコット・イエローになり、葉が非常に明るめ。
匂いはそれほど強くないけれど心地よく、枝には殆ど棘がありません。
病気にとても強く育てやすい品種。ただ、春先以降全く伸びないのはなぜ?(笑)
これも既にカタログに載る事は少なくなって来ました。
e0044929_6423458.jpg
9番目の写真は、イングリッシュ・ローズの中でも最も最近の部類の黄色、
「St-Alban」です。申訳ないけれど、最も納得が行かない薔薇の一本。
どのカタログの写真を見ても、ウチの「St-Alban」とは全く違います。
先ず、花形と色、どちらもどの説明書きとも全く違います(笑)
カタログの写真が間違っているのではないかと思うくらいの差、
咲いた薔薇を見て、ネームプレートを確認しないと種類が分からないほど。
もしかして違う苗かも……でも、他に該当する薔薇はないのです。
匂いは中くらいの紅茶(ティー)の匂い。この花色にピッタリの匂い。
e0044929_64373.jpg
10番目の写真は、既に薔薇の殿堂入りの感がある「Jayne Austin」
今日の手紙の1番最初の花の中心のアップに見られるように、
しっかりとしたカップに中に刻み込むような小さな花弁がギッシリ詰まリ、
中心には必ずと言っていいほどボタン・アイが覗きます。
花の外側が白っぽくなり、中心は目も醒めんばかりのアプリコット色。
樹形は直立性、非常に強健で育てやすく、強烈な紅茶(ティー)の匂い。
e0044929_6434293.jpg
11番目の写真は、オマケの一枚。
黄色ではありませんが、カッパー(銅色)が美しい「Pat Austin」。
この「Pat Austin」が作出された時にディヴィッド・オースチンが言った言葉、
「新しいイングリッシュ・ローズの時代の始まりの色」。
その新しい時代の薔薇の子孫がここに来て数々の素晴らしい成果を出して来ました。
これは僕の勝手な想像なんですが、この薔薇の血を引いた新種、
今年秋に日本で発売されるシリーズの「Lady Emma Hamilton」と
「Summer Song」、さらに、来年、日本発売の素晴らしくも
夢のような薔薇の数々に何らかの影響を与えているハズです。
100年200年の長い単位で考える時、イングリッシュ・ローズが
薔薇の歴史に与えた影響は計り知れない物があります。
さらに進化していくイングリッシュ・ローズから目が離せませんね。


敬具

2006年8月5日


ブノワ。


[Jude the Obscure (ER) Austin, 1995]
[Charlotte (ER) Austin, 1993]
[Golden Celebration (ER) Austin, 1992]
[The Pilgrim (ER) Austin, 1991]
[Charles Darwin (ER) Austin, 2003]
[Graham Thomas (ER) Austin, 1983]
[Mary Webb (ER) Austin, 1984]
[Pegasus (ER) Austin, 1995]
[St-Alban (ER) Austin, 2003]
[Jayne Austin (ER) Austin, 1990]
[Pat Austin (ER) Austin, 1995]
[Lady Emma Hamilton (ER) Austin, 2005]
[Summer Song (ER) Austin, 2005]
[David Austin Roses/David Austin (1926~ )]
[PR]
by raindropsonroses | 2006-08-05 00:00 | 薔薇の名前。 | Comments(18)
Commented by minibaramama at 2006-08-05 09:44 x
おはようございます。
今朝はHPをご紹介したいと思います。
http://www2.tbb.t-com.ne.jp/roses/
男性で薔薇好きの皆様はほぼ例外なく凝り性ですね。
この方もERにのめりこんでいらっしゃいます。

実はうちは大変狭いので黄色がはいると狭さが際立つかなーと
敬遠していました。
でも皆さんのグラハム・トーマスやシャルロットを拝見しているうちに
やっぱり欲しくてたまらなくなり、とうとう先月屋上にて
レディ・エマ・ハミルトンを予約してしまったところです。
今日のブノワ。さんの美しい画像を拝見して、
やっぱりよかったと思いました。
あ~でも本当はグラハムもシャーロットもパットさんも欲しい!!
Commented by emi at 2006-08-05 14:57 x
ブノワさん、
貴重な秋のブローニュの森情報ありがとうございました、今年の秋の楽しみにします。
 今回のこのバラたち、あまりにも綺麗で、何度も、何度も上から下まで、下から、上までと見ました。
 思ったことは、匂いが試せたらな~です。

 大変残念です。
 
 
Commented by uskkoike at 2006-08-05 21:03
こんばんわ。
いやー、すごい。
バラ、バラ、バラ。
しかし、本当に質感がつたわるようにうまく撮られますね。
刺激を受けます。

