匂いのいい花束。ANNEXE。

ソフィーの選択。

e0044929_0104382.jpg
拝啓

長く鬱陶しい梅雨が始まりました。クロちゃん、その後お元気ですか?
僕はいたって元気です。薔薇も一先ず終わり、旅行から帰って来て惚けている所。
薔薇は10月頃までお休みかな。春先の情熱を一年間維持するのは所詮無理ですから(笑)

さて、今日は一枚の写真を同封しますね。
もうお分かりですね、これは3月にニューヨークに行った時に撮ったブルックリン橋。
フィルム・カメラで撮りました。この橋をフィルムで撮るためにだけ
フィルム・カメラを持って行ったって言っても過言じゃないくらいなんです。
この普通の人にとっては何の変哲もないブルックリン橋……。
僕にはどうしても訪れなければいけない理由がありました。

良く、「○○さん、薔薇でお好きなベスト3は?」と、聞かれます。
それと同じ頻度で聞かれるのが、「生涯のベスト1の映画は?」と、言う質問です。
勿論、好きな映画は星の数ほどありますし、その時その時の気分でも変わって来ます。
たった1本の映画を選ぶのは無理と言うものです。だけど、常に僕のベスト3に入る作品があります。
それは、メリル・ストリープの「ソフィーの選択」です。

このウィリアム・スタイロンの傑作小説の映画化「ソフィーの選択」、
当時は今でこそ死語になっている「女性映画」としてスマッシュ・ヒットしました。
第二次大戦後のブルックリンでナチスの収容所の影におびえる女性を描いたこの作品、
最初に出演のオファーが来た時、丁度「フランス軍中尉の女」の撮影で
ロンドンに向かう途中だったメリル・ストリープは出演を断ります。
「脚本を読んでみないと分からないから」と言う理由で。後に脚本を読んだストリープは愕然とし、
監督のアラン・J・パクラに跪かんほどに懇願して役を獲得したそうですね。
そして入魂の演技で見事アカデミー賞主演女優賞に輝いたのでした。
ポーランド訛りの英語とポーランド語、ドイツ語を駆使し、
これまた狂気の淵を行き来するネイサン役のケヴィン・クラインと
スティンゴ役のピーター・マクニコルの好演も相まって、非常に余韻豊かな名作となりました。
原作者のスタイロンをして「映画の歴史始まって以来の女優の最良の演技」といわしめ、
アカデミー賞を始め、数々の栄冠に輝いた事でもそれは証明されています。

監督のアラン・J・パクラが主人公のソフィーのキャスティングに困り、
ポーランドが舞台になることから、同じくポーランドの大監督、アンジェイ・ワイダに
誰が適役か相談した所、「君の国にはメリル・ストリープがいるじゃないか」と、言われたそう。
訛りを駆使した台詞回し、メイクやヘア・スタイル、素晴らしい衣装で完全武装し、
時には収容所のシーンではダイエットで極端に体重を落とし演じきった悲しみのソフィー、
彼女の収容所を出た後の地獄の生き様、収容所を生き抜くためにした人生の選択を
丁寧に緻密に描いたこの作品、未だに深い余韻とともに僕の胸の中にあります。
そう、この映画の最大の美点は「余韻がある」ことでしょうか。

写真は、スティンゴの処女小説の出来を祝って、ネイサンが2人を連れ出したブルックリン橋。
ネイサンを憧れの目で見るスティンゴ、愛情の眼差しで見つめるソフィーの前で
軽やかにここの鉄塔の上によじ上り、シャンパンでスティンゴの輝かしい未来を祝ったのでした。
そこに流れるマーヴィン・ハムリッシュの憂愁を帯びたテーマ曲、
ヘリコプターショットで高らかに3人の気持ちの高揚を歌い上げる腕前はさすが。
しかし、そこから物語は一転して悲劇の結末へと……。

この作品には2度の告白シーンがあります。
2度ともソフィーが自分の過去をスティンゴに語って聞かせるシーンです。
初めの告白シーン、窓際に座ったソフィーの月明かりに照らされた青白い顔、
この顔は映画のラストにボンヤリと再登場するのですが、ここでもまだソフィーは嘘を付く、
収容所を出て生き残った自分が今を生きるために本能的に口をついて出て来る嘘。
既に彼女の中ではどれが本当でどれが嘘だか境目がなくなって来ているのでしょう。
そして2度目の告白シーン、初めてソフィーは重たい嘘の殻を全て脱ぎ捨てます……。
ソフィーが付いた嘘の数々、衝撃の事実、ネイサンのこれまた付かねばならない悲しい嘘、
ナイーブなスティンゴの目を通して語られる情緒豊かな名作だと思っています。

この映画の主人公は厳密にはスティンゴ。スタイロンがモデルとされている
彼の青年時代のホロ苦い想い出、南部の田舎町からニューヨークに出て来た時に出会った
悲しい2人の恋人との邂逅を情緒タップリに描いたこの「ソフィーの選択」、
紛れもない傑作だし、常に僕の生涯のベスト3に入って来る作品なんです。
だからどうしてもブルックリン橋に行ってみたかった……勿論、よじ上ったりはしないけれど(笑)
ニューヨークに行くと決めた時からこの写真が念頭にあったんです。

今日で何と58歳の誕生日を迎えるメリル・ストリープ、
「プラダを着た悪魔」以降、話題作が目白押しで、
第二の華やかな女優人生の幕開きと言った所でしょうか。
アンソニー・ミンゲラが監督する「朗読者」、僕は読んだ時からこの映画化は是非、
メリル・ストリープでと思っていました。そうすれば「ソフィーの選択」と対をなす作品になるからです。
e0044929_0111646.jpg
生憎の日曜日、物凄い人出の切れ目を待つようにして数十分、
いつの間にかスッカリ日が暮れてしまいました。頰を撫でる清々しい寒気……。
クロちゃん、あなたはこの作品に付いては辛口でしたね。
僕にも、やれ感傷的だとかセンチだとか言っていましたっけ(笑)
でも、この作品から25年、未だに僕はメリル・ストリープの魔法にかかったままです。
それはそれで凄い事だと思いませんか?後にも先にも、こんな女優はいませんもの。
たまにはゆっくりと映画の話しをしたいですね。お時間作って下さい、馳せ参じます!


敬具

2007年6月22日  


ブノワ。


[Meryl Streep Online /Meryl Streep (1949~ )]
[Sophie's Choice/ソフィーの選択 (1982)]
[The French Lieutenant's Woman/フランス軍中尉の女 (1981)]
[The Devil Wear Prada/プラダを着た悪魔 (2006)]
[Kevin Klein (1947~ )]
[Peter MacNichol 1954~ )]
[Alan J. Pakula (1928~1998)]
[Andrzej Wajda (1926~ )]
[William Styron (1925~2006)]
[Marvin Hamlisch (1944~ )]
[Anthony Minghella (1954~ )]
[The Reader/朗読者/Bernhard Schlink (1944~ )著/松永美穂 訳/新潮社 刊 (2000)]

★Copyright © 2005~2007 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2007-06-22 00:00 | 映画館へ行こう。 | Comments(166)
Commented by シュエット at 2007-06-22 00:48 x
連日、ブノワ。さんから映画の話が聞けるなんて、嬉しいです。
「ソフィーの選択」突っ込みなしですよ(笑)映画観た時も、それから今も残っているのは、収容所で「女の子を…」といった、あの選択をする時、あのシーンのメリル・ストープの表情というか表情の演技というか、今も残ってます。このシーンで以降のソフィーの生き方、私に納得させてしいました。いいとか悪いとかでなくて、観る者をどれだけ納得させて引きずり込むかなんでしょうね。ブノワ。さんの思い入れの深さ、しかと受け止めさせていただきました。「ソフィーの選択」もう一度見たくなりました。もう25年前になるんですね。それでもあのときのソフィーの顔はくっきりと覚えています。最近の作品で、あるシーンが鮮明に残っている、あのシーンだけはもう一度観たいっていう作品少ないのは淋しいですね。それから先日も触れておられた「朗読者」。こちらももう一度読み返したくなりました。これはもう製作に入ってるんでしょうか?
Commented by Brighton Rock at 2007-06-22 00:49 x
ブノワさんこんばんは~、毎日暑いですね。水遣りさぞ大変でしょう。人間だって干からびます。今日こそ雨が降るらしいですよ。期待して待ちます。
ソフィーの選択は物悲しい物語ですね。このブルックリン橋の写真も哀愁あること。この写真を撮るためにフィルムカメラ持参って、ブノワさんの執念を感じますわ(笑)。そうだ、このときは初アメリカ本土上陸、初ニューヨークだったんでしたっけ。目的があってある場所を初めて訪れるのはワクワクしますよね。
メリル・ストリープはある意味ブノワさん生涯No.1の女優さんでしょうか。映画のストーリーごとに完全に別人になりきる憑依体質、凄まじいものを感じます。”朗読者”をミンゲラさんが撮るのですか?ものすごく楽しみですね。本は読みましたが、後書きに確かミラマックスが版権を買ったとかって書いてあったような。(うろ覚えですが) それが実現するのですね、あああ楽しみです。ブノワさんが今から映画に期待するのもよくわかります。
ところでメリルさんて58歳になったのですか。まだまだ行けますね、ますます大女優への道!
Commented by bonzai_star at 2007-06-22 04:14 x
はじめまして。なんどとなくこちらのブログは立ち寄ったことがあるのですが・・・映画批評の文体が、それ自体「音楽」のように奇麗ですね。

ぜひ「ソフィーの選択」見てみたくなりました。
この日記に出会えたことに、すこし「感謝」をしております。またフラッと立ち寄らせていただきます。
Commented by minibaramama at 2007-06-22 08:55 x
おはようございます。
うーん、相変わらずブノワ。さんの写真はすごい…
写真の奥にドラマが、時に人生が感じられる深さです。

ソフィーの選択…
思い返せないほど辛く感じました。
だめだ、辛すぎる…
感情移入しすぎな体質です。
Commented by ojou at 2007-06-22 12:55 x
ブノワ。さん こんにちは!朗読者、あれ、映画化されるんですか?!あの小説は、いったいどういった経緯で購入したのかちっとも覚えてないんですけど、なんか、もう、衝撃でした。切ないとか、そういった単層の気持ちでは言い表せない読後感ですよね。日本でどれだけあの内容を理解して受け入れられるか、私じゃちょっと読めないですけど、でも映像化期待しちゃうなぁ。
物語に出てくる中庭文化圏の建物とかも、ビジブルになることで「あぁ、こういう構造なのね」ってわかりやすいだろうし。楽しみだなぁ~
Commented by ダヴィデ at 2007-06-22 17:38 x
こうやって改めてブルックリンブリッジを見るとかっこいい橋ですね。メリル・ストリープの「ソフィーの選択」本当によい映画ですね。何度見ても僕は、はじめのタイプライターを打つ場面で旧式のタイプライターを買ってしまったのを思い出します。この映画でのメリル・ストリープは、七変化してましたね。すごい女優さんですね。
Commented by raindropsonroses at 2007-06-22 19:12
chouetteさんへ。
こんばんは。メッセージありがとうございます。特にこの記事へのメッセージは嬉しいです。何しろ、ブログを始めてからズゥ〜っと、書きたい記事のリストのトップにありましたから。ご存知のように、僕は写真がないと記事を書きませんからね。そんな訳でペンディング、晴れて初ニューヨークを機に書けたと言う訳です(笑)「ソフィーの選択」何回観たでしょうか。ビデオも録画してますし、何度観てもいい!映画は総合芸術っていいますけど、まさにそれを証明するかのような作品ですね。ここから僕のスロリープ狂は始まりました。厳密に言うと「ディア・ハンター」、そう、最初っからなんです(笑)「朗読者」は公開が2010年になっています。未だ話しが出ただけ、これからじゃないですか?でも、ベストの監督になりましたね。ミンゲラ以外には適役はいないような気がします。配役、一体どうなるでしょうか?ブノワ。さん、テーブルを引っくり返すかシャンパンを開けるか?(笑)何れにせよ先の長い話しであります。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2007-06-22 19:20
Brighton Rockさんへ。
こんばんは。ようやくお湿りです。
さて、メッセージありがとうございます、この記事へのメッセージは非常に嬉しい。Brighton Rockさん、首の皮1枚繋がりましたね(笑)さて、メリル・ストリープは一回読んだだけで台詞を覚えてしまうようですね。彼女曰く「女優で失業したことがない」とか。それが嫌みに聞こえないから凄いです。生まれながらの女優、その彼女にも思春期には物凄いコンプレックスがあったそう。美人じゃないって言う理由で役を貰えなかったり(「キング・オブ・ジプシー」、変わりに配役されたのがスーザン・サランドン!彼女はイタリア語が少し出来るのでプロデューサーが喋っている事が分かっちゃった)結局、コンプレックスがいいバネになったとも言えますね。凄い女優だと思います。これからが本当に楽しみ!年齢的にはチョッとキツいけれど、若作りして是非!彼女で「朗読者」を観てみたいです。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2007-06-22 19:23
bonzai_starさんへ。
こんばんは。はじめまして。ようこそいらっしゃいました!
この、約2年越しのスペシャルな記事にメッセージをありがとうございます(笑)「音楽的」とはこれ以上ない褒め言葉。ここは素直に受け止めて、これから一層の努力でもっと音楽的にしたいと思います。「ソフィーの選択」ですが、DVDにはなっていないかな……何れ機会がありましたら是非!これほど余韻深い作品は他にはありませんから。こんなブログですが、これからも一つヨロシクお願いいたしますね。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2007-06-22 19:27
minibaramamaさんへ。
こんばんは。メッセージ恐縮です。
僕の写真にドラマがあるのではなくて、人さまが作ったドラマを追いかけているだけです(笑)でも、お言葉嬉しいです、ありがとうございます。ニューヨークまで重たいカメラを持って行った甲斐がありました。「ソフィーの選択」ご覧になったのですね?早いですよね、もう25年ですか……たまにビデオを引っ張り出して観るんですよ。そう言う映画は非常に珍しいです。記事を書いていたらまた観たくなっちゃいました。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2007-06-22 19:30
ojouさんへ。
こんばんは。今の所考えうる最高の監督が決まったみたいです。
翻訳が出た頃から映画化の話しは出ていましたよね。出ては消え出ては消え、記事を読んで戴ければお分かりの通り、僕はその度にやきもきしている訳です(笑)もう一回読んでみようかな……6年も経っていますから、僕だってそれなりに成長しているでしょうし、また違った何かが見えるかもしれませんしね。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2007-06-22 19:35
ダヴィデさんへ。
こんばんは。この記事へのメッセージは非常に嬉しいです。
何しろ、ブログを始めて以来の書きたいナンバーワンの記事でしたから。重たいカメラを持ってのこのこニューヨークに行ってみれば、ブルックリン橋は重たい石で出来ていたのでした。矢張り巨大な建造物を目の当たりにすると言葉がないですね。日曜日で人は多かったけれど、ここから見るエンパイヤ・ステート・ビル、自由の女神、見ることが出来なくなったツイン・タワー……僕が物心ついてからズッとお世話になって来たアメリカ映画の集大成、実際にアメリカの地を踏んでみて様々なことが頭を過りました。最後の日の夕方に行ったんですが、本当に行って良かったです。そして、ニューヨーク最後の晩餐!これまた美味でした。

ブノワ。
Commented by aoi at 2007-06-22 23:30 x
ブノワ。さん、こんばんは
ナメクジとゾディアックとどちらが恐怖か、頭がぐるぐる(笑)
「ソフィの選択」ダメなんです…なぜか判りませんけれど、手に取れないのです。「ソフィ」と名のつくものはたいがいスっと、手の中に収まることになっているのですが、ダメです。本にも触れないのです。
でも本屋では必ず見るので、呼ばれていると思うのに、何でかなぁと思います。
「朗読者」、森光子級でガンバっていただいて、やっていただきたいですね!いずれにしても映画化は楽しみです。
今は「ボルベール」を見に行きたいなと思っています。
「ソフィかぁ…」と思いながら本棚に目をやると「チューリップ熱」が目に入ったので、読んでいます。このソフィアは問題ないです。ブノワ。さんのオススメ、いつの日か手に取れるといいのですが…
Commented by 豆酢 at 2007-06-22 23:39 x
ああ、今日も大勢の方々がコメントを寄せておられますね。

残念ながら、この作品に関してはブノワさんに先を越されてしまいました(笑)。でもまあ、新居にてぼちぼち書くつもりですので、どうぞよろしく。

改めて原作を読み返すと、映画がいかにその真髄のみを抽出しているかがよくわかります。
実は私も“感傷的”という評を読んだことはありますが、どうなんでしょう。これほどまでの人生の選択を強いられた人間の物語が、感情的にならないわけがないとも思えますが。
なんにせよ、ストリープ伝説はここから始まったわけですね(笑)。

私は「マンマ・ミーア!」が早く観たい!
Commented by raindropsonroses at 2007-06-23 05:02
aoiさんへ。
おはようございます。メッセージ恐縮です。
そりゃぁナメクジの方が恐怖ですよ(笑)「ゾディアック」の最大の欠点は恐怖感がゼロだって言うことです。その内機が熟せば「ソフィーの選択」を手にする事が出来ますよ。原作も素晴らしいけれど、映画の方も原作の映画化で傑作になった数少ない1本ですしね。「チューリップ熱」も映画化されますね。チョッと中断なのかな?森光子、実は一番苦手な方なので年とも言えませんが(笑)兎に角、僕の言う通りの配役して早く映画化して貰いたいです(笑)

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2007-06-23 05:09
豆酢さんへ。
おはようございます。起きては見たけどこんな時間です。
引っ越しでお忙しい所メッセージ恐縮です。この記事へのメッセージ、一番嬉しいかもしれません。さて、先を越されただなんて何を仰言ます。僕の方はこれから「フランス軍中尉の女」を書かなければ。この「ソフィーの選択」はブログを始めた一番最初から書きたくて仕方なかった1本、写真がなくて書けませんでした。写真がなければ書かない……これは自分で決めたことなので(笑)チョッとスッキリ、このブログがいつお仕舞いになってもOKです(笑)「感傷的」は何も悪いことではありませんし、スタイロンの「感傷」があの傑作を書かせたのでしょうから、手厳しく書いた積もりがある意味、正しい評かもしれませんね(笑)ストリープ狂歴約30年、この倍は行ってみたいです(笑)「マンマ・ミーア!」撮影に入ったみたいですね。良かったぁ……僕も早く観たいです!

ブノワ。
Commented by hoofers at 2007-06-25 00:53 x
ブノワさん、こんばんは。

ああ、私としたことが出遅れてしまいました(笑)
ブルックリンブリッジ!NYでこの橋を眺める度にネイサン、スティンゴ、ソフィーを思い出します。当時「ソフィーの選択」を観た時は、あまりの衝撃で詳細はよく覚えておらず、メリルの喋りにくそうな英語、もごもごとした感じだけはひどく印象に残りました。今改めて観ると、なまりを自在に操る役者は数多くあれど、非英語圏の人が英語を喋る時の、あの違和感まで表現できるなんて。。。舌を巻く上手さですね。
何故これが、日本ではDVD化されないのか、私は怒っています(笑)

「朗読者」楽しみですね!ジュリエット・ビノシュが演りたがっているとも聞いていたので、ちょっとヤキモキ。気長に待ちましょう。

「マンマミーア!」早く見たいです!
Commented by raindropsonroses at 2007-06-25 17:08
hoofersさんへ。
こんにちは。お元気でしたか?
出遅れただなんてとんでもない。いつでもどの記事にでも!です(笑)
彼女の訛りをとやかく言う人(自分は出来ないから)がいますね。誰だったか、彼女のことを「クイーン・オブ・訛り」って言っていました。これはいい意味でですけど……。僕も怒っております、下らない映画ばかりDVDになって、なぜ「ソフィーの選択」がDVD化されないのか?七不思議ですね。これってユナイトですが、もしかしたらどこかの資本も入っていて、そこが倒産して銀行に権利が……そんな感じがします。「朗読者」再び読み始めたんですよ。ちょっと記憶が薄れつつあるので。ジュリエット・ビノシェはいいかもしれませんね。ただ、あの人は金髪が似合わない(原作に忠実にするとして)hoofersさんは「こわれゆく世界の中で」をご覧になりましたか?あの中のビノシェと息子役で「朗読者」が映画化出来るかもしれません。監督は一緒ですしね(笑)「マンマ・ミーア!」同感です!

ブノワ。
Commented by yasuyasuyassy at 2007-06-25 22:42
ブノワ。さん
こんばんは。昨日はもう観てしまった後でした(笑)確かにあまり面白くなかったなぁ・・・期待はずれでした(笑)それから何だか先がチョッと読めてしまう・・・それを言うと「セブン」は本当に良かった。先なんて全く読めませんでしたから。
さて、「ソフィーの選択」僕は未だ観てないんですよね。ブノワ。さんお勧めならば絶対に観なくては!!
この写真、いいですねぇ・・・二枚目もフィルムですか?
フィルムねぇ・・・最近ね、フィルムカメラを買ってしまうと、他にもう1つ欲しくなるであろう電化製品があることに気づいてしまいました(笑)

やす
Commented by raindropsonroses at 2007-06-25 23:09
やすさんへ。
こんばんは。それは御愁傷様でした。詰まらないですよ、アレ!(笑)
僕はあの女優がどうにもこうにも苦手なんです、何がいいやらサッパリ分からず。「ソフィーの選択」ですけど、ビデオだったらウチにありますよ。ただ、ノーカットの方は人に貸しちゃったから……早く返せよっ!(笑)今度、戻って来たらお貸しします。DVDにはなっていないと思うので……紛れもない傑作ですよ。2枚目の写真は普通にデジカメで撮りました。フィルム・カメラ買いましょうよ。Macがどれだけいいか、ブノワ。さんの言うことに間違いはないでしょう?ね、信用して(笑)3万円くらいでありますよ。そんなに使わないんだからそのくらいでOK、高いMac買っちゃったんだし、毒を喰らわば皿までです(笑)

ブノワ。
Commented by mchouette at 2007-06-28 01:28
ブノワ。さんへ
以前にも話してらして、そしてこのページにも、これきっかけに「朗読者」2回目、読むことできました。6年ぶりでした。感謝です。読むきっかけになったこととして、ブノワ。さんのブログとこのページを記事で触れさせていただきました。事後ですみません。記事TBさせていただきました。
Commented by raindropsonroses at 2007-06-28 05:11
chouetteさんへ。
おはようございます。先ず、メッセージとトラックバックありがとうございます。
実は僕も読んだんですよ。あれから気になって(笑)一回目に読んだ時と比べて随分と印象が違いますね。記事も読ませて戴きました。ご丁寧に紹介までして下さって恐縮です。こんなブログで良かったら何なりとお使い下さい(笑)今後も、お互いにいい刺激を与えて行かれるといいですね!

