匂いのいい花束。ANNEXE。

孤独のメッセージ……Sting。

e0044929_6562467.jpg
拝啓

朝夕スッカリ肌寒くなりましたね。Rさん、その後お元気ですか?
先日は長時間のお付き合いどうもありがとう。
別に旅行前に無理矢理、会う必要もないのだけれど、人間、何だか変なもので、
何か決まった事があると、それを基準に考える習性があるようですね。
特に年末の忘年会とかね(笑)でも、本当に楽しかったです!

さて、先日も大いに盛り上がりました、プリティッシュ・ロック!
Rさんと僕が仲良くなる切っ掛けはブリティッシュ・ロック(笑)
今はどこかに消えちゃったY君のガールフレンドだったRさんと僕の友情の懸け橋です。

Rさんはその昔、ロンドンに留学していたんですものね。
ユダヤ人の家族のところでしたっけ?例の「バンド・エイド」の頃。
僕は一睡もせずに家でビデオを録画しながらテレビに噛り付いていましたが、
Rさんは羨ましい事にウェンブリー・アリーナで観たんでしたっけ?
あの頃はいい時期でしたねぇ。Rさんは色々なバンドを聴いていたみたいだけれど、
僕は他には目もくれず「The Police」一辺倒だったんですよ。
特に、リード・ボーカルでベースのスティングだけ追い掛けていました。

スティング……ゴードン・マシュー・サムナー。
今ではスッカリ大御所ですが、当時はツンツンの髪の毛を金髪に染め、
ハスキーで擦れそうに甲高く伸びる声が売り物でしたね。
当時、台頭して来たパンクにレゲエとスカの要素をふんだんに取り入れ、
ステュワート・コープランドの特徴あるドラミングとアンディー・サマーズの刻むようなギター。
タイトな演奏と疾走感溢れる楽曲は非常に魅力的でした。
作詞、作曲は殆どスティングが担当していました。

僕が「The Police」に見事にハマったのは、スティングが作る曲の独特の世界観。
デビュー当時はスバリ一言で「孤独」を歌っていました。一人では生きられない淋しさ、
どうしょうもない寂寥感、大勢の中に居乍らひしひしと感じる孤独を
色々なシチュエーションで描きだす才能に随分とビックリしたものです。
当時、友達が一人もいないと思い込んでいた僕はスッカリ惚れ込み、
明けても暮れてもスティング一色、どこか斜に構えてシニカルなスティング、
これは僕の映画監督の好みとかも一緒で、ビリー・ワイルダーや市川崑など、
都会的な外見の影に隠された毒、皮肉なものの見方に惹かれる所に繋がります。
勿論、人間は一人では生きられないし、知らず知らずの内に誰かに助けられ、
また自分も誰かに必要とされています。だけど思春期の多感な年頃(一応ね!)
自分の殻の中に閉じ籠もっていた頃の僕にはスティングの世界観は強烈でした。

所がある日、「孤独のメッセージ」の歌詞を眺めていて愕然としたんです。

無人島にたった一人漂着し、孤独で孤独で、淋しくて堪らない主人公が
空き瓶にSOSを書いたメッセージを入れて海に投げます。
暫らくして、身も心も孤独に苛まれてボロボロになった頃、
ある日、海岸に行ってみると何千、何百万と言う「孤独のメッセージ」が入った瓶が
海岸に漂着していたと言う歌……孤独なのは君だけじゃないよと言うメッセージ。

何と絵画的なんでしょう!まるで映画のワン・シーンを観るように
現代人の心理を見事に突いた曲に思えました。

以降、スティングと共に成長し(した積もり)レコード、CD、映画、
コンサート……出来る限りで追い掛けて、この目で聴き、体験し、
目で見て来たスティングも昨日で55才。相変わらず少し尖った緊張感を漂わせています。
小雨が降りしきるお台場で初めてスティングのソロを観た時の事は一生忘れないでしょう。
全身、鳥肌もの、何しろ、今の僕を形作ったスティングが目の前にいるんですから。

