匂いのいい花束。ANNEXE。

秘密、秘密……男の隠れ家。

e0044929_2259472.jpg
拝啓

長い梅雨に入りました。Oさん如何お過ごしですか。
僕はね、すっかりグロッキーです(笑)薔薇も猫も人も我慢、我慢、我慢の入梅です。

さて先日、話し損なったノルマンディーのタクシー運転手のムッシュの事です。
あそこの村には、所謂、足になる交通機関がありません。バスは当てにはならないし……。
ホテルにはレンタルの自転車があるみたいですが、他はディエップからタクシーを頼むしかありません。
村の中は健脚なら歩ける距離ですが、旅は長いですカメラなどの荷物も重たいし、
上手に予定を組んでタクシーを頼むのが一番。ディエップからタクシーで一路ホテルへ。
例の美味しい魚のスープとランチを楽しみ、
森の中を抜ける近道を「Parc Floral du Bois des Moutiers」に向かいます。
この庭園は4回目ですが、フランスに来るなら何度も訪れたい場所。
ゆっくり園内を歩き、しっかり記憶と写真に収めたあと、門の所でタクシーを呼びました。
そこに現われたのが、その世にも親切な運転手のムッシュだったのです。

僕等の予定では、「Parc Floral du Bois des Moutiers」から車で20分ほどの
「Chateau de Miromesnil」まで行って貰い、閉園時間までの小一時間、駐車場で待って貰って、
その晩の夕食に予約していたレストランに送り届けて貰うものでした。
フランス語がペラペラのTさんが運転手のムッシュと交渉、快くOKを貰うといざ出発です。
ムッシュとフランス語で盛り上がるTさん(笑)そんなこんなしている内に、
ムッシュから驚くべき提案が。もし良かったら築300年の自宅を見に来ないかと言うのです。
遠慮はいらない、写真に撮ろうが何しようが構わないし、兎に角、遊びに来いと。
勿論、何事にも遠慮深くて奥床しい日本人の僕等、最初は断りましたが気分は既に築300年の家へ(笑)
結局、家の隅から隅まで、居間は勿論、寝室やダイニング、果ては地下のワインセラーまで!
それから何が始まるかと思えば、セラーから赤ワインを1本出して来たムッシュ、
お近付きの印にと乾杯と相なった訳です。奥さまも始めは戸惑い気味だったけれど、
オツマミにサラミを切って来てくれたりサービス満点。
アッと言う間に楽しい時間は過ぎ、後ろ髪を引かれつつ、一路、レストランへと向かった訳です。

レストランでゆっくり美味しい食事を楽しみ、ホテルまでのタクシーを呼んで貰おうとすると、
何故かレストランのマダムは困り顔、普通、夜のその時間にタクシーを呼ぶのは難しいそうなんですが、
そこに現われたのは件のムッシュ!快くホテルまで送って貰い、折角、何かの縁なんですから、
翌日のホテルからディエップまでの足も頼みました。時間にキッチリ迎えに来てくれるムッシュ、
駅まで送って貰い、何と、駅のブラッセリーでカフェをご馳走してくれ、
オマケに僕等全員にそれぞれのイメージで古い展覧会のポスターをプレゼントしてくれたんです。
一体、何て言う親切!タクシーに乗った縁でここまで親切にしてくれるとは……。
余程、僕等一行が人のいい顔をしていたか(笑)初めての日本人が珍しかったか(笑)
ただでさえ素晴らしいノルマンディーの小旅行がさらに素敵な思い出で一杯となりました。
袖触れ合うも多少の縁と言います。同じ日本人なのに旅先で困っている僕等の目の前で
大きく罰点を作り拒絶する偽善者もいると言うのに(笑)ムッシュの親切は一生忘れられません。

