「ほっ」と。キャンペーン

匂いのいい花束。ANNEXE。

杉村春子、渾身の「欲望という名の電車」。

e0044929_238487.jpg
拝啓

ハッキリしない陽気の4月も終わり、アッと言う間にゴールデン・ウィークも終了。
クロちゃん、その後、如何お過ごしですか。いいですね、そちらは一年中過ごしやすくて。

日本では先日、Kちゃんが大好きな杉村春子さんの没後10年を記念して、
舞台中継や特別版組など、衛星放送で大々的に特集を組んだんですよ。

改めて偉大だった杉村さんの素晴らしさを紹介する特集でしたが、
僕が楽しみにしていたのはテネシー・ウィリアムズの「欲望という名の電車」の舞台中継でした。
この録画は1975年収録、渋谷のセゾン劇場での公演でした。
残念ながら、どこをどうやったらこんなに切れるのか?そう愕然とするほどの短縮版、
最初にテレビ放映したままの、約上演時間の半分の無残なカット版でしたが、
杉村さんの素晴らしさを再確認するには十分でした。
この金字塔戯曲、今までに様々な人が主人公のブランチ・デュボアを演じています。
僕が観ただけでも、杉村さんをはじめ、東美恵子、岸田今日子、
ペギー・コールズはミルウォーキー・レパートリー・シアターの来日公演で
当時、映画で大活躍だったトム・ベレンジャーと共演でしたっけ。
映像ではヴィヴィアン・リーの名演をはじめ、アン・マーグレットなど。
未見では、樋口可南子、大竹しのぶ、フェイ・ダナウェイなど、
演技力に自信のある人なら生涯に一度は演ってみたい役ではないでしょうか。

普段から着物を好み、和服を着る役柄に傑作が多い杉村さんが
「欲望という名の電車」を初演したのは1953年の事です。
劇中に出て来るタバコ、ラッキー・ストライクもボウリングのユニフォームも分からない混乱の時代。
ヘア・デザイナーの山田康夫さんの素晴らしい鬘……。
絶望に身体を仰け反らせ、嗚咽する度に揺れる金髪の鬘を被るようになるのはまだまだ先の事。
ルリ・落合の衣裳やメイク、セットや周りの共演者の素晴らしいアンサンブルも特筆すべきですが、
いかにして杉村さんが精神を病んでいくブランチ像に肉を付け血を通わせたか。
それは杉村さんの卓越したテクニックだけではなく、役者としてのある種の勘の良さ、
杉村さんが持って生まれた役者としてのセンスがそうさせたのだと思っています。
テクニックと形、一見、徹底したリアリズム演技と見まごう杉村さんの芝居、
実は、リアリズムとは程遠い杉村さん独自の「形」がそう見せているだけなのです。
杉村さんお得意の小道具使いの巧みさ……例えば、杉村さんが好んで使ったハンカチが
まるで、女とはこうあらねばならぬと言わんばかりに雄弁に主人公の苛立ちや恋に浮かれる気分、
激流に浮き沈みする木の葉のような感情の起伏をを巧みに表現します。
たった1枚のハンカチでこうです、台詞の声色、リズム、そして、何よりも
千変万化、自在に表情を操る杉村さんの演技の引き出しの豊かさは驚くべきものがあります。

新劇と言う枠に納まらない杉村さんは、芝居の形を歌舞伎の女形や新派の喜多村緑郎、
花柳章太郎などから女形の「形」を受け継ぎ、それを自らの中で消化、吸収しました。
自らの容姿にコンプレックスを持っていた杉村さんが、苦心の末に身に付けた「女性の美」。
舞台の板の上で、リアリズム演技で女性を演じても様にならないし美しくない。
それならば、美しく見える「形」で演じよう……美しく見えることに執念を燃やした杉村さん。
「転ぶんだってただ転んだんじゃ詰まらないでしょう、あなた」杉村さんは仰言います。
美しい女性に見えるような「形」で演じ、新劇のリアリズム演技の中に咀嚼、昇華した
杉村さんの芝居の巧みさには驚くべき物があります。

