匂いのいい花束。ANNEXE。

配達された120枚の絵葉書。

e0044929_7233961.jpg
拝啓

11月もそろそろ終わりに近付きました。街は既にクリスマス・ムード一色。
日本人って変なものに敏感で流されやすい単純な国民ですね(笑)

さて、先日はわざわざメールをありがとうございます。
スペインからの最後の絵葉書が届いたんですね!
随分と時間が掛かったみたいですが、どこを旅していたんでしょうねぇ?
恐縮する事なんかありません、僕も好きで書いているのです、あれは僕の趣味なんです。
目的地に着くと一番最初にする事は、絵葉書と切手の調達です。
先ずは当座の分、大体50〜60枚の絵葉書と切手を買います。
絵葉書は街角のお土産屋などて買うと比較的安く手に入るけど、
これらはいかにも観光地って言う感じの安かろう悪かろうな品。
僕はボールペンを使って書きますから、ザラザラの紙は書き心地も良くありません。
パリだとお決まりのエッフェル塔や凱旋門、モナ・リザやノートル・ダム、
サクレ・クール寺院の写真が使われ、そこにこれまたお決まりの「Paris」の文字(笑)
でも、美術館で買うと割高だけれど、センスのいい絵葉書が買えます。
あとは、そうそうたるカメラマンが撮った写真を使った絵葉書の数々。
ロベール・ドアノー、ウイリー・ロニス、ホルスト、ジャンルー・シーフ、
セシル・ビートン、アンリ・カルティエ・ブレッソン等が僕のお気に入り。
彼等の撮るモノクロの写真が絶妙にパリの街と合います。
でも、たまにはわざと思いっきりエッフェル塔の絵葉書を使ったりします。
いるんですよ、僕の友人にエッフェル塔フェチが(笑)部屋の中じゅうエッフェル塔!
書く枚数は毎回、段々エスカレートし、今回、書いた絵葉書は3週間で120枚(笑)
まぁ、複数枚書いた方もいますからね。出した人の数はもっと少ないです。
だって、中には「パリとスペインの両方から出すように」って言う強欲な人もいるんですから(笑)
大体、一枚書くのに10分弱くらいでしょうか。頭で考えた事をスラスラと書きますから早いです。

今日の写真はスペインはグラナダのアルハンブラ宮殿内にある
「Hotel America」の僕の部屋の窓際の写真。部屋は2階、階段を上がってスグでした。
この窓の下に蔦で見えなくなっていますが中庭があり、カフェになっています。
朝から夕方までは支度をするシニョーラやお客の楽しげな声が聞こえて来ます。
ラジオから聞こえる憂愁を帯びたギターの音色に食器がカチャカチャぶつかる音……。
このテーブルで何枚の絵葉書を書いたでしょうか。窓から吹き込む微風、喧騒、珈琲の匂い、
カーテンごしの明かり、こう言う素敵な舞台が揃うと筆が進むのは言うまでもありません。

また何かの機会に便りしますね。僕がまかり間違って大文豪にでもなったら
高い値で売れますから絵葉書は取っておいた方がいいですよ(笑)
もっとも、これだけ書き散らしていたらダメかもしれませんが……。


