匂いのいい花束。ANNEXE。

涙目の女達……プラダを着た悪魔。

e0044929_7371493.jpg
拝啓

早いもので今年も11月下旬になりました。そろそろ師走の声か聞こえて来ました。
穏やかな毎日が続きますが、Bさん、その後、お変わりありませんか。

さて、パリ〜スペインの旅から帰り、丁度、3週間が経ちました。
疲れも取れ、スッカリ元の生活のペースに戻った感じです。
バタバタしていて映画館にも行けず、禁断症状が出ていた映画もポチポチ観始めました。
昨日は待ちに待った「プラダを着た悪魔」を観て来たんですよ。
ブランドには興味がない僕が、唯一、持っているプラダのシャツを着てね(笑)
待ちに待ったと書きましたが、実はこの映画、パリ行きの飛行機の中で観ちゃったんです。
日本語吹き替えで3回も!物凄くラッキー!(笑)公開前の観たい映画が
機内上映で掛かるなんてまずありえませんからね。本当に幸運でした。
普通、僕は機内では映画も観ないし、音楽も聞かないのです。
勿論、どんな映画をやっているかはチェックします。でも、よほどの事がない限り観ません。
だって、あらかじめ、「この映画はお客さまのビデオに合わせてアジャストしてあります」と、
但し書きが出るように、オリジナルとは程遠い代物ですからね。
今まで、面白いと思ったのは、劇場で観ていた「ジュラシック・パーク」のみ。
機内ではあの手の上映時間がそれほど長くない娯楽作品が一番かも知れません。

さて、ローレン・ワイズバーガーの「プラダを着た悪魔」の映画化が決まり、
メリル・ストリープがタイトル・ロールを演じると聞き原作は既に読んでいました。
それで、メリル・ストリープのプラダを着た悪魔っぷりはどうだっかと言うと、
もっと居丈高でヒステリックな印象があった原作のミランダ・プリーストリーですが、
低い声と抑えた演技に終始するメリル・ストリープ、スッカリ裏をかかれました。
それ程、アップを多用しないカメラ・ワークなのに強烈な目力、眼光鋭く
目の演技で新人のアンドレア(アン・ハサウェイ)を恐怖に陥れます。
エミリー(エミリー・ブラント)のピリピリした演技がミランダの恐怖を映す鏡になり、
さらにストリープの演技を引き立てます。相変わらずの舌を巻く芸達者振り。
ストリープ狂いを自認する僕が一番嬉しかったのは、久し振りに彼女が美しかったこと。
シルバーに染めたショート・ヘアも絶妙に似合い、次々に変える衣装も豪華そのもの。
これは長年メリル・ストリープのヘア・メイクを担当しているJ・ロイ・ヘランドの功績。
パリのホテルでついついアンドレアに生活の疲れ、己の弱い部分を見せるシーン、
顔色も悪く弛んだ肌と昼間のきらびやかな世界で見せる着飾った虚像の姿との対比。
ただ単に、強烈な個性の仕事人間として、アンドレアを脅かす悪魔として描くのではなく
一人の人間としてキチンと描かれている事のこの作品の奥行きを深くしている要因でしょう。
目で部下を震え上がらせながらも、部下の仕事を理解し、キチンと評価する。
アンドレアがそれに気付くまで、ミランダの信号を理解するまでそれほど時間は掛からなかった。
何故なら、2人とも似た物同士だから……コメディー、「ハリウッドにくちづけ」で
アカデミー賞にノミネートされ、一時期コメディーに立て続けに出演し
失敗した感があるストリープですが、この「プラダを着た悪魔」は
久し振りにクリーン・ヒット、この分で行くと14回目のノミネートも夢じゃないかもしれません。

