匂いのいい花束。ANNEXE。

クジラの背中。

e0044929_8361178.jpg
拝啓

早いもので今年も今日から2月に入りました。
つい先日、年が明けたばかりなのに。これですもん、年を取る訳ですよね(笑)
さて、寝耳に水ですがSさんは来月早々にパリに行くんですってね。
今回も仕事ですか。仕事でパリに行けるだなんて何とも羨ましい限りです。
お尋ねのレストランに関してですが、Sさんは僕と同じ趣味、
お高く気取った所はお嫌いでしょうから、最近、お気に入りのビストロを紹介しましょう。

同封した写真はパリ4区にある「Le Dos de la Baleine」です。
僕等、日本人には一風聞き慣れない店の名前は「クジラの背中」と言う意味だそう。
ここは以前から行ってみたかったんですが、なかなかタイミングが合わず、
去年の秋に漸く行くことが出来たんですよ。2週間の間に2回も行ってしまいました(笑)
初めに行ったのは同行の友人と、2度目は一人でタルタル・ステーキを食べて来ました。
一枚目の写真は店を入った所、通りに面したバーカウンターと4人掛けの客席が4席あるスペース。
ここは常に常連さんで一杯、大体、地元の住人、一人でフラリと来る店の顔馴染みといった所でしょうか。
ラッキーにもここに座れましたから、普段のパリ市民の生活の一端を垣間見るようでした。
e0044929_836384.jpg
e0044929_8365089.jpg
e0044929_837273.jpg
料理はシンプルながらキチンと個性を出した質量共に大満足の一皿が並びます。
僕が頼んだのは前菜に鳥の砂肝とポテトのサラダ、メインがビーフ・ストロガノフ。
デザートにフロマージュ・ブランのハチミツ添え。
鳥の砂肝なんて食べるのは初めての僕、最初は何の肉だか全然分かりませんでしたが、
ハーブとオリーブ・オイルで丁度いい塩加減に調理してありました。
時にはフランス語が出来ない事が功を奏する事もあって、
例えば、前菜は「Salade de Charlottes aux Gesiers」と黒板に書いてありましたが、
鳥の砂肝なんか「Gesiers」と言う単語を知っていたら絶対に頼まなかったでしょうね。
「Charlotte」とは、元々、丸い型にビスケットを詰め、ババロアや果物を詰めて成型したお菓子の事。
丸い型に鳥の砂肝を詰めた前菜と言う意味なんでしょうけど、
僕は全く意味が分からないから最初に書いてある「Salade」だけが頼り(笑)
何が出て来るか分からない異国の料理の醍醐味を充分堪能した訳です。
e0044929_8373184.jpg
e0044929_8374241.jpg
e0044929_8375446.jpg
友人は前菜にブリー・チーズとベーコンの揚げ春巻き、チョッと焦げていますね(笑)
メインに赤身魚と白身魚、ニンジンなどをホワイトソースで煮込んだシチュー。
デザートは、ガトー・ショコラでした。勿論、少しずつ味見しっこしましたよ。
赤味魚と白身魚を一緒に煮込む料理なんて僕は初めて、ほんのり甘みがあって
結局、サーモンが苦手な友人のせいで、殆どは僕の胃袋に(笑)
デザートも殆ど甘い物は口にしない友人のお陰で、僕が丸々2種類堪能しました。

ここのスタッフはおそらく全員……心優しきお兄さん達。
皆、細身で髪の毛を清潔に短くカットし、衣装は皆、黒ずくめ。
あちらのテーブルこちらのテーブル、非常に良く動きます。まず手ブラと言う事が無い。
オーダーを取りながら店内を闊歩する腰がキュッキュッとツイストします。
黒板に書いたメニューの説明をしながら最後まで朗々と読み上げる声の語尾が上がります(笑)
料理を運びながら目が合うとパチりとウインク。テキパキトした対応、気の利いた会話、
最後にチョッと付け加えるウィットな言葉の数々と笑顔、
決してマニュアル通りではなく自然な接客に好感が持てます。
厨房のスタッフも非常に感じが良くて、チラッと顔を出した時に目が合うと破顔一笑、
口元は「Bonjour !」です。こう言う心地よい雰囲気の中で食べる料理とワインの進むこと!
料理を食べる事ってリズムなんだと思わせる店、また次も来ようと思わせる絶妙の空間です。
是非、奥様と一緒にどうですか。きっと満足なさると思いますよ。