今日の写真は少し前のスティングの傑作「Fields of Gold」に因んで。
パリから近郊線に乗って終点まで40分、そこからバスかタクシーで20分、
若しくは森の中を散歩がてらに2時間のポール・ロワイヤル・デ・シャン。
ここには広々とした小麦畑と森の中の美術館、修道院跡があるだけです。
「小鳥達のさえずリ」と言う意味の美味しいレストランが一軒ポツリ。
17世紀、イエスズ会と対立した事から教皇に異端扱いされたジャンセニスム。
この神学思想運動ジャンセニスムの中心地だったポール・ロワイヤル修道院。
今は国立の美術館になっている修道院を弾圧し、修道女達を迫害、追放したのは
太陽王と国民に愛され、ブノワ・マジメルが「王は踊る」で見事に演じた
ルイ14世です。美術館入り口付近の小麦色に輝く大地は雨で濡れていました。
7月の収穫前にたわわに実った小麦、小さな赤いポピー……。
傘を差して撮影しながら聞こえてくるスティングの「Fields of Gold」のイントロ。
幸せな内容の曲なのに、どこか寂しげで切ない曲調は
孤独の歌ばかりを歌って来たスティングの面目躍如と言う所でしょうか。

先日、発売された最新作「Songs from the Labyrinth」の完成度の高さ。
一つここにスティングのキャリアの頂点を見る思いです。


敬具

2006年10月2日


ブノワ。


[Sting (1951~ )]
[Message in a Bottle/孤独のメッセージ (1979)]
[Fields of Gold/フィールズ・オブ・ゴールド (1993)]
[Songs from the Labyrinth・ラビリンス (2006)]
[Stewart Copeland (1952~ )]
[Andy Summers (1942~ )]
[Benoit Magimel (1974~ )]
[王は踊る/Le Roi Dance (2001)]
[Louis XIV de France (1638~1715)]
[Billy Wilder (1906~2002)]
[市川崑/Kon Ichikawa (1915~ )]
[PR]
by raindropsonroses | 2006-10-02 07:14 | Sound of music。 | Comments(34)
Commented by viva jiji at 2006-10-02 10:17 x
TB&コメント、ありがとうございました。
おはようございます。
“思い入れのあるものはなかなか書けないですね”・・・ですか~?
ちゃ~~~んと筆がスムーズに動いているじゃないですか!
常にも増して「その想い」が伝わってくる文面ですよ。
ブノワ。さん、以前ストリープの記事でしたか失念しましたが巧みな人は「すべて“自分のものに”してしまう」というニュアンスの言葉をお書きになっていたような。
スティングもまさにソレの、ど真ん中のアーティストですね。
女の私からすると「孤独」=「ミステリアスな男」=わぁ!素敵!となるわけですが・・・(話しは最後まで)、と~~~若い頃は思っていましたが多少、人(男)を見れるようになった今の私からするとミステリアス=超寂しがり屋=ひとたび麗しい女性に声をかけられた日にゃ=一発で「ゴロニャ~~ン」となる・・・・わぁ~~~、猫とおんなじ。(笑)
Commented by emi at 2006-10-02 10:53 x
ブノワさん
 こんにちは。

 しかし、いろいろな場所を探し、行かれますね!麦畑というと、私はゴッホの眠る場所に行きました、青い麦の季節、そしてこのような黄金の季節と2回です。

 先日、父からススキのデジが送られて着ました、すっかり秋ですね。
 ドキドキの楽しみ旅行、後指折りですね!!
Commented by ミモザ at 2006-10-02 11:24 x
ブノア。さま
こんにちは。いろんなことにお詳しいのですね。
音楽といえば、いつしか民族系やインストゥロメンタルなど
ほんとんど歌詞のないものばかりになっていました。
スティング、ポリス、とてもなつかしいです。 プログレッシブロックといわれるジャンルのものも好きでした。この時代の音楽ってほんとうに魅力的なものばかり。 Every Breth You Takeなんかが 今もどこかで聴こえてきたりすると嬉しくなってしまいます。今度、新作の「Songs from the Labyrinth」
ぜひチエックしてみようと思います !
長期旅行されるのですか、お留守番大変ですね
どうぞお気をつけて。
Commented by あやこ at 2006-10-02 19:56 x
私もスティング大好きです♪♪
偶然、ラジオで流れたスティングの曲を聞いたときから
どんどんスティングが好きになりました☆
洋楽を聞き始めるきっかけになったのがスティングだったのかもしれません。
massege in a bottleも大好きな一曲。
私の場合、雨の日に聞きたくなるのがスティングなんです。
雨の日はよくスティングを聞いてます♪
Commented by kazu at 2006-10-02 20:56 x
ブノワ。さん、こんばんは。