ブノワ。
Commented by しん at 2007-06-28 20:44 x
ブノワ。さん
祝!「ソフィーの選択」記事アップ!(笑)
以前にメリル・ストリープの映画の記事を書いた時に、
「ソフィーの選択」については、またの機会に書きますって
言ってたでしょう?私は、しっかり覚えていましたよ。
いつかなぁ~って思っていたんですが、今回のN.Y旅行で
やっと実現できたんですね。私が初めてメリル・ストリープという
女優さんを脳味噌に刻み付けられたのが、この映画でした。
若き日に観た時と、今になって観てみると、きっと
新たな感情が湧き出るではないかと思う映画です。
でも・・・DVDがないのですね。オカシイ絶対にオカシイ!(笑)
Commented by raindropsonroses at 2007-06-28 23:04
しんさんへ。
ありがとうございます。お陰さまで目的を達成!これでいつブログを止めてもいい(笑)
やっぱり、この作品を書く時にブルックリン橋は必要不可欠ダッタんです。どうせ書くなら自分の書きたいように書きたいし。だから、気が進まないニューヨークだったんですけど、変わり身の早い僕の事(笑)スグに「ソフィーの選択」の事が頭に浮かんで行く気満々になったと言う訳です(笑)でも、これを撮ったのは最終日の夕方……最後の晩餐に向かう途中でした。この橋の袂のレストランで食べました。なかなかだったなぁ……。今、観るともっと色々な発見があるでしょうね。ビデオは持っているんですけどね……DVDが出ないのはおかしい!まったく!

ブノワ。
Commented by Meryl Fan at 2007-10-10 12:08 x
ブノワさん.

はじめまして。 たまにメリルの名前で色々検索してみると面白いサイトにあたりますね。 じっくりと拝読させて頂きました。 面白かったです。
私も生粋のメリルファンです。
僕はアメリカに住んでいますので彼女の映画は全て見ています。
日本ではDVDで発売されていないんですか? ひどいなー
キャサリン・へップバーンはメリルを非常に嫌っていたんですよ。
死後発売された自伝をすぐ購入して読みましたが、「チクタクチクタクと頭の中で音がしている演技」と評されていました。 ちなみに僕はキャサリンのファンでもあります。
でもメリルはキャサリンの悪口は全く言っていません。
彼女のはじめてのハリウッド映画といえる(実際はじめてハリウッドで撮ったと言う意味で)「ハリウッドにくちづけ」では、ここでキャサリンやトレイシーが撮影していたかと思うと感慨深いといっていましたし。
今月と来月はメリルの新作が公開されます。
勿論初日にいきますよ。
あと何回オスカーの候補になるか楽しみですね。
ところで、AFIのLifetime Achievement Awardとフランスのセザール賞の名誉賞ご覧になったことありますか???


Commented by raindropsonroses at 2007-10-10 21:37
Meryl Fanさんへ。
こんばんは。はじめまして、ようこそいらっしゃいました!この記事へのメッセージ、大変に嬉しく思います。メリルの人気、日本では今一なのですよ。Meryl Fanさんはアメリカにお住まいなのですね。いいですね、気軽に彼女の作品に接することが出来る環境で……Lifetime Achievement Awardは断片的に見ただけ、セザール賞に至っては見る機会はゼロです。AFIに出て来る俳優達は凄かったですね!往年のMGMの専属俳優達みたい。キラ星のよう……とは、正にこのことなのでしょうね。ヘプバーンのそのエピソードは知っています。僕は彼女自身による「Me」と、アン・エドワーズの「キャサリン・ヘプバーン」の2冊を読みましたが、記述はそのどちらかですか?スッカリ失念しています(笑)ただ、僕の友人がインタビューでヘプバーンがメリルを褒めていたのを見たと言い張ります。僕もヘプバーンのファンなので、そのヘプバーンが仲間の女優のことを悪し様に言ったとは思いたくないので友人の記憶を信じ記事にした次第です。ノミネートですが、軽く20回は行くでしょうね(笑)「マンマ・ミーア!」と「Doubt」で受賞でしょうか?新作の感想、お聞かせ下さいね!

ブノワ。
Commented by MERYL FAN at 2007-10-12 00:53 x
ブノワさん。
返信有難うございます。 へップバーンは A. Scott Bergの著書「Kate Remembered」で、 逝後すぐに発行されたもので、彼女が生存中は発行できないといわれているものでした。 へップバーンの性格が表れている表現で僕はそれなりに楽しんで読むことが出来ました。 メリルも全く気にしていないのでは(笑)。 セザールはメリルが舞台に登場すると2分間もスタンディングオベーションが続き、メリルも困惑気味。 この日の名誉賞は彼女を含み3人いたのですが、最初からスタンディングオベーションは彼女だけ。 流暢にフランス語で挨拶をしていましたよ。

1990年のピープルチョイス賞の授賞式ではジェーン・フォンダがメリルへのプレゼンターで、メリルが舞台に上がるとまず、ジェーンへ「ジュリア」の撮影後、フォンダがメリルのことをすごい新人俳優がいるとハリウッドで広めてくれて仕事が増えたと、ジェーンの寛容さと優しさは一生忘れられないとお礼を言っていました。 微笑ましいエピソードでした。

僕は子供の頃、メリルのオスカー候補は14回と予想をしていたのですが、来年あたり軽くクリアーしそうでうね。(笑)

新作またご報告します。
Commented by raindropsonroses at 2007-10-13 20:38
MERYL FANさんへ。
こんばんは。メッセージありがとうございます。先ず最初に、HNは全部大文字でしたね、ゴメンなさい。A. Scott Bergでしたか。それは未読です……日本語訳出ているのかしら?メリル・ストリープは40歳になった頃から俳優仲間の尊敬を一身に集めていましたね。彼女、スピーチ上手いですよねぇ。もう会場は爆笑の嵐じゃないですか?今年のグラミーでしたっけ、スピーチしている背後に流れている音楽に合わせて感謝に言葉をメロディーに乗せて歌っちゃったのは(笑)ジェーン・フォンダのエピソード、「ジュリア」はほんのワンシーンなのに、ストリープの才能を見抜いたフォンダも凄いですね。またそれを口にすると言うことは、当時の彼女は飛ぶ鳥を落とす勢いだった事もあるのでしょうね。いつでしたか、シェールが「月の輝く夜に」でアカデミー賞を受賞した瞬間、テレビの分割の画面のストリープが本人よりも先に満面の笑みで立ち上がり喝采を送っていたのを思い出します。僕の夢は「サンセット大通り」と「欲望という名の電車」をストリープでリメイクして貰うこと……「プラダを着た悪魔」の美しさならまだまだ行けると思うのですけど……。

ブノワ。
Commented by MERYL FAN at 2007-10-16 11:18 x
ブノワさん。 こんばんわ。 ブノワさんのおっしゃるように彼女はスピーチが本当に上手ですよね。 エミー賞の時は「みんな私を過大評価していると気付く日がくるわ」と、笑ってしまいました。 俳優仲間から尊敬を集めているのは、演技力だけではなくて、人間性もよい人だと思うんです。 気さくで傲慢ぶることもなく。 数年前にNYへ引っ越した後、普段から地下鉄に乗るらしいですよ。 周りはまさかと思いつつもみんな違う人と思うらしく結局声はめったに掛けられないといっていました。 ハリウッド俳優の中で同じ人と25年以上も結婚しているという所からしてすごいですよね。

ミュージカルの「サンセット大通り」の映画化が進んでいてメリルも候補の一人との記事を読みました。 オリジナルのグレン・クロースやバーブラ・ストライサンドも候補にあがっているようです。 誰になるか楽しみですね。 

「月の輝く夜に」でシェールが授賞した時は本当に嬉しそうでした。 スーザン・サランドンの時も同様でしたね。 ただ演技が上手いというだけではあそこまで尊敬されないと思います。 なのに苦手な人が多いのはどうしてでしょうか(笑)? 
Commented by raindropsonroses at 2007-10-17 08:01
MERYL FANさんへ。
おはようございます。メッセージ恐縮です。「サンセット大通り」……そんな感じですか。なかなかグレン・クローズに決まらないなと思っていました。所で、バ、バ、バ、バーブラぁ?好きなのですよ、バーブラ・ストライサンド。でもあの役は演劇の匂いのする女優じゃないとダメですね。「サンセット大通り」で思い出しましたが、今回の「プラダを着た悪魔」ですが、「サンセット大通り」のグロリア・スワンソンは、最初はそれほど大きな役じゃなかったのにあまりの狂気の素晴らしさにみるみる内に役が大きくなり脚本が書き換えられて主役になったそうです。同じ事がメリル・ストリープにも言えるのではありませんか?あまりにも存在感が凄くて主演賞候補に……助演のカテゴリーだったら張り上げるだけしか能のない新人女優なんか吹っ飛ばして受賞していた事でしょう。そうそう、彼女とデ・ニーロが一番評判いいんですって?芸能人でもっとも感じがいい人って言うアンケートでニューヨークのサービス業の人達がこぞってそう言うそうです……チップの払いがいいって言う事らしいですけど(笑)近々、チョッと彼女絡みの記事をアップします、お楽しみに!

ブノワ。
Commented by MERYL FAN at 2007-10-25 07:15 x
ブノワさん。 こんにちわ。 「Rendition」観てきました。 2時間の映画でメリルのスクリーンタイムは15分というところでしょうか。出ずっぱりではなく随所に出てくるのでもっと長く感じるかもしれません。映画自体のレヴューは賛否がありましたが、面白かったです。 ただ、今年6月に公開された「Evening」といい、ゲスト的な出演といった感じです。来月は「Lions For Lambs」がありますが、配給のUAは主演の3人、レッドフォード、ストリープ、クルーズを助演候補でキャンペーンをすると決めたようです。 やっぱりメリルにはもう一回主演女優賞をとってほしいです。(笑) ブノワさんもバーブラが好きなんですね。 僕も好きです。 ただ、バーブラにこの役はちょっと似合わないかもしれませんね。 クロースは主演のテレビドラマ「ダメージ」の視聴率が振るわず、このままドラマが継続されるか微妙なようです。 そうなると、メリルが「サンセット・・・」主演、なんてなるかもしれませんが、グレンのミュージカルを観る機会があったので、グレンでもいいかな・・・って思っています。 うちの庭のバラが今年4回目の満開になりました。!!
Commented by raindropsonroses at 2007-10-26 05:31
MERYL FANさんへ。
おはようございます。早速のレポートありがとうございます!
そうなんです、この所、ゲスト出演的な感じのものがたまにあったりして困ってしまいます。「Lions for Lambs」ですが、3人とも助演賞候補扱いですか?主演は一体誰?(笑)思えばレッドフォードとの再共演も感慨深いものがありますね。メリルは第一の絶頂期、レッドフォードは最後の輝きの時でしたから……。はい、バーブラは好きです。日本に来てくれるなら(絶対にないだろうけど……)10万円でもコンサートを聴きに行きます。ノーマ・デズモンド……矢張り、一番感じが近いのはグレン・クローズかな……MERYL FANさんは実演を観たのですね?何と羨ましい!主演女優賞の事ですが、大丈夫、「マンマ・ミーア!」と「Doubt」で2年連続の受賞ですよ!自分の声で歌うんですもん。それってポイント高いと思いませんか?それにそろそろでしょう(笑)薔薇が4回目の満開とか……どんな品種を育てていらっしゃるのでしょうね……。

ブノワ。
Commented by MERYL FAN at 2007-11-02 03:12 x
ブノワさん。 おはよう御座います。 バラは友人が6年前にくれたもので鉢に入っているミニチュアのものです。 背丈は約80CMぐらいかな。 毎年3月、5月、8月、10月にそれぞれ満開してくれます。 来年の賞レースは「マンマ・ミーア」も「Doubt」も同じ年に公開されるんじゃないかな・・・? もしそうなったら、ゴールデン・グローブでドラマとミュージカルの両部門、アカデミーでどちらかでの主演女優で手を打ちましょう。(笑)
トム・クルーズがインタビューで「Lions・・」撮影時、透き通るような白い肌とブルーアイのメリルと机越しに向かい合っていて、その後ろからレッドフォードが歩いてくると自分がまるで「Out of Africa」のワンシーンにいるような錯覚になて台詞がでてこなくなったと言っていました。 クルーズでさえ、レッドフォードとメリルとの共演を蹴るような事はしたくなかったとの事。 映画が楽しみですね。 11/9/07公開予定です。 ところで「Evening」は日本で公開されたのですか?
Commented by raindropsonroses at 2007-11-08 05:27
MERYL FANさんへ。
おはようございます。素敵なメッセージを戴いておきながら返事がスッカリ遅くなってしまいました。ご免なさいね。チョッとバタバタしております。薔薇ですが、ミニチュアで80センチは大きい方ですね。繰り返しよく咲く品種のようじゃないですか。僕はミニチュアにはチョッと疎いのですけどなんて言う名前なんでしょう?さて、そうでした。欲をかいてはいけませんね(笑)公開年度って言うものがありました。でも、MERYLFANさんが仰言る通り、ドラマとミュージカルの両部門で制覇って言うのは夢じゃない?事実、両方でノミネートされた人いましたもんね。「愛と哀しみの果て」ですが、今、思うと物凄い配役ですよね。トムくんじゃなくても出演を蹴る人はいないんじゃないですか?どんな作品かなぁ……明日、公開ですね?また情報をお寄せ下さいね。所で、「Evening」とか「Prime」などはなかなか日本では公開されにくい作品です。全くね、下らない作品がジャンジャン押し寄せて来ると言うのに……。全部観られるそちらが羨ましいです。

ブノワ。
Commented by MERYL FAN at 2007-11-15 01:33 x
ブノワさん、おはようございます。 バラの名前今度調べておきます。 花自体はひらいても直径5cmぐらいなんですよ。 いまは朽ちてしまった花が残ってしまっているので、週末に刈り込みです。 さて「Lions・・」をみてきました。 難しい映画で、まるで舞台をみているようでした。 作品は前評判があまり良くなく、みてその通りだなぁと感じました。 ただメリルとトムのやり取りは見ごたえがあり、トムもメリルとの共演を意識したのか頑張っていました。 トムはUAの新しいマネージメントでこの映画が一作目なので、何が何でも成功しなければいけなかったのですが、失敗だったかもしれません。 メリルはやはり来年に期待ですね。 「Prime」は結構面白かったですよ。 ユマの前にサンドラ・ブロックがキャスティングさていましたが、メリルとの共演に怯えて降りたなんて一時期言われてました。 どころで「ファーストマン」はプロジェクトが無くなったのかIMDBのメリルの作品欄から削除されていました。 どうなったんでしょうか???
では、また。
Commented by raindropsonroses at 2007-11-15 22:28
MERYL FANさんへ。
こんばんは。メッセージどうもありがとうございます。
「Lions for Lambs」ですが、日本では物凄いタイトルがついていますよ。「大いなる陰謀」って言います。その昔の邦題は、出演俳優のヒット作の一部分を文字った物が非常に多かったです。曰く「愛と哀しみの〜」「〜の女」とか……今回はレッドフォードの「大統領の陰謀」から来ましたか(笑)出来は今一なのですね?チョッと期待していただけにガッカリ。何と日本公開は来年の春ですよ!何をして待っていろって言うんでしょう?(笑)レッドフォードは如何でしたか?随分と容姿が変わってしまいましたね……ショックなくらい。「Prime」ですが、申し訳ないけれど、メリル・ストリープとサンドラ・ブロックでは世界が違いますね。同じ土俵には立つのは無理と言う物です。「ファーストマン」ですが、デニーロが監督業に色気を出しちゃったんじゃないですか?(笑)そう言えば、最近のメリル・ストリープは眼鏡を小道具に使う事が多いと思いませんか?薔薇の名前……何でしょうね、楽しみにしていますね。

ブノワ。
Commented by MERYL FAN at 2007-11-16 07:05 x
ブノワさん、こんにちわ。 返信有難うございます。 しかしすごい邦題になってしまいましたね。 ここは思い切って「愛と哀しみの陰謀白書」ぐらいにして欲しかったですね。(笑) レッドフォードは老けましたね。 でも時々角度によっては昔の端整な顔立ちを彷彿とさせてくれました。 メリル曰く今まで共演したなかでキスが一番上手いといっていました。 こういう事で基準を設けられても男としてはこまりますよね・・・
公開は来年ですか。 でもその後すぐに「マンマ・ミアー」も公開されることを期待して、気長に待ってください。 メリルの眼鏡も定番になりつつありますね。 去年の「プラダ・・」は公開前にはメリルの演技は評判にもなっていなかったのに公開(6月)でもうすぐオスカー候補予想サイトでは、こぞって予想枠内に挙げられていました。 「クィーン」が公開される前まではメリルが大本命だったんです。 今年の賞レースは少し寂しくなりそうですね。 ではまた、
Commented by raindropsonroses at 2007-11-16 19:33
MERYL FANさんへ。
こんばんは。ね?凄いでしょう?(笑)暫し唖然としましたもの(笑)
レッドフォードは顔を少しいじりましたね。そんな事しなくてもいいのに……彼のシワっぽい顔は先刻承知、自然に年を重ねて欲しかったです。「追憶」のワンシーンでレッドフォードが白い制服姿でバーのスツールに腰掛けてうたた寝をするシーン……ケ、ケ、ケ、ケイティがあまりの美しさにウットリとし、その後ベッドを共にしたあとの幸せそうな顔……大きく頷ける美しい顔立ちだったのに。「マンマ・ミーア!」!!!!!あぁ、早く観たいです(笑)矢張り、少し浅黒くメイクするんでしょうね……ダンシング・クイーンの時は、あの恐ろし気な衣装を着るのでしょうか(笑)「リトル・ダンサー」のジュリー・ウォルターズも楽しみの一つです。「プラダを着た悪魔」は役の大きさが中途半端でしたね。くどいけれど助演だったら確実に獲れていたのに……正直なことを言うと、「クイーン」のヘレン・ミレンの演技には今一つ感心しない僕です……。

ブノワ。
Commented by MERYL FAN at 2007-12-22 02:05 x
ブノワさん、おはよう御座います。 ご無沙汰しております。 先月から今月の中旬まで里帰りをしておりました。 天候にも恵まれ、比較的暖かかったです。 もうすでにご覧になったかもしれませんが、「Doubt」の写真がでていましたので貼っておきます。 来年が楽しみですね。 現在こちらでは脚本家組合のストライキで来年のGGやオスカー賞がきちんと運営されるかが大きな問題となっています。 俳優組合と脚本家組合は非常に近く、多くの有名俳優が脚本家組合の擁護をしているので、授賞式に出席しない俳優が多数出そうな状況との事。 どうなるんでしょうか? ではまた、 
Commented by raindropsonroses at 2007-12-22 19:53
MERYL FANさんへ。
こんばんは。メッセージと貴重な写真をありがとうございます。
写真、始めて見ました……と、言うことは、既に撮影に入っているのですね?良かった良かった(笑)企画で流れてしまうのが勿体ないほど魅力的な作品ですものね。写真を見ると、アカデミー賞主演女優賞の匂いがプンプンする……どうです、これだけ確実に獲れそうな作品も少ないと思いませんか?(笑)来年のことを言うと鬼が笑うって言いますが、再来年のことを言うと何が笑うのかな?ストライキ……外国では当たり前の権利として行われますよね……でも、映画を愛する心は一緒です、きっと、上手く収まりますよ。今度、里帰りの様子をお知らせ下さいね。

ブノワ。
Commented by MERYL FAN at 2008-01-17 01:31 x
ブノワさん、大変おそくなり恐縮ですが、あけましておめでとうございます。今年のGG賞は結局執り行われませんでしたね。メリルもプレゼンターで出席予定だったのかな? 「Doubt」は本当に楽しみです。 原作者のSPS(乱暴な略です)はこの役はメリルにやってもらいたく執筆したそうです。 メリルは一番下の子が大学に入るまではBWには立たないと決めていたので舞台では実現しませんでした。 里帰りはとくに何をしたというわけでもなく、友人とあったり、家でゴロゴロしたり、犬の散歩をしたりと、とても安上がりに出来ているんです。(笑) テレビでは毎日「そんなの関係ねぇ~」が流れていましたね。(笑)ではまた、2008年がよい年でありますように。
Commented by raindropsonroses at 2008-01-18 05:20
MERYL FANさんへ。
おはようございます。今年も早いもので一月下旬になってしまいました。
こちらこそ旧年にも増してヨロシクお願い致しますね。ゆったりとしたお正月を過ごされたようですね。僕は十年一日の如し……盆暮れ正月クリスマスには関係ない家庭に育ったもので……(笑)そうそう、MERYL FANさんに是非お話ししたいと思っていたのですが、ようやく日本でも「Evening」が公開される事になりました。邦題は「いつか眠りにつく前に」……まぁまぁでしょうか。これでこの春は「Lions for Lambs」と「Evening」、日本の作品でメリス・ストリープと会える事になります。凄く楽しみ!「プラダを着た悪魔」以来になりますからね。「Doubt」も本当に待ちきれない思いで一杯です。真面目な話し、アカデミー賞受賞が現実のもののように思えて来ましたよ。今年は「マンマ・ミーア!」も控えていますし、素晴らしい一年になりそうです。「Doubt」がメリル・ストリープに当てて書かれた作品とか……いい事を教えて下さいました。チョッとヒントを戴いたので記事にしようと準備を始めた所です(笑)健やかな一年になりますように!