敬具

2007年2月1日


ブノワ。

[Le Dos de la Baleine/40, rue des Blanc Manteaux 75004/01 42 72 38 98]

★Copyright © 2005~2007 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2007-02-01 08:57 | バベットの晩餐会。 | Comments(16)
Commented by 猫のおなか at 2007-02-01 10:43 x
ブノワさま。
出遅れましたが、祝・50000アクセス!
私ので5000*アクセスってことですね。
凄い!
でも、今日みたいな料理の写真はダメですよ~。
朝から目の毒ですもん。
鳥の砂肝とポテトのサラダ、私もぜひ食べてみたい!
どんなワインが横に鎮座してたのかしら?
デザートには極めて低関心なんだけど、
フロマージュ・ブランのハチミツ添えは美味しそう~。
Commented by AoimikanM at 2007-02-01 12:20
ブノワ。さん
今日は反則です!(笑)

4区大好きな私はパリに行きたくなってしまうじゃないですか。
今、お昼休みにお邪魔しているのですが、私の今日のランチはパスタカルボナーラ。
デザートは考え中です。。。。。

パリのビストロで美味しい所は沢山ありますが、ギャルソンやスタッフがてきぱきして気持ちのよい心地よい所は貴重です。
私も今度、こちらに行ってみますね。

*ねね
Commented by aoi at 2007-02-01 13:03 x
ブノワ。さま

食べるとは、食物を口に運ぶだけでなく、雰囲気も大事なスパイス。常連さんのお気に入りシートに座ってのお食事は、格別だったことでしょうね。
50000アクセスおめでとうございます。
昨日は、退社する人がいて、朝お伺いすることができませんでした。
残念!でも、かわいいスミレが、お嫁に行くんですね。お父さん、プレゼント包装楽しそうですね(笑)

私は安いバスは見なかったことにして、フランス寄りの田舎とバスク。ガリシア方面に行ってみるつもりです。北の冬の味覚が気になるのです(笑)
電車で寝過ごして、気がついたらフランスだったなんてことがないように気を付けなきゃ!
そして、ド・ゴールでトランジットなのですが、50分しかない…
またしてもフランスに縁のない私です。50分で乗り継ぎ、不安です。
Commented by yasuyasuyassy at 2007-02-02 00:58
ブノワ。さん
こんばんは。「クジラの背中」行けなかったことが残念でなりません。
だって美味しそうなものばかり・・・あぁ、悔しい!
僕がここに行こうと思った日は土曜日でした。夜、メトロに乗って地図を頼りに向かったのですがシャッターが下りていました・・・何故土曜日に休み??店内は真っ暗。遅めのオープン?っとも思いましたが駄目!
今度、ご一緒しましょうね!必ず行きたい!いやっ、行きます!
それにしても、美味しそうですねぇ・・・ 僕には未だこんなに美味しそうには撮れません。お皿の白さが違いますもん!ブノワ。さんの写真は澄んだ白・・・僕のはただの白(笑)腕の差歴然です!

