匂いのいい花束。ANNEXE。

最後の晩餐に……。

e0044929_13583337.jpg
拝啓

段々、梅雨らしくなって来ました。Uさん、苦手な梅雨、如何お過ごしですか。
この所ちょっと涼しげで過ごしやすいと思いませんか?
僕は相変わらずマイ・ペース、猫も薔薇も元気にしています。

さて、フランス旅行の写真の整理も終了。
先日は旅の仲間と共に打ち上げの会をして一息ついた所です。
場所は東京でも珍しくフランスの匂いがするブラッセリーでした。
久しぶりに集まる仲間達、当然、話はフランスの楽しかった旅の諸々へ。
旅の途中では時間の余裕がなくて聞けなかったそれぞれのフランスの想い出……、
こうして時間が経ってみると新たに新鮮な思いと共に蘇って来るものですね。

フランスでは皆、本当に良く食べ、良く歩き、良く寝ました。
今回も沢山のレストランを食べ歩いた訳ですが、最近はスッカリ冒険心がなくなり、
いつも利用する馴染みのレストランに行くことが殆どです。
それでも、旅の間に一軒〜二軒は新しいレストランを開拓したい……。
そう思って、今回わざわざ東京から電話で予約したのが「Et dans Mon Cœur il y a」です。

サン・マルタン運河にほど近い場所にある「Et dans Mon Cœur il y a」。
雑誌で記事を見た事と、「僕が思っていることは……」 と言うロマンチックな意味の店名に惹かれ、
しかもシェフの名前が Benoit Mathurin さんと言います(笑)僕と同じ名前?これは行かなくてはね。

アパートに集合し、メトロに乗り数駅、
折角ですからサン・マルタン運河を散策し、初めて訪れたレストランは
モダンでシックな感じの内装の店でした。先ずはグラスのシャンパンで旅の成功を喜び乾杯。
お互いの気遣いを労います。皆それぞれに今回の旅への思いや期待があったハズ。
そして、何かしらの達成感に輝く顔、顔、顔……。

パリ最後の晩餐です。僕がメニューから頼んだのは………。

 ●Presse de foire gras aux figues.
  a deguster avec un verre de coteau de layon.
 ●Dorade en filet, petite salade de choux blancs et macis.
 ●Peches flambees, quenelle de mascarpone.
e0044929_14392451.jpg
e0044929_1359281.jpg
前菜に「フォアグラのテリーヌ」メインは「鯛フィレのポワレ」デザートに「桃のフランベ」を頼みました。
例えば「フォアグラのテリーヌ」、メニューには何やら色々と装飾書きがしてあります。
僕のフランス語では解読不可能……直訳すると、圧縮したフォアグラとイチジク、
丘の斜面の小道のグラスとともに……deguster は、えっと、試す?……ってな感じ。
ちょっとこの店独自のネーミングです。一皿一皿の見た目を素材とともに現したやり方なんでしょうけれど、
その辺はフランス語チンプンカンプンの旅行者にはチョッと難しい。
もっとも、「フォアグラとイチジク」とか「鯛のポワレ」だけじゃ色気もこそもありませんが(笑)
「鯛のポワレ」の付け合わせの白菜ですが、チョッと切り干し大根風の味付け。
胡麻油と甘めの風味に加えて白胡麻が少々、少し和を意識した作りがこの店の特徴なのかもしれません。
皿も殆どが角皿を使用していて、ソースなどをまるでキャンバスに絵を描くようにしていました。
「鯛のポワレ」の向こう側に写っているのは友人が頼んだ「子羊のグリル」。
まるで高層ビルのように盛付けられたグリルしたズッキーニやパプリカ、子羊の肉に野菜、
料理は味は勿論ですが,こうしたサーブの仕方、アッと驚くような意表をつく盛りつけもまた楽し、
料理は目で食べるとも言われます、味、見た目、匂い、店内のジャズの音楽……。
五感を満足させてくれて憎い演出、なかなか面白いなぁと思いました。
メニューも普通の紙のペラものではなく、製本された革張りのホワイト・ブックにキチンと書かれています。
その辺の細かくてロマンティックな演出も人気の秘密なのでしょうね。