「de do do do, de da da daはオレの言葉さ~」♪
ひゃ~、はずかし!
スティング最大の汚点(笑)。
スティングは湯川れい子に仕返しすべきです!(きっぱり!)^^
Commented by しん at 2006-10-02 20:57 x
ブノワ。さん ストライク~!!の記事です。
つい先日、スティングを久しぶりに聞いたばかりだったのです。
やっぱりいいですよね。顔も歌声も曲もすべて!
若き日ころ、バンド活動を始めようとしていた友人が歌った
スティングの歌を思い出します(笑)
音程とか難しいのに、それだけ影響力が大きかったでしょうね。
それにしても、お誕生日がきて55歳ですか・・・
魅力的な人は、年を重ねてますます素敵になりますね。
Commented by pua at 2006-10-02 23:41 x
ブノワ。さん
やだー、こんなところにも共通点があるなんて!なーんて、実は私、彼はルックスから入ったのです。で、「こんな素敵な人が作った曲は??」とのめりこみました。でもスタートが遅かったので、「ブルータートルの夢」が最初です。時代を遡り、ポリスに行き着きました。
好きな曲はたくさんありますが、ジミー・ヘンドリックスの曲をカバーした「LITTLE WING」もすっごくいいと思います。
Commented by Brighton Rock at 2006-10-02 23:54 x
あああ~~~、今日はノって書き込みしてたら、またやっちゃいました。ブノワさんが親切にYou Tubeの画像を貼り付けてくれてたので、丸々1曲、見入ってしまいました。なんとお金のかかってないPVだこと。街中に登場する女性もパンクの影を引きずってますね。いやー、時代を感じる・・・。と、書き込みに戻ってきたら自分のメッセージが消えてましたわ。まあまた書けばいいや。今日はなんといってもスティング様ですから。ブノワさんの口から”ブリティッシュ・ロック!”の声があがると嬉しいですね。私にとっても我が青春!! 一応現在進行形のつもりですが(笑)。
それにしてもいいですね、今日の画像とポリスの”孤独のメッセージ”のイメージがぴったり合ってます。(続く)
Commented by Brighton Rock at 2006-10-02 23:55 x
文字数多すぎて却下されたので、以下、続きです。
ポリスは昔から大好きなバンドでしたが、ユーモアがあるなかにも緊張感漂う3ピースバンドというのが私の変わらぬ印象です。メロディも物凄くオリジナルですよね。ホワイト・ファンク、でしたっけ?そんなような表現をされていたような。歌詞に籠められた世界観も、ロックにありがちなストレートなメッセージというより、誌的な格調高さを感じます。元高校教師でしたよね、ゴードン・サムナーさんは。そいえば「高校教師」という歌もありました。そしてロックミュージシャンにとってとても大事なビジュアル、これがほんとにカッコいいですよ、スティングは。佳作”さらば青春の光”のエース役なんて大好きでした。金髪でツンツンヘアで。・・・といくらでも1人で勝手に盛り上がれるブリティッシュ・ロック話でした。またどうぞヨロシク。おやすみなさい!
Commented by raindropsonroses at 2006-10-03 07:32
viva jijiさんへ。
おはようございます。こちらこそトラックバックありがとうございました。
お褒めの言葉恐縮です。最近は誤字脱字が目立ち、ホトホト呆れられたのではないかと思っておりました(笑)ブログを書く意味ってそれほど確固たるものがある訳ではないけれど、「この事とこの人に付いては絶対に書きたい!」と言うのが幾つかあります。viva jijiさんもあるでしょう?「この映画だけは絶対に書く!」って。僕にとってスティングはそんな中の一人なんです。多感(一応)な学生時代からズぅ〜ッと一緒でしたから。スティングの強烈な個性は本物、どんな物も自分の色に染めて再構築する才能は凄いですね。きっと最新版のレーベルを見たらビックリすると思いますよ(笑)所で、2週間かけて届いた手紙……お気持ちとても良く分かります。もう薄紙に包んでリボンをかけて桐の箱に仕舞いたいくらいですね。本当、何物にも代えられない宝物だと思います。親孝行な息子さん!