ブノワ。
Commented by MERYL FAN at 2008-01-19 03:44 x
ブノワさん、おはようございます。 「いつか眠りにつく前に」ですか。 内容的にはあいますね。 この映画を観た時のお客は年配の女性が多かったのですが、メイミー(メリルの娘)が出てくるとみんなザワザワと「あの娘ね。 似ているわね」とあちらこちらで聞こえました。(笑) ところで最近の日本の映画パンフレットでのメリルの略歴はどのように書かれているのでしょか? よかったら教えてください。 去年の作品で演技賞は久々に縁がなかったメリルですが、実は今年はグラミーに20年ぶり4回目の候補となっています。 ちなみに授賞歴はありません。 子供用の本の声優・ナレーション部門でこちらも楽しみです。 ただ、TVでの授賞式ではこの部門はカットされて放送はされるとは思えません。(笑) 「マンマ・・」年内に日本で公開されるでしょうから、今年は3本で彼女にあえますね。 アメリカではメリル出演の「Dark Matter」という映画がお蔵入りの危機に直面しています。 噂では今年の春に公開かもありますが・・・次のメリルのプログ楽しみです。 ではまた、
Commented by raindropsonroses at 2008-01-25 21:14
MERYL FANさんへ。
こんばんは。スッカリ返事が遅くなってしまいました……本当にゴメンなさいね。「いつか眠りにつく前に」なかなかいいタイトルですよね。アメリカのメジャーの作品は日本独自のタイトルがつけられなくなって久しいです。今はどうか分かりませんが、殆どが欧文タイトルのそのままをカタカナ表記です。アクション大作なんかはいいけれど……文芸作品、それから原作物は困ってしまいます。メイミー・ガマー、写真を見ましたが、確かに似ていますね。でも、映画史上、最も大きなプレッシャーと闘う女優になりそうですね。バリモア、フォンダ、レッドグレーヴ……それぞれに偉大な一家ですけど、これほど巨大な一女優の娘って言うのも稀ですよね。略歴ですが、ここに写すと権利の問題がありますので……大体お決まりなのは、生まれ(最近は生年月日も)それから作品の羅列に受賞歴、一番華やかなのはアカデミー賞最多ノミネートと言うこと、どのパンフレットにも現代で最も偉大な女優と書いてあります……グラミーは未だでしたね。もし獲ったらバーブラに継ぐ快挙?アカデミー、グラミー、トニー、エミー、ゴールデングローブ……トニーは未だでしたっけ?

ブノワ。
Commented by MERYL FAN at 2008-03-25 06:25 x
ブノワさん、ページ再UP有難う御座います。 誤字脱字の多さに恥ずかしい思いもしていますが・・・(笑) 思い起こせば「ソフィー」は観るのも痛々しく10年以上観ていません。映画史上最高の演技の一つと評されているからこそ感情的にあまりにも辛すぎるのかな(笑)。この映画は日本で3回観ました。アメリカに居てもR指定だったので見れなかったと思います。 その頃名画座におりていた「ディアハンター」、「フランス軍・・」をアメリカでは年齢的に見れなかった物を名画座でみれたので喜んでおりました。日本でみたのは「黄昏に燃えて」迄。「クライ・イン・ザ・ダーク」以降全てアメリカなんです。ブノワさんの仰る通り、「マディソン郡・・」のラストシーンはよいですね。旦那が車の窓を閉めるところ、切ないですね。先週末AFIを見直していてその時このシーンが流れていました。そうそう今度AFI全編とセザール賞をDVDに落としてプレゼントいたします。但しDVDレコーダー近々購入する予定なのでその後という事でご了承ください。(字幕無しです。笑) ではまた、
Commented by raindropsonroses at 2008-03-25 22:17
MERYL FANさんへ。
こんばんは。いつも素敵なメッセージをありがとうございます。誤字脱字なんてないじゃないですか。もっともっとメッセージを下さいね(笑)そうそう、もうスグ「大いなる陰謀」が公開になる事ですし、僕も頑張って記事にするとしますか(笑)さて、「黄昏に燃えて」までですか……かれこれ20年になりますね。チョッと驚いたのは、R指定とかPG指定とか……アメリカでは結構、厳密に守られているんですか?名目上の事だとばかり思っていました(笑)「黄昏に燃えて」……バベンコでしたっけ?これでアカデミー賞を獲ってもよかったですね。「クライ・イン・ザ・ダーク」ですけど、日本では未公開、それなのに僕が観ている訳は、ぴあのフィルム・フェスティバルで一回だけ上映されたんです。見逃す訳ありませんよねぇ(笑)この時、キャサリン・ヘプバーンが、自分の演技をあれこれ解説する女優は嫌いだと言ったんではありませんか?確かそんな記憶が……「マディソン郡の橋」のラスト同様、秀逸だったのは「フランス軍中尉の女」のファースト・シーン、これもまた映画史上に残る名シーンですね。DVD……本当ですか?早くレコーダー買って下さい!一刻も早く!(笑)

ブノワ。
Commented by MERYL FAN at 2008-03-27 00:56 x
ブノワさん、いつも温かい返信有難うございます。R/PGはうちのと友達の両親が厳しかったです。でも一般的にもそうかな?、アメリカにいる間は親たちの運転でしか映画館へいけませんでしたが、日本にきて公共交通機関を駆使し都内の映画館を縦横無尽に行き来できました。(笑) 「クライ・・」ご覧になったんですね。さすがに筋金入りですね。(笑) 94年のTV番組でメリルはこの映画の演技が一番満足していると言っていました。カンヌもNY批評家賞も納得の受賞ですね。カンヌの主演女優授賞の時の審査委員長はたしかバベンコだったと思います。(笑)「フランス軍・・」の高波の押し寄せる埠頭にマント姿は印象的でした。この年のオスカーの本命は彼女でしから。レコーダーは機種機能多数で本当にどうしようです。普段はDVRに落としているんですが、HDが一杯と警告がよく出るようになってしまいレコーダーの購入を考えるようになったのです。約束は必ず守りますので楽しみにしていてくださいね。「大いなる陰謀」の記事も楽しみにしています。(笑)ではまた、
Commented by raindropsonroses at 2008-03-28 14:22
MERYL FANさんへ。
こんにちは。お元気ですか?こちらこそいつも素敵なメッセージをありがとうございます。そうでしたか、日本の映倫はいい加減ですからね。頭のお固い連中が芸術作品を台無しにする事もしばしば。文部省特選も何だか怪しいし……(笑)ある程度の規制は必要と思いますが、思わず首を傾げたくなるような基準が未だにあることも事実です。「Cry in the Dark」の時は実際のモデルになった女性がまだ審理中だったのですよね。ですから、いい加減な事をして裁判に影響が出ると困るって……。「フランス軍中尉の女」ですけど、メイク係の鏡を覗き込むメリルとカチンコの音、テーマが流れて……これぞ映画っていう感じです。アイアンズもそうですけど、レッドフォード、デ・ニーロなど、同時期に活躍した俳優のその後を見ていると、メリルの一貫した役選びと活躍ぶりが際立ちます。ニコルソンくらいかな、ゴーイング・マイ・ウェイで飄々とやっているのは(笑)所でレコーダーは買いましたか?(笑)首をキリンのロクロ首にしてお待ちしております(笑)

ブノワ。
Commented by MERYL FAN at 2008-03-29 06:13 x
ブノワさん、おはよう御座います。 僕もRatingは賛成なんです。やはり大人が楽しめる映画も必要なんです。言葉が多少乱暴になろうとも、暴力があろうとも、肌の露出があろうとも、この映画はPG-13にする為にここをカットしてなんてされるよりも。(笑) 「クライ・・」は確か控訴中だったんですよね。豪の裁判史上最悪のものと揶揄されていて、審理中にもかかわらず映画化したスケプシやメリルには脱帽ものです。 あれだけ容姿や話し方で悪者にされてしまったんですから。 「フランス軍・・」もメークのシーンがあるのを忘れていました。(笑) ブノワさんのDVDは何か規格がありますか?例えば再生出来ないフォーマットあるとかDVD-Rやら+やらあるではないですか? 奈落の底に突き落とすようなことでなんですが・・・・・実は4月は出張が多く5月にでもなんて考えていたんです・・・・・・(汗)。ゴメンなさい。アナウンスが早すぎましたね・・・(笑) 折角の強化月間にけちをつけてしまいましたが、許してください。(笑)ブノワさんの首がこれ以上長くならない事を祈ります。 ではまた、
Commented by raindropsonroses at 2008-03-30 07:29
MERYL FANさんへ。
おはようございます。メッセージどうもありがとう。
そう、テレビと映画の違いもありますよね。スイッチを入れれば誰でも見られるテレビと、わざわざ足を運んでお金を払ってみる映画……その辺をもう少し考えてみる必要があります。規制は必要だけれど、意味のない規制や、蔓延する言葉狩りのようなものは如何かと思うけれど……。一時期、日本の映倫が非常にゆるくなった事があります。いいのかな?って思うくらい(笑)最近はまた元に戻ったみたいですけどね。残酷描写や性的な描写、興味本位のものは対象になっても然るべきだけれど、芸術的に完成度が高いものや、どうしてもストーリーの展開上必要な物は勘弁して欲しいです。「美しき諍い女」や「氷の微笑」、どちらの裸が売りになった部分がありますけど、芸術性の違いは一目瞭然、観客ってそれほどバカじゃありませんからね……。ウチのDVD……何でしょう(笑)一応、DVD再生機もありますが、いつもはPCで観ています。多分何でも大丈夫なんじゃないかなぁ……チョッと調べておきますね。その辺の事は非常に弱いのですよ(笑)出張が多いとか……水が変われば……です、お気を付けて!

ブノワ。
Commented by MERYL FAN at 2008-04-16 06:12 x
ブノワさん、おはよう御座います。ちょっとご無沙汰をしておりました。 お元気そうでなによりです。 さて昨日はリンカーンセンターでの名誉賞がありました。 NYへ出張でしたので劇場前でへばり付いてました・・・というのは大嘘です。 写真が出てましたのでリンクしておきますね。 まだ詳細は入手していないので手に入れ次第業務連絡いたします。(笑) どんなスピーチをしたのでしょうか? 気になりますね。 ちょっと家をあけていたらこちらの気温は非常に高くてびっくりでした。 おかげで庭の(未だに品種の分からない)薔薇が咲き始めています。 今年は例年より遅い咲き始めなのであと年内は2回ほど咲いてくれたらなんて思っています。あと今月はもう一度州外です。 帰ってきたらDVDですね。 この前レコーダーをみていたら、いろんな規格で録画できるみたいです。たぶんマルチですれば問題ないかもしれません。あわてた文章ですみません。ではまた、 あっ、まだ買ってませんからね。 (笑)
Commented by raindropsonroses at 2008-04-16 22:19
MERYL FANさんへ。
こんばんは。いつもメッセージありがとうございます。
不思議な事もあるものです。実は、たった今、メッセージを戴いた時に僕はMERYL FANさんのことを考えていました。何故なら、昨日の夜、文学座のアトリエ公演で「Doubt」を観て来たからなんです。日本初演のこの舞台、非常に堪能して帰宅しました。今まではまったく五里霧中、どんな内容かも分からない作品でしたが、これでおおよそのアウトラインは見えました。物凄く楽しみですね。そちらの公開は12月ですね?とても待ち遠しいけれど、今週末に「大いなる陰謀」が公開になります。初日に駆けつける積もりなんですよ(笑)この所お忙しみたいですが、季節の変わり目です、呉々も体調管理は万全になさって下さいね。次の便り、楽しみに待っています!

ブノワ。
Commented by MERYL FAN at 2008-04-17 06:01 x
ブノワさん、こんにちわ。 「Doubt」ご覧になったんですか? 観劇し易い環境でいいですね。 ぼくはこの内容は大まかなストリーラインしか分からないので年末まで勉強です。 でもその前に記事にして頂くと有り難いかな~。(笑) オスカーの予想サイトではこの作品で軒並み上位にランクされている彼女ですが、非常に楽しみです。 今週の初めにテストスクリーニングでこの作品を見たという輩が「メリル3度目のオスカー」なんていう記事をネットに掲げていました。ミラーマックスにある雑誌の記者がテストスクリーニングがあったのか確認したところ真っ赤な嘘という事が発覚したのですが、良き・悪きにつけこの作品に期待している人はいるようですね。 ブノワさんは今週は「大いなる・・」ですね。 僕はやっと公開が決まった「Dark Matter」です。 もうバラエティーの記事とか紹介したいのが沢山あるですが、時間が無くて・・・おいおいご紹介できたらと思います。「大いなる・・」こちらではコケマシタがブノワさんの感想も是非聞かせてくださいね。 ではまた、
Commented by raindropsonroses at 2008-04-17 19:31
MERYL FANさんへ。
こんばんは。メッセージどうもありがとうございます。
ハイ、ご覧になりました(笑)映画、演劇、音楽……東京は本当に恵まれた環境にあると思います。もう、自分の力で選ぶのは不可能です。この「Doubt」は劇団からの案内状に飛びついた次第です。邦題は「ダウトー疑いをめぐる寓話ー」です。真面目な話し、メリル・ストリープはこの作品でアカデミー賞のノミネートは確実でしょうね。そして、可成りの確率で受賞……もうどうやってお祝いしましょう!今からお祝いの記事を書いておこうかな?(笑)舞台のことは記事にします。もう書き上がっているのですが、少し手直しして調べ物をして……映画、演劇の記事は調べものが大変です(笑)詳しいことはストーリーに触れないように書くのは難しいのでスルーするかもしれませんが……。兎に角、いい役ですよ、僕はそう思います。たった1つ、心配なのは原作者が監督と言うこと……誰か他の人、舞台を知り尽くした職業的な監督の方がいいのですけどね……。「大いなる陰謀」ですけど、明日は難しいので明後日かな。こちらの記事にします……多分(笑)

ブノワ。
Commented by MERYL FAN at 2008-04-19 03:58 x
ブノワさん、おはよう御座います。 最新の記事のソルべの写真、クロスと器とソルべのコントラストが素敵ですね。 メリルにStickしてしまっているのでこのタグから離れられません。(笑) さて、リンカーンセンターの記事が少し載っていましたが、メリルゆかりの3人の未亡人も会場にいらしたようです。 ローズ・スタイロン、ハンナ、パクラ、そしてキャサリン・アルトマン。 苗字から誰の未亡人かお分かりですよね。 (笑) そしてこれは初耳ですが、サリー・フィールドが2回目のオスカーを受賞した「Places in the Heart」は最初メリルへオファーがあったらしいです。監督のR・ベントン曰く「ディナーの席で話したら、メリルは妊娠したかもしれない」と断ったらしいです。 ブノワさんご存知でした? 今週末はお互いメリルの映画ですね。 ではまた、
Commented by raindropsonroses at 2008-04-19 05:36
MERYL FANさんへ。
おはようございます。いつも興味深いメッセージをありがとうございます。
「Places in the Heart」のエピソードは初耳です。でもあれは彼女の役ではありませんね。彼女の特質は矢張り都会的なこと……そんな気もします。断った理由ですが、妊娠もそうでしょうけど、ベントンとは「殺意の香り(Still in the Night)」で懲り懲りしていたのではありませんか?(笑)彼女が二度と見たくない自分の出演作品、義理で出て見事に失敗した唯一の作品の後ですもんね。でも、もし出演していると「クレーマー〜」「殺意の香り」「Places〜」と3作品連続でベントン作品に出る事になる……ベントンさん、相当気に入っていたんでしょうね(笑)僕は「殺意の香り」嫌いじゃないです。メリル、物凄く綺麗でしたもんね。未亡人のお話し、下手な映画界の大御所が出席してくれるよりも嬉しかったのじゃありませんか(笑)スタイロンの奥さまがローズ!何だか記事に出来そうな予感(笑)今日の夜は「大いなる陰謀」です。お洒落して出掛けようっと!記事に出来るくらいの出来、何か面白いエピソードがありますように(笑)MERYL FANさんも素敵な週末をお過ごし下さい。

ブノワ。

Commented by raindropsonroses at 2008-04-19 05:42
MERYL FANさんへ。
ご存知でしたか繋がりで一つ……。
廃刊になってしまいましたが、写真週刊誌の「FOCUS」の創刊告知ポスター、これに何とメリルの顔写真が使われています!B倍(1030×1458)横位置、モノクロ写真でロゴマークだけがカラー……持っているのです(笑)どうやって手に入れたかは聞かないで下さいね(笑)当時はまだまだ知名度も低かったし、その頃、特別に話題になっていた訳でもないのに不思議に思った物でした。久し振りに出してみようかな……額装したら凄いでしょうね……さっき風呂で思い出したので……。

ブノワ。
Commented by MERYL FAN at 2008-04-22 01:04 x
ブノワさん、おはよう御座います。 メリルは「殺意の香り」を嫌っていたのですか???、驚きです。 僕もこの作品の彼女の高貴さ、美しさ、そして戦慄におびえるはかなさ、全てが混同していて好きな作品の一つです。 「ソフィーの選択」と同年の公開でこの作品が数ヶ月早かったのですが、既にオスカー間違え無しと言われていたと思います。 でもこの作品は原題のほうが断然映画の内容を表していると思いませんか? 残念ながらDVDではこれと「ある上院議員・・」は手に入りません。 「FOCUS」のポスターは気になりますね。(笑) どんな写真でしょうか・・・以前に既に使用されていた写真でしょうか? よかったら教えてください。 すごく気になります。 (笑) ではまた、 
Commented by raindropsonroses at 2008-04-24 20:41
MERYL FANさんへ。
こんばんは。雨の東京です。
そう、メリルは「殺意の香り」を嫌っていました。唯一、二度と観たくない作品だそうです。どこがどう嫌いなのか分かりませんが、義理と人情で出た作品とも言っていましたよ。アカデミー賞を獲らせてくれた監督の申し出ですからね……当時の彼女の立場だったらイヤとは言えなかったかもしれません。大体、どの監督もヒッチコックをやってみたくなるのですよ(笑)ヒッチコックをやるには金髪の美女が必要な訳で……その辺のお飾り的な役がイヤだったんじゃありませんか。「或る上院議員の私生活」これまたいいタイトルですよね。こう言う作品こそロードショウで観ておかないと後々観られなくなってしまいます。「FOCUS」ですけど、僕はその時初めて見る写真でした。今度、何かの時にお目にかけることが出来るといいのですけど……。

ブノワ。
Commented at 2008-05-13 00:49 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2008-05-13 10:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by MERYL FAN at 2008-07-10 00:44 x
ブノワさん、おはようございます。 今年も後半に突入しましたね。 サウンドトラック全てもっている??? 素晴らしい、やはり筋金入りですね。どんどん自慢してくださいね。 お互い反り返るぐらいに。 (笑) 昨日CDを購入早速帰りの車の中で聞きました。 メリルはやはり歌が上手です。 60歳前の声量とは思えないくらいでした。 映画の評判も上々のようなので楽しみですね。 来週公開ですが、15日から4日間テレビ番組に出ずっぱりみたいです。 ピアース・ブロズナンはメリルと共演を打診されて即答でOKしたようですが、その際ギャラの話をし忘れるぐらい喜んだようです。 ジュリー・ウォルターズはメリルと初めて会う日はエリザベス女王に謁見する以上に緊張したとか。 LAタイムスのエンベロープという賞関連のコラムでは、今年の投票者は「ダウト」にするか「マンマ・・」にするか迷うだろうと記されていました。 「ダウト」の公開は12月に戻ったようです。 なんかまとまりのない文章ですみません。 (笑) ではまた、
Commented by raindropsonroses at 2008-07-13 06:37
心配性の方へ(笑)
おはようございます。メッセージどうもありがとうございます。
メールしてスッカリその気になっていましたが、こちらにもお返事を……。
インターネットの世界は本当に難しいですね。ブログを始めてから実感しております。僕は躊躇もしませんでしたし、常識はずれとも思わないし、何かを強要された積もりもないし……その辺の事はあなたが一番ご存知ですよね?(笑)僕はこのやり取りを楽しく思っていますし、今回の事も、感謝こそすれ、前記のような感情は全く感じておりません。心配性ですね?(笑)でも、そう言う慎み深さが好きです。だからお付き合い出来るのかもしれませんね。堪能しましたよ!あのふんわかした雰囲気は一体何でしょうね……彼女の人柄なんでしょうね。周りをリラックスさせて笑顔にさせる……。僕もさらに彼女が好きになりました。こんなブログですけれど、これからも一つ宜しくお願いいたしますね。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2008-07-13 06:45
MERYL FANさんへ。
おはようございます。本当、今年も後半になってしまいました……お元気ですか?
サウンドットラックは手に入る限りの全てのものを持っています。「Cry in the Dark」や「House of Spirits」なんて珍しいでしょう?(笑)実は昨日、映画を観た帰りにMERYL FANさんのメッセージを思い出してレコード屋に行きました。さすがにまだ売っていませんでした(笑)映画は来週公開なのですね?いいですねぇ、日本はいったいいつになる事やら……こう言う作品こそ夏の暑い時期に公開しないと意味ないのに。映画の評判も上々とか。楽曲が全て馴染みのある曲って言うのも大きいですよね。ピアースじゃなくても彼女との共演を打診されたら即答でOKでしょうね(笑)僕も即OKです(笑)ジュリー・ウォルターズってデイムなんでしたっけ。「リトル・ダンサー」の彼女は良かった。この作品への出演が噂された時には嬉しかったですもん。ベストの配役でしょうね。「ダウト」……これまた楽しみです……が!心配なのは原作者が監督と言うこと(笑)マイク・ニコルズ辺りが冷静な目で撮って欲しかったかな……まぁ、期待しましょう!