敬具

2006年11月24日


ブノワ。


[Robert Doisneau (1912~1994)]
[Willy Ronis (1910~ )]
[Horst P. Horst (1906~1999)]
[Cecil Beaton (1904~1980)]
[Jeanloup Sieff (1933~2000)]
[Henri Cartier-Bresson (1908~2004)]
[PR]
by raindropsonroses | 2006-11-24 00:00 | 旅の栞。 | Comments(24)
Commented by Coucou at 2006-11-24 10:14 x
ブノワさま、おはようゴザイマス。旅先の素敵な空間で、大量の絵葉書を書く余裕!旅人は、こうであってほしい。免税品を買い漁る日本人観光客にはそんな時間はないんでしょうが・・・。旅先からの絵葉書が届くのはとても嬉しい、大好きです。旅行してらっしゃる方のわくわく感や空気が伝わって、とても楽しくなります。外国の色んな切手が貼られた観光名所の絵葉書はちょっとした旅気分になれるし。海外のセンスあるポストカードだったりすると、ちょいとアート気分。嗚呼、最近、留守番ばかりですからね、旅人になりたひ。
Commented by M2co at 2006-11-24 13:45 x
ブノワさん、こんにちは。ご無沙汰してました。
今回のお題、こじんまりとしたとても気になる空間です。こういう狭くて雰囲気のある所が好きなんですよ、わたし(笑)・・・旅先から貰う手紙やハガキは、その場の空気や気分を含んでいて、行った事もない場所なのに勝手に想像する楽しみがありますね。特に旅先の詳細を豆どころか菜種ほどの文字の大きさで、カードにビッチリ埋めて送ってくれる親友がいるので、余計に想像が膨らみます。それと自分の為に選んでくれたカードの絵を並べて、その意図を読んだりも楽しいものです。・・・フェチなんですか・笑。聞くところによると高さが80cmにもなるデカいのを作ってるみたいですけど、何処に置くんでしょうね。見モノです。
Commented by gyuopera at 2006-11-24 14:33
ブノワさんおはようございます。
この写真、ア、アンダルシアだな、ってすぐわかりましたよ。床のタイルとサイドテーブルで。
こういう床は何十年も経っていると思うんですが、物を落としたとき割れたりしないんですかねぇ・・・ 自分のキッチンの床タイルが傷だらけなのでいつもそう思います。
それにしても筆まめなブノワさん。貴重な現地での時間をたっぷり絵葉書書きにあてられるのですから、もらったほうもそれはうれしいことでしょう。最高のお土産ですね。
私はたまった絵葉書を便箋の代わりにして何枚も使うことがあります。母などは喜んでくれますね。
ご自分のためにも絵葉書は買われました? 私は良く、いただいたカードや絵葉書は、いつも机の上に飾っておきます。しばらくは書いてくれた人をしのべるわけですね。
Commented by 猫のおなか at 2006-11-24 14:47 x
ブノワさま。
絵葉書、いいですねぇ~。
自分では殆ど書かないのに、頂くととっても嬉しいものですね。

よく絵葉書を送ってくれる友人が一人だけ、います。
旅先の美術館や街角のお店などで、私のことを思い出してくれて、絵葉書の写真や絵柄を丁寧に選んでくれる。
そして、カフェやホテルの部屋、ひょっとしたら列車待ちのホームのベンチなんかで、旅の香りに溢れた言葉を綴ってくれる・・・。
海を渡ってというか、空を飛んで届いた絵葉書を手にする嬉しさ。
絵を楽しむ、そして読み始める。
旅先から心の中へと語りかけてくれているような気がします。

あ、もっとも最近は、絵葉書よりも本人が先に帰ってくることがありますよね。
無粋な時代になったもんです(笑)
Commented by ダヴィデ at 2006-11-24 16:55 x
120枚のハガキですか???すごいですね〜メールが支流になった今日、手紙やハガキって貰うと嬉しいものですよね。しかし、120枚はすごい・・・依然パリにいった時郵便局で、友人がフランス語ができなかったので、切手を70枚買いたいと言われ、なんだかちょっと恥ずかしかったのを覚えてますが・・・今思えば別に日本で70枚の切手を買うのに恥ずかしい事はないのですが、70枚の切手なんて個人的に買ったことなかったので・・・(笑)でも旅先で頂くたよりって凄く嬉しいものですよね。ブノワさんはそれにしてもまめですね。
Commented by emi at 2006-11-24 17:29 x
ブノワさん
 こんにちは。

 旅先で、120枚ものハガキですか!私は一年間でもそんなに出しませんよ~この間久しぶりに書いた日本語、ふにゃら・ふにゃら~で恥ずかしかったです。
 でも、ハガキを頂くのは、本当に嬉しいです、ポストに入っている何か!を取り出すときのワクワク感。
 ・・・・・が、請求書だったときは、がっくりですけどね。

Commented by seedsbook at 2006-11-24 18:36 x
120枚を3週間はなかなかですね。脱帽。
指が痛くなりそうです。

一時は旅先で絵を書いては送ったりしていましたが、最近はそんなこと思いもつかないようになってしまった。

上の写真、気に入ってます
Commented by G・d・D at 2006-11-25 01:26 x
ブノワ。さま

こんばんは。
これって『配達されない三通の手紙』?(笑)
何ともいえないドメスティックな映画でしたね。

鏡の枠と椅子の生地は深い緑...、でしょうか?
窓を開け放したら心地よい風が通り抜けそうで、
なんとも素敵な空間に思えます。
細い路地にも似た懐かしい場所のよう。

さらさらっと筆をしたためる事の出来るブノワ。さまが羨ましい(笑)
一枚の葉書にさえ、思わぬ時間がかかってしまいます。
おまけに筆圧が強く、書いた後はぐったり....(笑)
これでは、風情も何もあったものじゃありませんね!!!