今、写真を焼き増ししたりプレゼントを買ったりして箱詰めしているところです。
ムッシュは今、タイで友人とバカンス中です。フランスに帰る頃を見計らってお礼の品を送らなければ……。
写真はムッシュが最後に見せてくれた母屋の離れにある自分の隠れ家、自分だけの城です(笑)
色々なブリキのオモチャや趣味で集めたコレクションの数々が所狭しと並んでいました。
早めにリタイヤして家の手入れをしつつ趣味に興じる……。
タクシー運転手はほんの小遣い稼ぎ程度なのでしょう。
これらの宝物を嬉々とした眼差しで見つめるムッシュの顔が忘れられません。


敬具

2007年7年17日


ブノワ。


★Copyright © 2005~2007 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2007-07-17 00:00 | 旅の栞。 | Comments(20)
Commented by nyf1403 at 2007-07-17 02:43
あぁ、素敵な出会いのお話ですね。なんか、ちょっとした短いお洒落なドキュメントフィルムのようです。
うふふ、みなさんの日頃の行いがいいからですよ。みなさん、きっとこれまでの人生で、見ず知らずの他人が喜ぶ事をなさっているんです。だから、これは、そのご褒美です。みなさんが親切になさったその人々は直接、みなさんにお返しって難しいですよね、だから、こうやって、また別のところから親切が来るんです。
私もこちらでほんとうに大勢の日本人の方々に親切にしてもらいました。その人たちには、今、お返しできない、だったら、今度は私が別の日本の方に何かさせていただこう、というモットーで生きています、にゃんてにゃ、オカアタン、いいかっこしたにゃー。あは、恥ずかしいにゃ。
Commented by M2co at 2007-07-17 12:03 x
ブノワさんこんにちは。今回のお題、それは貴重な体験だったようで・・・。わたしのイメージするフランス人とはだいぶかけ離れていますが、居るんですねこのような(お人好しの?)方が・笑。日本人がはたしてここまで友好的にできるか?と言ったら、それもまた疑問ですが・・・きっと一期一会を大切にする方で、そんな偶然に会ったエトランジェから、お礼が届いたら大層喜ばれるでしょうね。それにしてもこのコレクション・・・この収集癖?懲り具合?何だか分かる気がします。『呼ばれちゃう』んでしょうね、モノに。笑
Commented by ダヴィデ at 2007-07-17 12:15 x
すごい経験ですね~人の出会いなんて本当にわからないもの。しかし、このコレクションは、日本でいうといわゆる「オタク」ですね(笑)ブノワさんだから、こういう出会いが人生の中で待っているんじゃないですか?僕も日頃からもっと精進しなければ・・・なにがあるかわかりませんもんね(笑)
Commented by gyuopera at 2007-07-17 22:29
タクシーの運転手さんとのこんな素敵な交流ができたなんて、良かったですね! 
この方はしっかりと自分だけの世界を持っていて、リタイアするのを楽しみにしている、いいなぁ。それに築300年の家を手入れしながら住む、なんてのも本当に素敵。
旅はどんな出会いがあるかわかりませんね。素敵な経験でしたね。
Commented by meadow child at 2007-07-17 23:31 x
ブノワさま、ふたたびこんばんはです。