匂い。僕もかぎたいなぁ。
Commented by cafe-D at 2006-08-05 23:22
ブノワさん、こんばんは。
ロンドンに住んでいたころ、王立バラ園に何度か足を運びました。
いろいろなバラが丹精されていました。
もちろん花びらが幾重にも、まるでシルクタフタのドレスのように重なっているバラも豪奢だと思いますが、私が好きなのは、花びらの枚数が少なくて、シャープに形が際立っているバラです。
ブノワさん、これらの何種類ものバラ、ぜ~んぶいま、お庭に咲いているのですか?
あ、素敵すぎる生活。。。
Commented by louis at 2006-08-06 00:16 x
こんにちは。 心躍る薔薇を拝見してしばらく眺めておりました。
パリでもイングリッシュローズはとても人気がありますね。
あのまあるいなんともいえない形、匂い、色・・・どれもとても惹かれます。

フランスの薔薇は、ドラマチックで印象的、艶があって深みに嵌ってしまう魅力があり、それもとても好きなもの、イングリッシュローズはどこかイギリス的な清潔さ、かわいらしさを醸し出しているように思います。田舎に行くと、家々の壁につたっている様子も良いですね・・・
いろいろな魅力ある薔薇を紹介してくださるのを楽しみにしています。
Commented by raindropsonroses at 2006-08-06 06:57
minibaramamaさんへ。
おはようございます。ありがとうございます、その方存じてました。
さて、黄色い薔薇ですが、反対に庭やベランダを広く見せてくれるハズです。明るい色はそう言う効果がありますから。この一連の黄色い花は本当に匂いが素晴しいです。もうウットリ(笑)他にも素晴しい黄色があるイングリッシュ・ローズ、図鑑やカタログじゃなく実物を見るのが一番ですが、徐々に集めてみては如何ですか?これら、退色するともう少しクリームっぽくなるので他の花ととても良く馴染みますよ。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2006-08-06 07:01
emiさんへ。
おはようございます。秋のバガテルは素敵です。サン・ラザール辺りを通る43番のバスで最寄りまで行けると思います。僕はメトロの1号線、Pont de Neuilly から乗ります。10月中旬が一番いいでしょうね。是非、感想をお聞かせ下さいね。僕って本当は黄色い薔薇が苦手なのですよ(笑)それを克服させてくれたのがイングリッシュ・ローズと言う訳です。花も美しく匂いも抜群!本当、言う事なしです(笑)

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2006-08-06 07:09
uskkoikeさんへ。
おはようございます。お言葉ありがとうございます。でも、これは自分の薔薇のリスト用の写真です。犯罪を犯して警察で撮られる写真と一緒(笑)本当は、uskkoikeさんの向日葵みたいに素敵に撮れるといいのですが……。昔、匂いの出る映画って言うのがありましたが(笑)PCからは無理でしょうねぇ。せめて、匂いを感じられる写真&文章が書けるといいのですが……これまた僕には無理な話しですけど(笑)

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2006-08-06 07:16
cafe-Dさんへ。
おはようございます。ロンドンに住んでいらしたんですね!
ブログを読ませて戴いていて、こうなんて言うんでしょう……cafe-Dさんって、考え方が理路整然としていて、しかも、キッチリと自分の主張がある……外国生活のせいだけではないと思いますが。ちょっと納得した次第です。王立薔薇園、素敵でしょうねぇ。一度行ってみたい所です。僕も薔薇は一重とかスッキリした物が好き。花弁が少なめで個性を出すのは非常に難しいですけど……。薔薇の写真は少し前の物です。5月の連休明けには満開を迎えて、バルコニーは物凄い事になりますが、写真を撮ったりしていると全体を眺める事が無くなってしまうように思います。後はもう大変……今は巨大化した雑草と格闘の日々です(笑)

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2006-08-06 07:24
louisさんへ。
おはようございます。そのうち記事にしたいんですが、確かにお国柄ってありますよね。血液型とか星座ってあまり信じない方なんですが、それでもある程度の数を集めて統計を取ると何かが見えて来ます。外国では日本ほど白い薔薇が好かれないんですってね。確かに、フランスを歩いていても、見掛けるのは圧倒的に赤とピンクの薔薇。薔薇園や庭園もそうです……何かきっとあるのでしょう。イングリッシュ・ローズの功績は大きいです。今の時代に生き、毎年新作が出るのを心待ちに出来る幸せ(笑)あと50年前だったらイングリッシュ・ローズを知らずに過ごさなければならない訳ですもんね。国による薔薇の好みの違い、記事にしたら感想をお聞かせ下さいね!louisさんも素敵な日曜日になりますように。

