匂いのいい花束。ANNEXE。

清々しい朝に……。

e0044929_142057.jpg
皆さまへ。

新年、明けましておめでとうございます。
2007年1月1日……清々しい朝を迎えることが出来ました。
如何お過ごしでしょうか。夕べは夜更かしでまだ夢の中とか……。

僕にしては珍しく、昨夜は文化村のオーチャードホールでジルベスター・コンサートでした。
珍しくと書いたのは、ここ何年も大晦日の夜に家を空けた事がないからです。
何年か前、前世紀(笑)には年末年始はパリと決めていましたが、
ここ暫らくは薔薇の手入れの後は、ゆっくり家で親しい友人と一杯やるのが習わしでした。
でも、今年はコンサートに友人が出演していた縁で華やかな年越しとなりました。
タクシーで帰宅、仮眠をとった後は、これから精力的に薔薇の手入れです。
一年の計は元旦にあり……昔からそう言いますものね(笑)
今年はいい年になりますように。美しい薔薇が沢山咲きますように。
猫も健康で医療費がかかりませんように(笑)

昨年は色々なことがありました。自分を顧みても本当にめまぐるしい一年でした。
今年はどんな年になるでしょうか。最後は笑って終わる事が出来るでしょうか……。
辛いことがあって、くよくよと下を向いていても一日、笑顔で過ごしても一日。
それならば、いっそのことカラカラと笑って明日に繋げたいものです。
この世の中で万人に平等なのは時間だけ。その時間だって使い方によっては差が出ますからね。

今日の写真はパリ郊外の某修道院跡の中庭の薬草園。
自然の木で柵やらアーチを作ってあります。白い薔薇は見てお分りの通り「Iceberg」
他に「Rosa gallica var. officinalis」も植えられていました。
アーチの奥に見える濃いピンクの低木の薔薇がそうです。
この薔薇の別名は「Apothecary's Rose」といい、「Apothecary」は「薬剤師」、
「officinalis」とは「薬効がある」と言う意味で、薬草園には必ず植えられています。
ローズマリーやカモミール、ハーブ、芥子……あらゆる薬草が植えられている庭、
花を愛でる庭園とは違い、生活に密着した、ある種、庭の理想形ですね。
一年の計は元旦にあり……それでは先ず薔薇の手入れをしましょうか。
去年は春の長雨で最悪の一年でした。でも、もう言うのは止しましょう。
皆さまも素敵な新年になりますよう、心から願っています。
相変わらず長文のブログですが、末長くお付き合い下さいね。


草々

2007年1月1日


ブノワ。


[Iceberg (F) Kordes, 1958]
[Rosa gallica var. officinalis (G)]

★Copyright © 2005~2007 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2007-01-01 00:00 | 向き向きの花束。