ブノワ。
Commented by MERYL FAN at 2008-07-16 00:38 x
ブノワさん、おはよう御座います。 いつも温かいメッセージ有難う御座います。 「Cry・・・」や「House・・」はいまや手に入らないでしょうね。 僕が持っているのは「ソフィー・・」だけ。 LPでした。 「Cry・・」は僕がメリルの中で実は一番好きな映画なんです。 以前オーストラリア出身の友人とこの映画の話をしていた時、その友人は主演はオーストラリアの俳優だったと言い張っていました。 その数日後友人が誤ってきましたが。(笑) あまりにもふつうにオーストラリア訛りだったので全く違和感がなく、自国の俳優が演じていたと思い込んでいたようでした。 今週いよいよ公開ですね。 テレビでもコマーシャルが放送され始めていますよ。 残念ながら映画館ではこの予告は見れなかったんです。 
では一足お先に見てきますね。 (笑) 暑い日が続いているようですがお体を大切に。
Commented by raindropsonroses at 2008-07-16 18:43
MERYL FANさんへ。
こんばんは。メッセーjどうもありがとうございます。
いいな、いいな、今週末なんですよね……僕も今週末だけそちらにお邪魔しようかしら(笑)
でもそれもいいかもしれません、物凄く贅沢!MERYL FANさんがお持ちのサントラは「ソフィーの選択」だけと言うことですが、LPでしょう?そっちの方が貴重じゃありませんか?(笑)あれはマーヴィン・ハムリッシュの傑作です。矢張り、映画は総合芸術、どれ一つ欠けても成り立たないいい例ですね。好きな俳優の作品は予告編も見たいですもんね(笑)随分、前ですが、ソフィア・ローレンの新作のチラシが欲しくて、観たくもない映画を観に行った事があります。勿論、確認しましたよ、今上映中の作品を観に行けばチラシが置いてあるかどうか……。感想をお聞かせ下さいね、いいに決まっていますけどね(笑)

ブノワ。
Commented by MERYL FAN at 2008-07-17 01:14 x
ブノワさん、おはよう御座います。 「マンマ・ミーア」のプロモで忙しいメリルですが、こんな記事を読みました。 野球のALL STARのパレードとかち合ったしまいインタビューに間に合わせるために車を降りて走らなければならなくなったメリルは、TODAYの番組で笑いながら「私もSTARなんだけど、ALL STARでは無かったみたい」と。日本語ですと嫌味に聞こえるかもしれませんが、彼女らしいジョークでした。 2001年の9・11後に3女の誕生日に娘の友人達とこの舞台をみて、プロデューサ-に感想の手紙を送ったところその内容に感激したプロデューサ-は、メリルからの手紙をキャストも読めるようにバックステージに貼ったそうです。 それ以来映画をつくるなならメリルを主演にと心に決めていたとか。 いい話ですね。LPのジャケットはそういわれればその方が価値があるかもしれませんね。 (笑) 「OUT OF AFRICA」とかも映画音楽としも楽しめますよね。 ブノワさんもいつかこちらへきてメリルの映画公開前のNY番組スタジオ前でプロモする彼女をいっしょに待ちましょうよ。 (笑) リンク先の写真はその番前にファンにサインをするメリルです。
Commented by raindropsonroses at 2008-07-19 06:23
MERYL FANさんへ。
おはようございます。メッセージ恐縮です。
いよいよ今日からですね!勿論、万障繰り上げて観に行かれることと思いますが、感想は是非お聞かせ下さい、彼女、可成り歌っているみたいですね、楽しみです。「私もSTAR……」の下り、彼女独特の間と言い回しが目に浮かんで来そうでした(笑)観劇した後に手紙をプロデューサーに送ったエピソード、本当にいい話しをお聞かせ下さいました。記事にする時に使わせて戴きます(笑)友人に役者が多いので、僕はよく楽屋に行くんですが、廊下とかに色々なものが貼ってありますよね。新聞評とかインタビュー記事とか……そう言うものに励まされて皆さん頑張れるのでしょうね。役者って才能は勿論、その辺の人としての性格の良さや人柄がキャリアに関係して来ると思いませんか?所で、最近、彼女の新作のニュースがパッタリ途絶えましたが、何かあるんでしょうか?……昔はメロディーを大事にする作曲家が多かったですね。今はリズム全盛、美しいメロディーに美しいシーン……いつまでも心に残ります。リンクの写真ありがとうございます。いつか一緒に彼女に会いに行きましょうね!(笑)

ブノワ。
Commented by MERYL FAN at 2008-07-21 03:20 x
ブノワさん、おはようございます。 番組の司会者もメリルからの手紙だと励みになったと思うと言っていました。 彼女も9・11の後だし、良いものはAcknowledgeすることが好きと言っていました。新作情報はないみたいですね。インタビューでも長男はロス、長女はブロードウェイ、次女はローマ、三女は自宅とバラバラなので、この夏はみんな一度家に帰るようにと招集をかけたみたいです。この2年で6本の映画で少し疲れているようで休養をどるのか、ファンの間でば舞台に戻るのかもという噂もありますよ。さて、「マンマ・・」観てきました。 批評は真っ二つに別れ、賞賛派は、Hollywood Reporter, USA Today, The Wallstreet Journal, The Washington Post, The Boston Globe, 否定派は、Ent. Weekly, LA Times, NY Times, Rolling Stone等。 NY Timesはメリルのキャリア上最悪の演技と評する一方で、Rolling Stone誌はメリルが映画を最悪にするのを救ったとまちまちでした。肝心の観客はもうノリノリで、みんな大喜びでした。メリルの" The Winner Takes・・”では拍手喝采で、僕も楽しめました。日本での公開待ち遠しいですね。
Commented by raindropsonroses at 2008-07-21 22:26
MERYL FANさんへ。
こんばんは。早速のメッセージをありがとうございます。
家族がバラバラなのですね……でも、彼女には馬車馬のように働いて貰わないといけません(笑)もっともっと映画に出て(舞台は観られないからいいです・笑)僕等を楽しませてくれなくてはね。そうそう、送って戴いたDVDを見ていて思ったんですけれど、メイミー・ガマーをはじめ、子供達は全員メリル・ストリープ似と思っていましたが、実は旦那さまの方にソックリなんですね。顔形が瓜実顔なだけ、パーツは全部旦那さまのもの……そう思いました。さて、「Mamma Mia !」の評が割れているとのこと。どんな事が書かれているのか全く分からないので軽率なことは言えませんが、諸手を挙げて絶賛されているよりもいいんじゃないでしょうか?僕はゴールデンの両部門制覇は行けると思っているんですよ。アカデミー賞は「Doubt」で決まり……そんな感じじゃないでしょうか。「Mamma Mia !」は如何に乗らせるかの問題でしょうね。ブロードウェイで前に座った女性達、物凄いノリでしたもの(笑)所で、日本はいつ?首がキリンのロクロ首になっちゃいます!

ブノワ。
Commented by MERYL FAN at 2008-07-22 03:53 x
ブノワさん、おはよう御座います。 本当にメリルの子供達は、特に目、父親似ですね。 メイミーの批評に初めて「メリルの娘の」という決り文句がつかなかったと喜んでいました。 ブノワさんは体験済みなのでご存知でしょうが、あの舞台ののり凄いでしょ。 皆踊りだして。 (笑)
このマンマに備える為に、歌の練習は家族にはばかってクローゼットの中で一人で練習をしていたとの事でした。 そんな甲斐があってか、ミュージカル史上最高のオープニングの興行収入、29億円をたたき出しました。 同じ週公開の「The Dark Knight」も史上最高の164億円には遠く及びませんでしたが・・・。  因みにマンマの製作費が約55億円と聞いています。 既に公開されているイギリス、ギリシャ、スエーデンでもヒットしているみたいですね。 全世界では既に106億を超えているみたいですよ。 劇場の一番最後の列のおばさま達は多分踊っていたと思います。 こんな様子を見ていると、映画の内容と同じく、人生のプライムはその人本人次第ですよね。 気持ちのいい経験でした。 では、また。
Commented by raindropsonroses at 2008-07-22 20:32
MERYL FANさんへ。
こんばんは。メッセージどうもありがとうございます。
人生のプライム・タイム……僕はこれからの積もりですので(笑)矢張り、常日頃、人さまに正直に、また、その日を精一杯暮らしていると何かしらいい事があるのでしょうね。メイミー以外の彼女の他のお子さん達も映画、演劇関係の仕事をしているのでしょうか?矢張り、「メリルの子供」と言う烙印は重いでしょうねぇ……まぁ、そちらは、後々、親を聞いてビックリと言うことが多いですもんね。日本では先ず「誰それの子供」と言う肩書きで売り出しますから。「Mamma Mia !」が大ヒットして嬉しいです。ヒットしないと次の映画が来ませんからね(笑)そうそう、先日、来日したソフィア・ローレンの口から「Mamma Mia !」という台詞を聞きました。ある驚いたシチュエーションで発せられたひと言、なかなかいい響きでしたよ(笑)この作品でヒットを飛ばし、ミュージカルで評価を得れば、見えて来るのはノーマ・デズモンド……真面目に「サンセット大通り」はどうなっているんでしょう?

ブノワ。
Commented by MERYL FAN at 2008-07-23 00:39 x
ブノワさん、おはよう御座います。 人生いつでもプライムはいいですよね。 人の生き方で必ず出てきますよね。 怖い反面もありますが。 (笑) 長男のヘンリーはロスで音楽活動を中心にバンド関係をしていると聞きました。 次女のグレースは歴史かアートの関係でイタリアに滞在。メリルも「グレースは何をしたいのか私にも分からない」と笑顔でインタビューに答えていました。 三女のルイーサはまだ高校生で自宅住まいとのことですよ。 「Mamma Mia」という響きはラテン系の明るい感じでいいですよね。 映画のサウンドトラックも大ヒットだそうです。 「サンセット・・」本当にどうなったのでしょうか? でもメリルのことだから、グレン・クロースに遠慮して断るような気がしてなりませんね。 (笑) ではまた。
Commented by raindropsonroses at 2008-07-24 19:51
MERYL FANさんへ。
こんばんは。メッセージどうもありがとうございます。
ヘンリーくん、優男ですが女性にモテるでしょうねぇ……。これまでにもメリルの歌声を聴く機会は沢山ありましたが、これだけ充実したアルバムはこれからも出ないでしょうね……日本はいつ発売なの?まったく頭に来ちゃいます……そうか、輸入盤買えばいいんだ!所で、ノーマ・デズモンドのオファーがあったら断るでしょうか……これがグレン・クローズとの一騎打ちだったら可能性はありますよね。他の女優が候補だったら受けると思いませんか?ジョーは誰がいいでしょう……巷ではジェイク・ジレンホールが一番有力視されていますよね。彼、とても歌が上手いし条件はピッタリだと思うのです。今度、その辺の事を記事にしてみようかな?(笑)そうそう、僕思うんですけれど、僕、メリル・ストリープに会えるような気がしてならないんですよ……それも可成り高い確率で。僕の恩人がアカデミー賞で彼女の隣の席をオファーされたこともあるし……その時が僕の人生のプライムかな?(笑)

ブノワ。
Commented by MERYL FAN at 2008-07-26 00:53 x
ブノワさん、おはよう御座います。 ヘンリー君はいわゆる「Laughing Eyes」でハンサムですよね。 マンマのサウンドトラックは一位らしいですよ。 きっとマンマのプレミアで日本に行くような気がします。 ユニバーサルは海外市場にも力を入れているようです。 そのときはソフィア・ローレンの時のような機転を利かして頑張ってくださいね。(笑)僕は3回あえるチャンスがあったのですが、(群集の中から)仕事や学校の都合ですべてダメでした。 ブノワさんの恩人の方は有力者のようでうね。 特にオスカーの最前列の方に座れるというのは。 彼女のことだから気軽に話せたかもしれませんね。 僕も以前ミラーマックスのポストオスカーバーティーに出席した事がありますが、その年彼女はノミネートされておらず残念でした。 でも「ミュージック・・」の時もミラーマックスのパーティーにはメリル自身出なかったみたいですけど。今年の「Doubt」もミラーマックスですよね。 もし僕より先にあえるようなら、僕の事も一言伝えておいて下さい。 よろしくお願いします。 (笑) ではまた、
Commented by raindropsonroses at 2008-07-27 02:54
MERYL FANさんへ。
こんばんは。今日は変則な時間にご挨拶(笑)いつもメッセージをありがとうございます。
彼女、日本に来るでしょうか?日本ってその手の晴れがましい舞台の演出が下手ですから……くだらないバラエティー番組に出されやしないか心配です。MERYL FANさん、僕は彼女とは個人的に会えそうな気がしてならないんですよ……満更、夢でもないような気もします……。漠然とした夢ではなくて真面目な話しなんですよ。僕なりの夢と計画もあります。まぁ、前途多難なことには変わりないんですけれど(笑)MERYL FANさんは3回機会があったんですね?でも会えなかった……思うんですけれど、僕等のようなファンが「群衆の中から」と言うのはおかしいです。もっと個人的に会える機会がキッとあるハズです(笑)勿論、彼女にはお話しします。でも出来れば一緒に会ってみたいですね……。

ブノワ。
Commented by MERYL FAN at 2008-07-29 06:05 x
ブノワさん、こんにちわ。 ブノワさんの仰るような直感はよく当たるのではないでしょうか? なんか心の奥底から湧き出るような場合は特に。 それと彼女と会う時のイメージをふくまらせて。 僕はこのイメージトレーニングと言うのがめっぽう下手で(笑)、イメージトレーニングなんかした場合どんどん不利な状況ばかりが思い浮かび、それが現実になったら困る事ばかり考えてしまいます。(笑) メリルと会う時のイメージを思い浮かべても飲み物をこぼしてしまい洋服を汚したりとか、とんでもない事を言ってしまったり・・・メリルの来日は3回ぐらいあったんでしたけ? ガマ-氏の作品も九州のどこかに確かあったと思いますが。 その式典に出席していたメリルの写真をみた憶えがあります。 メリルは「マンマ・・」のプロモですでに、イギリス、ギリシャ、スエーデン、タイ、ドイツ、オーストラリアに出かけたとか。 次はきっと日本ですよ。 本当にいつかブノワさんと一緒に彼女と対面できるといいですね。 でもそのイメージトレーニングはブノワさんに一任しなければいけません。(笑) ではまた、
Commented by raindropsonroses at 2008-07-31 19:08
MERYL FANさんへ。
こんばんは。いつも素敵なメッセージどうもありがとうございます。
メリルはそんなに沢山の国々を回っているんですか……来そうですよね、日本にも(笑)
但し、日本の公開は随分と先になりそうですから、プロモーションが終わってしまっていてタイミングを逸するのではないかと心配です。僕のイメージトレーニングは無いに等しいです。要点だけを暗記するだけ。あとは成り行きでアドリブです。メリル級の大俳優じゃありませんからね、台詞として覚えるのは無理ですし、何しろ相手がいることです、思ったような答えが返って来る訳でもないし……。
僕がメリルに会えそうと言うのは、その他大勢の中の一人としてではなく、わざわざ僕が彼女を訪ねて行くと言う形なんですよ。凄いでしょう?夢は大きく、叶わぬ夢はなし……僕のモットウです。所でタイにも行ったんですか?公開前から海賊版が出ていたことでしょうね……。

ブノワ。
Commented by MERYL FAN at 2008-09-17 00:41 x
ブノワさん、おはよう御座います。 ちょっとご無沙汰しておりました。 プログの再開とても嬉しいです。 ブノワさんの朝も大変そうで、余裕もありそうなそんな感じを受けました。 (笑) 最近こちらも朝晩はめっきり冷え込んで、(特に今年の夏は涼しかったので)あっという間の夏でした。 

ブノワさんは「Daubt」のトレーラーご覧になりました? メリルすごいですよ。 これがこの夏歌ってはじけた同じ人?という感じです。とても怖い冷徹な修道女になりきっています。 オスカー候補は自身の記録を破る事間違え無し!!! とても楽しみですね。

「マンマ・・」の日本公開は1月末みたいですよ。 後もう少しの我慢です。 (笑) ではまた、

Commented by raindropsonroses at 2008-09-19 19:11
MERYL FANさんへ。
こんばんは。メッセージどうもありがとうございます。
そう、公開が少し早まりましたね!つい先日友人と食事をした時にこの話しになりまして「一体、これから半年もどうやって生きて行ったらいいの?!」と言う僕の怒髪天をつく怒りが通じたみたいですね(笑)今の世の中、本国から9ヶ月も公開が遅れるなんておかしいですよ。船便で郵便を送っていた時代じゃないんだから!「スター・ウォーズ」はアメリカの公開から一年も遅れて(!)それほどヒットしませんでした。鉄は熱いうちに打て……何事にも当て嵌まりますね。最近では毎日〜「マンマ・ミーア!」のサントラ盤を聴いて過ごしています。いいですよね、こう言う耳にタコだったら(笑)「Doubt」のトレーラーは観ました!凄いですね、ドラゴン・レディー(笑)こっちはもっと先になるんだろうなぁ……陽春、アカデミー賞の結果を受けてかな……。今日、記事を一つアップしました。宜しかったら読んでみて下さいね。

ブノワ。
Commented by MERYL FAN at 2008-11-13 07:00 x
ブノワさん、お久しぶりです。 会社のPCやサーバーの入れ替えでなかなか、連絡できませんでした。 お元気ですか? いろいろと旬な話もいまや大昔の話になってしまいましたが、まず、8月末ヘンリー君逮捕!!!。 ロスで飲酒運転だそうです。 9月には裁判所に出廷して刑も決まった事でしょうが、詳細は分かりません。 
リンクは今年のオスカーの専門家の予想ですが、メリルは凄いでしょ。 7人全員が候補の予想でうち、3人が1位、一番低くても3位ですから。AFIで「ダウト」のプレミアがあったみたいですが、あまり人が集まらなかったようで少し心配です。 ケイト・ウィンスレットも追い上げてきていますが、「The Reader」は助演で行くみたいですね。 ブノワさんはこの役は是非ともメリルにって、以前書かれていましたね。 日本は寒くなってきたようですね。 お体大切に。 私は旅に出ますので (といっても仕事ですが) 次は多分12月中頃にお邪魔します。(笑)  MF
Commented by raindropsonroses at 2008-11-14 12:16
MERYL FANさんへ。
こんにちは。本当、久し振りですがお元気でしたか?
僕は相変わらずです。元気だけれど時間がありません(涙)
さてさて、色々とニュースをありがとうございます。そうですか、逮捕ですか……まぁ、大した事がないようで何よりですが……彼女もビックリしたでしょうね。専門家の予想、拝見しました!これで受賞は決まったようなものですか?(笑)でも、僕等だけ盛り上がって万が一って言う事もありますからね……ぬか喜びに終わらないように応援しなくては!最近、ようやく日本の劇場で「マンマ・ミーア!」の予告編が掛かるようになりました。大劇場でいい音響で聴くとまたまたいい感じですよね。それでも公開まで2ヶ月以上……年末が挟まるからアッと言う間かな?「マンマ・ミーア!」はゴールデン・グローブ賞受賞確実ですね。「朗読者」……ケイト・ウィンスレットはいい配役だと思います。でも、もしメリルで実現していたら「ソフィーの選択」の対をなす作品になったと思うのですよ……。MERYL FANさん、出張とか……お気を付けて!