役者は色気がなければいけない……僕は常々そう思っています。
あれは何年前の事でしょうか。日本橋三越劇場の一番奥に位置する
杉村さんの楽屋を尋ねた僕の前にはファンの女性の長蛇の列……。
それも結構な年配のオバサマ達ばかりがズラぁ〜ッと(笑)
杉村さんは客が楽屋口に姿を現してようやく誰だか分かる寸法です。
随分と順番を待ち、ようやく僕とハンサムな友人の番になりました。
「杉村先生、こんにちは。お久しぶりです!」と、僕が顔を出し、一声、挨拶をすると、
鬘を取り羽二重と簡単な部屋着の杉村さんは一瞬、目を見開き、凍り付いたように固まると、
「あら、イヤだ!」と一言。サッと踵を返し楽屋の奥に走り込み、
暫しの後に綺麗なガウンに着替え戻って来て満面の笑みで一言、
「まぁ、あなた、よくいらっしゃいました」ですって(笑)
横でその一部始終を見ていた娘さんのHさんは、
「いやぁねぇ、若い男性だとコロッと変わって」と、苦笑しています。
杉村さんは「だぁって、あなた……」杉村さんは最晩年までこうでした。
女性の可愛らしさを失わず、色っぽさを失わなかった杉村さん……。

「あなた、一幕目の台詞を覚えて二幕目に行くと最初の台詞を全部忘れちゃっているんですから」と、
謙遜して話してくれた杉村さん。まるで瀕死の蛾が燐粉を撒き散らしながら
生き絶えて行く有様を僕は絶対に忘れないでしょう。
終演後にステージに駆け寄り花束を渡した事がありますが、
杉村さんは自分の足では屈めないほどの疲労困憊、先日、惜しくも亡くなった
スタンレー役の北村和夫さんが脇から腕を回して支えてあげなければならないほど。
それ程のハードなステージ。僕は杉村さんのお墓参りには行きません。
何故ならお別れするのは辛いから。いつまでも僕の中に生きている杉村春子さん。
まさに偉大な大女優、不世出の女優は生涯、一役者を貫いたのです。
同じ時代に生き、劇場で同じ空気を吸ったことの幸せ、
それはいつもいつもKちゃんと話していたことでしたよね……。
あなたの「杉村春子のブランチには滅び行く者の美がある!」この言葉とともに、
いつまでもいつまでも鈴が鳴るような杉村さんの声が耳から離れません……。


敬具

2007年5月16日


ブノワ。


[杉村春子/Haruko Sugimura (1909~1997)]
[Tennessee Williams (1911~1983)]
[欲望という名の電車/A Streetcar Named Desire (1947)]
[欲望という名の電車 (1953) 文学座 初演]
[北村和夫 (1927~2007)]
[東恵美子/Mieko Azuma (1924~ )]
[岸田今日子/Kyouko Kishida (1930~2006)]
[樋口可南子/Kanako Higuchi (1958~ )]
[大竹しのぶ/Shinobu Otake (1957~ )]
[喜多村緑郎/Rokuro Kitamura (1871~1961)]
[花柳章太郎/Shotaro Hanayagi (1894~1965)]
[Faye Dunaway (1941~ )]
[Peggy Cowles( ~ )]
[Tom Berenger (1949~ )]
[ルリ・落合/Ruri Ochiai ( ~ )]
[山田康夫/Yasuo Yamada ( ~ )]

★Copyright © 2005~2007 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2007-05-16 00:00 | 女優の時代。 | Comments(18)
Commented by 猫のおなか at 2007-05-16 13:25 x
ブノワさま。
同じ時代に生きていたのに、自分がぼーっとしてたため、
その方の素晴らしさに気づかないまま、やり過ごしてしまったことがいかに多いか・・・。
噺家では、古今亭志ん朝、桂枝雀。
そして女優では、杉村春子先生。
ブノワさんの言葉で、舞台の上のブランチの姿や声が浮かんできます。
またぜひ折に触れて、杉村先生のこと、書いてくださいね。

今日の手紙、あちらのお二人に届いてますよ。
Commented by mmamesu at 2007-05-16 14:43
奇しくも、映像でのリメイク版「欲望という名の電車」では、どんな配役がいいかなあとボンヤリ考えていたところでした。

私は残念ながら、杉村春子さんの生の演技に触れるチャンスがなかったのですが、演じておられる人物の魂がゆらゆらと立ち上るかのような気迫のこもった舞台だったのでしょうね。ブノワさんがお書きになった手紙から伺えます。

出遅れた者としては、せめてヴィヴィアン・リーの「欲望という名の電車」を観なおしてみるとしましょう。死の間際の絶唱のようなリーの演技。繰り返して観るには気力と体力を必要としますが、演じる側としてはそれ以上のパワーを要求される役柄なのでしょうね。
Commented by しん at 2007-05-16 21:51 x
ブノワ。さん
せっかくの特集番組・・・全部観てませんでしたわ。
舞台中継もカット版でしたのねぇ~残念ですね。
BSは、昔の良い番組をもっとたくさん流してほしいです。
同じ時代に生き、同じ空間を過ごせることの幸せ・・・
私もそう思うときがチラッとあります。
巡りあわせ・・・きっと偶然じゃないんですよ、きっと。(笑)
Commented by hoofers at 2007-05-16 23:24 x
ブノワ。さま

