匂いのいい花束。ANNEXE。

ひっそりと佇む……ラ・ブイソニエール。

e0044929_10481073.jpg
拝啓

台風一過、あまりスッキリしない天気が続きますね。
気温もあまり上がらないし、昔は「梅雨寒」なんて言って、
梅雨が明けるまでは暖房器具を出しておいたものですもんね。
Yくん、スッカリご無沙汰ですが元気にしていますか?

さて、フランスで豪華に食べまくって来て十分に増えた体重も元に戻りました。
戻ってもまだ多めなんですけどね(笑)撮って来た写真を整理していると、
毎日何かしらの理由を付けて食べ歩いていたことが分かります。
曰く、「今日で○○も最後だから」とか「もうここには来ないだろうから」とか。
言い訳の中で一番多いのが「折角だから」と言うもの(笑)
今日、同封した写真はノルマンディーに行った時にディナーで訪れた「La Buissonniere」。
当初の予定は泊まるホテルで夕飯をとる事にしていたんですが、
小さな村です、何軒もレストランがある訳でもなく、また、同じホテルのレストランで
昼夜の食事と言うのも能がない……結局、チェックインした後にランチをホテルで、
夕食を東京から予約して行った「La Buissonniere」で摂る事にしました。折角ですからね(笑)

その間の日程はフレキシブルに、ホテルのマダムに教えて貰った古城を急遽追加したりしました。
親切なタクシーのムッシュに送迎を頼み、チョッと遅れ気味に到着した「La Buissonniere」。
どうしてこんな小さな村にこんな素敵なレストランがあるのかと言う店構え。
店と言うよりは一軒家の瀟洒な建物。広い庭には薔薇や西洋しゃくなげが咲き乱れ、
フランスに薔薇の旅をしに来た僕らにはピッタリのロケーション。

扉を開けてくれたマダムは上品でシックなシャネル・スーツ風の出で立ちで満面の笑み。
店内は建物の一階の幾つかの部屋を人数に応じて割り振りする形になっています。
各部屋には暖炉に火が灯され、テーブルには庭に咲いている「Pierre de Ronsard」の花が……。

ひとしきり庭の花々を撮影した僕等、テーブルについてメニューのチェックです。
旅の気紛れか、思わずイレギュラーで素敵な古城を見学出来た高揚感か、
はたまた、古城の城主のマダムやタクシーのムッシュとの心温まる交流のなせる術か、
僕が頼んだのは普段なら絶対に頼まない品々……。
e0044929_10484323.jpg
e0044929_10485386.jpg
e0044929_1049657.jpg
e0044929_10491953.jpg
アミューズ・ブッシェにはカリカリに焼いたフランスパンにオリーブのタプナードと、
豚肉のパテに香草などで程よく味付けした一皿が出て来ました。
前菜に「オマール海老とマーシュ等、季節野菜とグレープフルーツのサラダ」、
メインは「鴨のグリル・林檎のフランベ蜂蜜ソース」、
デザートに「デザートの盛り合わせ・ラ・ブイソニエール風」でした。
品のいい淡いピンクのテーブルクロスに白い食器が映えます。

先ず、こうして写真を見て自分でも驚くのは、結構、甘い味付けのものを選んでいる事。
僕はレストランでは甘い味付けのものは絶対に頼みませんからね。
僕は自宅で和食を作る時も砂糖やミリンは使いません(砂糖を置いていないのですよ)。
砂糖やミリンは野菜の旨味が出るっていうけれど果たして本当でしょうか。
タップリのお出汁で調理すれば野菜本来の甘味が出ますから。それでOKだと思うんです。

先ず、予想していたけれど、グレープフルーツがふんだんに入っている前菜は
グレープフルーツの酸味と甘味が爽やかな一皿。
それにしてもつくづくフランス人ってマーシュが好きですね(笑)
メインの鴨は程よい火加減なのに芳ばしい焼き具合。林檎もシャリシャリせず柔らか過ぎず程よい歯応え。
驚いたのは林檎に蜂蜜そのものがかかっていたこと。思ったよりも甘めでした。
写真で琥珀色に見えるのはそのまま蜂蜜です。でも、絶妙なマッチング。
デザートも、普通はこんな盛り合わせなんか絶対に頼まないんですけど(笑)
何だか女の子になった気分でした(笑)どれも繊細な味付けで美味しかったですよ。
ただ、包丁が入ったキーウィは嫌いです……Yくん、分かりますよね。

この写真を撮ったのは夜の8時過ぎ……フランスの夏は夜が長い……。
大先輩がお好きなアルザスのワインで乾杯のあとは、旅のエピソードで話しが盛り上がります。
遥か遠く東京を離れ、ノルマンディーの小さな村のレストランでテーブルを囲む不思議。
薔薇が好きな事が取り持つ素晴らしいご縁に思いを馳せます。
次回はYくんをここに連れて行こうかな。楽しみにしていて下さい。


敬具

2007年7月21日 


ブノワ。


[La Buissonniere/Route du Phare d'Ailly-Varengeville-sur Mer
76119 Sainte-Marguerite-sur Mer/02 35 83 17 13]
[Pierre de Ronsard (CL) Meilland, 1988]

★Copyright © 2005~2007 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2007-07-21 00:00 | バベットの晩餐会。