人との出会いは旅の醍醐味ですね。全く違う国、言葉で生活
している人同士が、ふとしたきっかけでお互い笑顔をかわし
共通の楽しい思い出ができるというのは奇跡ですよね!
思い出は人生の宝物、と思っています。
お話のような素敵な出会いはきっとこの先も何度となく思い出されては
そのときのこと、ワインのお味、外の空気、空の色、
握手をした暖かい手の感触・・・などをしみじみ思われるのでしょうね!
Commented by Madoka at 2007-07-17 23:57 x
ブノワ。さん、こんばんは。
明日のムチエの森への出発を前に、私のブログでもこの森との出会いについての話を記事にしました。その記事の中で、大事なきっかけを創ってくださったブノワさんのブログのことを紹介させていただいています。改めて素敵な出会いを作ってくださってありがとうございました。
また森から帰ってきたら、遊びに来ますね。
それでは!
Commented by Brighton Rock at 2007-07-18 00:29 x
ブノワさんご無沙汰です。1週間も空くと"ご無沙汰”という気分になります、これ脅迫観念!?(笑)
うーん、ムッシュのおもちゃコレクションいいですよね、自慢したくなるのもわかる。ショーケースの中を覗いてみたいです。それになんと言う親切なお方! 旅行していて、親切な地元の人に出会うことほど嬉しいことはないです。築300年のお宅・・・。タクシー運転手はお小遣い稼ぎですね。
これはものすごく偏見、と思って聞いてください。なんとなくフランスのお方は他人に優しいイメージがないのですが、これはどの国でも同じ、結局は”人それぞれ”ということですね。ブノワさんの記事でフランス人のイメージが結構(よい方向に)覆されております。ノルマンディー地方を1度旅してみたいです。
Commented by シュエット at 2007-07-18 00:48 x
築300年、石造りですよね?ムッシュは奥様とお二人暮らし?それにこのコレクションの数々。ん?机の上の私がこんなの見ると、使い道もないのについ手が出てしまう缶!あの中もムッシュのコレクションが入っているんでしょうね。ここまではあけなかったんですか?ランプもちょいと粋な…こんな部屋はきっと特に男の人とっては憧れでしょうね。ガラス扉の中もブリキのおもちゃもいろいろあるんでしょうね。大阪にも私が気に入っている喫茶店があって、オーナーが海外で収集したコレクションが所狭しと戸棚と言わずあちこちに、喫茶店ですからオーナーは時々置き換えたりしているんですけど、何かのときにオーナーと話が弾んだら、扉、引き出しまで開け見せてくれるわ、説明してくれるわでしtた。ムッシュとブノワ。さんたちどっかで波長が合ったんでしょうね。こんな思いがけなく素敵な出会い。しかしムッシュも優雅な方ですね。
Commented by raindropsonroses at 2007-07-18 07:45
虎Muttiさんへ。
おはようございます。メッセージありがとうございます。
そうですかね、日頃の行いですかね?(笑)まぁ、常日頃、真面目に生き、人さまに対して誠意を持って接している積もりではいるんですけど……あと、皆の顔が花を沢山見て来て幸せそうに映ったんじゃないでしょうかね(笑)あと、言葉って大事ですよね。チョッとしたキッカケで何が起こるか分からないし……。僕も昔お世話になった方には勿論ですが、下の子達に同じ事をするようにしています。出来る限り労を惜しまず次の世代に……なぁ〜ン手書くともの凄くジジイになった気分がしますけど(笑)でもね、なかなかどうして、最近の人って恩を仇で返す人が多いから……ねぇ、虎ちゃん、そう思わにゃいかなぁ?

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2007-07-18 07:54
M2coさんへ。
おはようございます、メッセージ恐縮です。
実はね、僕が言ったんですよ「ムッシュのタクシーに乗るのは2度目」だって。結局、僕の思い違いだったんですけど(笑)そんなこんなやTさんとの会話が楽しかったんでしょうね。色々と道すがら観光案内をしてくれたり非常に親切でしたよ。大体、皆さんのフランス人に対するイメージって結構、悪いですよね。自分勝手、意地悪……これってマンガのイヤミの影響?「シェ〜っ!」って(笑)まぁ、どこの国も一緒でしょうけど、都会の人は時間に追われてあくせく、余裕がないからぞんざいな感じを受けるけど、地方に行くと皆さん親切ですよ。パリだって、良く観察していると皆親切だし。このムッシュの収集癖は可成りのものだと睨みました(笑)この写真なんてほんの一角、男って幾つになっても子供っぽい所があるんですよね。仲のいいご夫婦でしたよ……またいつか会えるかな?