1枚目の大きな写真はデザートの「桃のフランベ」。
桃はイチゴ、イチジク、サクランボと並んで僕の4大大好物果実。
白桃、桜桃、よく熟したものも、まだ青臭さが残るものもどちらも美味しいと思います。
ただ、中の種がねぇ……あれで種無しで全部、果肉だったら言うことないのだけれど(笑)
フレッシュな桃を皮付きのままフランベし、マスカルポーネ・チーズを乗せた温かな一皿。
手の込んだ焼き菓子や甘すぎるケーキ類もいいけれど、
その場で調理した熱々のフレッシュな桃を食べるのは意表をつき数段美味。
今回の旅の一番のお気に入りデザートとなりました。店のギャルソンはテキパキと感じ良く、
ともすれば堅苦しく気取りがちなモダンな店内をゆったりと寛ぐ雰囲気に演出しています。

毎回、同じレストランじゃなくて出来れば新しい店を開拓したい……。
最後の晩餐はちょっとお洒落して……それもまた旅の楽しみですからね。
今度、フランスにご一緒したらお連れしますね。楽しみにしていて下さい。


敬具

2007年7月10日


ブノワ。


[Et dans Mon Cœur il y a/56, rue de Lancry 75010 Paris/01 42 38 07 37]

★Copyright © 2005~2007 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2007-07-10 00:00 | バベットの晩餐会。 | Comments(28)
Commented by bebe at 2007-07-10 01:31 x
なんと雰囲気の良さそうなレストラン。
そこのギャルソンの動き、ブノワ。さまの読んでいますと此方にも伝わってきます。
良いレストランのギャルソンの仕草など見ているとそれだけでで絵になりますね。
「桃のフランベ」写真が大きいだけ美味しさが実感できます・・(笑)
Commented by 虎Mutti at 2007-07-10 02:00 x
ブノワ。さん、こんばんは。
ご飯を食べたあとでよかったです。(今夜はカツ丼にわかめのお味噌汁♪ドイツ度0パーセント)
桃のフランベなんですね。うーん、美味しそうです。
今年は庭のイチジク、収穫できそうなんですよ。ちょっと堅めのをとって、赤ワインで煮ようか、いやいや、熟させてバベットの晩餐会の将軍のように、優雅にナイフとフォークで食べようか、と捕らぬ狸の皮算用をしております。
Doradeってドイツでも同じ名前です。これ、やはり鯛なんですね。向かいのお皿も魅力的です。
やはり、食文化はフランスだなー。ドイツはね・・。いつか、ブノワ。さんとドイツでデートという夢のような機会があったら、私の塩おにぎりとだし巻き卵で公園ランチをいたしましょう。それが一番安全です、ドイツは。
Commented by gyuopera at 2007-07-10 02:22
ブノワさん、今晩は。
素敵な晩餐だったのですね。それにしても面白い名前のお店。ユーモアのセンスがあるんでしょうか。どうして"et"っていうのが頭に来るのか良くわかりませんが・・・ 
どれもおいしそうですね。ソースが絵を描いたようで、神経を使っているんでしょうね! すごい効果です。 
桃のフランベについているマスカルポーネ、おいしかったですか?
スイス人のマダムに教わったマスカルポーネのクリームは、生クリームとマラスキーノ酒とシロップを入れてよく混ぜたもので、フルーツに高級感を添えてとてもおいしかったのですが、それを思い出しました。
Commented by mchouette at 2007-07-10 06:00
ブノワ。さん 身体の脂肪の最後のとどめですね(笑)。桃のフランベだったんですね。ぱっと見たとき「林檎?にジェラード!わぉ!」って思ったけど「桃のフランベにマスカルポーネ・チーズ」にやっぱり「わぉ!」です。で桃にチーズをのっけて召し上がったわけですね。日本で食べるより果肉の味も濃いでしょうね。それとポワレのお皿。こんな風に目で楽しませてくれるソースの演出なんかも嬉しいですよね。フォアグラとイチジクのテリーヌのあ味はいかがでしたか?イチジクは好きな果物です。
それで、フォアグラで思い出した。フランス帰りのブノワ。さんのフォアグラ状態はその後、如何?まだまだ健在ですか?それとも少しは……

