匂いのいい花束。ANNEXE。

古いほどいい?……深夜のフラメンコ体験。

e0044929_7205718.jpg
拝啓

T.T.ちゃん、ご無沙汰しています。10月の旅行以来になりますがお元気ですか。
帰国後バタバタしていて写真の整理が出来ず、スッカリ遅くなりましたが
T.T.ちゃんがお気に入りだったフラメンコの写真を同封します。
どうでしょうか、きっと気に入ってくれるんじゃないかな……。

T.T.ちゃんも多分、僕と一緒の思いだと思うんだけど、
1枚目の写真が僕のお気に入りのダンサーです。2枚目が若手の花形、
一見、美人で華やかだったし舞台も良かったけど、僕のお気に入りは一枚目のダンサーです。
失礼な言いようだし、世の女性陣の大顰蹙を買いそうな言葉だけど、
昔はよく、「畳と女房は新しい方がいい」って言いましたね(笑)
今時、例え酒の席でもそんな事を豪語する御仁はいないと思うけれどね。
でも、フラメンコ・ダンサーはお年を召している方が断然いい!
若さや美しさだけでは決して太刀打ち出来ない年輪とテクニック、飛び散る汗、
自在に変わる表情の深み、眉間の深いシワ……ダンサーの歩んで来た
人生の苦悩を重ね合わせるかのような踊りに圧倒されます。
周りにいた団体の男性陣は(殆どオジサン)若いダンサーに釘付けだったみたいだけれど、
僕は断然1枚目のダンサーが良かった。目力が違います。
e0044929_7214616.jpg
所で、僕等が舞台に噛り付きの場所で見学出来たのは、
僕が店の人に頼んだからなんですよ。写真を撮りたいから移動してもいいかって。
最初は一番後ろの方の席でしたからね。移動して良かったでしょう?
もう一組、僕達のスグ傍に日本人の熟年カップルで、席が後ろで見えない、
こんなハズじゃなかったと腹を立てて途中で退席しちゃった人がいたの知っていましたか。
旦那も不機嫌そうな仏頂面していたけれど、奥さんの方は烈火のごとく怒っていて(笑)
殆ど鬼のようなご面相、怒髪天を突き、頭から湯気が出るくらいの勢い、
ロビーで一緒になったんだけどトイレから「バンッ!」って出て来ると
僕にぶつかっても一言も謝る言葉もなし。何事かと思いました。まぁ、
何をお怒りか分からなかったけど、ああ言う失礼な輩はどこにでもいるんですね。
きっと、もっと間近でダンサーを観られると思ったんでしょうね。
僕も最初はそう思っていましたが、もう店の中にいるんです、ガタガタ言っても始まらないもの。
何でもっと前向きに考えないんでしょうね?郷に入っては郷に従え、
旅行に行って自分の思い通りにならなかったからって
一々腹を立てていたらなんにもなりゃしない。随分、損な人達だと思いましたよ。
どっちにしろフラメンコを観るタブラオは観光客目当てが殆どです。
じゃぁ、観光客目当てだからダメかと言うとそうじゃない。
僕達が目にしたダンサー達は本当に凄かったですものね。
勿論、アントニオ・ガデスもクリスチナ・オヨスもホアキン・コルテスもいなかったけど(笑)
兎に角、僕は目の前で繰り広げられる踊りに圧倒されてしまいました。
どうせ観光客相手とバカにせず、T.T.ちゃんの希望通り、言う通りに
疲れた身体に鞭打っての初フラメンコ体験、本当に観に行って良かった。
レストランの料理は可もなく不可もなく(笑)ここで改めて書く必要もないけれど、
グラナダ最後の夜は非常に思い出深い夜となりましたものね。

またいつか一緒にグラナダに、そしてフラメンコを観に行きたいですね。
1枚目のダンサー、さらに年輪を増して凄くなっているでしょうか。
この写真は焼き増しして店に送ろうと思っています。
他の全員の分もありますからね。彼女達、喜んでくれるでしょうか?