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2006-10-03 07:37
emiさんへ。
おはようございます。はい、ボンヤリしていたら1週間を切ってしまいました。
実は今日は一泊で郊外の街に行きます。そんな訳でさらに時間が足りないと言う寸法です。まぁ、必要最小限の物さえ持っていれば何とかなると思いますので……秋のパリ、お洒落もしたいけど、結局は実用一点張りになってしまいます(笑)今度お見せ出来るかと思いますが、僕は信頼出来るガイドブックを一冊持っているのですよ。僕と感性が似た方が書かれた本。それを見て、無理の無い程度に遠出するんです。同じ街を歩いてもチョッと視点が違ったりして楽しいです。
今日は久し振りの秋晴れ!薔薇の手入れがしたいのだけれど……。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2006-10-03 07:42
ミモザさんへ。
おはようございます。詳しいと言うか……それだけ長生きして来たと言う事です(笑)
音楽に関しては僕もミモザさんと全く一緒です。歌詞のあるものは全く聴かなくなってしまいました。何でしょう、何かを聞きながらって言うのが苦手になったのかなぁ……特に三味線を覚える時なんかは洋楽は御法度です。リズムが違うので調子が悪くなっちゃうんですよ(笑)あの当時が本当に懐かしいです。新譜や新しいグループの出現に一喜一憂していましたからね。スティングの新譜、是非、是非、チェックしてみて下さい。発売元のレーベルを見たら愕然としますよ(笑)いつもよりもチョッと眺めの旅行ですが、緊張感を持って楽しんで来たいと思っています。お気遣いありがとうございます!

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2006-10-03 07:46
あやこちゃんへ。
おはようございます。スティングがお好きですか!
時代は廻ると言いますか、僕が熱狂していた頃から何巡目でしょうね(笑)それだけ長い人気を誇っているスティングも凄いです。雨の時に聞きたくなる気持ち、とても良く分かりますよ。何でしょうね……スティングの持っている憂いが原因でしょうか。スティング(The Police)は何もせずにバンバン売れちゃった珍しいケースなんですって。宣伝もしないのにコンサート会場は満員。いまだに語り草らしいですよ。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2006-10-03 07:53
kazuさんへ。
おはようございます。前のおすぎとピーコに続いてやってくれましたね?(笑)
あれだけは絶対に思い出すまいとしていたのに(笑)「言葉はオレを縛る……」この世で一番寒い日本語訳かもしれませんね。しかも、コンサート会場で歌詞の一部分だけ日本語にしたのとは違い、レコードになっていますからね(笑)証拠も隠滅出来ない訳です。「ドレミの歌」の超訳を馬鹿にする人がいるけれど、これに較べたらキチンと韻を踏んで素晴しいと思いませんか?(笑)恐るべし湯川れい子、スティングも忠実っぽく訳された日本語と聞き乗りで歌ったとしか考えられません(笑)kazuさん、あれをカラオケで歌えますか?僕なら恥ずかしくて卒倒です(笑)