今日は朝早くからお邪魔したシュエットです。
先日の記事で「太陽の雫」関連でサボー監督「メンフィス」見ていたら、ソファで寝てしまって、今朝は早起きでした。

Commented by 豆酢 at 2007-07-10 14:31 x
どっひゃー、旨そうですね…。

このお店は、かの地に渡ったらぜひ探してみなければ!でもなあ、フランスは基本的に子供同伴は禁止されているからにゃあ(^^ゞ。

今回のデザートはポイントが高いですね。果物をあまり手をかけずに調理するデザートは私も好物でございます。それが一番旨い食べ方ですしね。
あそうそう、私の郷里は岡山なんですが、白桃の産地です。清水白桃とマスカットときびだんご(笑)は、地味な県である岡山の大きなセールスポイントなんですよ!←それだけかい・笑
Commented by seedsbook at 2007-07-10 14:35 x
お早うございます。
朝から眼の毒を頂いてしまいました。(笑)
ああ、おいしそう。
素敵な名前のお店ですね、名前だけでなんだか美味しい。
Commented by ダヴィデ at 2007-07-10 17:00 x
いきなり、デザートからの写真なんて、フランス人のようですね。意外と今は少なくなったようですが、以前は、デザートをまず決めるフランス人が多かったですね(笑)それにしても盛り沢山で旨そうですね~!!今はこのレストランみたいなヌーベルキュジーヌのレストランが多くなりましたね。それにしても、今の日本人にとっては、ユーロが高いので、気軽に行けるといった感じでは、ないような現状じゃないでしょうか?でも美味しいものを食べるって幸せですよね(笑)
Commented by quietblue at 2007-07-10 20:48
ブノワさんまた来てしまいました。ダイエットしてるのにこんな写真は
卑怯です(笑)私も9月に仕事でパリに行くと思います。
その時はブノワさんの文章を参考にさせていただいて…
私のおこづかいで行けるところまで行ってみようかなと思います!
ところで、私も仕事半分、趣味半分のブログを作ろうかなと思って
色々なところのブログを比較検討したのですが結局ブノワさんの
使ってるのが一番広告も入らなくって良いな、と思って
作ってしまいました。真似っこです!
http://quietblue.exblog.jp/
しかも勝手にリンクしてしまいました…。
事後報告ですみません。
Commented by meadow child at 2007-07-10 22:02 x
ブノワさま
こんばんは。

ご馳走様でした!
私もフルーツプラスアルファのデザート大好物です。!
オレンジ、イチジク、リンゴ、洋ナシ、ベリー・・・
洋酒やクリーム、チョコレートやカスタードなどなど
組合せはいくつも思いつきますね。食いしん坊は困ります。
そしてお写真からは桃の香りが甦りました。甘くフレッシュな・・・!!!

また店名が素敵ですね。
食事やお茶をのむ、その空間の演出に関しては
あちらはとても上手ですからね!
うらやましい。これもまた文化ですね。

読ませて頂いて、その場の楽しそうな感じが
手にとるように伝わりました。
おいしい食事に楽しい時間、素敵な店内に気持ちの良いサービス。
最高ですね!
日本では食事もお茶も店という店、大きな音の流れる所が多いですが
私は大嫌いです。
かすかに聞こえるくらいの音楽に、食器の触れ合う音が
聞こえるくらいがいいです。大きな声を出さず
ぼそぼそ声でもお話できるくらいに。