敬具

2006年12月21日


ブノワ。


[Antonio Gades (1936~2004)]
[Cristina Hoyos (1946~ )]
[Joaquin Cortes (1969~ )]

★Copyright © 2005~2006 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2006-12-21 00:00 | 旅の栞。 | Comments(20)
Commented by ダヴィデ at 2006-12-21 13:53 x
物凄い迫力ですね〜〜〜!!なんだかこちらまでこのエネルギッシュな踊りが伝わって来そうですね。特にフラメンコって気の入り様が違いますね。前の少々年輩のダンサー?の顔。これぞフラメンコを踊る人の顔ですね。スペイン人だともっと濃そうな感じがするものですが、この顔がいいですね〜。何度かフラメンコは見た事はありますが、本場は違うんでしょうね。いいなあ〜現場で見なければ・・・オレッ!ってこれは違うか?
Commented by raindropsonroses at 2006-12-21 18:50
ダヴィデさんへ。
こんばんは。ダヴィデさんもフラメンコ体験者なんですね!
オレっ!でいいんだと思いますが、記事には書かなかったけれど、ギターと歌の人も良かった。こればかりはどんなに勉強&練習しても日本人には絶対に無理ですね。また見たいならグラナダに行かなければ(笑)再来年かなぁ……。1枚目のオバサマ、休憩時間にこっちをキッと見据える視線が格好良かったです。あの人達って客に媚びないのね。その辺も気に入りました。

ブノワ。
Commented by horaice at 2006-12-21 20:26
上の写真~絵画かと思いました。
表情の深み。それは確かに年を重ねてでてくるものなのでしょうね。
フラメンコ その音楽も情熱的で見逃せませんよね。私も本場で見てみたいです☆
Commented by pua at 2006-12-21 21:26 x
私もブノワ。さんと同じ意見です。フラメンコもそうだし、ハワイのフラもおばちゃんの方が断然いいです!その人の経験や人生が踊りににじみ出るというか・・・若くて細くてきれいな女性のも、それはそれで造形的に美しいんですけどね。「観た!」って満足感があるのは、やっぱり年配の女性の方。
Commented by yasuyasuyassy at 2006-12-22 00:19
ブノワ。さん
こんばんは。フラメンコかぁ・・・随分前に洗い場のアルバイトに来ていたおばちゃんがフラメンコを習っているって言ってましたっけ!
凄そうですねぇ・・・僕も釘づけになっていたでしょう・・・怒られますが(笑)
その熟年カップル・・・楽しいはずの旅行が台無しですねぇ、気持ち1つで良くも悪くもなるのに・・・
でも気持ちって大切ですよね。体の健康にも及ぶでしょうねぇ・・・

やす
Commented by shiki_cappa_m at 2006-12-22 08:26
おはようございます。
フラメンコ、昔、稽古場を見たことはあります。大学の日舞の先生が自宅でフラメンコを教えていたのでそこへ(笑)。その時に、やってみたいなあ、と思ったりしましたが、未経験のまま現在です。
躍動的な写真!私もきっと最初の女性が好きかも。若い方もその人なりの良さがあるのでしょうけれどね。
ずっと色を表現できるって、とても凄いと思うのです。格好良い女性には憧れますね!

施基
Commented by raindropsonroses at 2006-12-22 09:06
horaiceさんへ。
おはようございます。どんより肌寒いですがお元気ですか?
実は、フラメンコをマドリッドで見るかバルセロナで見るか迷ったんですが、友人の勧めでグラナダにしました。グラナダの方が土臭くていいって。何でもそうですが、見せかけの美しさに惑わされてはダメと言う事ですね。人は誰しも若くて美しい時がある、でも、年齢を重ねた時に美しいのが本物です。もう一度フラメンコを見に行きたいです!

