匂いのいい花束。ANNEXE。

言葉はいりません……ラム・レーズン・アイスクリーム。

e0044929_22125778.jpg
拝啓

早いもので今年も連休が終わってしまいましたね。
Oさん、連休はどう過ごされましたか。僕は6月にパリが控えていますから、
ゴールデン・ウィークは大人しく家で過ごしていました。
薔薇の写真を撮ったり手入れをしたり。なかなかやる事は沢山あるのですよ。

さて、中旬に薔薇を見にいらっしゃる件は了解です。
出来たら朝早い方がいいです。薔薇を見るなら午前中に限りますから。
簡単だけれど僕がランチを作りましょうか。Oさんは肉が苦手だから魚と野菜ですね。
Oさんがお好きな紅茶は、貰い物ですが、いいウバ・セイロンがありますし、
そうそう、デザートのアイスクリームは京都の友人Yくんが自分で作ったものを送ってくれるそうです!
今、ウチの冷凍庫にはYくんが作った自慢の★★★のラム・レーズンのアイスクリームが入っています。
先日、彼が上京して来た際に鎌倉散策と洒落こんだんですが、
その時に色々、自分の好みの話になったんです。好みの食物の話ね。
まぁ、お互い思わぬ好き嫌いがあって笑ってしまったんですが、
僕が苦手なものに、食べる時に手が汚れるもの、
それから、液体状の物の中にツブツブが入っているのはあまり好きじゃないんです。
例えば、お汁粉の中の小豆の皮や、甘酒の中の酒粕など、
アイスクリームの中のチョコレート・チップなど。異種混入は嫌いなんです。
そう、ラム・レーズンも好きじゃありません。味は好きなんですけど、
人がいなかったらレーズンを「プッ!」っとやりたいくらい(笑)
勿論、そんなお行儀の悪いことはしませんけれどね。

Yくんは僕がラム・レーズンをあまり好きじゃないことを知っていて
わざわざ送って来ました。さぞかし自信作なんでしょう。

それでどうだったかと言うと、たっぷりと1キロあったアイスクリーム、
届いてから4日で半分になってしまいました(笑)美味しいの、凄く美味しい!
市販の物よりも幾分クリーム色がかったアイスクリームはスプーンがサッと入る程柔らかく滑らか、
口に入れるとアッと言う間に溶けてしまいます。ラム酒の薫りも高く、
僕が苦手である原因のレーズンのツブツブもまったく気になりません。
レシピを聞いたんですが、素人には気の遠くなるような作業から
この素晴らしいラム・レーズンのアイスクリームが出来ています。
これでキャラメル・アイスクリーム苺のアイスクリームに続いて
3種類目のラム・レーズン・アイスクリーム。彼は仕事を変えたほうがいいかもしれませんね。

写真の赤いガラスの器ですが、
最近仲良くなった薔薇の蕾のように可愛いらしい女性から誕生日のお祝いに貰ったもの。
風の便りで僕がアイスクリームが好きだと聞いたみたいですね(笑)
何でも金沢のアンティーク・ショップで見つけたそうで、
裏にはフランス製の刻印があります。おそらく50年くらい前のものでしょうか。
直線でデザインされた器は、古き良き時代のモダンなテイスト。
背景の花々は、クリスマスローズにフランネル・フラワー、ぺんぺん草、クレマチス。
この可愛い器がフルで活躍、食器棚に仕舞う暇がないくらいに、
Yくんにはじゃんじゃんアイスクリームを送って貰わなければなりません(笑)
このラム・レーズンは既にアッと言う間に完食!綺麗に食べてしまいましたが、
Oさんが薔薇を見にくる時には違うフレーバーが届いている事でしょう(笑)
何のフレーバーがいいかは既にリクエスト済です。

ではでは、中旬にお目に掛かれますね。手ブラでいらして下さいね。お元気で!


敬具

2007年5月8日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2007 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2007-05-08 00:00 | バベットの晩餐会。