少し離れた場所から聞こえる食器のぶつかる音には、
暮らしが紡ぐ甘い呼吸のようなものを感じます。
遠い路地裏の喧騒.....。こんな場所で飲む珈琲は格別でしょうねー。
旅にはそれぞれの色がありますね。
風の姿は見えなくとも其処此処に感じる気配が彩るのでしょう。

配達されない三通のスペイン葉書もまた風情。
行方がわからないまま、それも素敵な事のように感じます。
けれども脳裏には「人間の証明」の某台詞が.....!
松坂に始まり慶子に終わる....コメントでした(笑)
Commented by shiki_cappa_m at 2006-11-25 08:10
おはようございます。
120枚も書いたんですか…。私も旅先で書くことは多いのですが、そんなには…。おひとり2枚ずつとしても60人、3枚ずつにしても40人。お友達が多いブノワ。さん。いいですね(笑)。
そう、以前、バリ旅行中の方から絵葉書を頂いたのですが、アジアだからなのか、郵便局員の怠慢か?絵葉書のあちこちが折れ曲がってくちゃっとなって届いたことがありました(笑)。それもそれで、海外からの味、と思って笑ってしまいましたけれど。
この、カーテンから漏れる光が素敵です。

施基
Commented by raindropsonroses at 2006-11-25 09:38
Coucouさんへ。
そうなんです、切手が問題でして、センスのいい季節のものが見付かるといいのですが、異様にデカかったり、何枚かの組み合わせだったり……書くスペースを大きく取りたいので一番いいのが例の安っぽいデザインの物になってしまいます(涙)なるべく旅の空気を伝えようとするのは大変です。今度、Coucouさんにも書きますか……。そうそう、すっかり免税店は行かなくなりました。空港で時間潰しに見たりしますが、タバコ、酒、香水……全く興味ないもので(笑)お酒なんか日本で買った方が安いですもんね。旅先で時間を有効に使えるようになるまで随分とかかりましたよ。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2006-11-25 09:45
M2coさんへ。
おはようございます。随分と寒さを感じるようになりました。M2coさんは超寒がりだからスッカリ防寒でしょうか?(笑)久し振りに菜種と言う言葉を聞き、そのお友達はどんな人だろうと興味津々です。僕が一番気を遣うのは、その人にどのカードを出すかなんです。冗談が通じるくらい仲好しだったら思いっきり遊んでみますが、センス悪いと思われてもしゃくだし、なかなか難しいのですよ。所で、気になる80センチのエッフェル塔!僕も含めて一般の人の長さに対する感覚って意外にいい加減で、昨日の午後、バルコニー大幅改造のために金尺もって実測していたんですが、1メートルと思っていた金尺は、実は60センチしかありませんでした(笑)80センチと言う事は、下の土台は一辺50センチくらいありそうですね!出来上がりがコワい?天上から逆さに吊るすしかないです(笑)

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2006-11-25 09:52
gyuさんへ。
おはようございます。コメントを読ませて戴いて面白いなぁって思ったのは、僕は物が落ちて壊れると思うのは落としたものの方でして、タイルが壊れると思った事は一度もありませんでした(笑)タイルの床って苦手なのですよ。僕は中学のときからメガネですからその辺に理由があるのでしょうか。それにしても大きなタイル!焼くの大変でしょうねぇ。寄せ木の大きくて素敵なテーブルがあったんですが断念、次回は是非にと思っています。実は、僕の収集癖の中に「絵葉書」も含まれていまして(笑)実際に使ったりもしますが、家には夥しい数の絵葉書があります。そんな訳で、出す絵葉書の他に、大量の絵葉書を購入、余ったら帰って来て使ったりコレクションに加えたり……僕も戴いたカードは机の見える所に飾ってあります。矢張り、実筆の物はいいです、gyuさんが仰言る通りその人が忍ばれますものね。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2006-11-25 10:00
猫のおなかさんへ。
おはようございます。そうなんですよ、旅の最後の方になると考える事の一つがそれ、絵葉書よりも自分の方は先に日本に「届いちゃう」って言う事!その人と帰国してスグに約束がある時なんて本当に困ってしまいます。最近はあまり気にせずにジャンジャン書いていますが……。それから、国によって郵便事情が違うでしょう?フランスなんて優秀な方で、5日で日本に届きますもんね。イギリス、アメリカ、ドイツ……優秀なのはこの位?当たり前のように思っていますが、日本の郵便って凄いです。東南アジアから出す絵葉書は、半分紛失の覚悟で書いています(笑)旅先で友人が興味を持っている物を見た時にその人を思い出す、これも旅の面白さの一つだと思っています。自分が面白いと思った事を友人にも伝えたい……きっと、伝わっているハズ、そう思いたいです。
追伸、その人の趣味嗜好にピッタリの絵葉書を見付けても、家族と同居の場合は諦める事があります。誰にも秘密はありますからね(笑)

