匂いのいい花束。ANNEXE。

フランス革命のヒロイン…Mlle. de Sombreuil。

e0044929_225289.jpg
拝啓。

Aさま、その後お変わりありませんでしょうか。
連休も終わってしまいましたね。
ご家族でチョッと遠出をすると仰言っていましたが天気の方は大丈夫でしたか?
僕はも間近に迫った薔薇の満開の季節に向けて最終準備です。

さて、先日お尋ねがあった薔薇の寿命についてです。
薔薇の寿命ってどれ位なんでしょうね……。
10年を目安に花付きが悪くなると言われています。
10年で枯れると言う事ではありません。
段々、花付きが悪くなるそうです。勿論、栽培の条件にもよりますね。
中には樹齢何十年、それよりもっとと言う薔薇もありますから。
一般に、薔薇は前年に伸びた枝に、翌年、花が付くと言われています。
野薔薇に接がれた部分からシュートと言う
新しく元気のいい枝が出て古い枝と入れ替わります。
ですから、僕等、薔薇を育てている者にとって、このシュートは非常に大事でして、
大事に育てて翌年に備えなければいけません。いいシュートが何本か出れば
古くなった枝を根元から切り落とし、枝の新旧を交代する訳です。
そうして薔薇は命を長らえて行く、再生し、いつまでも新鮮でいられると言う訳です。
ただ、シュートがジャンジャン出る品種はそうありません。
花付きが悪くなったり枯れて行く枝に較べて、新しい枝は出にくいのです。
反対に、シュートが次々に上がって来る種類は樹が大きくなりますね。
ウチは鉢植えと言う事もありますが、なかなかシュートがでなくて困っています。
e0044929_2254281.jpg
今日の薔薇はオールド・ローズの「Sombreuil」です……いや「Sombreuil」でした。
この純白の愛らしい薔薇、2枚目の写真をご覧になればお分かりのように
チョッと面白い形をしていますね。
ナイフで横からスパッと切り落としたようにも見えます。
元々、花弁が大きい品種ではありませんが、中心に向かうほど花弁が小さくなります。
花は常に2〜3輪の房咲きになり、葉は少し艶やかな皮質の物が疎らに付きます。
匂いは典型的なティーの匂い。鉢植えのウチにしては珍しく、
結構な割合でシュートが出ます。枝振りは直立性でお行儀良く、
刺は鋭いですが非常に育てやすい薔薇です。

「アメリカばら協会」によると、現在、流通している「Sombreuil」は、
非常によく似た1959年作出の「Colonial White」なのだそうです。
従って、1850年に作出され、従来「Sombreuil」と呼ばれていた薔薇の名前を
「Mlle. de Sombreuil」と訂正し、現在、普通に流通している「Sombreuil」を、
モダン・ローズの「Colonial White」、
ラージ・フラワード・クライマーに分類するとしたそうです。
要するに、今までオールドローズと思って育てていた「Sombreuil」が
モダン・ローズの「Colonial White」になり、
オリジナルの「Sombreuil」が「Mlle. de Sombreuil」と、名前が変わるそうです。
では、この「Mlle. de Sombreuil」はどこにあるかと言うと、
パリ郊外のライ・レ・ローズに植えられているそうですが、
この薔薇は大変珍しいらしいです。一時期、両者は同じ薔薇として扱われ、
別名として「Colonial White」の名前が付いていましたが、
ハッキリと別の薔薇として分類された訳です。まぁ、アメリカの意見です。
まだ僕の周りでこのことを言う人はいません(笑)それに、幾ら似ているからと言って、
こんなに個性的な薔薇が他にあるでしょうか?「実はあの薔薇は◯◯だった」……
「Irene Watts」の例もありますからね。もう少し成り行きを見ていたいです。

「Mlle. de Sombreuil 」……マドモワゼル・ソンブレイユ……。
フランス革命のヒロインとして有名なこの女性の父親は、
革命当時、バスチーユの武器弾薬庫の管理を担当していたソンブレイユ侯爵です。
市民によるバスチーユ監獄襲撃で武器弾薬庫が襲われ、責任者であった彼は、
後に罪を問われて捕らえられます。父親の死刑執行の知らせを聞いた、娘、マリーは
革命派に父の助命の嘆願書を出します。革命派が出した条件、
それは、処刑された王党派の血をグラス一杯分、
綺麗に飲み干せば父親を助ける……と、言うもの。
この条件を見事に果たしたマリーのお陰で父親は命を助けられたと聞きます。
父を思う娘の必死の愛情……何とも血なま臭いエピソードのこの薔薇、
そんな事を想像もさせないくらいに純白で清楚です。


敬具

2007年5月9日


ブノワ。


[Sombreuil (ClT) Robert, 1850]
[Marie Maurille Virot de Sombreuil (1774~1823)]
[Charles Francois de Virot de Sombreuil (1725~1794)]

★Copyright © 2005~2007 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2007-05-10 00:00 | 薔薇の名前。