舞台中継は、観た人にとっては記憶をたどる手段くらいにしかなりませんが、貴重な舞台映像はせめてノーカットで観たいですよね。舞台上の俳優と観客が、同じ空間の空気を吸って存在する、あの凝縮された数時間は、本当に一期一会だと思います。
今頃、杉村先生は大地喜和子さん、北村和夫さんと談笑していらっしゃるでしょうか。タイムマシンがあったら、観たい舞台が数え切れないほどあります。帰って来れないかも(笑)

偉大な舞台女優、杉村先生のお人柄がしのばれるお話が聞けて、舞台好きにとっては大変嬉しかったです。
Commented by Brighton Rock at 2007-05-17 00:35 x
ブノワさん、私ほとんど見られませんでした、BSの特集。気がついた時は遅かった。残念でした・・・。
杉村先生の舞台は幸せにも最晩年のいくつかの作品を観る機会がありましたが、「欲望・・・」はとうとう見られずじまい。残念です・・・。ウエストサイドワルツだったか、確かハイヒールを履いていたような記憶があります。欲望・・・もヒールを履いていたのでしょうか!? これは恐らく友人から聞いた話ですが、先生はものすごい外反母趾だったと。(私の記憶違いかも知れません) そうだとするとハイヒールはさぞ辛かったのではと思います。終演後は疲労困憊なのもわかります。舞台の上では疲労や痛みさえ忘れてしまえるのでしょうか。役者魂云々というより、まさに超人です!今でもお元気だったら、まだまだ観てみたい舞台がたくさんあります。
ところで上の写真、私最初見たとき、マドンナかと思ってしまいました、失礼しました!
Commented by raindropsonroses at 2007-05-17 07:29
猫のおなかさんへ。
おはようございます、恨めしの雨です(笑)
あのお二方、誕生日が一緒なんですよ!凄い偶然ですよね。僕なんか笑ってしまいましたもん。先日亡くなったロストロポーヴィッチ、僕もスッカリうっかりで一度も実演を聴けませんでした。これだけ情報が溢れ、日本にいても外国の素晴らしい芸術に触れられるんですものね。その中から本当にいいものを選択するのは不可能に近いけれど、ここは一発、アンテナを張り巡らせていいものをしっかり吸収したいです。既存のビッグ・ネームに踊らされてもいけませんしね。才能はしっかりこの目で見極めたいです。杉村さんはハンサムなだけじゃダメな方で、演技が上手くないと嫌だったみたいですよ。吉右衛門さんとかが好きだったんじゃないかなぁ……。また折りを見て何か書きたいです。もっともっと評価されてもいい方ですから。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2007-05-17 07:39
豆酢さんへ。
おはようございます。僕の希望する配役、またここで書きましょうか?(笑)
「欲望という名の電車」……これはまさに傑作以外の何ものでもありませんね。杉村さんは容姿的にはバッリバリの日本人なんだけれど、ファースト・シーンの「欲望という名の電車に乗って……」と言う台詞から一気に破滅に向かって行く魂の悶えあがく姿は壮絶なものがありました。カーテンが下りるとこちらも息も絶え絶え。僕は今までかつて、これほど濃い密度の芝居を観た事がありません。映像化しないんでしょうかね?配役のバランスが大事ですもんね、そう、スタンレーはブラッド・ピットでもいいかな?(笑)ヴィヴィアン・ッリーも凄かったですね……あれって、マーロン・ブランドのスタンレーに一目惚れなんですね。「一目でこの人に滅ぼされる、私の死刑執行人だと分かった」って言う台詞があるけれど、ブランチは覚悟が出来たじゃないでしょうか?幕引きが見えた?僕もDVD観直そうっと!