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2006-11-25 10:08
ダヴィデさんへ。
おはようございます。そんな事まで通訳させられるんですか(笑)
僕は自分で買いますよ。フランス語は出来ないけど、でもそのくらいの言葉は喋ります。スペインでは絵に描いてみましたが(笑)フランスの郵便局で英語が通じる場合、キチンと発音しないと「15」だか「50」だか分からない時があります。窓口の局員は50枚も切手を買うなんて信じられないんですね、きっと(笑)次に買いに行くと「またぁ?!」って顔されますよ。ルーヴルの地下の郵便局に日本語が達者なムッシュがいまして、一度「何するの?」って聞かれた事があります(笑)切手が印刷された封筒の方が安いんですよね、必ず勧められますよ。僕の絵葉書、皆喜んでくれているかなぁ……。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2006-11-25 10:12
emiさんへ。
おはようございます。僕も請求書は嫌いです(笑)
でも、このメール全盛時代、個人の私信がポストに入っている事は非常に稀ですね。殆どDMかチラシ、そして請求書!請求書は入れないで下さいって書いておこうかしら(笑)そんなこの頃ですが、ポストに友人からの手紙やカードを見付けると非常に嬉しいですね。その思いがあるから僕も旅先で書くようになったんですが、今や趣味の一つになってしまいました(笑)絵葉書の効用って結構あって、ついつい忘れがちな漢字をどうにか使いこなせているのもこの趣味のお陰です。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2006-11-25 10:16
seedsbookさんへ。
おはようございます。実際に絵葉書を書き出すのは目的地に着いて3日ぐらい経ってからです。今回も、パリの最終日に書き始めましたが、翌日になってみると何だか右手がおかしい……軽い筋肉痛なんです(笑)暫く原因が分かりませんでしたが、分かった時は思わず失笑してしまいました。そんな訳で、旅先ではマッサージをしつつ書いています(笑)seedsbookさんが描いた絵を送って貰った人はラッキーですね!所で、僕の住所知っていますよね?今度、お願いします!(笑)

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2006-11-25 10:35
G・d・Dさま。
おはようございます。G・d・Dさんは一体お幾つ?(笑)
「配達されない三通の手紙」は確か30年くらい前の映画ですよ!犯人は……最初に登場するシーンから「私が犯人!」と顔に書いてありましたね(笑)物凄い豪華キャストですが、考えられないほどの凡作。エラリー・クイーン原作、野村芳太郎監督なのにねぇ……。実は、この記事のタイトルをアップする直前に変えたんですよ。このタイトルだとG・d・Dさんからコメント来るかなぁって(笑)どうです、読まれていましたね(笑)僕は思惑通り、しめしめって言う感じなんですが……。さて、それは兎も角、鏡の枠と椅子の生地は深い緑です。最初は煩く感じられた喧噪も、慣れてくると心地いいものになりました。もっとも、これは言葉が分からないからいいんでしょうけど(笑)沢山、便りをするコツは弱い筆圧に、あらかじめ書く事を頭の中で整理しておく事でしょうか。ギュゥッと強い筆圧はキツいかもしれませんね(笑)僕のボールペンの文字は物凄くさらさらですよ。僕は元々お喋りなんでしょう……書く物もお喋りだってよく友人に言われます(笑)今度、もっと小さい字にしてやろうかしら……。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2006-11-25 10:41
施基さんへ。
おはようございます。僕の場合、原則としてお一人一枚限りです(笑)
スーパーの特売品と一緒。新しい友達でも、旅先から出したいが故に、あらかじめ住所を聞く事もあります。お友達……幸いな事に多いかもしれません。昔は皆にお土産を買っていたんですよ……なんだかある日バカみたいだって思っちゃって……それから絵葉書にしました。両方、旅の貴重な時間を使う事に変わりはないけれど、それだったら絵葉書の方がどれだけお洒落かなぁって思ったんです。結構、通信費もバカにならないんですけどね(笑)角がくしゃくしゃの絵葉書……味と思いましょう(笑)紙なのに長旅お疲れさんと労って下さい。そうだ、文字の上にベットリのスタンプだけは困りますね……。