「I love my job, I love my job, I love my job………………。」
呪文のように自分に言い聞かせてパリ行きを夢見て頑張るいつも涙目のエミリー。
失敗し、ついつい大きな目からこぼれそうになる涙を歯を食いしばって堪えるアンドレア。
人には「ドラゴン・レディ」「氷の女王」と恐れられながらも
家庭内の不和でアンドレアにホロリと涙を見せるミランダ・プリーストリー。
まさに鬼の目に涙、仕事に追われながら、自分の夢に向かって
一生懸命になり自分を見失いそうになりながら女達は一つの目標に向かって、
いい雑誌を作るためチームを組みます。何も鬼上司にこき使われ、
私生活を犠牲にしているのは部下だけではない、その鬼上司も家庭の問題を抱えている。
涙しながら働いているのです。こんな細かい部分の描写が映画を魅力的にしています。

写真はこんな映画が出来るとは露程も思わない5年前の新年。
新世紀を友人夫妻とパリで祝った僕は、皆が三々五々、帰国したあと一人でパリに残りました。
ホッとする間もなく1週間のフィレンツェ旅行です。パリから夜行でフィレンツェ入り、
貸し切り状態の美術館三昧と日帰りの小旅行をし、また夜行でパリに戻ると言うものでした。
その時はフィルはデジカメを持つなどとはこれっぽっちも思わず、
フィルム・カメラ一台+50ミリのレンズを持って写真を撮り歩いた時のものです。
これはどこだったか、フェラガモだったか……ショーウィンドウのディスプレイです。

そうそう、機内上映を見ていた僕の友人T.T.さん、後半のパリのシーンで
本物のヴァレンチノがカメオで出て来るシーン、映りが悪いモニターのせいか
僕のモニターを覗き込んで一言、「だれ、だれ?あっ!みのもんた?!」ですって。
た、た、確かにヴァレンチノとみのもんた、顔の作りも色の黒さも似ているかも(笑)
「プラダを着た悪魔」はもう一度、観に行きます。今度は友人を誘って、
親友も観たいって言いますし、近々、遠路遥々、遊びに来る友人もいます。
精々興行収入に貢献しないとストリープの次の作品が来なくなりますから(笑)
Bさんも是非どうぞ!ファッションに興味があるBさんは必見ですよ。


敬具

2006年11月21日


ブノワ。


[The Devil Wears Prada/プラダを着た悪魔 (2006)]
[プラダを着た悪魔/The Devil Wears Prada (2003)]
[Lauren Weiseberger (1977~ )
[Meryl Streep Online Simpylstreep. Com/Meryl Streep (1949~ )]
[Anne Hathaway (1982~ )]
[Emily Blunt (1983~ )]
[J. Roy Helland (1943~ )]
[Jurassic Park/ジュラシック・パーク (1993)]
[Salvatore Ferragamo]
[みの もんた/Monta Mino (1944~ )]
[PR]
by raindropsonroses | 2006-11-21 00:00 | 映画館へ行こう。 | Comments(18)
Commented by nyf1403 at 2006-11-21 15:20
お久しぶりです。
私もこれ、成田へ向かう飛行機でみました。こちらでは公開されていましたが、言っていませんでした。一つの新聞の批評は、メリル・ストリープを見る価値はあるが、それ以外はゼロ、という批評で、躊躇していました。芸達者でかためていましたね。
やはり映画は劇場の画面でみなくては・・。ただ、こっちでは全てドイツ語吹き替えなんですよ。とほほです。
Commented by emi at 2006-11-21 16:34 x
ブノワさん
 こんにちは。
 私は今、どの映画を観るのか?と思案中です、まあ、なんでもいいのですが、時間が合わないというのが一番の問題です。
 こちら、平日はですね、私の寝る時間に映画が、はじまることが多いのですよ、ですので、ねらい目は日曜日なのです。
 この日曜日には、何か狙っている映画が観れそうです。