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2007-05-17 07:45
しんさんへ。
沢山メッセージありがとうございます!
杉村さんと同じ時代に行きた幸せは言葉では言い表せません。杉村さんは非常に客を大事にする人でした。一人の客に劇場に足を運んで貰うのが如何に大変かご存知だったから。僕みたいな若輩者に旅先で時間を見つけて手紙を下さったりね。舞台やるだけでもお疲れでしょうに、本当に頭が下がる思いでした。杉村さん、吉右衛門さんがお好きでしたね。色気があって演技が上手いから。役者は華がなくちゃ!つくずくそう思います。この先は杉村さんみたいな大女優はなかなか出て来ないでしょうけど、応援している俳優もいます、せっせと劇場に足を運んで暗闇に身を潜めるとしますか……。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2007-05-17 07:53
hoofersさんへ。
おはようございます。メッセージありがとうございます。
特にこの記事へのメッセージは嬉しいです(笑)カット版の放映は仕方ないんでしょうね……何しろ30年前の放映分ですから。元が残っているとは思えませんし。でも、不思議なことに、カットした部分はナレーションで状況説明するんですが、そう言う部分に限って杉村さんの台詞が思い出されるんです。「アッ!あの台詞がない!」って(笑)それでカットしてあることが分かっちゃう。最近では「大女優」と言う言葉を乱発し、僕なんかは失笑を禁じ得ないんですが、杉村さんこそ紛れもない大女優、映画、テレビ、舞台と全ての部門で一流だった偉大な女優だと思っています。それに客を呼べた……客が観たがった女優なんですね。今での握手する時の杉村さんの力強い感触が僕の手に残っています。あちらで新作の話でもしているんでしょうかね……皆さんあちらに行ってしまいます、悲しいですね。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2007-05-17 08:01
Brighton Rockさんへ。
おはようございます。いくつかご覧になられたんですね?凄いじゃないですか。
今や、文学座の座員でも杉村さんを実際に知らない世代が台頭して来ています。時代ですね……昔は女優と言えば、皆、杉村さんに憧れて文学座に入ったのに。僕は舞台の用語には疎いんですが、確か「八百屋」と言って、舞台の客席の方が低くなっているものをそう呼ぶんだと聞いた事があります。軽く傾斜を付ける事によって客席から観やすいようにしてある訳です。その舞台を高いヒールを履いて走り回る訳です。写真でも一目瞭然ですが、杉村さんの足の親指は大変だったみたいですね。それでも低いヒールの靴なんか履かないんですって。綺麗に見えないから。その辺の執念は凄いものがありますね。まさに役者魂の塊です。ところで写真は杉村さんでもマドンナでもありません。パリのメトロの大きな看板を撮ったものです。こんな所で使うとは夢にも思いませんでしたけど(笑)でも、マドンナにも見えますね……もしかしてマドンナ?

ブノワ。
Commented by pua at 2007-05-20 19:38 x
こうやって文字だけで見てるのに、その人の声や口調が蘇ってくる。スゴいですね、杉村さん。私のような、芝居には完全に門外漢の人間でもそうですからね。
先日美空ひばりのドキュメンタリーを見てたら、脚が痛くて歩けないくらいなのに、わざわざコンサートで100mの花道を作るように依頼して、最後にそこを歩いた、というエピソードがありました。最近は「できるだけ楽をしたい」という人が多いのに、超一流と言われる人は違うんだなあ、と思いました。
Commented by raindropsonroses at 2007-05-20 20:22
puaさんへ。
こんばんは。今日は本当に好い天気でしたね。
さて、杉村さん、文字通りの大女優でした。舞台、映画、テレビ、全ての世界で第一人者だった。未だにその声を忘れる事が出来ません。杉村さんは綺麗に見える事には執念を燃やしていらっしゃった。旅公演が多いですよね、チョッとした薄布1枚を首元にあしらったり、帽子、眼鏡、物凄くお洒落に気を遣う方でした。ひばりさんもそう、板付き(舞台上に立ったら)になったら痛みなんて忘れるんでしょうね。役者根性、歌手根性です。お二人が共演した映画もあるんですよ。「女の花道」って言います。

ブノワ。
Commented by yasuyasuyassy at 2007-05-29 15:12
ブノワ。さん
こんにちは。そんな特集をやっていたのですね。
それにしても、そんなに凄い人なのですね。大女優かぁ・・・ブノワ。さんが思われる今が旬の?大女優ってどなたですか?何も知らない僕ですが何だか昔の人の方が凄い気がします・・・
ハンカチのお話、何だか奥が深いんですねぇ・・・表現かぁ・・・

やす
Commented by raindropsonroses at 2007-05-29 17:57
やすさんへ。
こんばんは。今はね、簡単に大女優って言う言葉を連発し過ぎですね。
僕なんか聞いていて恥ずかしくなっちゃうもの。平然としているご本人の心境は如何に?たぶん恥を知らないか心臓に毛が生えているんでしょう(笑)僕が考える大女優……全員外人になりますが、老女優で立派な経歴の人は抜かして、唯一メリル・ストリープでしょうね。候補はケイト・ブランシェットかな。旬って言う事で言うと、「プラダを着た悪魔」のエミリー・ブラント。チーフ・アシスタントの役、PAに聞いてみて下さい(笑)彼女はなかなかいいと思いますよ。小道具って大事です、やすさんも一皿に隠す小道具、隠し味ってあるでしょう?そんな感じかな?