ブノワ。
Commented by gyuopera at 2006-11-25 20:29
私も昔は、タイルが割れるなんて思いませんでした。でも自分の家の床のタイルを選んで貼ってもらった後、ビン、栓抜き、コップ、はさみ、と、何か硬い物が落ちるたび、タイルが小さく削れて割れ、そのあとが黒くなるので、本当に腹が立ちます。割れたコップはまた買えば良いけれど、床のタイルはそう簡単に張りかえられません! 今でも、台と同じ花崗岩のタイルにすればよかったなぁと悔やまれます。
Commented by aoi at 2006-11-25 23:41 x
ブノワ。さん
こんばんは
このテーブルはカイロで買おうかどうしようか、迷い続けて早10(?)年…というものです。
グラナダらしい調度品ですね。
ああ、どうしましょう(笑)
旅先ではがきを出すのは大好きですが、さすがに3桁はありません。ブノワ。さんすごい…!
そういえば、海外に出して驚いてしまうのは、「宛所不明」のスタンプが押されて、半年ぐらいして戻ってくることです。手紙が口を利けたら面白いなあと、そんなときは思います。
Commented by raindropsonroses at 2006-11-26 08:24
gyuさんへ。
おはようございます。そうですか、確かに固いものが落ちると割れるでしょうね。そして黒くなる……目立ちますもんね。自分が落とした時なんか誰にも当たれないし(笑)17年目の記事、読ませて戴きましたが、交換する時に同じ物があると嬉しいしラッキーだとも思うのでしょうけど、何か物を選ぶ時に、長年変わらずにあるものかどうか、その辺を見極めるのも大事でしょうね。タイル、一枚だけ張り替えれば済めばいいでしょうけど、たった何枚かのために全面張り替えは大変ですもんね。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2006-11-26 08:30
aoiさんへ。
おはようございます。10年ですか(笑)
有名なアルハンブラ宮殿の中のお土産物屋で見たんですが、大判で寄せ木の色がクリーム系のみで出来たものがあったんです。凄く素敵で、確か、海外発送もしてくれるんだと思うんですが、結局、諦めました。グラナダの地にいる興奮が少し醒め、冷静な頭で考えるとそのテーブルは家の中のどこにも居場所がないと思えるようになって来ました(笑)手紙は趣味なのですよ。もっとも、最近はスッカリ出す機会がなくなりましたけど……昨日は礼状を2通出しました。今はそんなもんです(笑)僕はあまりありませんが、行方不明の手紙って物凄い数なんでしょうね……どこで何をしているか手紙に聞いてみたいもんです(笑)

ブノワ。
Commented by しん at 2006-11-28 14:39 x
ブノワ。さん
120枚の絵葉書!!凄いの一言ですよ。筋金入りの筆マメね。
だいたい筆マメの人って、お喋り好きですよね。かく言う私も筆マメな方だと自認していたけれど・・・ブノワ。さんの前では言えないわ(笑)
旅先からの絵葉書や手紙って、本当に嬉しいものですよね。何よりのプレゼントって気がします。
Commented by raindropsonroses at 2006-11-28 23:15
しんさんへ。
そうですね……改めて数字だけ見ると自分でも信じられませんが、毎日の事ですから。大体、一日に6枚でしょう?決して多くはないと思いますけど……多いか(笑)僕は筆マメですけどお喋りじゃありません?(笑)やっぱりお喋りでしょうか?このブログを見れば分かりますね。僕は旅先からの絵葉書なんて貰おうもんなら大変です。その人の株が急上昇です(笑)自筆ってコワいのは、思ったよりも正確に性格が出ている事です(笑)僕の書く文字……合点が行きませんか?????

ブノワ。