ブノワ。
Commented by MERYL FAN at 2008-12-17 01:36 x
ブノワさん、おはようございます。メリルのGGダブル候補祝ですね。先週「ダウト」が公開されました。残念ながらまだ未見です。全米でも15館での先行公開でしたが、興行収入は上々の出来で19位。オスカー候補もほぼ間違いないですね。出張の帰りに数日日本にいたのですが、帰りの飛行機では「マンマ・ミーア」が鑑賞できました。そういえばメリルはこの映画のキャンペーンで来日するようですね。偶然にもオスカー候補発表時には日本にいるのではないでしょうか?ブノワさんも彼女に会いにいくような計画を立てているのでしょうか?(笑) 「ダウト」の評判も決して悪くはないのですが、敢えて言えば監督が悪いという意見を良くききます。以前ブノワさんも同様なことを言っておられましたよね。「マンマ・・」の公開まで約一月。もう少しの辛抱です。因みにこちらでは本日DVDの発売です。ごめんなさい。(笑) では、寒さに負けずにお互い頑張りましょう???
MF
Commented by raindropsonroses at 2008-12-20 17:45
MERYL FANさんへ。
こんにちは。メッセージありがとうございます。
そしてお帰りなさい!でも、日本にいたんですか?連絡くれればいいのに……。
今も「マンマ・ミーア!」のサウンドトラックを聴きながらこれを書いています(笑)丁度「Money,Money,Money」……いい曲ですよね。さてさて、予想した通りとは言え、現実になってみると嬉しいものです。しかも、両方とも本命でしょう?否が応でも盛り上がろうと言うものです(笑)連日、一人酒盛り、実は今も飲んでいます。「マンマ・ミーア!」ですが、初めは触りだけでしたが、最近では「You Tube」で楽曲の部分全部観る事が出来ますね。勿論、画像と音が悪いのでチラリとしか観ませんが……。所で、キャンペーンに来るのですね?それなら作戦を練って実行に移さねばいけません(笑)僕やMERYL FANさんのような真面目で熱狂的なファンが彼女に会えないのはおかしいですもん。「Doubt」ですが、日本のタイトルが決まりましたね。「ダウト/あるカトリック学校で」……「マンマ・ミーア!」がイギリスで興行収入記録を塗り替えましたね。祝っても祝いきれるものではありません……あははは。

ブノワ。
Commented by MERYL FAN at 2008-12-23 01:25 x
ブノワさん、おはよう御座います。日本には急遽たちよる事に決めた上、まるで2泊3日のような感じでした。来年ゆっくり行く予定ですのでその時に是非連絡させて頂きますね。 「Doubt」みてきました。あまり戯曲の映画化は好きではないのですが、もう最初から最後までじっくりと楽しめました。まずキャスティングが大成功。メリルを初めホフマン、アダムスとビオラ・デイビスら俳優が見事に、素晴らしいアンサンブルで、見ごたえ十分な映画に仕上がっていました。日本での公開も楽しみにしていてください。期待を裏切らないと思います。(笑) メリルはおそらくオスカーを獲るのではないかな。 P・S・ホフマンも「ただメリルの演技に自分を反応させるだけで自然に演技に入れる」と共演者を称えていました。多分もう一度観にいきます。(笑) 「マンマ・・」のCDいいですよね。 僕は車の中で聞いています。6連層なんですが、このCDの番になるとなかなか先に進めません。(笑)それではブノワさんの計画が成功するように祈っております。MF
Commented by raindropsonroses at 2008-12-23 18:33
MERYL FANさんへ。
こんばんは。メッセージどうもありがとうございます。
そうだったのですか……でも、どうせ夕飯は食べる訳ですから声を掛けて下されば良かったのに(笑)まぁ、お楽しみは次回と言うことで……。さてさて、ご覧になったのですね?「Doubt」!ジックリと楽しめたとか……羨ましい限りです。日本は3月らしいです。確実にアカデミー賞受賞のヒット狙いでしょうね。戯曲の映画化に限らず、演技のアンサンブルほど大事なものはありませんね。主役が一人頑張ってもダメで、脇に至るまで歩調が合っていないといけません。映画が総合芸術と言われる所以ですね。監督の力量を心配した件ですが、矢張り、自分の作品を冷静に見られるか疑問だったからです。もし、見られるとしたらこれほど強い事はありませんよね。何しろ、自分の作品です、一番良く分かっているハズですもんね。何やら強敵もいる様子ですが、今年こそはメリルに獲って欲しいですよね。ここら辺で一回、晩年に至ってもう2回ほど受賞……合計で5〜6回は獲って欲しい……これが僕の夢です(笑)作戦ですが、早く軌道に乗せなければ……今夜もシャンパンで祝宴です(笑)

ブノワ。
Commented by MERYL FAN at 2008-12-25 01:36 x
ブノワさん、おはよう御座います。 早いもので今年もあと1週間足らずとなりましたね。 本年もブノワさんのプログを通して楽しい気持ちを味わえました。 有難う御座います。 来年はGG、SAGそしてオスカーとメリルファンにはたまらない年初めになりそうですね。 日本でもメリル来日と2本の映画公開が3月迄続くとか。 ブノワさんの祝宴もその頃まで続くのではないでしょうか?(笑) GGやSAGはそちらで放送されるのでしょうか?もしご希望でしたらDVDお送りしますね。 私は明日よりXmasの休暇に入りますので、少し早いですが年末のご挨拶させて頂きました。 ではブノワさんにとって新年が良い年でありますように、そして来年も宜しくお願いします。 MF
Commented by raindropsonroses at 2008-12-28 09:03
MERYL FANさんへ。
おはようございます、比較的暖かな日曜の朝です。
既に年末の休暇に入っていらっしゃるんですね……羨ましい。僕は貧乏ヒマなしです(笑)
さて、こんなブログでも何かのお役に立てたようで僕としても嬉しいです。色々と書いていますから、どこか小さな部分でも皆さんの琴線に触れるといいなぁ……そんな感じですか。今年もあと数日、年が明けるMERYL FANさんが仰言るようにと一喜一憂の新年になりそうですね。勿論「憂」の方はなしにして貰いたいものですけれど(笑)賞関係のテレビ放送ですが、僕は特にケーブルとかの契約をしていないので全く見られないのですよ。でも放映してもアカデミー賞くらいですよ。ご希望してDVD送って戴いちゃおうかな(笑)来年はどんな年になるでしょうね……少なくとも今年よりはいい年になりそうな予感がするのですが……。
MERYL FANさんも良い新年をお迎え下さい。本当に今年一年ありがとうございました!

ブノワ。
Commented by MERYL FAN at 2009-01-06 06:49 x
ブノワさん。 新年明けましておめでとうございます。 今年も宜しくお願いします。 休暇なんてあっというまに終ってしまいますね。 世界不況の真っ只中なんていわれている割にはレストランは長蛇の列だし、80年後半から90年代の初めの不況よりはいいんじゃないのという感じです。 これから色々と影響が多方面にでてくるのでしょうか? もういくつ寝ると「マンマ・ミーア!」ですね。 128回も聞いているなんて凄いです。 僕はDVDのボーナスで未公開シーン等を見ましたよ。 (笑) 最近はストア毎に違うボーナスパックを用意しているんですよ。 やり方ずるいですよね。 賞関連はまた収録し終わり次第お送りしますね。 では今年もブノワさんにとって健やかで楽しい一年になりますように。 1/22/09からのの計画は順調ですか? MF
Commented by raindropsonroses at 2009-01-09 20:32
MERYL FANさんへ。
こんばんは。遅くなりましたが新年あけましておめでとうございます。
こちらこそヨロシクお願いいたしますね。
さて、休暇……本当にアッと言う間に終わってしまいますね。それが休暇なのでしょう(笑)どうでしたか、有意義な休暇になりましたか?僕はまるっきりの寝正月……布団の中でお腹が育ったような気がするのですけど……。友人と生まれ故郷の街に行ったのですが、そこには巨大なショッピング・モールがあって、正月から黒山の人だかり……不況、不況って言っているけれど、俄には信じがたい気分でした。前回のバブル崩壊の余波は今頃になって出て来ている所もありますよ。我慢に我慢を重ねて今頃に……そんな感じもします。商魂逞しいのはどこも一緒ですね。あの手この手で財布の紐を緩くしようと企んでいますよね(笑)消費する側もその手には乗らないようにはなりましたが……。計画……どうでしょう……忙しいのですよ(涙)MERYL FANさん、今年も宜しくお願いいたしますね。3人に(笑)素晴らしい一年になりますように!

ブノワ。
Commented by MERYL FAN at 2009-01-23 01:01 x
祝祝祝!!!#15ですよ。 ブノワさん。 おはようございます。 いやぁ~よかったですね。 今メリルは日本ですね。 皇后様と握手をしている写真をみました。 これで来月の22日は受賞となるといいですが。 映画の公開も残すところ1週間ですね。 楽しんでください。 そういえば初日の舞台挨拶のチケットは手に入れたのですか? きっと用意万端で準備されているのでは・・・? そうであれば楽しく嬉しいご報告をお待ちしていますね。 〔笑)では、また MF
Commented by raindropsonroses at 2009-01-23 19:44
MERYL FANさんへ。
こんばんは。メッセージどうもありがとうございます!
そう、15回ですよ、15回!
本当に嬉しいですよね。でも、今回は獲って貰わなくてはいけません。以外だったのはケイト・ウィンスレットが「レボーショナリー・ロード」ではなくて「愛を読むひと」でノミネートされたって言うこと……これがどう響きますかねぇ。あと一月ですね、僕は今から祝宴です(笑)メリル・ストリープ来日のことですが、最新記事にしましたので読んで下さいね。自分でもチョッと驚き……いやいや、これは運命です(笑)

ブノワ。
Commented by MERYL FAN at 2009-01-27 06:12 x
ブノワさん、こんにちは。 やりましたね。 主演女優賞。 そしてまた、The Best Speech of the Night! もうすでにネットでみました? フランス、日本と1週間の間の強行日程で欠席かなと思っていたのですが良かったです。 DVD待っていてくださいね。 あとBAFTAを入れますので。 会場にはヘンリー君も来てましたよ。 全くメリル自信予想すらしていなく、本当に驚いていた様子です。IMDBに写真がUPされていましたので見てみて下さい。 今日の新聞もメリルが一面に掲載されていました。 リンク先はメリルのショーケースです。 左が皆が思っているもので、右が実際メリルが受賞している各賞のトロフィーです。 面白いでしょ? 輝かしい候補歴にも関らず、あまり受賞はしていなようです。 ケイトには悪いですが、R・バートンやD・カーの仲間入りをしてもらうしかなですね。 (笑)  ではまた、 MF
Commented by raindropsonroses at 2009-01-28 06:04
MERYL FANさんへ。
おはようございます、いつもメッセージをありがとう!
しかし、MERYL FANさんは悪い人ですねぇ(笑)最後の下りで膝を叩いて笑ってしまいました。もっとも、笑ってしまった僕も同じ穴のムジナですけど……(笑)授賞式の写真はIMDbで見ました。本当、まったく予期していなかったような表情をしていましたね。しかし彼女のスピーチは上手い……何でしょうね、作っていないところがいいのかな?人柄がそのまま出ている感じ?「ダウト〜あるカトリック学校で〜」のプロモーションででフランスに行ったのは知っていましたが、本当に分刻みのスケジュールなんですね。授賞式には全て出席して全て受賞して欲しいです。教えて下さったサイト拝見しました。うぅ〜む、微妙ですね……あまりにも候補になった数が多いから少なく感じるのかな?アカデミー賞ですが、この10年で4回ノミネートされましたね。メリルは今年60歳ですから(!)僕の予想ではあと軽く5回はノミネート、「ダウト〜あるカトリック学校で〜」で1回、もう一回主演で獲るでしょうね。合計4回、そこに功労賞が加わって5個のオスカー……MERYL FANさん、どう思いますか?

ブノワ。
Commented by MERYL FAN at 2009-01-30 11:27 x
ブノワさん、こんばんは。 オスカー候補と受賞は年齢が上がっていくと難しくなりますよね。 でも最低もう1つは差し上げたい。 約30年の間に15の候補ということは2年に1回は候補になっていることですから。 メリルのSAGのスピーチの中で「この世にThe Best Actress, The Greatest Living Actressなんてものは存在しない」と言っていました。 これってメリルだから言える事なんですよね。 口の悪いついでに言ってしまえば S・S、G・Cあたりが言っても説得力に欠けてしまいますし、嫌味に聞こえてしまします。 (笑)今旬の二人のケイトは好きな女優なんですが、メリルと競争となればここはメリルを押すしかないですよね。 ウィンスレットはメリルを尊敬していたらしく以前GG賞で顔を合わせたとき「キスをしたいぐらい」と言っていました。 でもGGのセシル・B・デミル賞はこの5年の間に間違いなく受賞すると思います。 ではまた、 MF
Commented by raindropsonroses at 2009-01-31 06:15
MERYL FANさんへ。
おはようございます。いつもメッセージありがとう!
そう、その傾向がありますね。でも、彼女の場合は当て嵌まらないんじゃないかしら。ヘプバーンの例もありますから。彼女だって60歳くらいから晩年にかけて3回穫りましたし、「招かれざる客」と「冬のライオン」は2年連続でしたからね!今にして思うと「プレンティ」は候補になっても良かったですね。「恋におちて」もいいけれど、そうなると3年連続になっちゃうから(笑)もし、今回穫れれば、もう一回行くでしょう。所で、S・S、G・Cって誰ですか?(笑)頭文字で分かってしまうところが恐いですね(笑)確かにメリルの言う通り、そうかもしれません。でも、そんな発言も嫌みに聞こえないところが人徳、穏やかで朗らかな彼女ならではでしょう。そうそう、You Tubeで「私もスターだけれど〜」のクリップ見ました(笑)サラッとね、何のイヤミも感じませんでした。二人のケイトはいいですよね……まさに女優っていう感じ。メリルは別格として、二人のケイトとエミリー・ブラントが今の僕の好み。メリルのブランチ、二人のどちらかがステラ……いいかも!メリルのデズモンド、ジレンホールのジョーもね!

ブノワ。
Commented by MERYL FAN at 2009-02-03 11:53 x
ブノワさん、こんばんは。 返信有難う御座います。 ヘップバーンは最後3回立て続けにとりましたね。 最後はメリルのをかっさらっていってしまいました。(笑) あの年「フランス軍・・」でとっていたなら間違えなく2年連続の偉業だったでしょうね。 「プレンティー」は「愛と哀しみの果て」と同年公開でなければ間違えなく候補になっていたと思います。 それにしてもメリルのSAGの受賞は改めて考えても凄いです。 メリルは賞関連のキャンペーンは一切していないんですよね。 こうなるとオスカーも現実味をおびてきたのではないかな~。 LAタイムスの事前予想では3対2でメリル有利です。 ケイトが次点で他の3人は無得点。 男優はS・ペンが5対0で今の所圧勝のようです。 次は来週末イギリスでひらかれるBAFTAです。 ケイトは5人枠のところ一人で二つの席をしめているという異様な状態。 どうか票が割れますようにと祈るばかりです。 (笑) ではまた、 MF
Commented by raindropsonroses at 2009-02-04 20:27
MERYL FANさんへ。
こんばんは。いつもご贔屓ありがとうございます。
今日の午後、「マンマ・ミーア!」を再見して来ました。矢張り、なかなか楽しい作品ですね。ストーリーと歌詞の微妙なズレはご愛嬌(笑)レディース・デイ(変な習慣ですよねぇ……。)もあってか場内は超満員……日本におけるメリルのヒット記録を塗り替えるのではないかと思います。晩年のヘプバーンは凄かったですね。彼女のことを考えるとメリルもごくごく普通にノミネートされ受賞するのではないかと思うのです。年齢に関係ない女優、年を取ってからの方が凄みのある役が出来るでしょう?そっか!同じ年でしたね(笑)今にして思うと「愛と哀しみの果て」は大メロドラマ、ちょっと評価され過ぎの嫌いがありますね。だったら「プレンティ」の方が数段技巧的です。でも、両方ともメリルは美しかったですねぇ……。MERYL FANさんは日本のサイトに載っているメリルのインタビューを読みましたか?もうアカデミーは獲っているし、同業者に評価されることの方が光栄……そんなニュアンスのことを言っていました。イギリスではケイトが凄いのですね?大丈夫、票は割れますから(笑)

ブノワ。
Commented by MERYL FAN at 2009-02-05 06:52 x
ブノワさん、こんにちは。 すっかりとブノワさんの感想を聞くのを忘れていたと思っていたんです。 日本でもヒットとなると嬉しいですね。 世界興行を底上げしてくれていて。(笑) 85年は「プレンティー」公開の時にすでに主演候補は確定的と言う記事を読んでいたんです。 多分新宿の大きな書店でアメリカの記事だったと思うねですが。 その後、新しい映画館のオープンの最初の公開作品に選ばれていました。 ブノワさんも覚えていらしゃるのではないでしょうか? 日本のインタビュー記事読みました。 メリルらしいですよね。SAGのスピーチでも「私にとって賞はもう意味をなさいけど・・」なんて危ない事を言ってしまってました。 彼女特有の表現でしたが。新作の「Julie&Julia」ですが実は期待しています。実在の人をメリルが演じるとほとんどで候補にあがりますよね。来年の今ごろは#16の記録更新。 また、この夏公開で、3連続サマー大ヒットということでしょうか? 楽しみですね。 ではまた、MF 
Commented by raindropsonroses at 2009-02-06 06:51
MERYL FANさんへ。
おはようございます。いつも本当にありがとう!
お陰さまで(?)この記事のメッセージの数が100になりました(笑)「マンマ・ミーア!」ですが、正直言ってしまうとドン臭い演出だし、歌だってダンス・シーンだって、それを売り物にした作品と比べたら……でも、メリルも言っていましたよね、普通の中年女性が踊るくらいに考えてって(笑)兎に角、ABBAの曲のパワーが凄いですね。興行成績ですが、初日から3日間で4億円強を叩き出し、「オペラ座の怪人」の持つ記録を塗り替えてミュージカル映画史上No.1になったそうです。「オペラ座の怪人」は40億円に達しましたからね。結果的にどれくらい上回りますかね。「プレンティ」……そうそう、どこでしたっけ……新しい劇場に観に行った覚えがあります。「Julie & Julia」は本当に楽しみ!でも、心配は、その後の作品がなかなか決まらない事です。何か情報ありますか?図書館の猫の話しはどうなってしまったのでしょうか?何かご存知でしたら教えて下さいね。

ブノワ。
Commented by MERYL FAN at 2009-02-06 11:34 x
ブノワさん、こんばんは。100になりましたか・・ 嬉しいですね。(笑) あまりコメントが長くなり過ぎたらおしゃってくださいね。 別のところに引越ししますので。 (笑い) 確かにドン臭い演出ですよね。 「The Winner Takes・・」のところでメリルが崖から落ちたら「火曜サスペンス」になってしまいますよね。(笑) 興行も盛況のようで嬉しい限りです。新作は色々噂はありますよ。 まずM・ニコルズの企画で、J・ロバーツとオプラ・ウィンフリーと共演とか(この二人はあまり好きではありせんが・・)、 シャリーズ・セローンと共演の「The Ice at Bottom of the World」という恐ろしいタイトル。これもあくまで噂ですが。 SAGのスピーチで「ダウト」のプロデューサーのScott Rudinへお礼を言っていたのですが、女性の喜ぶプロジェクトがあると言っていました。その時会場から拍手があったのが気になります。「Julie & Julia」とその次の映画も彼ののプロデュースなのでその事かなとも思ったりしたのですが、どうでしょうか? 図書館の猫の話はアメリカでは聞かないですよ。 ブノワさんにピッタリのテーマですよね。 実現してほしいです。 では、また MF
Commented by raindropsonroses at 2009-02-06 20:39
MERYL FANさんへ。
こんばんは。そうです、100になりました!(笑)
引っ越しする場所は沢山ありますもんね(笑)でも、このまま記録更新と行きましょう!
さて、新作のニュース、IMDbで一つ確認しました。ここに記載され消えていった数々の企画に中に後ろ髪を引かれるものも沢山ありますね。トルストイのお話しはどうなったのでしょう?ジョディ・フォスターの監督作品は?アンソニー・ホプキンスは急激に衰えましたね(容姿が)リア王を撮るみたいですが、僕だったらゴネリルにメリル、リーガンにブランシェット、コーデリアにウィンスレットを配します。凄い贅沢!メリルのブランチにブランシェットのステラ、スタンレーはブラッド・ピット?(笑)ステラはウィンスレットと思われがちですがブランシェットの方が適役です。あの戯曲、今は誰が権利持っているんでしょう?ノーマ・デズモンドはメリル、ジョーはジレンホール!(笑)女性の喜ぶプロジェクトって何でしょうねぇ……MERYL FANさん、今スグ調査開始してください(笑)図書館猫デューイの話しは日本だけで盛り上がっている?どうなんでしょう?

ブノワ。
Commented by MERYL FAN at 2009-02-07 12:54 x
ブノワさん、こんばんは。 そうでうね、記録更新といきましょう!(笑)消えていった企画の中で、トルストイの妻はヘレン・ミレンがGET。 メリルが断った?ということでヘレンはご満悦でした。 ジョディはもうこれでメリルと仕事をするチャンスを失ったと残念な思いを雑誌で読んだ事があります。 中でも一番残念なのは「Dirty Tricks」のM・ミッチェル役。 これは絶対実現して欲しかったのですが、ダイアン・ラッドがこの役を演じる権利を持っているとかで、もめていたのですが、企画自体どうなったのでしょうか? 今年のGGのバックズテージではスピルバーグが仕事をしたい人でメリルの名前を挙げていたんですよ。 「欲望電車」面白いキャストですね。現実になったらオスカー独占でしょうね。 「サンセット・・」のジョーは僕的にはヒュ-・ジャックマンもありなんですよ。 でもちょっと年とり過ぎかな。(笑) 調査開始も了解です。(笑)。 それにしてもオスカーもうすぐですね。 メリルが逃したら記録更新の12敗、ケイトが逃したら7敗。 こうなったらメリルにあげたくなるのが人間としての理だと皆が早く気付いてくれる事を祈るばかりです。 ではまた、MF
Commented by raindropsonroses at 2009-02-08 11:08
MERYL FANさんへ。
おはようございます。いつも素敵なメッセージをありがとうございます。
早速、IMDbで調べてみました。トルストイの映画は完成しているんですね。ヘレン・ミレンとクリストファー・プラマー……少し格が落ちましたか。ジョディはそんなこと言わないでこれからもいいチャンスがあるのに……監督をしないまでも共演すればいいのに、そう思いませんか?二人の共演は誰かが企画しそうですもんね。ダイアン・ラッドが演ずる権利を持っているって言うことはプロデューサーに名を連ねているって言うことでしょうか?スピルバーグかぁ……ウーピーみたいな映画で使って貰えるといいけれど、「A.I.」の声の出演じゃぁね(笑)ドラマチックな1本を期待したいですね。「欲望という名の電車」……いいでしょう?ミッチはジョン・C・ライリーです(笑)ヒュー・ジャックマンいいじゃないですか。年齢的にも釣り合っていると思いますけど……チョッと体重絞った方がいいかな?ユアン君なんかよりズッといいです(笑)オスカーももうスグですけど今夜ですかイギリスは?どちらにしろドキドキの2月ですね!