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2006-10-03 07:59
しんさんへ。
おぉ〜っ!ハンカチ王子と呼んで下さいまし(笑)
ご存知の通り、僕は記事を幾つか書き溜めておくタイプなんですが、あれこれ書いているうちにスティングの新譜が発売になりました。9月28日発売、10月1日の誕生日に発売しない所もスティングらしい(笑)時代と共に楽曲も複雑になって来ましたが、デビュー当時のシンプルで短く乗りのいい曲を今聞いても興奮します。ベストは1枚目、2枚目、5枚目のアルバム。それからシングルは矢張り「孤独のメッセージ」かな?これをキッカケに、改めてスティングを聴き直したいと思っています。また新たな発見があると思いますから……。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2006-10-03 08:07
puaさんへ。
おはようございます。チョッと珍しいパターンですね(笑)
最初に聴いた曲は「If You Love Somebody Set Them Free」辺りですか?「ブルータートルの夢」は僕も大好きなアルバム、擦り切れる程聴きました(笑)スティングの凄い所はカバー曲の出来がいい所。puaさんがお好きなジミー・ヘンドリックスのも良かったですよね。ちゃんと自分の世界になっていました。今度puaさんの好みのタイプをお聞かせ下さい。どの辺がツボでのめり込むのかお聞きしたいです(笑)

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2006-10-03 08:17
Brighton Rockさんへ。
おはようございます。前に忠告しましたよね?コメント中はどこにも行くなって(笑)随分と長く書かせた事になる訳ですね?ありがとうございます(笑)それにしても本当にお金が掛かっていないビデオです。チョッと本番の前に撮っちゃいましたって言う感じがチープで可笑しいです。まぁ、当時は皆あんな物でしたね。友人には意外な顔されますが、僕はバリバリのブリテッシュ・ロック派なんですよ!デュラン・デュランなんかも観に行きました。「The Police」の凄い所は完全にオリジナリティー溢れる所、3人ともインテリでしょう?頭のいい所が曲作りに出ていますよね。ちゃんと韻を踏んでいるし(これがなかなか出来ない)夢中になって歌詞を読んだ覚えがあります。「So Lonely」「Roxanne」とか良かったなぁ……カラオケで1曲目からバンバン、クィーンの「ボヘミアン・ラプソディー」「キラー・クイーン」なんかを連ちゃんで歌っちゃう友達と違って、僕はあまりスティングは歌いません。難しいんですもん……。
Commented by raindropsonroses at 2006-10-03 08:27
Brighton Rockさんへ。
所で、「The Police」はホワイト・レゲエじゃありませんでしたっけ?一枚目のアルバムもその意味だし……ビジュアルと言えば、雨後のタケノコの如く現れては消えて行ったビジュアル系のバンド……懐かしいですねぇ。「スパンダー・バレエ」とかね(笑)それなりにいい曲歌っていたし好きな曲も多いけど、僕は「ABC」が好き。渋谷公会堂でマーチン・フライのワンマンショーみたいな公演も聴きに行きました。先日の「MADNESS」と言い、結構、皆さん現役で頑張っていますね(笑)自分の言葉で語る事が如何に重要かです。「さらば青春の光」も佳作でした。憧れ尊敬していたAce Faceがホテルのドア・ボーイだった衝撃。ラストの崖のシーンまで一瞬たりとも目が離せませんでしたもんね。また何かブリティッシュ・ロック物でも書きましょうかね(笑)その時はお付き合い下さい。

ブノワ。
Commented by JOANNA-hoo at 2006-10-03 08:32
私もネームカードにキーワード登録してる程にSTINGファンです。The Policeから音楽は聴いていましたが、私は特にスティングのあの声が大好きなのです。小学生の頃はテレビを観せてもらえなかったので専らラジオでFMをこっそりと聴いていて、当時大好きな声の1つはchicagoのピーター・セテラでした。女性ボーカリストとは違う高音が効いていて、透明感もあるあの声にぐっときていました(笑)。そこからはもうポップス、パンク、メタル、その他様々なジャンルを聴きましたが今はサウンドよりも声に惹かれて聴くほうが多くなったような気がします。ブノワ。さんはTOM WAITSなどはいかがですか?枯れていて燻るような渋い声は本当に聴いているだけでうっとりしますよ。
Commented by Coucou at 2006-10-04 09:24 x
ブノワさま、亀コメで失礼をば。ワタシは英国でしたらポール・ウェラーが好きでした。スティングには到底かなわないけど、外見、音楽、言うこと、なんだか気になる人でした・・・。いやそれにしても、この写真!思い出がよみがえります(苦笑)ポール・ロワイヤル・デ・シャン、行ったことあります。森で迷子になりましたっけ。ああああ。
Commented by raindropsonroses at 2006-10-04 11:00
JOANNAさんへ。
おはようございます。お返事遅くなりました。
ネームカード!僕はスッカリ失念していて、JOANNAさんのメッセージを読んでから慌てて入れてみました。カタカナでね(笑)僕の好みは男は擦れた高い声、女は低いダミ声で地獄から響いて来るような声が好きです(笑)例えば、スティーヴィー・ニックスとかね。トム・ウェイツは素敵ですね。声は綺麗ならいいって言うもんじゃありません、味、その人の生き様がそのまま現れているような声が素敵です。ピーター・セテラ!僕のカラオケの定番じゃありませんか(笑)ボビー・コールドウェルとかね!