やす
Commented by raindropsonroses at 2007-02-02 08:44
猫のおなかさんへ。
おはようございます。忙しい中、お祝いメッセージ恐縮です。
猫のおなかさんは「5000回は私!」と豪語しますが、エキサイトでは一人一日同じPCから1カウントなんですよ。だから余計に嬉しい。他のプロバイダーでは管理人本人がページを開けてもカウントされてしまう所もありますからね。ですから全525記事ですから、猫のおなかさんのカウントは525と言う事になります(笑)さて「クジラの背中」、ここいいですよぉ。猫のおなかさんを絶対に連れて行きたいです。砂肝は帰国してから辞書を調べるまで、つい一昨日まで知りませんでした(笑)いい加減でしょう?記事を書くために辞書引いたんですよ。横には大きくてタップリしたグラスに冷えた白ワイン、昼ですから2人で1本ですね。デザートも手の込んだものと言うよりは、簡単だけど甘みを感じるものと言う定義みたいです。このガトー・ショコラなんか一番手が込んでいるんじゃないかしら。お兄さん達のサービスも抜群で非常に気持ちのいいランチを摂る事が出来ました。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2007-02-02 08:50
ねねさんへ。
おはようございます。いつもメッセージありがとうございます。
カルボナーラはどうでしたか、美味しかったですか?なかなか美味しい所ってないですよね?僕は自分では作りません、美味く出来ないし、他のパスタよりも汚れるから(笑)僕の反則技強烈でしょう?(笑)ねねさんも4区がお好きと聞いて「やっぱり!」って言う感じですが、4区は一種独特ですよね。僕も大好きです。何と言っても一番最初のパリの経験が4区から始まりましたから。ここのレストランはようやく行けました。もう全ての面で大満足。僕はお高く気取った所も平気で行っちゃいますが、なかなかお値段と料理の味のバランスは良くない……矢張り、こう言う店の方が安心してゆっくり出来ますね。今度ねねさんも是非!きっと満足なさると思いますよ。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2007-02-02 08:57
aoiさんへ。
おはようございます。お祝いメッセージありがとうございます。
トランジットに50分ですか……微妙だけど大丈夫、僕もマドリッド→パリの時に50分でしたから。しかも違う航空会社、広大なターミナル4からの移動で!きっと後になれば笑い話になりますよ。所でバスク地方にいらっしゃるとか……いいですねぇ、羨ましい!僕もいつか行ってみたいなぁ。僕の夢はフランス方面からスペインに入る事。きっとおいしい料理てんこ盛りなんでしょうね。aoiさん随分長い事留守にされると思うのですが、呉々も水には気を付けて、無理は絶対にダメですからね。旅慣れているaoiさんですから心配は要らないと思いますが、老婆心ながら念のため。ここのレストランのポイントの高さの中で従業員の占める比率は非常に高いです。料理とサービスが半々くらい。これって凄いですよね。食べながら目で楽しんで感心しきりでした。aoiさんはいつ出発ですか?まだ遊びに来てくれるのかな?

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2007-02-02 09:05
やすさんへ。
帰国早々で忙しいのにメッセージありがとう!
さっきガイド・ブックを確認しちゃいました。土曜日の昼と隔週の日曜日と月曜日休みとなっています。やすさんが行ったのは夜ですよねぇ?きっと電話すると思っていましたから休みの事を書かなかったんだけれどゴメンなさいね、きっと、昼からの繋がりで何らかの理由で一日休みにしたんでしょうね。今度は是非!次は僕が案内しますよ。お詫びに僕がご馳走しましょう。ここは本当に料理もサービスもバランスが取れていてGOOです。料理も変に奇をてらったものではなくて、それぞれがしっかりとオリジナルになっている。サービスも心地いいし、やすさんはきっと気に入るハズ!写真ですが、この記事のためには7枚用意しなければならず困ってしまいました。なかなかいい写真がないのですよ。今回、やすさんも苦労したと思いますが、座る位置、光線、照明で全く撮れない時もありますからね。この日は明るい外側の席でしたがチョッと色々あって大変でした。気に入ったのは最後のガトー・ショコラだけ、あとはお恥ずかしいヘッポコ写真です。やすさんの写真、楽しみにしていますからね!

ブノワ。
Commented by ダヴィデ at 2007-02-02 11:56 x
「Le Dos de la Baleine」とは、なんとも可愛いネーミングですね。マレ地区には、いろいろな楽しいお店が多いですね。なんとも個性的。ギャルソンが感じがいいのは、とても素晴らしい事ですね、特にパリでは(笑)しかし、写真の料理は、なんだかやたら美味しそうですね。お腹がなって来たので、そろそろランチですかね(笑)
Commented by しん at 2007-02-02 13:27 x
ブノワ。さん
また・・今日も目に毒な写真の数々なのですね(笑)
見ただけで満腹中枢が刺激されて、食べなくても平気になるといいんですけど・・・でも、やっぱり実際に食してみたいと思うのが食欲を持った人間の性でしょうか?
お店の方の雰囲気が、よろしいとか?これはポイント高いですね。どんなに料理が美味しくても、人がイマイチだと評価がた落ちになりますもんね。厳しいブノワ。さんチェックに耐えたスタッフなら、間違いなしですね!
Commented by 豆酢 at 2007-02-02 23:09 x
ブノワ。さん、5万アクセスおめでとうございます~(^◇^)
毎日素晴らしいセンスの記事を書き続けてこられたことへの、ご褒美ですよね。