ブノワ。
Commented by MERYL FAN at 2009-02-10 06:18 x
ブノワさん、今日は。 いや~BAFTA残念でした。 ホームグランドのケイト有利は仕方がないですね。 となるとアメリカのホームのオスカーはメリルで。 2年連続外国勢のオスカーをもっていかれているのですから。 グラミーもまたまた残念でした。 BAFTAにメリルは登場しいました。カメラもメリルをよく拾っていましたよ。そこで気付いたのですが、メリルのドレスは1979年の「ディアハンター」と同じではないかという事。調べる為に昔のVHSを引っ張りだしてみたのですが、あまり確証はなくIMDBの掲示板を読んでいたらやはり多くの書き込みがありました。 みんなよく憶えていますよね。 感心してしまいます。(笑) ジョン・C・ライリーはピッタリですね。おしゃる様にスピルバーグもメリル主演でしたらいいですけどね。以前オリバー・ストーンがM・サッチャーをメリルに演じてもらいたいみたいな記事を読んだのですが、これもいいアイデアですよね。 来週末にSAGとBAFTAをDVDに焼き直してその後お送りできると思います。 ではまた、MF
Commented by raindropsonroses at 2009-02-13 05:45
MERYL FANさんへ。
おはようございます、メッセージどうもありがとう。
返事が遅くなってゴメンなさいね。いや〜本当、残念でした。料理するのが面倒なのでシャンパンと美味しい総菜を買って帰宅したんですけどね(笑)祝い酒の積もりがやけ酒になっちゃいました。まぁ、こんな事もあるでしょう、アカデミー賞では頑張って欲しいものです。ドレスの件ですが、皆さん本当に良く見ているし覚えている(笑)でも、物を大事にするのはいい事ですね。しかも、30年前のドレスが入るって凄いじゃないですか……大幅にサイズを直していたりして(笑)ジョン・C・ライリーはピッタリでしょう?ブランチとスタンレーは勿論ですが、ミッチとステラの配役で大きく変わりますからね。世間のキャスティング・ディレクターは何をしているのでしょうか?(笑)サッチャーをメリルが!面白そうですねぇ鉄の女をどう演じるのかな?そうそう、我家にある数少ないDVDの中から「愛と哀しみの果て」を観ました。大メロドラマとチョッとバカにしていましたが、なかなかどうして、傑作ですよね。記事にしようかしら……。授賞式まであと一週間とチョッと……ドキドキが激しくなって来ました。

ブノワ。
Commented by MERYL FAN at 2009-02-14 07:35 x
ブノワさん。 こんにちは。 やけ酒になりましたか(笑)。 本家では大丈夫ですよ。 22日は祝杯になりますから。 「OUT OF AFRICA」の記事はそう繋がりましたか。 プレゼントといえば昨日遅ればせながら友人からのクリスマスで「オペラ座の怪人」を観てきました。 このミュージカルは初めてだったのですが、う~ん、映画に見慣れていて、クローズアップで役者の表情になれきった現代、なんか物足りなかったです。 席もオーケストラだったので決して悪くは無いはずなのに・・・ 帰りには4月からの「マンマ・ミーア」のチケットも売っていたのですが、一度みているし、僕の中ではドナはもうメリルで固定されてしまったので・・・(笑) ドレスの件では僕もオスカーに限っていえばメリルのだけ全て憶えているつもりです。お世辞にもベストドレッサーではないですが、個性的ですよね。(笑)
今年はもうドレスを買わないと公言したようなので、オスカーもお古になるのでしょうか? 来週はアカデミーで短編のドキュメンタリーとアニメの上映会があるのでそれに行ってきます。 日本人も確か候補になっていましたよね。 日本人の受賞も併せて祈りましょう。 ではまた、 MF
Commented by raindropsonroses at 2009-02-15 06:13
MERYL FANさんへ。
おはようございます。いつも遊びに来て下さってありがとうございます。
本家アカデミー賞では夢が叶うことを願います。いい加減、受賞してもいいですよね。実はお祝い用のシャンパン買ってあるですよ(笑)ドレスの件ですが、確かに抜群のセンスではありませんね。ただ、いつもベスト・ドレッサーで話題になるスタイルのいい女優たちが、ただドレスを着ているマネキンなのに対し(ブランドやジュエリーが先ず話題になる……。)、メリルは「彼女がドレスを着こなしている」ところが好きです。 いつだったか上が白で黒い裾広がりのドレス……綺麗でしたね。淡いベージュの腰に編んだ細いロープが付いていたものは今一つでしたが、彼女はモノクロームの方が美しさが際立ちますね。映画の中では「ソフィーの選択」のワインカラーのドレス、「プレンティ」「愛と哀しみの果て」が素敵でした。道論「プラダを着た悪魔」も(笑)「愛と哀しみの果て」はキチンと記事にする積もりです。「オペラ座の怪人」ご覧になったのですね。ブロードウェーのミュージカルって役者の顔が見えませんね。先ず、作品ありき……でしょう?

ブノワ。
Commented by MERYL FAN at 2009-02-19 07:21 x
ブノワさん、今日は。 シャンパンも用意しているんですね。(笑) 喜びの酒になりますよ。淡いベージュのはどんなのでした?憶えがないです。そうそう「シーテビル」のピンクのドレスも忘れないでくださいね。(笑) 昨晩アカデミーの行事へ。日本の「積み木の家」のKATOさんも来ていらっしゃいました。 ひとつひとつの手書きのタッチを大切にしていきたいと。 会場を後にする時ロビーで通訳の方といらしたので、短く話ができました。 こちらの結果も楽しみですね。 テレビ○日さんも取材にきていて、ニュースに流れますとおしゃっておました。 昨晩の司会は「プラダ・・」の監督のD・フランケルが超有名俳優を監督するという話題の時、メリルの話がでていました。 「彼女も最初は僕をテストしていた」と。 俳優も監督の力量を最初に確かめてりするんですよね。 「プライム」の監督はメリルとのシーンを撮る時怖くて前に出てこれず、メリルが「I need a director」と言われてようやく前に出てきたそうです。 後ろから弱弱しく「アクション」なんて言っていたのでしょうか?(笑) モノクロのメリルは一段ときれいですよね。 あれは顔の作りがいいのでしょうか? ではまた、MF
Commented by raindropsonroses at 2009-02-19 20:30
MERYL FANさんへ。
こんばんは。いつも本当にありがとうございます。
シャンパン、キンキンに冷えております(笑)大酔っぱらいするのです(笑)淡いベージュのドレスですけれど、編んだ細い縄は間違いで、濃いめの茶のリボンがウエストにあしらわれているものです。2年前のゴールデン・グローブの時?あやふやです。アカデミー賞の行事、堪能されたみたいですね。矢張り、日本人の活躍って嬉しいものです。日本映画の全盛時を考えれば当然の事なんですけれど、最近はめっきり日本映画が弱くなりましたからね……。フランケル……テストされちゃったんですね(笑)まぁ、どんな名優でも生きるも死ぬも監督次第ですから必死でしょう。「I need a director」は恐い一言ですね(笑)メリルは肌が白いですからね、基本的には何色でも似合うハズなんですが……軽くアップにした髪にモノクロームのドレス……シンプルで一番似合うと思います。所で、このブログの検索ワード、「ソフィーの選択」が2位に入っています(笑)皆さん読んで下さっているんですね……いい作品ですものね!

ブノワ。
Commented by MERYL FAN at 2009-02-20 07:39 x
ブノワさん、こんにちは。 この記事は2位ですか。凄いですね。「ソフィー・・」は優秀作品に加えて、映画史上最高の演技の一つと評されていますからね。僕もこの映画が日本で公開されるのを首を長くして待っていました。日本の映画雑誌でこの映画の特集記事を読んだことよく覚えています。ベージュのドレスはGGの「プラダ・・」の時かな?MSNの最初の頁でオスカーのワーストドレッサーの記事があったのですが、メリルも勿論?入っていました。やはり「プラダ・・」で候補になった年のです。アクセサリーはまるでMr.T(プロレスラー)のようだと。(笑) メリルは「マンマ・・」の世界興行大成功ですくなくとも歩合だけで40億円以上の収入があるみたいですよ。(今円高だから少なくなりました)。還暦前の女優が歩合でこれだけ稼げるのですからたいしたものです。 メリルって以前いわれていた、コメディーが弱いとか、映画があまりヒットしないと言う批判をすべて克服してますね。 あっぱれです。 ではまた、MF
Commented by MERYL FAN at 2009-02-21 10:29 x
ブノワさん、再びの登場で恐縮です。面白いリンクをみつけたので貼っておきました。 お時間があったら見てみて下さい。 メリルが逃した役全てにコメントしています。 題名も 「The Robbing of Meryl Streep: Twelve Oscars that got away form our greatest living actress」。 ここでもメリルが受賞すべきとなっています。 シカゴサンタイムスの記事では自分の周りの関係者はメリルに投票している人が多いと紹介してました。 それに加えて、「The Reader」はある意味ホロコーストをゆがめているので、ユダヤ人(ハリウッドでは大多数)があまり好んでいないという事もいっていました。 オスカー関連のサイトで「The Film Experience」というのがあるのですが、そこでもメリルがケイトを逆転しました。 数週間前はケイトが圧勝だったのに。 メリル贔屓の記事ばかり読んでいるので、あまりあてになりませんが・・・(笑) 喜びの酒になっている事をいのりつつ。 ではまた MF
Commented by raindropsonroses at 2009-02-21 19:13
MERYL FANさんへ。
こんばんは。いつも素敵なメッセージをありがとうございます。
そう、2位なのです(笑)以前の検索ワードは、思わず「?」と、首を傾げるようなものばかりだったのですけど、ここに来てようやく記事数の多いもの、僕が特に力をいれて書いたものに集中するようになりました。こんなに素晴らしい「ソフィーの選択」の記事なんかこの世の中にはありませんからね!(笑)しかも、素敵な方とメッセージのやり取り付きです(笑)兎に角、素晴らしい映画でした。ドレス!ベージュはいいのですが、肌が透き通るように白い彼女には似合いません。だったら白かサンド・ベージュみたいに濃くなった方が素敵です。あと、意外に彼女は柄物が似合いますね。アクセサリーの趣味は確かに良くないかも……何も着けない方がいいと思いますけどね。40億ですか……僕には皆目見当もつかない額!それでドレス買わないんですからね、天晴れです。ヒットなんかそう簡単にしませんよ。だって、ドンパチ特撮てんこ盛りの映画には出ませんからね。文芸物はそんなに興行収入が上がらないものです。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2009-02-21 19:24
MERYL FANさんへ。
続きます。そう、僕等は異常です(笑)贔屓の引き倒し、痘痕もエクボ……でもねぇ、本当に凄い女優なんですもんね。彼女のファンになって本当に良かったと思っています。MERYL FANさんは色々と検索して熱心ですね。面白いサイトをありがとうございます。僕の英語力ではどこまで理解出来るか甚だ疑問ですけど、時間がある時にでもゆっくり読んでみたいと思います。何しろ、語るだけ沢山候補になっていますからね!(笑)「Our Greatest Living Actress」……この言葉に何の嘘偽りもありませんね。正にこの言葉の通りの女優です。日本ではチョッと芸歴が長い女優や、2時間ドラマの主演をやると「大女優」と呼ばれます。呼ばれるだけではなくて、ご本人もご満悦の様子……もう失笑物ですよ。IMDbにはカウントダウンの時間が出ていますね……何だか興奮して来ちゃいました。メリルが候補になっていない年のアカデミー賞はまったく興味ないのに……何とも現金な物です(笑)シャンパンは用意したのでメニューを考えている今日この頃です。受賞が決まったらここに速報メッセージ下さいね。僕は携帯から確認しますので(笑)

ブノワ。
Commented by MERYL FAN at 2009-02-24 01:53 x
はぁ~。 昨日はとても疲れた一日でした。 ブノワさん、おはようございます。 いっきに気が抜けたような感じです。 でも気持ちを入れ替えてこんな事は慣れっこですしね。 オスカーの後、「ヴァニティーフェア」のパーティーでメリルがケイトのオスカーを握って二人で写真のおさまっていました。 メリルの方が気持ちの切り替えが早いかもしれません。 (笑) それにしてもソフィア・ローレンから祝辞をもらっていたので、ブノワさんからしてみたらとてもよいオスカー賞になったのではないでしょうか? シャンパンの味はどうでした? IMDBのメリルのところでも落胆の色が濃くでているようでした。 (笑)
これからも頑張って候補になって自信もつ記録を更新していってもらわないといけません。 これからも応援していきましょう。 ではまた、MF。
Commented by raindropsonroses at 2009-02-25 23:43
MERYL FANさんへ。
こんばんは。落胆メッセージどうもありがとう。
本当にガッカリしましたね……ギリギリまで家にいて結果をIMDbで確認していたんですが……メリルのドレスは綺麗でしたねぇ。ああ言う色が似合うんですね。上品で威厳があって……髪の毛はチョッと気合いが入り過ぎているようにも思えましたが(笑)驚いたのはご指摘のソフィア・ローレンとのツー・ショット!!!!!それこそ数年前の「ヴァニティーフェア」の表紙に大女優数名と一緒に収まった写真がありましたが、もしかして初対面?あの表紙は合成ですからね。ソフィア・ローレンとメリル・ストリープ……二人と共に育った僕には感慨深いものがありました。これからもじゃんじゃんノミネートは必至、名誉賞は確実ですから、主演で2回、助演で1回……あと4回は獲って貰わなければいけません。もっともっと応援しましょうね。ファンの僕等もパワーアップしなければ(笑)

ブノワ。
Commented by MERYL FAN at 2009-02-26 07:23 x
ブノワさん、こんにちは。 そうです。 凄く落胆してました。(笑) 前回の内容を読み返してみるとその雰囲気がありありですね。 (笑)まだ、立ち直れていません。(笑) 今日DVD送っておきました、GG、SAG,OSCARの3本立てです。 BAFTAは誤って消してしまって・・ごめんなさい。 OSCARは最後のクレジットのところでこの夏公開の「 Julei & Julia」がみれます。 ヴァニティーのあの表紙は合成だったんですか?本物だと思ってました。 そういえばオスカーでメリルはヤングスターに大人気でした。 レッドカーペットに登場するいなや「スラムドッグ・・」の子役からサインをせがまれ、
V・ハッジェンスはメリルに一番会いたいと、「ベンジャミン・・」で助女候補のタラジ・P・ハンセンもメリルがアイドルと言っていましたから。今後もどんどん活躍して欲しいものです。 メリルのドレス良かったですね。 ABCのTIM GUNNはメリルのドレスアップは何年ぶりだろうなんて言ってましたから。 気持ちは2010年にセットされました。 (笑) ではまた、MF
Commented by raindropsonroses at 2009-03-01 10:55
MERYL FANさんへ。
おはようございます。いつも素敵なメッセージをありがとうございます。
もうリセットされましたか(笑)僕も気分転換が早い方なんですが……で、昨日思わず「アッ!」と小さな声を出してしまったんですが、日々の忙しさやオースカーを逃した無念さにスッカリ失念していましたが、何と「ダウト〜あるカトリック学校で〜」は今度の土曜日に公開なんですよね!もう急に心が晴れました(笑)何とも単純な僕です。物凄く楽しみ。記事に使う写真は2枚用意てあって、どっちを使うか思案中……2つ記事を書けってことかな?(笑)アップを楽しみにしていて下さいね。「ヴァニティフェアー」の表紙ですが、確かそんな風に記憶しています。2〜3グループに分けて撮って合成?実はあの号は持っていないのですよ。日本だと発売がズレるでしょう?ウッカリしていると買いそびれます。あの女優達は豪華でしたねぁ……メリルはあまり調子が良くなかったんじゃありませんか?顔が浮腫んでいますもの。オスカーのドレス、どこかでもベストの中に選出されていましたね。貫禄あってゴージャスでした。DVD楽しみです!

ブノワ。
Commented by MERYL FAN at 2009-03-03 11:25 x
ブノワさん、こんばんは。 そうですね「ダウト」の公開はもうすぐですね。 いい映画ですよ・・・・。 やはりオスカーのキャンペーンは凄く熾烈だったようです。 ケイトに主演ペネロぺの助演をとプロモーターがかなり激しくキャンペーンを繰りひろげ、ポストオスカーパーティーはその関係者で大いに盛りあがったみたいでした。 こんなことで左右されてしまうなら、もっとキャンペーン活動を規制するなりしないといけないですよね。 この記事を今朝読んだら、怒りが沸々としてきてしまいました。(笑) どおりで、ケイトは主演の候補にしかならなかったと納得です。 もうこの怒りを静めるのはブノワさんの「ダウト」の記事を読むしかありません。 (笑) 「ヴァニティー・・」どこかにあると思うのですが思い出せません。(笑) でもよくこれだけを一所に集めたと感心していましたが、合成と聞いてとても納得しました。
オスカーのメリルはよくカメラに拾われていました。 テレビによく映るように席も配されていましたし、彼女のステータスを考えれば当然ですよね。 (笑) 今週末映画楽しんでくださいね。 ではMF
Commented by raindropsonroses at 2009-03-04 19:42
MERYL FANさんへ。
こんばんは。メッセージと一足早い誕生日のプレゼントありがとうございます。
一度には無理ですが、少しずつ楽しんで行こうと思っています。
さて、キャンペーン……そう言うものがあるんですね。きっと僕とメリルは同じなんじゃないでしょうか。自分を売り込むのは苦手、キャンペーンなんて思いも付かないのでしょう。キャンペーンで負けたならそれでも結構、彼女の偉大さは既に歴史が物語っていますものね。怒りが沸々……確かに!(笑)ケイト・ウィンスレットはいい女優ですよね。どちらも観ていませんが、他では全て助演だった「愛を読むひと」が主演で、全て主演だった「レボーショナリー・ロード」が無視された所に不不自然さを感じていた所です。「ヴァニティーフェア」は僕のうろ覚えですからね、確かではありません。でも、不可能だと思いませんか?あれだけの大女優を一堂に集めるのは……。「ダウト〜あるカトリック学校で〜」……もうスグです!記事、楽しみにしていて下さいね!

ブノワ。
Commented by MERYL FAN at 2009-04-10 01:16 x
ブノワさん、おはよう御座います。 お忙しそうですが、お元気そうでなによりです。 日本も桜満開の頃でしょうか? 家の庭の薔薇も5輪花を咲かせています。 さて今日はニュースを3つ。 1目はリンク先のポスターです。 メリルが先のクレジットになっていました。 既に一部スクリーニングがあり、前評判もいいみたいですよ。 4/7より映画館で予告がはじまるそうです。 2つ目は今年のオスカーのミュージカルナンバーにメリルとバーブラも参加するように打診があったみたいですが、2人とも断ったみたいです。 3つ目はデューイはやはり企画中でみたいですね。 こちらでも噂になっていました。 IMDBでの報告ですと現在2つ企画があるみたいです。 そのうちの一つが猫の話ではないかといわれています。 ブノワさんから頂いたサントラと百恵様CDは残念ながら家と車では掛かりませんでした。(涙) 今度友人の家で試してみます。 パンフレットとCD本当に有難うございました。 ではまた、MF
 
Commented by raindropsonroses at 2009-04-12 07:51
MERYL FANさんへ。
おはようございます、メッセージどうもありがとう!
メールのお返事もメッセージのお返事も遅くなりました。本当にゴメンなさいね。休みに日にゆっくりとと思いつつ、矢張り、身体を休めることが優先になってしまいます……。さて、ディスク、お友達のウチで何とかなるといいですね……。添付のポスターですが、先日の「ダウト〜あるカトリック学校で〜」と言い、最近はセンスのいいものが多いですね。メリルとバーブラがメドレーに……着想はこれ以上ないくらいに豪華ですが、バーブラは全く無理でしょうし、メリルも人前で歌う事はしないんじゃないかな?MERYL FANさん同感でしょう?デューイとサンセット大通り、欲望という名の電車……これだけは叶えたいですね。そうそう、昨日「フロスと×ニクソン」を観て来ましたが、矢張り思うのは「ダウト〜あるカトリック学校で〜」の監督の力量不足……フランク・ランジェラ……凄いですね。アカデミーの時にメリルと話していましたね。彼女、これからどんな男優と共演するのかな?バーブラと共演なんてあるのでしょうか?(笑)

ブノワ。
Commented by MERYL FAN at 2009-04-21 05:57 x
ブノワ○さん、今日は。 名前の「。」を忘れていてごめんなさい。 お詫びに特大なものをお付けしました。 (笑) オスカーのメドレーなんですが、メリルは即答で「NO」と断り、バーブラはプロデューサーが自宅まで足を運び、かなりの所まで話し込んだ上で断ったようです。 バーブラの事ですから、自分の時間を長くとれとかリクエストが大きかったのでしょうか? それを含めての彼女ですし、年齢も上がってくると今までの歌唱力をキープするのは難しいですから、今のうちに沢山聞いておきたいですよね。 薔薇の為のブログを作成するとか。 そちらにも必ずお邪魔させて頂きます。 私もこのところかなりバタバタ状態で・・・。 また今度ゆっくりと書かせて頂きますね。 ではまた、MF
Commented by raindropsonroses at 2009-04-22 17:45
MERYL FANさんへ。
こんにちは。いつもメッセージどうもありがとうございます。
特大の「◯」ありがとうございます(笑)さて、メリルが即答でお断り……凄く良く分かります。彼女は歌が達者ですが、人前で歌う感じじゃないですよね。あくまでも映画と言う枠の中で編集されたもの、若しくは舞台上で劇の流れの中で歌う……バーブラは大変だったでしょうね。彼女、主題歌を歌うと決まっただけで映画の制作費が集まりますからね。いつだったか「メイン・イベント」の時だったか、プロモーション出来た彼女に記者が「チョッと歌って下さい」とお願いして招聘側が大慌てになったとか。歌う歌わないでギャラが破格に違うそうです。それにチョイチョイじゃねぇ(笑)しかし、彼女も寡作ですねぇ……バーブラ監督、メリル主演なんて言うのも夢ですね。薔薇だけのブログを作ってみましたが、どうせ漏れなくメリルも出て来ます(笑)是非、遊びに来て下さいね、お待ちしています。