 綺麗な映画もいいのですが、ドロドロ映画も観たい感じ・・・へへ。
Commented by pua at 2006-11-21 22:01 x
観ますよ〜今週末!楽しみです!メリル・ストリープはパトリシア・フィールドが「パンプスは素脚で履いて」って言ったのに「観客に私の素脚を見せるなんて、悪いでしょ!」ってストッキングを履いたそうですね。なんだか、脚ばっかり見ちゃいそうです。
ちなみに私、ヴァレンチノとバリー・マニロー(「コパカバーナ」の人)がカブります。
Commented by nanacy at 2006-11-21 22:05 x
ブノワさん、こんばんわ。
「プラダを着た悪魔」、日曜日に友人と観に行ってきました。
本当に原作のミランダとは大違い、勿論、メルリストリープ演じるミランダのほうが、ず~と魅力的でした。かなり、スリムになられてましたね。実はわたしもTTさんと同じ質問を隣の友人にしたんですよ!(笑)そしたら、ゴルティエじゃない?なんていうもんで、私が、違う違う、カール・ラガーフェルドじゃない?なーんてね。ヴァレンティノだったんですね。そーいえば
そうじゃない(笑)。それにしても、ヴァレンティノとみのもんたとはも~可笑しすぎます(笑)。 ところで、シュー・ウエムラのビューラーってどんな形をしているんでしょうね?とにかく、面白いし、ファッショナブルだし、そうそう、今日のブノワさんの写真のようなピンヒールをみんなが履いてましたね。一度でいいから、履いてみたいな~。まぁ、間違いなくずっこけますね、今日のコメントのように(笑) でも、ただ、それだけでないんですよね。この映画。





Commented by petit A at 2006-11-22 00:23 x
お元気ですか?
初めてコメント書かせて頂きます。
私も公開初日1人でお洒落して真夜中のレイトショーで見てきました。
愛読書のVOGUEの女編集長がモデルの話と聞いて
ずっと見たいと思っていたんですよ^^
メリル・ストリープ、素敵でしたね!
モデルさん達も、衣装も、パリも!
衣装部屋にズラーっと並んだ靴とお洋服も!!
ため息が出ちゃいました。
もう1回、誰かさんを無理やり誘って見に行きたいです。


Commented by raindropsonroses at 2006-11-22 08:30
虎Muttiさんへ。
おはようございます。そうでしたか、そちらでは全部吹き替えでしたか。
僕だったらチョッと耐えられないかもしれません。声は役者の大事な命ですもんね。少し前に書いた「ルードヴィッヒ」も後でクレジットを見ると吹き替え版でした。世界を市場に見据えた昔のイタリア映画とかには多いですよね。所で、メリル・ストリープは本当に良かったです。でもそれも、周りの役者がいいから良く見えるんだと僕は思います。悪役が凄いとヒーローが輝くのと一緒ですね。幸いに日本語吹き替えは非常にイイ出来でした。あと何回観に行くかな(笑)

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2006-11-22 08:34
emiさんへ。
おはようございます。そうですよねぇ……映画観ながら爆睡は困りますもんね。
旅先ではなかなか映画は観られませんね。僕は今まで「ロード・オブ・リング」と「ピアニスト」の2本しか観た事ありません。いつも泊る所の傍に劇場があるんですけどねぇ……言葉が問題じゃないですか。emiさんは字幕なんかなくてもバッチリでしょう?何だかとても羨ましいです。「プラダを着た悪魔」は今週末にも観に行くかもしれません(笑)emiさんも素敵な映画に巡り会えますように。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2006-11-22 08:38
puaさんへ。
おはようございます。おぉ〜っ!ダンゴ三兄弟ですね(笑)
そう指摘されちゃうと、みのもんたにしか見えなくなっちゃって困りました。バリー・マニロウかぁ……勿論知っていますとも!(笑)メリル・ストリープは足が太いですからね。コンプレックスなんでしょう。ファースト・シーン必見ですね(笑)兎に角、着替える着替える、着せ替え人形のように取っ替え引っ替えの衣装で登場です。今週末、楽しみですね!感想を是非、お聞かせ下さい。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2006-11-22 08:44
nanacyさんへ。
おはようございます。ゴルチエはボーダー、ラガーフェルドはサングラスです(笑)
兎に角、僕は面白く観ました。映画全部が芸術作品である必要はないし、結構、上手に出来ていると思いますよ、この映画。まぁ、女性は大変ですよね、こんな靴僕には履けませんもん。今度、ピンヒール履いて薔薇の作業してみたら如何ですか?しっかり踵が刺さっちゃうでしょうね(笑)低い声で立板に水のように次から次へと指示を出し、しかも、部下の反応をしっかりと目で追っている演技なんかなかなか出来るもんじゃありません。演技のアンサンブルとしても面白かったです。今週末、また観に行くんです!