Commented by aoi at 2007-07-10 22:48 x
ブノワ。さん
こんばんは。
見ているだけで満腹になりました。
果物を煮るのが大好きなので、今日はずっと鍋の中の桃が頭から離れませんでした。
果実にへらを入れて、きゅっとひねると、桃は真っ二つ。
種を取って、お砂糖入れて…
止まりません(笑)禁断のブログに困っていますわ!
Commented by シュエット at 2007-07-11 00:57 x
すみません訂正です。「メンフィス」でなくて「メフィスト」でした。失礼しました。シュエット
Commented by raindropsonroses at 2007-07-11 08:45
bebeさんへ。
おはようございます。いつもメッセージありがとうございます。
ここ、なかなか感じのいいレストランでした。入り口付近はバー・コーナーでしょうか……今度、機会があったらそちらも利用してみたいです。ギャルソンのテキパキ感ですが、皆、動きが素早いですよね。例えば、5メートルを日本人が10歩で移動するなら、フランス人は7歩で移動するみたいな感じ……そして、皆、自分の「言葉」で接客出来る所が凄いと思います。自分の店の事を熟知している、決してマニュアルではない所に好感が持てます。bebeさんも是非、機会があったらいらしてみて下さい。お気に召すと思いますよ。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2007-07-11 08:51
虎Muttiさんへ。
おはようございます。虎ちゃんの「おかあたん、穫れてから言いな!」って言う台詞が聞こえて来そうなイチジク(笑)色々と出来ていいですよね。僕は矢張り生で食べるのが好きかな……沢山穫れるといいですね!料理は矢張りドイツよりフランスですか?ドイツは行った事がないので良く分かりません。アッ!一度フランスの帰りにカバンだけドイツに行っちゃった事はあるけれど(笑)持ち主が行った事ないのにねぇ……。思うんですけど、日本と比べて何でも大きいですね。この鯛なんか日本だったら半分ですよ。下手をすると1/3かもしれない……公園でおにぎりデート!賛成です!(笑)本当にドイツに行っちゃいますよ(笑)そうしたら虎ちゃんにも会いたいなぁ……ギュッと抱きしめてみたいです。僕なら大丈夫、虎ちゃんも許してくれるハズ。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2007-07-11 09:00
gyuさんへ。
おはようございます。レストランを選ぶ時には本当に気を遣います。
よく見掛けますが、メニューを見て気に入らないと出て行っちゃう人いますよね?日本人ってなかなかそれが出来ない、ですから、事前にキチンとある程度調べて、しかも、その日は疲れているから宿の傍とか、この日は最後だから奮発してとか……一日の終わりですからね。「et」ですが、僕のなんちゃってフランス語で申し訳ないんですが、きっと「……でね、僕の言いたい事は……」みたいな感じで、何か前にあるのでしょうね。前に含みを持たせている感じ?ソースですが、カンディンスキーとか思い出しちゃいました(笑)味もなかなか良かったですよ。ここでプロポーズされる人も多いと雑誌に載っていました。マスカルポーネは非常に美味でした。きっとそのままじゃありませんね、キチンと味を整えているハズです。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2007-07-11 09:08
chouetteさんへ。
おはようございます。いつもありがとう!
所で、フォアグラ状態って何の事でしょうか?この「テルマ&ルイーズ」の時のブラッド・ピットみたいなウエストの僕をつかまえて!(笑)これを最後に食べたからフォアグラになったんじゃないですか(笑)写真は可成り大きいので桃の大きさが分からないと思いますが、結構、小振りの桃でした、柔らかな皮そのまま、火を通しすぎずに絶妙でしたよ。フォアグラの横にある小さなグリーン、その下にイチジクのジャム(今はコンフィチュールって言うんでした!)がありますから、お味はチョッと甘め、程よいハーモーにでした。大丈夫です「メフィスト」だと思っていましたから。あれですよね、クラウス・マリア・ブラウンダウワーでしょう?劇場で観ました。サボーって先日の「華麗なる恋の舞台で」の監督?ダメです、僕は監督では観ませんから。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2007-07-11 09:14
豆酢さんへ。
おはようございます。引っ越しも一段落みたいですね。
様子を拝見していて、僕には絶対に出来ないと思っちゃいました(笑)さて、子供の件、フランスではそうみたいですね。でも、禁止なんですか?殆どゼロに近いくらい見掛けないなぁ……とは思っていましたけど。僕はてっきりフランスは大人社会だからかと思っていました。以前、親子でレストランに来ているのを見掛けましたが、両親が子供に色々とマナーを教えながら食べている様子は微笑ましかったですよ。でも、何とかして行ってみて下さい。きっと気に入るハズですから。豆酢さん、岡山だったんですね!白桃の産地とは知りませんでした……僕の住所お教えしましょうか?送ってみたいでしょう?(笑)かの地に行ったらデートして下さいね!約束ですからね。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2007-07-11 09:17
seedsbookさんへ。
おはようございます。いつも本当にありがとうございます。
このレストラン、seedsbookさんはお好きだと思います。メニューや店内の内装、とても凝っていて素敵です。でも、気取っている訳ではなくて、ギャルソンはテキパキしているしサービスも上々、また今度、機会があったら行ってみたいと思っています。店の名前も素敵ですよね……矢貼り、何でもそうですが、名前って大事だと思います。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2007-07-11 09:23
ダヴィデさんへ。
おはようございます。メッセージどうもありがとう!
初めて聞きました、フランス人ってデザートから決めるんですか……もっとも、僕も他の人がアントレは何にしよう、肉か魚かなんて話している時にデザートの方に目が行ったりしていますから……もしかして僕もフランス人だったの?(笑)確かに今回もユーロ高は強烈でした。普段は考えないんですけど、行ったん、換算しちゃうとねぇ……レストランだってあれこれ頼むとすぐに50〜70ユーロでしょう?ワインも飲むし……でも、特別な旅行で毎日〜サンドイッチ齧っている訳にも行かないじゃないですか(笑)兎に角、素敵な夜でした!