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2007-07-18 07:58
ダヴィデさんへ。
おはようございます、いつもありがとう!
そうね、「オタク」(笑)今度はムッシュにこの日本語を教えてあげなければ(笑)「オタク」ってもう世界共通語でしたっけ?日々、人には深切にしたいけど、この所、恩を仇で返されたり、後ろ足で砂を引っ掛けるような事をされたので度を超して入り込むのは控えていたんです。でもね、矢張りこう言う親切に会うとね……人間っていいなぁって思いました。また会いたいです。ディエップに行ったら連絡してみようっと(笑)

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2007-07-18 08:04
gyuさんへ。
おはようございます。いつもメッセージ恐縮です。
このムッシュ、どこかのレストランで働いていたって言っていました。結構、若いハズですよ……それこそ、家の隅々まで見せてくれ、ワインやサラミを出してくれて……こんなに歓迎されたのは初めて。しかも、初めて会った人ですからね……。旅先では本当に色々な出会いがあって、それが旅の魅力の可成りの部分を占めるんですよね。だからまた旅に出たくなっちゃう(笑)gyuさんにもバルセロナでは色々とお世話になりました。だからまた行きたい(笑)こっちはいいんですよ、行く立場の人間は。そちらで常に友人や知人を迎えるのは大変ですよね……頭が下がります。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2007-07-18 08:14
meadow childさんへ。
おはようございます。沢山メッセージありがとう!何回か旅に出て、色々な想い出がごっちゃになっている部分も多々あるんですが、一つ一つイヤな事やどうでもいい事がこぼれ落ち、最後に残るのは全て人々との出会い、親切にして貰った想い出やエピソードなんですよね。これって本当に不思議、しかも、それがその街のイメージになっちゃう……ある意味コワいですよね。自分が東京で同じことが出来るかと言えばね……人には深切にしたいと思ってはいるのだけれど。Tさんのフランス語、古城を見学して幸せ一杯の僕等の顔(笑)ムッシュもキチンと観察していたんでしょうね(笑)出会いとか縁って皆に平等に訪れるものなんだけど、それをどうするか、キチンと掴むか気付かずに逃してしまうか……その辺も大きいでしょうね。でも、薔薇園で見ず知らずの人と目が合って微笑み合ったり言葉を交わしたり……こればかりは実際に行った人じゃないと分からない、常に心をオープンに!そう思います。ムッシュの事、沢山思い出しますが、我が家にはご馳走になったワインのボトルが鎮座ましましています(笑)欲しいなぁって思ったら何も言わずにくれたんですよ(笑)以心伝心ね!

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2007-07-18 08:21
madokaさんへ。
おはようございます。これをお読みになるのか帰ってからですかね?
きっと素敵な旅になった事と思います。エピソードはそちらのブログにて!楽しみに読ませて戴きたいと思います。それからブログで紹介して下さってありがとうございます。とても素敵でしたよ!素晴らしい経験が帰国コンサートで生かされますように!

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2007-07-18 08:30
Brighton Rockさんへ。
おはようございます。そうでしょう、如何にサボっていたかですよ(笑)
さて、皆さん本当にフランスに対するイメージが悪いみたいですね(笑)変に自分に壁を作る日本人よりもズッと親切なんじゃないでしょうか。僕なんかイヤな思いした事ありませんよ。それに最近チョッと変わったのは、皆、英語を話したがるって言うこと。サービス業の人は特にそう。英語が出来れば売り上げが上がるって分かったんでしょう。だからフランス語が出来なくても英語で話しかけて来るし、「分からないわ!」で済まさず、もうチョッと何とかしようとするみたい。今回もそれはそれは沢山の人の親切によって形作られた旅だけど、受けた恩や親切は勿論、何らかの形でお返しするけれど、この嬉しい気持ちを他の人にも……チョッと最近は親切モードのブノワ。さんなんですよ(笑)ムッシュね、この収集癖の同じ匂いを僕に嗅いだのかもしれませんね(笑)ノルマンディーはいいですよ……来春も実は狙っているんです(笑)