ブノワ。 
Commented by raindropsonroses at 2006-11-22 08:49
petit Aさんへ。
おはようございます。ようこそいらっしゃいました!
そう、チョッとお洒落して観に行きたくなる映画ですよね。僕はブランドには疎いのですが、詳しい人には映画どころじゃないくらいに興奮ものかもしれません(笑)機内誌のオーディオ・ガイドを見た時には飛び上がるほど嬉しかったです。知っているパリの街も、良く見ると全然景色が繋がっていないのですが(笑)そこはご愛嬌、最初から最後までしっかり楽しんで来ました。こんな感じで長文ブログを書いていますが、これからも一つヨロシクお願い致します。

ブノワ。
Commented by しん at 2006-11-22 13:20 x
ブノワ。さん
あ~もう公開されているんですもんねぇ~なのに私ってば、まだ原作本を完読していませんわぁ、焦る!(笑)
ヴァレンチノとみのもんたの共通性を確認しなくちゃいけないし!(笑)
でもストーリー展開は、だいだい想像がつきますね。
昔の映画「ワーキングガール」に似てるのかな?
あの映画が好きで、何度も観てサントラ盤を買った事を思い出しました。
「プラダを着た悪魔」の音楽は、印象に残りましたか?
Commented by raindropsonroses at 2006-11-23 07:27
しんさんへ。
おはようございます。そうですよぉ。月日が経つのは早いですねぇ。
この前、原作を読んだばかりだと思っていましたから。スチール写真が出回るようになり、旅行から帰って公開にを心待ちにしていましたが、何と、機内上映とは(笑)いつものご大層な信条を曲げ、ガツガツ3回も観てしまいました(笑)みのもんた、確認願います。絶句必定、椅子から転がり落ちないようにね(笑)音楽ですけど、全編適度にポップスがかかっていました。矢張り、マドンナの「Vogue」は名曲ですね。

ブノワ。
Commented by pua at 2006-11-26 21:47 x
ブノワ。さん
2個目のコメントです。昨日観てきました〜!おもしろかった。突っ込もうと思えばいくらでも、でしたけど、素直に観て楽しむべき映画って気がしました。テンポが良かったせいかなんか元気が出て、お買い物しちゃいたい気分になりました。プラダやシャネルは無理だけど。みのもんたはねえ、予想以上に似てました(笑)。ヴァレンチノってイタリアの君島一郎みたいなイメージだったのですが、少し太ってみのもんた?
Commented by raindropsonroses at 2006-11-27 10:08
puaさんへ。
2通目のお返事です(笑)そうでしょう、面白かったでしょう。
僕が驚いたのは最新のファッションのお話しなのに、公園でのフォト・シューティングと、ジェームズ・ホルトのデザインが死ぬほどダサかった事(笑)今時、帯ベルトって一体!ミランダじゃなくても口をすぼめたくなろうと言うもんです(爆)で、お買い物の戦利品は?エルメスにロエベ?(笑)色々と考えず、素直に軽い気持ちで楽しみたい映画ですね。