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2007-07-11 09:33
quietblueさんへ。
おはようございます。久し振りですがお元気ですか?
お名前ですが、前と一緒でizumiさんでいいでしょう?さて、izumiさんもブログをお作りになったんですね。チョッと拝見しました。なかなかいいじゃないですか。既に自分の色が出ているし。エキサイトはいいでしょう?サッパリしてシンプル、特に、izumiさんみたいに自分で作品を作る人に方はベストかと。9月にパリですか……羨ましいです。パリでは気取ったレストランじゃなくても美味しい店が沢山あるので嬉しいですよね。カフェの食事も美味しいし。カテゴリーの「バベットの晩餐会」の2月にある「クジラの背中」ここもお時間があったら是非!ブノワ。さんお薦めのレストランです(笑)これを送信しましたら僕もリンクさせて戴きます。あとでゆっくり寄らせて戴きますね。これからも一つ宜しく!

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2007-07-11 09:43
meadow childさんへ。
おはようございます。いつもメッセージありがとうございます。
実は、僕がフルーツ系のデザートを頼むのは非常に稀なんです。特にフルーツのカクテルみたいのは絶対に頼みません。包丁が入って時間が経った果物って美味しくないですから……でも、これはメニューを読む限り温かい桃みたいだし、たまに冒険心がむくむくと頭をもたげる時ってあるじゃないですか(笑)でも、これ頼んで本当に良かったです。フランス旅行の最後を締め括るいい思いでになりました。所で、この店、なかなかいい雰囲気でしたよ。メニューも凝っているしテーブルの照明とかも……名前もねぇ、誰が考えたんでしょうね。僕、常々思うんですけどネーミングって非常に大事ですよね。成功しているか分かりませんが、僕もブログのタイトルを考える時に随分と苦労しましたもんね(笑)会話を楽しめる環境、一番大事だと思います。クラブじゃないんだから大音量の音楽はいりません。味やサービスも大事だけれど、その点もポイント高いですよね。meadow childさんも是非!素敵なムッシュとどうぞ。ここでプロポーズされる人も多いそうですから(笑)

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2007-07-11 09:47
aoiさんへ。
おはようございます。メッセージ恐縮です。
さて、桃はいいですよねぇ……あれで種が入っていなかったら最高なんですが……何事も面倒臭い事が大の苦手の僕です(笑)aoiさんは果物を煮るのがお好きなんですね。僕は今までやった事がありません。精々、ドライのプルーンを余った赤ワインで、杏を白ワインで煮るくらいかな。何も入れませんが、それでも結構イケます(笑)ヨーグルトやアイスクリーム、チーズにも合うし……もっと禁断のブログになるように頑張っちゃおうかな?!(笑)