ブノワ。
Commented by MERYL FAN at 2009-06-25 06:01 x
ブノワ。さん、今日は。 家のPCは隅に押しやられていてなかなか接続できませんが、お元気でしょうか? ブノワ。さんのプログもなかなかキャッチアップできていません。 (汗) ごめんなさい。 ゆっくり読ませて頂いてまたメッセージさせていただきますので、今はお許しください。 (笑) 「Julie and Julia」のオフィシャルサイトがありましたのでリンクしておきます。年末のタイトル未定の映画は「Something Good」に決まったようです。 なんか似たようなタイトルですが、出来がいいのを祈るばかりです。 今年からオスカーの作品賞候補は10本になる予定らしいですよ。 さっきラジオで言っていました。 何かとりとめの無い内容でごめんなさい。 また、お邪魔します。 では。
Commented by raindropsonroses at 2009-07-09 20:11
MERYL FANさんへ。
こんばんは。お久し振り!
メッセージを戴いておきながら返事が大変に遅くなったこと本当にお許し下さいね。
ことの次第は最新記事を読んで戴くとして……折角、用意しておいた記事もアップ出来ないままでいました。折りを見てアップしますので楽しみにしていて下さいね……って、大した事は書いていませんが(笑)オフィシャル・サイトどうもありがとうございます。いつも思うのですが、世界の公開日の所に日本が入っていません……やっぱり文化度低いですよね。また来年まで待たなければいけないみたいですね。オスカーの作品賞の候補が10作品に?女優賞が10人になったら大変です(笑)毎年〜メリル・ストリープの名前の嵐、洪水で大パニック!「Julie & Julia」とても楽しそうでいい感じ……どうもありがとうございました。

ブノワ。
Commented by MERYL FAN at 2009-08-09 07:36 x
ブノワ。さん、引続きで恐縮です。「Julie & Julia」観てきました。 メリルはあいも変わらず素晴らしかったです。 批評家の意見は概ね良好で、平均Bです。批判的な人でもメリルの演技はほぼ絶賛に近い感じで、LAタイムスのKenneth Turanはベタぼ褒め。 この人の批評はアカデミー会員を始め、業界内に影響を及ぼす事の出来る批評家なんですよ。 ジュリアの人生の謳歌する姿はメリルの人生そのものを表しているのかもしれませんね。 エイミー・アダムスのパートはあまり好意的な批評が少なかったのですが、この映画はやはり二人の人生を一部分を描いてこそ生きるような感じもしました。 以前にも書きましたが、メリルの場面では自然と頬が緩むような場面ばかりで、なにしろジュリア本人のそっくりでした。 監督のノーラ・エフロンはAFIで「自伝映画をつくるならメリルに演じてもらうのが一番、本人以上に素晴らしい人生を演じてくれる」と言ってましたよね。 是非日本公開楽しみにしていて下さい。 ではまた、MF 
Commented by raindropsonroses at 2009-08-13 12:53
MERYL FANさんへ。
こんにちは。早々にメッセージありがとうございます。
いいなぁ……メリルの新作!どうでしょう、ノミネートされそうですか?エッ!まだ気が早い?(笑)僕もトレーラー等を見て感じていたんですが、矢張り、メリルは素晴らしいのですね?今回の彼女の演技は見ていてなんだかホンワカするようですよね。亡くなった杉村春子さんは「赤ひげ」など因業ババアを演らせると天下一品でしたが、その実、人のいい市井の婦人を演じさせると素晴らしいものがありました。可愛らしいんですよ、キャラクターが。今回のジュリアにはそんな杉村さんの面影を感じてしまいます。ソフィア・ローレンが言っていましたね。人を泣かせるのは簡単だけれど、人を笑わせるのは難しいって。今回のエイミー・アダムスは「プラダを着た悪魔」の時のアン・ハサウェイですね。主役が素晴らしくても相手役が今一だとね……脇役の方は如何でしたか?エミリー・ブラントのようなピリリとしたスパイスを利かせた演技の俳優は出ていましたか?所で、IMDbに「It's Complicated」の写真が数枚公開されていますね。こちらも自然で可愛らしいメリルです。

ブノワ。
Commented by MERYL FAN at 2009-08-15 00:55 x
ブノワ。さん、おはようございます。 台風や地震は大丈夫でしたか? 最近の日本は変な天気というか、災害が多いですね。 
メリルのジュリア・チャイルドは評判がとてもいいんですよ。 批評家からも大絶賛で、プラダやダウト以上のような気がします。 ただ、年末にも主演映画公開が予定されているので、映画会社も主演で押すか助演か迷っている感じはありますね。 映画も最初の3日で20m稼ぎました。 プラダとマンマが27mだったのですが、上映映画館数が若干少ない今回でこの数字ですので、サマーシーズン公開作品のたて続きヒットでメリル株も落ちる事がないですね。(笑) 助演ではエミリー・ブラントのような個性的な人はいませんでした。 さて、年末の「It's Complicated」のタイトルが以前お知らせしていたのと変ってしまいました。 IMDBでも「Something Good」と3日ぐらいリストされていたのですが・・・こちらも楽しみです。 この映画のヒットで「サンセット・・」の主役が近づくといいのですが、この企画は進行しているのでしょうか???? ではまた、 MF
Commented by raindropsonroses at 2009-08-15 12:45
MERYL FANさんへ。
こんにちは。メッセージどうもありがとうございます。偶然ですけど、夕べ「Julie & Julia」を「You Tube」で片っ端から見ていたところです(笑)映画、ヒットですか……それは良かったです。やっぱりコケると後に響きますからね(笑)思ったんですけど今回の「Julie & Julia」でメリルは全編ファルセット・ボイスで台詞を言っていませんか?ファルセットと言うのは大袈裟かもしれませんけれど、普段の台詞より半音高く全台詞を言っているように思えるのです。しかも声にフィルターをかけているように円やかに……まぁ、彼女くらいの大女優になるとこんな事くらい朝飯前なんでしょうけどね。それに加えてどのシーンも笑顔でしょう?観る者の気持ちをホンワカさせるのでしょうね。主演か助演かなんて迷っていないで「Julie & Julia」は助演「It's Complicated」は主演でノミネートと洒落込みましょうか(笑)そして両方とも受賞!お祭り騒ぎしなければなりませんね!「サンセット大通り」……どうなっているんでしょうね。僕は別にミュージカルでなくてもいいんですよ。ストレート・プレイの方が彼女らしいし……それよりも「欲望という名の電車」はどうしたの?!(笑)

ブノワ。
Commented by MERYL FAN at 2009-08-17 14:47 x
Bon Apetit! ブノワ。さん。 そうなんです。 メリルは今回は半オクターブ高く話しています。 ジュリア・チャイルドがもともとそういう話し方をしていたんですよ。 声がこもる喋りかたという感じでしょうか。映画を機にジュリアの人気も復活しています。ネット販売の最大手ではジュリア関連のクッキングブックが飛ぶように売れ、フランス料理のクラスには生徒が大勢押し寄せと。 ジュリアもきっと天国で映画の影響に微笑んでいることでしょうね。もう「YOU TUBE」でみれるんですね。今度検索かけてみますが、映画の大半をみれてしまうのかな? ジュリアが本格的にフランス料理をアメリカの家庭で応用出来るように始めた先駆者なのですが、それまでアメリカ人は何を食べていたのでしょうか??? メリルはこのジュリアの役作りに御自身の母親のイメージや所作を取り入れたらしいですよ。 そんなメリルの母は料理はあまり得意ではなかったようです。 ではまた、MF
Commented by MERYL FAN at 2009-09-13 14:14 x
ブノワ。さん、こんばんは。 今日はLAタイムスの一面にメリルの顔写真が載っていて、その記事のタイトルが「It only gets better」 60歳を過ぎてその活躍ぶりは良くなっていくだけ、と言う意味でしょうか。 2006年からの世界興行収入は他の女優と比べても断トツの1位で1260億円、2位のA・ジョリーで812億ですから。 メリルの特徴はデビューから30年でBox Office・スターになるという前例があまり無いこと。 今年はAリストと呼ばれるスターの映画が軒並みヒットしていない点。 そして他の男優はヒット作に出はじめるとオスカーにからまなくなるが、メリルはヒット作とオスカーに絡める作品選びをしていることを等新聞の一面で紹介をしていました。 現在のメリルは役を楽しんでいるし、コメディーでもメリルが出るだけ作品の質が上がると「マンマ・・」のプロデューサーのコメントも紹介していました。 次回作は10月公開のヴォイスワークです。 ではまた、 MF
Commented by raindropsonroses at 2009-09-13 18:09
MERYL FANさんへ。
こんばんは。メッセージどうもありがとうございます。
焦っています(笑)メッセージに全然気付かなくて一月あまり……毎日〜キチンとメッセージはチェックしているのですが、本当にゴメンなさいね。さて、半オクターブ……矢張りそうでしたか。「You Tube」で断片的に映像を見るだけでしたがそんな気がしたものですから……。それまでアメリカ人は何を食べていたのかって……ポテトと肉とインゲンと豆でしょうね(笑)怒られちゃうかな?(笑)実在の人物を演じてのオスカー……このところ非常にあるパターンですよね。どうでしょう?ノミネートは確実?もしかしたら……そんな風に考えるのは早すぎるでしょうか?相変わらず日本の公開は未定のまま、良くて来年のオスカーを見越しての公開か……ドンパチ特撮CGの詰まらない大作ばかり同時公開や先行公開で頭に来てしまいます。そうそう、最近、知ったのですが、「Julia Child」と言う薔薇があるんですよ!僕が薔薇に傾倒する理由の一つに、こうして色々な事に世界が広がるからなんです。朗らかなジュリアに早く会えますように!

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2009-09-13 18:20
MERYL FANさんへ。
こんばんは。メッセージどうもありがとうございます。僕も続きますよ!
貴重な情報をありがとうございます。メリルの写真、綺麗でしたか?僕は常々、俳優に限らず、音楽家や画家、所謂、芸術家は技巧の人、テクニックに優れている人が好きって言っていますが、下手糞だと旬が過ぎるとアッと言う間に落ち目になるし、綺麗なだけが取り柄の人だとジジイ&ババアになればたちまち姿を見かけなくなります(笑)それに加えて、役者の場合は作品がヒットしないと困るんですよね。大コケすれば公開作がググッと減りますから……確かにメリルの作品が大ヒットと言うはなしはあまり聞きませんでしたね。「マンマ・ミーア!」なんか凄かったんでしょう?今日のMERYL FANMさんのお知らせは一ファンとして誇らしい気持ちで一杯です。同じ時期にデビューした男優は一部を除いて軒並み総崩れですもんね(笑)「……Mr. Fox」……どんな作品なんでしょうね?また情報をお知らせ下さいね。

ブノワ。

Commented by MERYL FAN at 2009-09-14 04:26 x
ブノワ。さん。今日は。メッセージ有り難うございます。 そうなんです、誇らしい気持ち。 まさしくその通り。(笑) 通常映画やテレビのセクションの一面なら分かるのですが、社会国際面の本当の一面ですから。土曜日はいつも忙しくて新聞はリサイクル直行なんて言う週もあったから一面で良かったです。(笑) 写真は最近のメリルの全く飾らない素朴な写真でした。ブノワ。さんのおっしゃる通り写真はその人の内面も醸し出しますよね。だからメリルは飾らなくても奇麗で充実した表情ができるのかもしれません。 さて気がはやいかもしれませんが、候補は多分大丈夫でしょう。アカデミー協会の幹部が今年の女優の不作を嘆いていた記事が出てましたし。 このままの勢いは持続しそうです。 残念ながら僕はジュリア・チャイルド世代ではなかったのであまり覚えていませんでした。 ダン・アクロイドがSNLの番組で真似をしていたのを覚えてくらいで。 彼女の由来のバラの品種があるのですね。 面白いです。 今度検索してみす。 映画は候補確実の公開は間違えないから安心してください。 では、また、MF。
Commented by raindropsonroses at 2009-09-30 06:18
MERYL FANさんへ。
おはようございます。久し振りの雨の東京……。
チョッとホッとしております。メッセージどうもありがとうございます。
スグにお返事出来ない不義理をお許し下さいね。
昨夜、久し振りに「You Tube」でメリルの検索をしてみました。本当に夥しい数のクリップがありますね。しかも、新しいものが続々……あまり人気がないっていうのが信じられません。「ソフィーの選択」の一連のクリップをみましたが、本当に美しいですね。収容所での痩せた姿など、「めぐりあう時間たち」の疲れきって憔悴した顔、女優なら絶対に見せたくない顔を平気でスクリーンにさらします。しかも、それが綺麗と来ているのですから!アカデミー賞はMERYL FANさんのお墨付きを貰ったので大丈夫でしょうね(笑)女優の不作……確かに縁起で話題になる人が少ないような気も……。ジュリア・チャイルドの薔薇、検索してみましたか?

ブノワ。
Commented by MERYL FAN at 2009-10-21 06:09 x
ブノワ。さん、今日は。 ニュース速報です。 メリルの娘婚約です。 メイミーガマ-(26)が俳優のベン・ウォーカー(誰???)と婚約を発表しました。 いよいよお婆さんになる日も近いかもしれません。 メリルはこのベンと言う人を気に入っているみたいですよ。 そういえば青い薔薇が発売されるというニュースを読みました。 取り急ぎご報告まで、 またお邪魔しますね。 MF
Commented by raindropsonroses at 2009-10-25 09:23
MERYL FANさんへ。
おはようございます。お知らせメッセージどうもありがとうございます!
ベン・ウォーカー?……メリルもお気に入りなのでしたらきっと人柄がいいんでしょうね。青い薔薇……21世紀には発売と言われつつ、10年も経ってしまいました。花の展覧会で見た事がありますが……1本2000円〜3000円らしいですよ(笑)で、こちらもニュースです。「ジュリー&ジュリア」の日本公開が決まりました。12月12日です!早く11月が終わらないかなぁ(笑)最近トレーラーを見る機会が多いんですが、なかなか面白そうですね。来年の春に向けて期待が膨らみます。そうそう、お聞きしたい事がありますので、近々メールしますね。ヨロシクお願いいたします。

ブノワ。
Commented by MERYL FAN at 2009-10-27 05:50 x
ブノワ。さん、今日は。 返信有難うございます。 映画の公開が12月とは良かったです。 今年でメリルの映画は3本の公開ですね。 よーく考えるととても凄い事ではありませんか!  
ジュリア・チャイルドの薔薇みましたよ。 インターネットでは黄色の薔薇の写真が載っていました。 花びらも開ききることなくきれいな写真でした。 メリルは以前ジュリアに手紙を送ったことがあるらしいですよ。 メリルの参加している「Mothers and Others」(多分)が無農薬野菜の普及や低カロリーを推進するのにジュリアの参加やコメントを依頼したらしいのですが、断られたそうです。 フレンチと低カロリーは相容れない等が理由らしですが・・・ そんなこんなしていても映画はととも良いできでしたので、楽しんでください。
メールもお待ちしています。  では、また。 MF
Commented by raindropsonroses at 2009-10-27 21:11
MERYL FANさんへ。
こんばんは。早々にお返事ありがとうございます。
そう、3本は凄いことですね!贅沢は言ってはいけませんね(笑)
黄色かったでしょう?実際はどんな感じなのでしょうね。アメリカの薔薇ですから大きくて真っ直ぐに伸びて……そんな感じでしょうか。日本でも手に入るのですよ。チョッと驚きでしょう?お友達の薔薇園で扱っていますから取り寄せて……そう思ったのですけど、あまり好みじゃない(笑)フレンチと低カロリー……確かに、確かに!1にバター、2にバター、34がなくて5にバターですもんね(笑)マダム・チャイルド、正直者とお見受けしました。今からね、記事に使う写真をどうしようかあれこれ考えている所なんですよ。今週中にメールします、お力添えを!

ブノワ。
Commented by MERYL FAN at 2009-12-11 02:34 x
ブノワ。さん、おはよう御座います。 いよいよ映画が公開ですね。 初日にいかれるのですか? 映画の出来は上々ですし、オスカーを初め各映画賞の候補も確実のようですのできっと楽しめますよ。 昨日は映画「NINE」をSAGのアドバンススクリーニングで観る機会がありました。 会場には監督のロブ・マーシャル、ニコール・キッドマン、ファギー、ペネロペ・クルーズもきていて、上映後に質疑応答までしてくれました。 ペネロペは息を呑むほどの美しさで、隣の二コールを圧倒していましたよ。 今まで色んな映画スターに会う機会があったのですが、メリルだけには会えません。 後ろの人が既に「It's Complicated」を観ていて絶賛していました。 この映画はNBRのアンサンブルを受賞しているので、良い出来なのかもしれませんね。 アメリカでは12/25/09に公開予定です。 たしか15日にGG、17日にSAGの候補発表です。 GGでは(メリルは)2つの映画で同部門に候補になる事も可能ですからこれも楽しみです。 では、また。MF
Commented by raindropsonroses at 2009-12-13 11:12
MERYL FANさんへ。
おはようございます、素晴らしい天気に恵まれた東京からです!
いつもメッセージどうもありがとうございます。お元気そうですね?「NINE 」で素敵な経験をされたとか……ペネロピィ〜は綺麗でしょうね。ラテンの女性はゴージャスですから。ニコールは上手く化けた時期がありましたが、僕は女優としては今一つ「?」作品選びを見るとあまり頭がいい感じはしません……怒られるかな?「めぐりあう時間たち」は出会い頭のオスカー……僕はそう思っています。さてさて、昨日はゴタゴタしていて行けなかった「ジュリー&ジュリア」これから観に行って来ます。記事に使う写真も選んでありますので、近々、絶賛記事を楽しみにしていて下さいね(笑)先日MERYL FANさんが指摘なさったこと、今年はメリルの作品が3本も!なんて幸せなんでしょうね!「It's Complicated」も来年早々の公開が決まっています。両方ともいい出来とか、しかも今年は女優不作の年?(笑)じゃんじゃん候補になって貰ってどしどし受賞しましょうか。所で、僕のこのブログ、この返事で今まで最高のコメント数を記録します。これからも宜しくお願いいたしますね!

ブノワ。
Commented by MERYL FAN at 2009-12-15 07:31 x
ブノワ。さん。 こんにちは。 嬉しい速報です。
取り敢えずメリル「ジュリー&ジュリア」で下記の主演賞受賞です。

今年はオスカーとれるかも!!!

New York Film Critics Circle: Best Actress
Boston Society of Film Critics: Best Actress
New York Film Critics Online: Best Actress
Women Film Critic Circle Awards: Best Comedic Actress
Southeastern Film Critics Association: Best Actress
Indiana Film Critics: Best Actress (r.u.) –
Commented by raindropsonroses at 2009-12-17 06:58
MERYL FANさんへ。
おはようございます。速報メッセージどうもありがとう!
早々と6冠ですか……ゴールデングローブも2作品でノミネートですもんね。本当、今年は獲れるかも!去年のように、いかにもオスカーに好まれそうな作品よりも、今年のように肩肘張らずにリラックスした感じの方がいいのかもしれません。それに、近年、実在の人物を演じた俳優がことごとく獲っていますからね。春先に大いに落胆したのも束の間、そろそろ賞獲りシーズンになって来ましたね。お互いにこれからは一喜一憂、早いけどお祝いのシャンパン買っておこうかな?(笑)また何かニュースがあったら教えて下さいね、ヨロシクお願いいたします。

ブノワ。
Commented by MERYL FAN at 2009-12-18 07:08 x
ブノワ。さん、今日は。 やはりと言うか、当然と言うか、SAGの候補になりました。 いや~順調でなによりです。 でも、いやな予感もするんですよ。 サンドラがオスカーを受賞するような感じがして・・・ この数週間の間の猛チャージは侮れません。 彼女もトップスターではあるけど、演技はイマイチというイメージをぬぐいたいでしょうからね。 メリルと違ってガンガンとキャンペーンを仕掛けてくる事でしょう。 それにしてもメリルは実在の人物を演じると本当に上手いですよね。 88年のNY批評家賞受賞も実在の豪州人でした。 アメリカ人でジュリア・チャイルドを知らない人はいないので、皆が投票してくれると嬉しいです。 あるWEBでは80%のアメリカ人が早くメリルに3度目のオスカーを獲らせたいなんってジョークが書いてありました。 来年春先まではハラハラドキドキの日々が続きますね。 では、MF
Commented by raindropsonroses at 2009-12-18 20:06
MERYL FANさんへ。
こんばんは。沢山のメッセージどうもありがとう!
本当、快進撃ですね!順調、順調!イヤな予感?ダメ、ダメ、そんなことじゃ!サンドラなんか目じゃないです。候補になったことで感謝しなきゃ。だけどキャンペーンっていやらしいですね。そんなことまでしてオスカーが欲しいのかな?欲しいのでしょうね(笑)今回「ジュリー&ジュリア」でここまで高い評価が得られていると言うことは、彼女の卓越した演技力もさることながら、それを見ていいと思える人が沢山いるって言うこと。殆どが同業者の投票ですもんね。何だか素晴らしい予感がするのは、矢張り、近年、実在の人を演じた人が受賞していること。ブランシェット、シーモア・ホフマン、キッドマン、コティヤール……分かり易いって言う事もあるんでしょうね。ただ、恐いのは物真似に終わってしまう可能性もあること。素人考えですけど、今回のメリルは可成りキツい演技だったのではありませんか?半オクターブ高い発声で全編台詞を言うのは並大抵ではないハズですから。大丈夫、3回目確実ですから!毎日シャンパンで前祝いしましょう!