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2006-10-04 11:03
Coucouさんへ。
おはようございます。僕の友人でいまだにポール・ウェラーに狂っている人がいますよ。永遠の青年?僕の中にはそんなイメージがあります。Coucouさん、ここにいらした事あるんですね?(笑)森で迷子?ハッキリ言わせていただけば、迷子になると思います、僕もなりそうになりましたもん(笑)街中と違って、地図は当てにならないし、何より自然はデカい!でもとてもいい思い出です(笑)

ブノワ。
Commented by horaice at 2006-10-09 17:16
はじめまして~☆お花が好きで時々拝見しておりましたが、Stingに反応して初コメントです:-)Fields of Gold Stingの中では一番のお気に入りの曲です。聞いているだけで、映像が頭に広がってくる曲ですね。
 新しいアルバム、、聞いているとStingが土に返ってしまうんじゃないかと心配になりました・・・:-e 様々な音楽を巡り、悟りの境地にたどり着いたような・・そんな感じがしました。どこまでも魅力があるシンガーですネ!
Commented by raindropsonroses at 2006-11-01 09:28
horaiceさんへ。
おはようございます。はじめまして、ようこそいらっしゃいました。
お返事遅くなってゴメンなさいね。3週間も間が空いてしまって……旅から戻りようやくホッと一息ついた所です。horaiceさんもStingがお好きなんですね!意外と僕の周りにはSting好きが少ない物で何だか嬉しいです。Stingもデビューの頃から随分と変わって来ました。生意気な言いようですが、進化して行くStingと僕も一緒に成長出来ているといいのですけど……。「Fields of Gold」は本当にいい曲です。今回もこの写真の所に行って来ましたよ。耳に聞こえるのは当然……こんなブログですがこれからもヨロシクお願い致しますね。時間が出来次第、horaiceさんの所に遊びに行かせて戴きます。

ブノワ。
Commented by horaice at 2006-11-02 12:54
ブノワ。さん 
お帰りなさいです~:-) 旅、いいですね。いつもと違う土地の空気を吸うと、脳も活性化する気がしますが如何でしたか~?
 しばらくStingを聴いていなかったのですが、冷たい秋の空気を感じて、先日久々にmercury fallingのジャケットを手にしました。モノクロのジャケット中に、父親としてのStingの温かさを感じました。アルバムによって、色んなStingがいますね。ブノワ。さんの記事を改めて読んでみて、全てのアルバムが彼の人生の流れになっているのだなぁと思いました☆
 音楽を通して、人生を語り、作品として残せるStingは芸術家ですね☆ブノワ。さんも独特の感性と、それを表現する力をお持ちかと思いますので~羨ましいです。これからの進化を楽しみにしていますネ;-)
空気も冷たくなっておりますので、旅の後のホッとしたときに、風邪にご注意下さいネ~☆それでは!!
Commented by raindropsonroses at 2006-11-03 07:09
horaiceさんへ。
おはようございます。ようやく戻りました。
たった今、薔薇に水をあげて来たんですが、出発前と今朝では水の冷たさが違うように思います。段々水遣りが辛くなる時期ですね……もっとも回数も減るのですが(笑)世の中には自分の才能をフルに発揮して、さらに、それが職業をして成り立っていて、しかも、歴史に残る芸術性を兼ね備えている………そんな才人もいるのですね。僕のは才能は才能でも凡才の方ですからねぇ……でも、horaiceさんのお言葉を小学校の時の担任の先生に聞かせてあげたいです。通信簿の国語の作文の所に「×」が付いていたのですよ(笑)凡才なりに何か自分らしさを表現出来れば……ですかね。風邪………お気遣いありがとうございます、チョッと怪しいです(笑)

