匂いのいい花束。ANNEXE。

向き向きの花束。

e0044929_1636854.jpg

残暑お見舞い申し上げます。

立秋を過ぎたと言うのに暑い日が続きます。お元気にお過ごしですか?
実は、季節の事に疎い僕は、他の方には暑中見舞いを出してしまいました。
ちゃんと残暑見舞いを出せたのは、Eさんを始め、たったの4名です(笑)
お見舞いの葉書用の写真を何にするか……色々と迷ったのですが、
結局、先日、ネガの整理をしていて出て来た綺麗な花壇の写真にしました。
日本人全員が朝顔やひまわり、金魚や花火の図柄にする事はありませんものね。
今年は、それぞれの方に絵柄の違った暑中見舞いを用意しました。
そう、「向き向きの花束」を皆さんに……それでいいのです……。

これは、3年前の7月、パリに一ヶ月滞在した時に、
ブローニュの森の中にある「バガテル庭園」で撮影したものです。
どこでもそうですが、花壇は季節季節で植え替えるもの。
僕が行った時は、丁度、綺麗に咲き揃っていてラッキーでした。
当時のカメラは、まだ、デジタルカメラではなく、ミノルタの「α-9」。
今は、同じくミノルタの「Dimage A1」を使っています。
デジタル・カメラを重用しているからこそ思うんでしょうけど、
こうして見ると、フィルムで撮った写真って何となく味がありますね。
ピントが甘いと言う意味ではなく、何かこう、写真が丸ぁるいですよね。
手焼きの味でも言うのでしょうか……。
焼き増しの時に色々と面倒臭い注文をしましたが、
ラボのオジさんは「いやぁ、最近はこう言う仕事がなくってねぇ……」と、
打ち合わせの電話口で何となく嬉しそうにしていましたっけ……。

花の名前は聞かないで下さい(笑)
そう言う事にはマメじゃないもので……。


2005年8月12日

ブノワ。


「向き向きの花束」……「鹿鳴館」 三島由紀夫著 より。
[Parc de Bagatelle (Bois de Boulogne, route de Sevres a Neuilly, Paris)]
[コニカミノルタ/α-9, Dimage A1]

ほっとけない 世界のまずしさ

http://hottokenai.jp/index.html
[PR]
by raindropsonroses | 2005-08-12 00:00 | 向き向きの花束。