しかし…(ため息)。う・うまそうなお料理…(意識遠のく)。
パリのレストランで夕食をとったとき、私がチョイスしたのがポトフだったんですよね(^^ゞ。寒かったもので。そしたらまあ、出てきたポトフが力士用ですかっていうぐらいの量。味は良かったんですが、途中でギブアップしました。
写真を載せてくださってるお料理は、ボリュームも適量みたいでいいですね。ビーフストロガノフの横についてるサフランライス?がポイント高いですわ。
Commented by raindropsonroses at 2007-02-03 09:43
ダヴィデさんへ。
おはようございます。ねぇ、可愛らしい名前ですよね。
店内にはクジラのイラストが描いてありました。マレは本当に個性的で素敵な店が多いですね。何回言っても飽きると言う事がありません。サービスに関してですが、日本のあるレストランでは慣れない丁寧語をしたを噛みながらしどろもどろで言うでしょう?(笑)質問すると自分の言葉で答えられない。そこへ行くと、ここを始め、パリなんかはギャルソンの人生(大袈裟だけど)が出るんですよ。その人が生きて来た道、生きた言葉で会話が出来る……この気持ち良さでしょうね。これ、今度記事にしようっと!(笑)ダヴィデさんも次回は是非!

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2007-02-03 09:51
しんさんへ。
おはようございます。僕って一人でもレストランに平気で行っちゃうでしょう?そうすると自然にジィ〜っと観察する事が多くなります。それから、一人だと店の対応が変わって来るんですよ。凄く気を遣ってくれる所、全く同じ所……どっちがいいとは言えないんですが、チョッとした時に感じる気遣いって「ありがたいなぁ」って感じます。ここは本当にいいです。料理も適量&美味だしスタッフも満点だし。そうそう、10人でランチに来ているグループがあって、オーダーを取るギャルソンが、「肉の人!」って皆に手を挙げさせ指さしで数を数えるんです(笑)皆「ハァ〜いっ!」って(大爆笑)凄く楽しそうなの。日本でそんな事やったらクビかな(笑)いつか一緒に行きたいですね!

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2007-02-03 09:57
豆酢さんへ。
おはようございます。お祝いメッセージありがとうございます!
そう、ご褒美だと思うと同時に皆さんへの感謝の気持ちで一杯です。数字じゃないと思うし、一つ一つの積み重ねなんでしょうけど、これだけ皆さんに読んで貰っていると思うと無責任な事は書けなくなって来ました(笑)まぁ、今更軌道修正は無理ですし、変に大人しくなるのも如何なものかと思うけど……兎に角、頑張ります(笑)ポトフですか……本場ですもんねぇ。でもきっと、丼ポトフだったんでしょうね(笑)顔洗えちゃうみたいな。僕は頼んだ料理を残すのがとてもイヤなんです。頼んだものは全部食べる主義。そんな意味からも綺麗に完食出来たこのレストランはいい思い出になっています。これからも拙ブログをヨロシクお願い致します!

ブノワ。
Commented by emi at 2007-02-03 16:12 x
ブノワさん
 お久しぶりです。
 
 あっという間に1月が過ぎ(師走と同じぐらいの速さで過ぎました)もう2月になってしまいました。
 薔薇の手入れは完了されたようですね。
 50000アクセス!!」おめでとうございます。

 しかし、店内で、ブノワさんは、いろいろなもの、ことを観察されているのですね。

 前菜のお皿が、ガラス、料理からは白い皿。料理が映えますね。
 
Commented by raindropsonroses at 2007-02-04 07:52
emiさんへ。
おはようございます。お元気でしたか?
お祝いメッセージ恐縮です。他の方に較べると50000アクセスは決して多いとは言えませんが、エキサイトでは一人一日同PCから1カウントなので誇りにしてもいいかなぁ……って。管理人本人が自分で何回ページを開いてもカウントされるブログもありますから(笑)薔薇はまだまだ細かい作業が残っています。今日もこれからチョッとした薬撒きかな。この所、非常に暖かいのですよ。チョッと異常ですね。レストランではねぇ、ついつい色々気になってしまいます。特に人の時なんか手持ち無沙汰だし……ミシュランで働こうかしら(笑)写真はあまり見ないで下さい、気に入っていないのですよ(笑)

ブノワ。