ブノワ。
Commented by 大庭綺有 at 2006-11-28 10:20 x
こんにちは。
ちょっと旅をしてきまして(笑)、その旅の機内でワタクシもこの映画を見ました。それも何回も何回も。
ワタクシが好きなのはタイトルが表示されて出演者の名前が順々に出てくるところ。ヒロインをはじめとする若い女性たちが出陣の準備をしている時間です。服を、メイクを、アクセサリーを、そして仕上げに靴を履いて、パートナーにも気配りを残して、「いざ出陣」する姿の素敵なこと!! これはどこの国の働く女性たちがしていることですもの。ここだけでも何度見たことか(笑)。
ミランダ役のメリル・ストリープは確かに素敵でしたね。あの髪もとてもお似合いで、どの服も役に相応しく着こなしていました。投げるようにヒロインの机に毎朝置くコートとバッグもまた素敵なこと!彼女なら着こなせるだろう、豪華な品でした。単に嫌なオンナ上司ではないことは彼女を配したことで分かりますが、パリのホテルで疲れたような顔で心情を吐露するところなど秀逸。どころでもトップに立つ女性は皆こうした瞬間を持つのだろうなと思ったものです。男性ならば妻にすがるのでしょうが、女性上司の場合は・・・・・どうなんでしょうかね。
Commented by raindropsonroses at 2006-11-28 23:06
大庭綺有さんへ。
こんばんは。お帰りなさい……ですね?(笑)
もしかして僕と同じ方向でしょうか?(笑)普段は「機内上映なんて映画じゃないじゃん!」と、豪語する僕もアッと言う間に手の平返し(笑)メリル・ストリープのファンで、公開前の作品が見られると言うのに見ない方が可笑しいですもんね。この作品、確かにテンポがいいですね。オープニングからしてバリバリの「コツコツ」と、ダサダサのアンドレアを対比させる上手さ。鬼上司と部下、決して理解し合えないのでなく、時間は掛かっても気持ちが通じている所が観終わった後の爽快感なんでしょう。最後に見せるミランダの笑顔、そして運転手に一言「Go !」と一瞬で鉄面皮を纏う上手さ。エミリー役も上手いですね。ピリピリの彼女が一言「ありがとう」と言うシーン、大好きです。いい女優を一人発見しました。矢張り、女性ならウットリするファッション満載でしたか?男の僕とではこの作品を観る視点が違うのでしょうね……。女性上司、家に帰っても気が休まらないのでは辛過ぎますね。

ブノワ。
Commented by viva jiji at 2007-01-14 16:44 x
遅ればせながら劇場で「1回こっきり」しか観ておりませんが
堂々とTBお持ちいたしましたですわ!(笑)
こんにちは~。
私、最近思ったんですけど、アシスタント2名はどうして女性なんでしょう?って。
能力のある若い男性(見目麗しい)じゃマズいのかしら?

もしも、もしもよ、私がミランダの立場だったら優秀な男子を採用するけどなあ~~~。
私、男性のほうがぜったいセンスいい人は、女性より繊細で優れていると信じているの。
秘書的アシスタントでしょ。国会議員の秘書だってみんな男性よ。

ブノワ。さん、どう、思う?
Commented by raindropsonroses at 2007-01-15 07:39
viva jijiさんへ。
おはようございます。メッセージとトラックバックありがとうございます。
正直書いていいですか?実はこの映画、もっと詰まらないんだろうと思っていたんですよ(笑)期待する映画が全て傑作な訳ではありませんからね。原作では、例えばミランダがコートとカバンをアンドレアの机にブン投げる時に出す指令が如何に無理難題か、遂行するまでを事細かに描写されています。映画はその辺の無駄をスパッと切り取り良かったかなと。「サンセット大通り」のスワンソンが凄過ぎたために、ノーマ・デズモンドの役が段々膨らんで行ったように、この場合もストリープを迎えミランダの比率が多くなったんじゃないでしょうか。原作には美しくもゲイゲイしいスタッフがわんさか出て来ます(笑)だから恋人役と例の作家に批判が集まるのかなぁ(笑)ミランダの脇は女性2人ですけど、ミランダはそう言うタイプ?自分の下は女性、どこかに第二の自分を育てる気があるって言うのは穿った見方?確かに姐さんが仰言る通りですもんね。姐さんだったら周りは全部男で固め、そして僕はその中に入れない(爆)違いますか?

ブノワ。