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2006-12-22 09:09
puaさんへ。
おはようございます。そうか、フラダンスもそうなんですね!
来年の新年はハワイに行きそびれましたからいつかきっと!その時は、ハワイの穴場的観光スポットと、素敵なオバサマ・ダンサーがいるフラダンスを見られる所を教えて下さいね。僕等も年齢的には外面より内面で勝負しないといけないお年頃(一緒にするなって?)日々、向上心を持たないとダメなんでしょうけど……。

ブノワ。
Commented by Coucou at 2006-12-22 09:12 x
ブノワさま、おはようゴザイマス。本場でフラメンコいいですね。写真迫力あります。お店に送ったらきっと喜ばれるはず!!!!情熱的で内面がにじみでる感じが伝わってます。ダンサーとカメラマンのコラボですね。いやほんと、若けりゃいいってもんでもありませんよね。踊り全般。ところで、ワタシが顰蹙モノ?ええ、そうですとも・・・性質ワルです。汗。
Commented by raindropsonroses at 2006-12-22 09:14
やすさんへ。
おはようございます。アルバイトのおばちゃん、素敵じゃないですか。
やすさんなんかは下手をすると孫に当たる年頃、でもね、本当に強烈ですよ。目が釘付けとはこの事です。熟年カップルはカンカンでして(笑)もっと前で見られると思ったんでしょうね。スタッフが中央に椅子を出してくれたけど収まらず、外で煙草を吸っていました(笑)もっと後ろにいた僕達は可愛い笑顔でお願いして最前列へ。豆粒大にしか見えなかったダンサーがこの迫力です。気持ちの切り替えは旅先では必須です!一緒の旅行、パリの次はスペインなんてどうですか?(笑)

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2006-12-22 09:20
施基さんへ。
おはようございます。チョッと待って下さいね。日舞の先生が自宅でフラメンコ?(笑)
和服からドレスに着替えてフラメンコですか?なかなか器用な方ですねぇ。共通点があるんでしょうか?施基さんはフラメンコしなくていいですから着物ではんなりしていて下さい(笑)こう言う本場のものを見てしまうと、チョイチョイで習っただけでは全然ダメなんじゃないかって思っちゃいます。そう言うものがこの世の中にあってもいいですよね。
僕もそろそろ考えなきゃいけないお年頃なんですが、実年齢プラスαで魅力的になりたいです。一朝一夕には無理だと思いますが……。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2006-12-22 09:25
Coucouさんへ。
おはようございます。この記事、Coucouさんにピッタリでしょう?(笑)
写真、迫力ありますか?実は、最初は若くて綺麗なダンサーに目が行った事は確かなんですが、見ているうちにオバサマ・ダンサーに目が釘付け。帰国して写真を見ると圧倒的にオバサマの方が凄いんです。僕のヘボ・カメラでは魅力の1/100しか捉えられていません。ギターと歌、ダンサーが一つになるフラメンコ、来年は無理ですが再来年もう一度!今度は薔薇が満開なアルハンブラと共に……そんな風に思っています。顰蹙の件ですが、Coucouさんの場合は天然と言う事で(笑)皆さん許してくれているのでしょうね(大爆笑)

ブノワ。
Commented by mmamesu at 2006-12-22 10:44
グラナダに行かれたのですね。
グラナダを舞台にした映画に、「ロルカ 暗殺の丘」という作品があります。グラナダ出身の不世出の作家・詩人である、フェデリコ・ガルシア・ロルカの死の謎に迫るもの。軍事政権によって暗殺されたとされる、ロルカの死の直前の模様をサスペンスタッチで描きました。
重苦しいストーリーではありますが、その間に挿入されるグラナダの風景や、名物フラメンコなどのシーンが大変鮮やかです。熱気あふれるダンスシーンだけでも観る価値があるかもしれませんね。

貼ってくださった写真からもその熱さが伝わってくるようです。グラナダつながりということで、「ロルカ 暗殺の丘」拙記事をはじめてTB(笑)。
Commented by dojou7 at 2006-12-22 17:15 x
ご無沙汰してます。
パリに次いでスペインですか。いいな~。