ブノワ。
Commented by 落合マサユキ at 2010-06-19 13:12 x
はじめまして。少し前の記事へのコメントで失礼いたします。「録画は1975年収録、渋谷のセゾン劇場での公演」とのこと、映画化さrていたのですね、まったく知りませんでした。実はルリ落合は私の叔母でして、当時私は演劇好きの学生、演劇の雑誌にこの公演の広告が載っていて、見たいものだと心から思ったものでしたが、北海道に住んでいましたので、かないませんでした。いまでも販売されているのでしたら、手に入れたいものです。いろいろ調べて見ることにします。貴重な情報をありがとうございました。
Commented by raindropsonroses at 2010-06-20 09:27
落合マサユキさんへ。
おはようございます。メッセージどうもありがとうございます。
その前に、はじめましてですね!ようこそいらっしゃいました。
このブログ内の記事、いつのものでもメッセージ大歓迎ですよ。本当にありがとうございます。さて、ルリ落合さんの甥御さんなのですね?ビックリしました。叔母さまのお仕事、杉村さんを通していつも拝見していました。主人公のキャラクターを的確に色付ける素晴らしいお仕事、杉村さんも「ルリさん、素敵なのよ。」って仰言っていましたっけ。「欲望という名の電車」のビデオですが、僕はこの時まで存在を知りませんでした。残念ながらズタズタにカットされたバージョンでしたが……。この75年の公演が杉村さんの晩年に至る、所謂、完成形のスタート点だったように思います。叔母さまの衣装は勿論、セットも良かったし生頼範義さんのポスターが素晴らしかったです。ポスターの原画……欲しいんですよねぇ(笑)落合さんのお写真、拝見いたしました。今度ゆっくり遊びにいよらせて戴きますね。

ブノワ。
Commented by 落合マサユキ at 2010-06-20 22:09 x
ブノワ様 早速ありがとうございました。杉村さんの「欲望という名の電車」の広告が掲載された雑誌(「テアトル」だったかなと思いますが)は確かまだ取ってあるはずです。ルリさんは、関西ではドハデなおばさんとして有名(「ノックは無用」という横山ノックの番組で、街のおばさんを大胆にイメージチェンジさせる企画で大変人気でした)でしたが、関東では舞台衣装で活躍していましたのでイメージギャップが大きいようですね。ルリさんは引退してフランスにいると聞きましたがそれももう10年ほど前の話、いまの消息はよくわかりません。私は芸術とは無縁と思っていましたが、5年前に写真に目覚めまして、この5月、ようやくアサヒカメラにてデビューしたばかり。5年間は仕事もせず家財を売って写真に打ち込みました。この辺の頑固さは叔母譲りかも知れません。ブノワ様のページは、先週撮影した「無垢な心」という多摩川に生きるコサギの写真のコメントに、「欲望という名の電車」の話を少し掲載したことがきっかけで、インターネットで情報を得るため検索して知りました。叔母の名前を発見して、はっとした次第。思わずコメントさせていただきました。今後ともよろしくです。落合マサユキ
Commented by raindropsonroses at 2010-06-23 21:13
落合マサユキさんへ。
こんばんは。メッセージどうもありがとうございます。
ルリ落合さんの関西でのご活躍、全く存じ上げませんでした。関東ではクチュリエとして、そして、舞台衣装でのご活躍がもっぱらでしたからね。杉村さんの絶大なる信頼を一身に受けていらっしゃいました。ド派手な関西のお姿も見てみた駆ったです(笑)それから変身させられた街のオバさんも(笑)引退なさってフランスに……丁度、杉村さんが亡くなって前後してですかね……お元気でいらっしゃるといいのですけど……。人は芸術とは無縁ではありませんね。何かしらの形で芸術と関わりを持っているのではありませんか?それが作る側かどうかは別として……お写真、5年前からなのですね?それにしては立派で堂々としていらっしゃる……余分なものがスッカリ削ぎ落とされて潔い感じを受けました。検索して僕の所へ……インターネットも捨てたものではありませんね(笑)これからも宜しくお願いいたしますね。写真のこと、色々とお教え下さい。

ブノワ。