ブノワ。
Commented by aoi at 2007-07-11 14:29 x
ブノワ。さん
桃の種が問題なら、ブドウやスイカは?問題外ですか(笑)
プルーンはブランデーでも美味しいですよね。
採れたての果物をさっと煮ると、それはそれは美しいのです。ヨーグルト?アイスクリーム?チーズ?全部ダメです!
体が溶けるぐらい美味しいですからね!そんな組み合わせは、本当に猛毒です(笑)
白いホウロウやガラスの鍋で煮ると尚、楽しいですね。
『僕は、パリに恋をする』を思い出してしまいました。
鍋に弱いのです。鍋を持って、求婚に来る人はいないでしょうけれど(笑)
「りんご」は食べずにはおられないのです。
書いておられる間、ずっと見に来ますよ。
Commented by raindropsonroses at 2007-07-11 17:47
aoiさんへ。
こんにちは。その二つは好きではありません(笑)
スイカはデカい図体していながら小さい種が沢山入っているし、葡萄にいたっては小さいクセに一々種が入っている!種無しだからといって許せません。第一、手が汚れる食べ物って苦手なのですよ。桃は勿論剥いて貰いますけど……。鍋を持って求婚に来る人……まずいないでしょうね。自分がオナベになっちゃってオカマにくっ付いていたら結婚出来ないし(笑)因にリンゴも嫌いです(笑)モソモソ感がダメなのです……ジュースになれば飲みますけど……。

ブノワ。
Commented at 2007-07-13 00:42
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by raindropsonroses at 2007-07-13 07:42
製本屋さんへ。
おはようございます。はじめまして!このレストラン、味も雰囲気も良かったんですが、照明が……悪いと言うのではありませんよ。写真を撮る照明じゃなかっただけ(笑)もうこれでギリギリでした。桃の写真がなかったら記事には出来なかったかも……丁度、僕の右側、テーブルの上に高さ30センチくらいのライトが1つあるだけ。チョッと動かしたり工夫しましたが厳しかったですねぇ(笑)まぁ、店側としては写真を撮る事なんか念頭にありませんからね。デザートは作り置ける物の方が楽ですよね。そこまでなかなか手が回らないですもの。フォアグラのソースですけど、仰言る通り、チョッと甘めの濃厚なものでした。もっとも、僕はあまりつけませんでしたけどね。フォアグラとイチジクは本当に良く合いますね。鯛なんですが、確かに皆デカくて黒いです。僕としては半分の大きさでもいいのですが、この大きさだったらもう少ししっかりと、パリッと焼いて欲しかったかなぁ。メニューですけど、幾らでもやりようはありますよ。そこの部分だけ挟み込むように細工すればいいんです。ご相談に乗りましょうか?(笑)ね、チョッと凄いでしょう?ビックリです……。

ブノワ。
Commented by しん at 2007-08-01 02:02 x
ブノワ。さん
お久しぶりです。夏休みの宿題ためてる「しん」です(笑)
デザートの写真が一番最初ってことは、
一番印象深かったのかしら?(笑)料理のボリュームがどんなにあっても〆のデザートは本当に食べれちゃうから不思議ですねぇ。
別腹→メタボ一直線なのにねぇ・・・・
今日も1枚、履いたらキツイ洋服があって朝からドンヨリ。
でも朝の出来事はスッカリ忘れて、また食べてしまいましたよ。
ハーゲンダッツのドルチェ!(笑)
追伸 コメント欄の枠が広くなったんですね!
Commented by raindropsonroses at 2007-08-01 09:13
しんさんへ。
おはようございます。どうしたんですか、こんな時間に!(笑)
デザートの写真が一番最初と言う事は、実は、店の照明の問題でまともな写真が1枚のなかったのですよ(笑)どうしても店の事を書きたい、でも写真が無い……まぁ、デザートが一番お気に入りだった事は事実ですけど(笑)フランスの場合、前菜とメイン、そしてデザートと言う組み合わせが一番ポピュラーです。結構、量はあるので、メインとデザート、前菜とメインのみと言うチョイスも出来るし、そこは自分の好きな物を好きなだけ食べると言う事が徹底しています。日本みたいに小さな皿が何品もチョコチョコ出て来るのは一部の高級店とかね、それほど無いんじゃないでしょうか。だから僕としては丁度いい量でした。それに!僕の辞書に「メタボリック」と言う言葉はありません、残念でした(笑)コメント欄広くしてみました。ここにフルに書いて大体文字制限一杯じゃないでしょうか。しんさん、ここに埋まるだけメッセージを書けって言うことですからね(笑)

ブノワ。
Commented at 2007-08-01 12:03 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。