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2007-07-18 08:38
chouetteさんへ。
おはようございます。どうでしたか、映画三昧は?(笑)
この写真、僕が立っている位置の後ろにも沢山の棚と夥しい数のコレクションが……男ってこう言う時は年齢に関係なく「男の子」になります。築300年の家に住み、子供は独立、庭には犬となぜかロバ(笑)ディエップは結構、大きな港町ですけれど、到着する電車の数は空で覚えられるくらいに少ないです。電車の到着とともにタクシーの仕事が始まる……リタイアって聞くとお年を感じるけど、僕等のチョッと上?向こうも同じ事を思っているかもしれませんが、外国の人って年齢不詳の所がありますからね(笑)家の中やワイン・セラーを案内するムッシュは嬉々としていました。そして勿論、一番顔が輝いていたのはここの部屋!男の隠れ家です(笑)タクシーで稼いだお金、皆コレクションに消えちゃうんじゃないかしら……そんな夫を「仕方ないわねぇ……」と、余裕で見ているマダム……素敵でしたよ。早く荷造りしないとね、日本人は律儀ですから(笑)

ブノワ。
Commented by yasuyasuyassy at 2007-07-29 21:45
ブノワ。さん
こんばんは。へぇ・・・いいですね!こういうの!それにしても凄く親切なムッシュですね!それもこれも皆さんのお人柄でしょう。僕にも一人だけ、親切にしてくれたフランス人がいるんですよ。彼とはもう会えないかもしれないですが、いい思い出です。人柄がいいんですよねぇ・・・これからそんな出会いが沢山あると思うと嬉しいですね。
ところでブノワ。さんはおもちゃ好きですか??押し入れの中に沢山隠してあったりしてー(笑)

やす
Commented by raindropsonroses at 2007-07-30 00:39
やすさんへ。
こんばんは。メッセージありがとう。
やすさんもその内分かりますよ。どんなに好きな人と一緒になっても自分の「城」は必要なんですよ。それはお互いにって言うことですけど。こうして見ると、矢張り、男の方がいつまでも子供の心を失いませんね。いい意味でね。ムッシュもプロですから、きっと瞬時に僕等の顔を見て判断したんじゃないですか。皆、きっといい顔していたと思いますよ(笑)やすさんにもそう言う人いるんですね……きっといつか会えるんじゃないですか、そんな気がします。最後に、僕はオモチャには全く興味がありません。これは小さい頃からね(笑)

ブノワ。
Commented by しん at 2007-08-03 13:11 x
ブノワ。さん
袖振れあうのも多少の縁・・・・まさにピッタリな出来事ですね。
毎日会っていても、縁がない人だっているんですからねぇ・・・
旅先で、こういう体験しちゃうと、またスグに行きたくなりません?(笑)
日本人にもいろいろなタイプの人間がいるように
フランス人にもいろいろなタイプの人間がいるんですよね。記事を読んで
どんな人に巡り会うのかは、なんだか自分次第って気がしましたよ。
Commented by raindropsonroses at 2007-08-03 20:14
しんさんへ。
どもども(笑)この街にも結構、タクシーの運転手はいますからね。
スティングに似たオジサンとか顔馴染みも……そんな中、知り合ったんですから本当に縁以外の何ものでもありません。オマケにとてもいい人と来ている。それに負けじと僕等もいい人全開でいたんじゃないですか?あちらもプロですからね、ミラー越しに瞬時に観察はするハズですから。パスしたんでしょう、薔薇を見て上機嫌が幸いしたのかな?やっぱり、日々、真面目に行きているといい事ありますよ。チョッと前の中国映画みたいに、善良な人がドンドン不幸になって吹雪の中で死んで行く……そんな事は滅多にない(笑)お互いに呼ぶんじゃないですか?今度、行く時は連絡をしてから行く積もり。築300年のうちに泊めて貰おうかな(笑)

ブノワ。