ダンサー1枚目、いいですね~。適度なぶれが臨場感を。
私には撮れそうもない写真ですね。
デジタルではなくネガフィルムですか?
Commented by しん at 2006-12-22 21:23 x
ブノワ。さん
私も1枚目のダンサーの女性の方が、断然好きッ!
これぞ!フラメンコダンサーって感じ。
私、あのリズムとギターの旋律を聞くと自分の足が
勝手に動いちゃうんですよねぇ~(笑)
前世は・・・スペイン人?
Commented by raindropsonroses at 2006-12-22 23:13
豆酢さんへ。
こんばんは。トラックバック2連発ありがとうございます。
初スペイン、何としてもグラナダは外せませんでした。アルハンブラ宮殿ね!こう言う事ってあまりないのですが、テレビの世界遺産の番組を見た時から絶対に行こうって決心(笑)僕、決めたら絶対に行くんですよ。「ロルカ 暗殺の丘」は非常に見たかったんですが、アンディーさんが苦手なのです(笑)でも、演劇青年だった昔からロルカの作品には親しんでいます。特に「血の婚礼」は大好きでして、あれは上手くすると日本人でも情感が出ていいのです。マドリッドに飛ぶ午前中にタクシーを飛ばしてロルカの生家に行って来ました。拙記事だなんてとんでもない、前に一度読ませて戴いていますし、豆酢さんがお勧めなら映画を観た後にもう一度読ませて戴きますね。所で、小豆酢ちゃんは大丈夫ですか?呉々もお大事にして下さいね。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2006-12-22 23:19
TAMAさんへ。
こんばんは。お元気でしたか?
今回は無理して長めに休暇を取りました。この日はデジカメ(DiMAGE A1)とモノクロのフィルム・カメラを持って行きました。この写真はデジカメです。大丈夫だろうとタカを括っていましたが、思いの外暗いのと、激しい動きにビックリ!僕にはこれで精々ですか……デジカメのシャッターのタイム・ラグはどうにもなりませんね。実は、もう少しマシな写真が撮れると思ったんですけどね。次回は様子が分かりましたから十分な機材で再チャレンジです(笑)

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2006-12-22 23:22
しんさんへ。
そうですよね、1枚目ですよね。
2枚目の人は非常に美貌でした。スタイルも抜群でしたが、ステージの袖で先輩ダンサーにステップや手の動きを丹念に教わっていましたっけ。思わず見入ってしまいました。そうそう、しんさんのブログにトラックバックしたんだけど出来ず……もう一回やってみようかなぁ。それともメンテナンスでおかしかった?これを送信したらもう一度やってみますね。しんさん、お互いに年輪を重ねてバームクーヘンになりましょう(笑)

ブノワ。
Commented by アキ at 2006-12-24 09:20 x
ブノワさん

お早ようございます。
グラナダのフラメンコ 素晴らしかったようですね。ブノワさんの名文で私もその場にいたような気がしました。
ダンサーの写真 すごいアングルで撮られましね。素晴らしいです。写真を送って差し上げたらどんなに喜ぶことでしょう。
私は以前にオーチャード・ホールでスペイン国立舞踊団の踊りを見たことがありますが、あの時も圧倒的な迫力でしたけど、大劇場でなくて本場で見たらまた全然違うのでしょうね。フラメンコと聞くといい年をして血が騒ぎます(大爆笑)。
Commented by raindropsonroses at 2006-12-25 07:47
アキさんへ。
おはようございます。はい、どうせ観光客相手と半分バカにしていましたが、所がどっこい、ギターと歌、ダンサーの情熱的な踊りに圧倒されました。ステージはチョッと高くなっていましたが、その一番前でかぶりつき撮影です(笑)思ったよりも暗かったので、なかなか思うように撮れませんでしたが、それよりも、圧倒されてポカァ〜んとしていたって言うのが本当の所でしょうか。写真を送ったら喜びますかね……そうだといいのですけど。スペイン国立舞踊団の踊りと言うと、群舞とか色々あるんでしょうね。とても洗練された感じでしょうか。いい年だなんてとんでもない、ジャンジャン血を騒がせましょう!(笑)

ブノワ。