ブノワ。
Commented by MERYL FAN at 2009-12-29 06:18 x
ブノワ。さん、クリスマスは如何でしたか? 僕は体調を崩してしまい、このご時世人に迷惑かけられずと淋しいものとなってしましました。 その為新作も4日遅れ。「It's Complicated」タイトルの通り結婚離婚再婚、そして家族が絡むと複雑です。台詞も笑わしてくれるものも多く概ね満足できました。 3人の男優陣、アレック、スティーブ、ジョンが思った以上に良く、メリルを中心に俳優同士のケミストリーが抜群。 映画には批判的な批評家も彼らのアンサンブルはとても褒めていたのも納得です。 特にアレックのコメディーセンスの良さは眼から鱗状態で、僕の隣のおじさんは最初から最後まで大笑いでしたよ。 日本では来春早々の公開らしいですね。 それにしても邦題はタイトルの持つ意味をあまり上手く表現できていませんね。 興行収入もR指定の映画としてはまずまずではないでしょうか? このRはかなり長い間もめていて「マリファナ」シーンが影響してしまったようです。 
今年もお世話なりまして有難うございました。 来年も良い年でありますように。 そして宜しくお願いします。 MF
Commented by raindropsonroses at 2009-12-30 09:35
MERYL FANさんへ。
おはようございます、いつもメッセージどうもありがとう!
体調を崩されたとか……大丈夫でしょうか。チョッと心配です。さて、僕のクリスマス?薔薇のマダム連中と中華でした(笑)「It's Complicated」ご覧になったのですね?どうでしたか、面白かったですか?日本は年が明けたらスグでしょうね……楽しみにしています。邦題ですが、まるで流行の若手女優が出ているコメディーみたいですよね(笑)「恋するベーカリー」……チョッと口にするのは恥ずかしいかな。僕ね、アレック・ボールドウィンって結構、好きなんですよ。チョッとデカくなってしまいましたけれどね(笑)今年の観納めは、明日、大晦日にエミリー・ブラントの「ヴィクトリア女王」、年明けにメリルの「ジュリー&ジュリア」を再観します。もう最後の挨拶ですか?早いですねぇ(笑)こちらこそ一年間本当にお世話になりました。ありがとうございます。お陰さまで楽しくブログ生活を送る事が出来ました。これからも宜しくお願いいたしますね。素晴らしい新年をお迎え下さい!

ブノワ。
Commented by MERYL FAN at 2010-01-19 06:47 x
ブノワ。さん、今日は。 此処までは全て想定内ですが史上最多の7個目GGの受賞です。 嬉しいですね。 既にスピーチはYT等でご覧かもしれませんが、少し解説をさせて頂きますね。 今回のスピーチはとても地味でしたが、恐らくハイチの大地震が影響していたと思います。 式への参加も最後まで迷っていたようですが、Partners in Healthという医薬品を被災地に提供するNPOへの寄付を募ると言う事で参加を決めたようです。 式では恒例のシャンパンにも手をつけなかったようですし、これは推測ですが、レッドカーペットにも登場していないようでした。 レポ-ターのライアン・シークレストはスタッフにメリルの入場を見たかきいてましたが、誰も見ていなかったようですよ。 さて本番はメリルvsサンドラの様相を呈してきましたが、本当に楽しみです。2日前の批評家賞で2人はタイで受賞しましたが、バックステージでメリルはサンドラをとても誉めていました。 先週末はサンドラの出演映画を観まくったそうで、ライバルへの思いやりはメリルの人柄をよく表していますね。 また、DVDを送りますね。
では、また。 今週末はSAGです!
Commented by raindropsonroses at 2010-01-23 04:49
MERYL FANさんへ。
おはようございます。お元気ですか?
メッセージどうもありがとうございました。絶対に戴けると(笑)
さて、本当にシナリオ通りとはこのことですかね。スピーチは見ましたよ。英語、苦手ですから大まかなことしか分かりませんが……そうそう、ティーボーン・ストリープ?(笑)レッド・カーペットは遠慮したのでしょうね。MERYLFANさんのご指摘通り、ハイチに配慮したのでしょう。ドレスも黒、その辺がメリルらしいですね。地味な色合いだけど、口紅はいつもより赤く……上気した頬が可愛かったです。所で、サンドラに唇を奪われてしまったメリルですが(笑)本当、一騎打ちの様相を呈して来ましたね。去年みたいに「この作品で!」と言う意気込みが全くないだけに、今回は期待が持てそう……僕はそう勝手に思っています。シャンパンはどこのものにしようかな?(笑)明日はSAGですか……また美酒に酔えますように!メリルのお陰でアルコール中毒になりそうです(笑)また何か情報がありましたら教えて下さいね!

ブノワ。
Commented by MERYL FAN at 2010-01-24 15:43 x
ブノワ。さん、今日は。 さて本日はSAGの発表がありました。
メリルは残念ながら逃してしまいましたが、メリルはSAGにはよく翻弄されます。 「The Hours」「Adaptation」の時は間違えで両方が主演扱いであったため、票がわれ候補にならず、今年は「Up in the Air」「Julie & Julia」は10万人もメンバーにDVDが送られていたのにメリルとクル-ニーは受賞を逃しと・・・去年受賞したから今年はサンドラにしたのかもしれません。 「The Gold Derby」はメリルにオスカーを27年にも待たせている事を会員は知っているので、これでサンドラに決まりにはならないだろうと言っているのがせめてもの救いでしょうか。 最近メリルの呼び名がが我々の世代の最高の女優から「The America's most Beloved Actress」に変わりつつあります。 気を取り直してがんばりましょうね! ポテトサラダ美味しそうですね。 今度試してみます。では、また・・・・・・・・・・・・・
Commented by raindropsonroses at 2010-02-05 17:16
MERYL FANさんへ。
こんにちは。年始のバタバタでスッカリ返事が遅くなってしまいました。本当にゴメンなさいね。お返事を怠っている間にアカデミー賞のノミネートがありましたね。予想通り、これで16回目のノミネート!本当に凄いことだと思います。でも、ノミネートで喜んではいけませんね。今年こそは受賞して貰わないとね。お祝いのシャンパンはどこの銘柄にしましょうか?(笑)所で、やっぱりサンドラとの一騎打ちなんでしょうか?MERYL FANさんが以前、今年は女優にいい演技が少ないって言っていましたが……ヘレン・ミレンはないですね。この前貰ったばかりだし。授賞式ですけど、僕の誕生日の近く(笑)そんなことも何やらいい予感の要因です。これで2020年までには軽く20回のノミネート?今年、受賞しますから、20回のノミネートで4回の受賞、その後も頑張って貰って、意地悪老婆の役で5回目、キャサリン・ヘプバーンを抜いて貰いましょう。これが僕の今後の予想です。当たらずとも遠からず……真面目にそんな気がします。MERYLFANさんの予想は如何に?

ブノワ。
Commented by MERYL FAN at 2010-02-08 04:58 x
ブノワ。さん、こんにちは。 出張で東側にいっていたら、凄い天気でやっとの思いで帰ってこれました。(笑)私はどうも雪男で、あちらにいくと90%の確率で雪、それも大雪に見舞われます。
さて、予想ですが、今年もあきらめました。もうサンドラの猛追はすごい。 プロの批評家もメリルが賞に値するが、サンドラが受賞するというのが一般になっています。 現在「ミスター・アーサー」のリメイクが計画にあり、メリルにジョン・ギルグッドがオスカーを獲った執事の役がオファーされているようです。 現在は休みに入るのか、仕事をするのか分からないのですが、「マンマ・ミーア」の続編も現実を帯びてきましたし、休んでも半年ぐらいまでにして欲しいものです。 主演候補もヘップバーンを抜き単独1位になったのですから、アカデミーの会員には間違った選択をして欲しくないものですが、如何なものでしょうか? メリルの掲示板ではサンドラvsメリルの醜い争いがおこり読んでいて疲れてしまい、現在は完全無視状況です。(笑) ブノワ。さんへ送るDVDは是非我々のマドンナの雄姿であることを願います。 では、また
Commented by raindropsonroses at 2010-02-08 21:10
MERYL FANさんへ。
こんばんは。待っていましたメッセージ(笑)
東海岸に行っていたんですね?しかも雪男?(笑)
さてさて、僕等が早々に諦めてどうするんです?サンドラなんか目じゃないですよ。彼女にはアカデミーの品格がありません。猛追?いいじゃないですか、猛追させておけば(笑)追うって言うことはまだメリルの方が先に行っているって言うこと。もし抜かれそうになったらメリルがサッと足を出して転ばせてくれますよ(笑)僕等はただただ安心してシャンパンを冷やしておけばいいのです。大いに飲みましょう、大いに酔っぱらいましょう!(笑)そんな事より「ミスター・アーサー」のリメイク?メリルが執事役?その件はチョッと考えさせて下さいね。下手に役が膨らんで助演か主役か分からなくなり半端なノミネートでまた賞を逃すのはイヤですから(笑)それから「マンマ・ミーア!」の続編?曲はどうするんですか?曲は……いくらABBAのヒットが多いとは言え、主だった曲は全部使っちゃったじゃないですか。兎に角、先ずは目先のアカデミー賞ですね。気持ちを大きく持って臨みましょう。こちらは偉大な女優、相手はまだまだヒヨコです。

ブノワ。
Commented by MERYL FAN at 2010-02-12 01:48 x
ブノワ。さん、おはようございます。 猛追の結果追い抜かしましたと申し上げた方が正しかったかもしれません。(苦笑) しかし、1977年映画デビューで2009年までの32年間で16回の候補は2年に1度の確率。 それにこの25年に関していえば9回負けている、実に1/3以上の割合です。 こんな事許せますか。(笑) 過去にも、「フランス軍・・」と「クライ イン ・・」もメリルが受賞するべきだったと思うのですよ。 確かにサンドラは素晴らしい人と思います。 私も好きな女優の一人です。 でも、間違った世論の結果で受賞する可能性があるというのがいけないのです。 全米の主要な批評家賞はメリルが受賞していて、サンドラはゼロです。 オスカー関連のブログがメリルの受賞を願っていました。 オスカーを見届けている人はやはりメリルにあげたいみたいです。 (笑) 「ミスター・アーサー」は興味があるのですが、中途半端なら辞めた方がいいですよね。 EWと言う雑誌にメリルはブレークを取ると書いてありました。 この数年で10本ぐらいの映画に立て続けにでていたし、映画の無い年をつくらないとGGの特別賞をあげられないので、今年の休暇は良しとしましょうね。 (笑) では、また。
Commented by raindropsonroses at 2010-02-12 06:20
MERYL FANさんへ。
おはようございます。メッセージどうもありがとう!
そうですか、追い抜かしちゃったのですか(笑)でも、ウサギと亀の話しもありますし、スピード出し過ぎて息切れする事もありますし、あまりにもえげつないキャンペーンで反感を買う事もあります(笑)勝手にやらせておきましょう。いつもは期待感バシバシででガッカリするんですが、僕、今回の「ジュリー&ジュリア」は映画の内容そのままに肩の力が抜けていますから「何でもかかって来い!」の穏やかな心境です。それにしてもサンドラに追い抜かれる時にメリルは足を引っかけなかったのですね?(笑)さすがに上品な方だ。僕はですね、85年の「プレンティ」、これは「愛と哀しみの果て」の代わりにこちらでノミネートされて受賞すべきだったと思っています。あと「黄昏に燃えて」と「マディソン郡の橋」かな……「フランス軍中尉の女」は受賞して当然でしたね。所で休まれては困りますねぇ……メリルには馬車馬のように働いて貰わなくては(笑)生涯20回のノミネートの夢が遠くなります!兎に角、静観しましょう。サンドラ、その内馬脚を現します(笑)

ブノワ。
Commented by MERYL FAN at 2010-02-15 03:50 x
ブノワ。さん、おはようございます。 
「ソフィーの選択」がテレビで放送されたのですか! 映画自体が2時間半を超えるのでどのあたりがカットされてしまったのでしょうね。 吹き替えなら声優は誰?等と興味は尽きません。このタグにもアクセスが多かったのとの事で、ブノワ。さんの内容の濃い本分ならともかく、下の方は無視されているといいのですが・・・(汗) さてさて、確か来週はメリルの新作の公開ですね。 この映画も肩の力を抜いて楽しめる映画です。 隣のおじさんは最初から最後まで大笑いでした。 オスカーもおしゃっる通り過度の期待をせずに楽しむことにします。 (恐らく無理でしょうが・・)
取り敢えず、来週は英国アカデミーです。 サンドラは本作がイギリスで公開になっていなかったので、候補には挙げられなかったのです。 でもご本家では、マリガンが本命というところでしょうか。 また、レポートしますね。 では
Commented by raindropsonroses at 2010-02-28 12:05
MERYL FANさんへ。
こんにちは。いつもメッセージをありがとうございます。
返事がスッカリ遅くなってゴメンなさいね。ホラ、日本には「年度末」って言う変な習慣があるでしょう?(笑)さて、僕は見ていないのですが、ズタボロだったようです。そりゃぁそうでしょうね……放映時間なんて実際の上映時間の半分くらいなんじゃないですか?凄いことなんですけど、検索ワードで初めてこのブログのタイトルを凌いで「ソフィーの選択」が一位になりそうです。IMDbにオスカーへのカウントダウンが載るようになりましたね(笑)あれも心臓に悪い!開ける度にドキドキしてしまいますもんね。まぁ、肩肘張らずに静観しましょう。きっと自爆して大コケするハズですから(笑)そうそう、英国のアカデミー賞は残念でした。サンドラは公開されていなかったのですね?道理で……まぁいいです、MERYL FANさん、シャンパンの用意はいいですか?何か美味しいもの、考えていますか?(笑)ではでは!

ブノワ。
Commented by MERYL FAN at 2010-03-02 14:45 x
ブノワ。さん、今日は。
このところ、地震が世界中の至る所で発生していますね。
お忙しそうでいいではないですか。 日ごろの努力が身になっているんですよ。
実は今年はあまり自分の中で盛り上がっていないんです。(笑)
飲み物はまぁ水とお茶という感じです。 (笑)ところでこの間ディカプリオが雑誌で世界でメリルの事を最高の俳優だと思うと言っていました。この二人は授賞式で時々顔をあわせていますが、よく談笑しているようですね。 この間のSAGではシガニー・ウィーバーとも談笑をしていました。 二人はイエールの同級生でしたが、あまり接点が感じられず、それは主役がすべてメリルへいってしまっていたからなんて下衆の勘繰りをしていました。 しかし何の事はなかったですね。 そう言えば3月は泣く子も黙る月ではないですか! 何よりの贈り物は今月7日の主演女優がメリルにいくことすね。 (笑) では、また
Commented by raindropsonroses at 2010-03-02 20:42
MERYL FANさんへ。
こんばんは。いつもメッセージありがとうございます。
はい、忙しいのです(笑)公私ともにね。本当に有り難いことだと思っています。努力はしていないんですよ……どうやら僕の辞書に「努力」と言う文字は載っていないようです(苦笑)ダメですよ、キンキンに冷えたシャンパンを用意しておかなきゃ!日米を代表するメリルの大ファンの僕達がそんなことどうするんです?(笑)ディカプリオですけど、そう言えば共演しましたよね。今、共演したとしたらどんな内容の映画がいいでしょうね?まだまだチャンスはあるかな?共演してもらいたい俳優は沢山いますね。ブランシェット、ウィンスレットの両ケイト。ブラッド・ピットとかね。ピットのスタンレー、ブランシェットのステラなんて言うのもいいかも。ミッチはジョン・C・ライリーね(笑)真面目に誰か映画化してくれないかなぁ……。ジェイクかヒューのジョー・ギリスで「サンセット〜」も!先ずは僕の誕生月におめでたいニュースを聞いて、その後、映画化の相談をしましょう!

ブノワ。
Commented by MERYL FAN at 2010-03-03 14:47 x
ブノワ。さん、こんにちは。 前回の全く覇気のないメールを読み直して絶句していました。 内容も支離滅裂でごめんなさい。 努力知らずとはご謙遜を。 きっと周りからすると努力家のようにみえるんですよ。 でもきっと好きなことで充実しているのでブノワ。さんはそう感じないのかもしれませんね。 今日は少し元気のでる記事を見つけました。 EW誌がオスカー投票者匿名の4人に激戦部門の、作品、監督、主演女優の内容を聞いたところ、メリルに3人の人が投票したようです。 これを読んでまだ望みを捨てずに日曜日まで頑張れそうです。(笑) ちなみに作品賞はアバター、と監督はビグローとの事。 最新の記事にもお書きになってましたが、確かに作品賞をとるような出来ではないと思いますが・・・そうそう、マンマの続編は中止になったようですね。 メリルの次回作はいったい何になるのでしょうか? 本当にStreetcarでもいいですよね。 では、また、
Commented by raindropsonroses at 2010-03-07 09:33
MERYL FANさんへ。
おはようございます。雨の東京です。
いつもメッセージありがとう!凄く楽しみにしているんですよ。
さて、本当に覇気がなかったですね(笑)ファンの僕達がそれではいけませんね(笑)ここは根性据えて応援せねば。僕はお祝いのために買ってあったシャンパンを他の祝い事で飲んでしまったため(笑)今日にでも買いに行かなければと思っています。今時点でオスカーまで一日チョッと……果たしてどうなりますか。チョッとドキドキして来ました(笑)「マンマ・ミーア!」の続編はいいです。だってもうABBAの歌もないじゃないですか?(笑)無理矢理作ったっていいことがないのは分かっていますしね。「Arthur」がラインナップに載ったようですが、どうなんでしょう?ハッキリ助演に回るのは好きではありませんが……ここで1つ獲って主演1回、助演2回って言うのも面白くないし(笑)今年「ジュリー&ジュリア」で獲ってもう一回助演って言うならいいけれど……それだと4回になりますもんね。何れにせよノミネート20回、受賞4回が僕の予想、しかも最低限の予想ですから(笑)

ブノワ。
Commented by MERYL FAN at 2010-03-08 15:35 x
あ~、残念でした。 ブノワ。さん。 でもメリルの事ですから次もあります。 きっと図書館猫で受賞でしょう。 今晩のメリルの白のドレスはきれいでしたね。 司会のスティーブ・マーティンは最も候補に挙がった俳優というより最も賞を逃した俳優と言っていました。(笑) 受賞をしなくても式に出席するだけで品格と格式を授賞式に与えているし、受賞をしてしばらく賞にからまなくなっても面白くないですし。 オスカーを観る楽しみをくれるメリルには感謝をしなければ。(笑) それにしてもブノワ。さん、次はオスカーナイトにお互いため息をつかずになる日はいつになるのでしょうか・・・? (笑) バーブラも監督賞のプレゼンターでしたよ。 では、また。 
Commented by raindropsonroses at 2010-03-09 20:20
MERYL FANさんへ。
こんばんは。早速のメッセージどうもありがとうございます。
本当、残念でしたね。でもね、思うのですよ。メリルにとって「ジュリー&ジュリア」の演技はごくごく普通の出来、特別なものじゃないと思うのです。演技派が陥りやすいコメディーの罠にハマらず、肩肘張らず気軽な感じでとても良かったとは思いますけど……アカデミー賞の演技じゃない。獲れなかったらか負け惜しみじゃないんですよ。その辺はMERYL FANさんも同じ意見なんじゃないかな?そして誰よりメリル本人が一番感じているのではないでしょうか?僕はそう思います。メリルにはもっと獲って然るべき作品が沢山ありましたもの。所で、メリルのドレス、綺麗でしたね!去年のも良かったけれど、純白と来ましたか。そんな事よりメリルの次回作はなんですか?今年、公開作品が1本もないなんて言う事は避けて欲しいですね。シャーリーズ・セロンと共演する話しはどうなっていますか?そうそう、IMDb Proって何ですか?お金を払えばもっと情報が得られるって言うことなんですね?図書館猫……軌道に乗っているんですか?

ブノワ。
Commented by MERYL FAN at 2010-03-10 02:29 x
ブノワ。さん、おはよう御座います。 丁度オスカーの数日前にサンドラとメリルのキャンペーンの仕方の記事がありました。 サンドラ側の猛キャンペーンに対してメリル側からはほとんど何も聞こえてこないとのこと。
メリルは以前からオスカーのキャンペーンに対しては批判的な立場をとっていましたから。 それが理由で受賞できないのならファンとして少し残念ですよね。 レッドカーペットのインタビューでも周りがサンドラへ向かっている事に対してメリルは、「とても自然な事。 自分が受賞したら大昔に戻ってしまって面白くないでしょ。」と言っていました。 実は本作の演技はメリル屈指の演技だったと思うです。 ただ単に真似に留まらずジュリア・チャイルド自身を上書きして、メリルワールドを作ったような感じがしていました。 ジョン・ボイドがインタビューでオスカーの結果を「今年は人気投票だった」と言っていました。 オスカーの歴史の中で人気投票は決して珍しくはないですが、主要な批評家賞を全く受賞しなかった人の受賞もあまり説得力はないですね。 メリルはやはり長期の休みをとるようです。 もしかしたら2年ぐらいかもと。 それは避けて欲しいですよね。 では、また、
Commented by raindropsonroses at 2010-03-12 21:43
MERYL FANさんへ。
こんばんは。メッセージどうもありがとうございます。とてもいい記念のメッセージになりました(笑)さて、2年は勘弁して欲しいですよね。1年だって許せません(笑)もし2年も休みを取ってしまったら僕等は一体どうしたらいいのでしょう?早く新作に掛かって欲しいです。キャンペーン……人間って情報量に流されやすいですからね。露出が多ければそんな風に思いこんでしまう……残念ですけど事実です。僕はイヤらしいキャンペーンをせずにスクリーンの中の演技だけで勝負するメリルを誇りに思います。評論家がこぞって讃えたと言う事は、それだけ演技のテクニックや余韻、オリジナリティーが認められたと言う事。但し、この作品でもし受賞していたら……何度も書きますが、もっと受賞に相応しい作品があったと思うのです。結局、コメディーよりドラマが勝ると言う訳ではないのですけど……。つくづく去年の「ダウト」が惜しまれます。監督がね、もうチョッと力のある人だったら……マイク・ニコルズとか。あれほどオスカーにピッタリの題材はないし。また、正当の演技で万人に認められると思うのですけど……。「恋するベーカリー」……全くダメでした(苦笑)

ブノワ。