ブノワ。
Commented by gyuopera at 2006-08-07 00:39
どれもすばらしい写真ですね。それもみんなブノワさんの育てたバラ! いくつかおなじみのバラもあります。
これだけすばらしい写真たち、将来、「バラの肖像画」なんて写真集をおだしになってはいかがでしょう?それとも絵葉書! 絶対当たりますよ!
Commented by raindropsonroses at 2006-08-07 07:13
gyuさんへ。
おはようございます。お褒めの言葉ありがとうございます。
写真集は無理ですねぇ(笑)それならちゃんと撮らなければ(笑)
個人的に絵葉書は作ってみたんですよ。自分で使うヤツですが、プリンターを買った事チョコッとだけ……スグ飽きちゃいました(笑)これらは自分の薔薇リスト用なので、来年はもう少しアーティスティックな薔薇の写真を撮ろうかと思っています。死ぬまでに写真集が出たら買って下さいね(笑)

ブノワ。
Commented by しん at 2006-08-07 20:07 x
ブノワ。さん
今日も素敵な巻紙ブログ、ありがとう!見ごたえがありました!
どの薔薇も素敵で、目移りしちゃいますわね。
私はけっこう、好き嫌いがはっきりしてるんですが・・・・選べない(笑)
全部、いいですもの。写真集、出してください、真面目に!
Commented by raindropsonroses at 2006-08-07 20:21
しんさんへ。
どうです、長かったでしょう、巻紙ブログ?(笑)
友人が言うんですよ、これを一枚一枚の写真を使って記事にすれば10日は保つのにって(笑)でも、決して記事数を稼いでいる訳ではないし、何かの理由でブログ出来なくなったら悔いが残りますしね(笑)写真、腐るほどあるんですよ。全部使っちゃわないと……。しんさんの好き嫌い……激しそうですねぇ(笑)写真集ですか?それならそれで真面目に撮らないといけませんね……しんさんパトロンになって下さいな(笑)

ブノワ。
Commented by aoi at 2008-04-10 14:12 x
ブノワ。さん、こんにちは。

今年は秘密の花園で、1人でお嬢様方とお過しになられる予定かと…
ステキな時間はもうすぐそこまで来ていますね!
我が事のようにわくわくします。
薔薇の記事を書いたので、TBさせていただきました。
ブノワ。さんの薔薇さんたちをまた拝見できて、とても嬉しいです。嬉しいのですが、もうどれをTBしようか嬉しい悲鳴を上げました。
さて、イランの薔薇園のほかに欲張って、トルコの薔薇畑にも散歩してこようかと画策中の私。
ブノワ。さんと逆に、私はいつになったらフランスやイギリスの薔薇を見に行かれるかなと思います。
Commented by raindropsonroses at 2008-04-17 18:56
aoiさんへ。
こんばんは。メッセージとトラックバックどうもありがとうございます。
しかぁ〜し!物凄く返事が遅くなってしまいました!本当にゴメンなさい。戴いた直後に読んでいたんですけどね……耄碌したかな?(笑)aoiさんの記事も拝見していましたよ。僕には絶対に書けない素敵な文章ですね。黄色い薔薇は苦手なのですが(笑)何故に黄色?今度、分析してみて下さい。aoiさんが数ある僕の薔薇の記事の中から、この記事、黄色のイングリッシュ・ローズの特集を選んだのはさすがです。僕は数あるイングリッシュ・ローズの功績の中で、一番最初に挙げたいのが、この花形で黄色の薔薇を沢山作ったことなんですよ。しかも、それぞれに匂いがいい……イランとトルコの薔薇園……薔薇園と言うより薔薇畑?一体どんなでしょうね。必ずレポートをお願いいたしますね。勿論、絵葉書も!(笑)フランスとイギリスの薔薇園は逃げません、いつかきっとね!

ブノワ。
Commented by aoi at 2008-04-17 21:59 x
ブノワ。さん、こんばんは。
なんで黄色?それは私が一番知りたいところです。
絵葉書!
私、お送りしてもいいのですか!?
祝日が前日に決定されるような国なので、いってみないと判りませんが、運がよければ、薔薇畑のある村で「薔薇祭り」を見られるそうです。
お楽しみに♪
Commented by raindropsonroses at 2008-04-18 05:16
aoiさんへ。
おはようございます。メッセージ届きましたね……良かったです(笑)
本当にゴメンなさい、スッカリど忘れしていました。
さて、なぜ黄色か……それはaoiさんが男前だからですよ。一般に、世の男性陣は黄色の薔薇を好むと言われています。女性はお察しの通りピンク系ね。どうですか、何か思い当たる節はありませんか?(笑)ブノワ。さんのインチキ鑑定でした。絵葉書!勿論お願いいたします(笑)それから写真もね!薔薇畑がある村……それだけで何やら素敵な響き……。

ブノワ。