ブノワ。
Commented by horaice at 2006-11-09 10:36
ブノワ。さん、こんにちは。Chris BottiのliveにStingが出ていたので、関連して この記事にリンクさせて頂きました☆
記事はブノワさんのように美しくなく、雑然としておりますが、ご了承だけお願いします:-)
Commented by raindropsonroses at 2006-11-10 09:23
horaiceさんへ。
おはようございます。いつもコメントをありがとうございます。記事を拝見させて戴きました。
horaiceさんの素敵な記事に組み込んで戴いちゃって恐縮しています。Stingの「幅」は様々なジャンルの人と枠に捕われずに物を作れる所か来ているのでしょうね。そして、お互いに影響し合う。あとでもう一度ゆっくり読ませて戴きますね。本当にありがとうございました。

ブノワ。
Commented by horaice at 2006-11-10 11:13
ブノワ。さん
お越し頂き、ありがとうございます。こちらこそそんな風に言って頂いて恐縮です。
好きな音楽を共感できる方を発見できて とても嬉しいです:-)*これからもよろしくお願いします。よろしければリンクさせて下さい☆
ところで、ウィンドウにあるかわいいハートは一体何でしょう?ずっと気になっておりました。感触まで伝わってくる立体感がありますね。
Commented by raindropsonroses at 2006-11-13 00:13
horaiceさんへ。
こんばんは。スッカリ返事が遅くなってしまいましたゴメンなさい。
コメントはしっかりと読ませて戴いていましたが、どう言う訳かスルリと抜け落ちてしまいました。こちらこそリンクをお願いしようと思っていた所です。このメッセージを送りましたら早速!それからオレンジのハートですが、これは詩人の高橋睦朗さんから譲って戴いたバカラのペーパー.ウェイトです。ハートって結構、好きなんですよねぇ(笑)ブログ開設一年記念でスキンを一新しましたが、これだけはお気に入りなのでそのままにしています。こんなブログですがこれからもヨロシクお願い致しますね!

ブノワ。
Commented by horaice at 2006-11-13 16:28
ブノワ。さん リンクさせて頂きました。こちらこそよろしくお願い致します☆
ハート・・・私も好きです。バカラだったのですね。名前なしでも惹きつけられる吸引力があるものですね。
ブノワ。さんも詩人の方に譲って頂く と言うほど、惚れ込まれたということでしょうか。色んなお知り合いがいらっしゃるって 刺激になり 自分の幅を広げられそうでいいですね!遅くなりましたが、一周年おめでとうございます:-D
Commented by nyf1403 at 2006-12-31 00:09
虎Muttiです。
私からもTBさせていただきました。
ブノワ。さんは、Stingファンでいらっしゃるんですね〜。最近、あまり聴いていなかったのですが、今日は、ばんばん、ならしています。
彼の発音は、ブリティッシュですね。
Commented by raindropsonroses at 2006-12-31 08:37
horaiceさんへ。
おはようございます。お返事、物凄く遅くなりました。本当にゴメンなさい。
ハートは好きなんですよ。なぜでしょうね?特に集めている訳ではありませんが、気が付くと写真を撮ったりしています。一周年、こんなに毎日キチンと記事を書けるとは思いませんでした。これからもヨロシクお願い致しますね。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2006-12-31 08:41
虎Muttiさんへ。
おはようございます。それからトラックバックありがとうございました。
Stingは大好きです。大人の意識を持った頃からのファン。彼等「The Police」のデビューの頃と丁度重なります。「The Police」の1枚目、2枚目、4枚目、5枚目は本当に凄いですよ。最後の5枚目は完成度の高さにビックリしますが、僕が何と言っても好きなのは1枚目です。機会があったら聴いて見て下さい。旦那さまの感想、聞いてみたいです(笑)

ブノワ。