匂いのいい花束。ANNEXE。

マダム、あなたに会いに……。

e0044929_2259229.jpg
マダム・M。

お元気にお過ごしですか。先日はわざわざ礼状を戴き大変に恐縮しております。
日本茶の詰め合わせ、大層、お気に召したみたいで僕としても嬉しい限りです。
玉露、宇治、焙じ茶……今度はどれがお気に召したか聞かなければ。

今回、フランスに薔薇を見に行くにあたって、それはそれは盛り沢山の予定や目的がありました。
訪問地も、最終的にどうしても行きたい所に絞るのが大変に困難でした。
マダムもご存知の通り、フランスには素晴らしい庭園が沢山ありますからね。

そんな中、僕がどうしても友人達を連れて行きたかったのがマダムが働く庭園、
植物好き垂涎の「Le Bois des Moutiers」だったんです。
僕自身は今回の訪問で、秋と春、合わせて4回目の訪問になります。
時間が許すのなら、毎回パリから足を延ばして尋ねたいと思っているくらいなんですよ。
日本では今、イギリスのデヴィッド・オースチンが作出した一群の薔薇が大人気です。
それらはイングリッシュ・ローズと言い、毎年〜それは素晴しい新品種を発表するんです。
既に200種類に達しようと言う、そのイングリッシュ・ローズの中の一本に
「Gertrude Jekyll」と言う薔薇があります。ご存じ、有名なイギリスの園芸家の名前を冠した薔薇です。
マダムがいらっしゃる庭園は、同じくイギリスの建築家エドウィン・ルテンスが建築を手がけ、
偉大な園芸家ガートルード・ジーキルが庭園のデザインを手懸けたのです。
後からそれを知ってみれば「なるほど、だから素晴らしいのか!」と、合点が行くのですが、
知らなかった一番最初の訪問時は、何故、こんなフランスの田舎の村に
こんなに素晴らしい庭園があるのか訝しく思ったものです。
e0044929_22595167.jpg
e0044929_230145.jpg
e0044929_2301364.jpg
e0044929_2302663.jpg
e0044929_230366.jpg
e0044929_2304722.jpg
e0044929_2305734.jpg
e0044929_231834.jpg
e0044929_2313321.jpg
e0044929_2314248.jpg
e0044929_2315671.jpg
e0044929_2321055.jpg
僕と友人は、庭園の入り口でチケットを買い、先ずは目玉であるホワイト・ガーデンへ。
残念ながらメインの薔薇「Iceberg」は世代交代で以前の立派な苗はなかったけれど、
クレマチス、紫陽花、薔薇、ルピナス……およそ、考えられる限りの数の白い花が
非常に上手に高低差を利用しながら所狭しと植えられていました。
門からホワイトガーデンに続くロング・ボーダーにはモスの「William Lobb」が植えられ、
大きくて絶妙の形に剪定された生け垣を潜る度に上がる声にならない感嘆の声。
普通よりも色濃いノアゼットの「Crepuscule」、や
自然のそのままの樹形が美しい「Mutabiris」や「Tuscany」や「Francois Juranville」、
寄り添う形で這い上ったハズなのに、いつの間にやらスッカリ元の樹を覆い尽くすように
まるで白い大きな綿飴のように天に向かって咲き誇る薔薇……。
1枚目の名前の分からない黒い薔薇は何度見てもため息物です。
薔薇だけじゃない庭園はいつの季節に訪れても素晴らしい様相を呈します。
今日は先日訪れた時に撮った写真を同封しますね。
マダムは毎日〜季節の移り変わりを見ていらっしゃいますからね、
写真なんかその素晴らしさの何分の一も魅力が伝えられないとは思いますが、
そんな僕の驚愕と感動の一部を知って戴ければと思います。

最後に、マダムは手紙に書いていらっしゃいましたね。
勿論、僕のことは覚えているけれど、僕が何故、わざわざ日本から
お茶の詰め合せセットを持ってお礼に来たか理由が良く分からないと書いてありました。
訪れた当日、マダムがお休みだと聞いて、受け付けの若い女性にお茶とメッセージを託しましたが、
僕がマダムに親切にして貰ったエピソードはチョっとマズイかなぁと思い伝えなかったのです。

マダム、あなたは2年前の春、僕が2日続けて庭園を見学に行った2日目、
入場料の6ユーロをサービスしてくれたのですよ!
6ユーロを差し出す僕にニッコリ笑って「あなた、昨日も来たでしょう?だからいいわよ」って。
お互いに言葉は上手く通じないけれど、何だか僕にはマダムの気持ちがとても嬉しかったんです。
だから、お茶は僕の細やかなお礼、日本茶は始めてと仰言るマダムが喜んで下さって何よりです。
次回のフランス旅行の時も必ず遊びに行きますからね!
またお目にかかれる日を楽しみにしております。
夏のバカンス、素晴らしいものになるといいですね。お元気で!


2007年7月24日


いつまでもあなたのブノワ。より。


[Gertrude Jekyll (1843~1938)]
[Sir Edwin Landseer Lutyens (1869~1944)]
[Gertrude Jekyll (ER) Austin, 1986]
[David Austin Roses/David Austin (1926~ )]
[Iceberg (F) Kordes, 1958]
[William Lobb (M) Laffay, 1855]
[Crepuscule (N) Dubreuil, 1904]
[Mutabilis (C) probably from China and introduced to Italy, pre-1984]
[Tuscany (G) probably of Italian origin, pre-1596]
[Francois Juranville (R) Barbier, 1906]

★Copyright © 2005~2007 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2007-07-24 00:00 | 旅の栞。 | Comments(26)
Commented by yspringmind at 2007-07-24 00:23
ブノワさんのマダムの居る庭園、本当に素敵です。私にとってフランスは未知の世界なんですが田舎の村にこんな素晴らしいところがあるんですね。7枚目の写真、とても好きです。庭園で働く人たちと言葉を交わすことが出来たら楽しいかなあ、と。こんなところにいつかふらりと立ち寄ることが出来たらよいと思います。空想しながら歩いたりするのは楽しいでしょうね。
Commented by mchouette at 2007-07-24 00:42
ブノワ。さんとマダムとのささやかで素敵なふれあい。日本茶のプレゼントも素敵ですね。それにしても、この庭園も素晴らしいこと。写真だけでもよく分かります。とっても広い。これはもう歩くだけでも大変な運動ですね(笑)。私はそれほど海外にはいってませんし、こんな素敵な庭園に行くほどの旅行もしてませんが、それでも海外にいって日本についたとたん、緑の少なさと狭さに、ちょっと引いてしまうことあります。ブノワ。さんなどは、毎回行かれるたびにでしょ。本当はフランスに住みたいのではありませんか?こんな庭で、このベンチに座って、薔薇のかぐわしい匂いを嗅いで(「嗅」って字あまり品よくありませんね。今気がついた)…こんな時間いっぱい持たれたんですね。しばらく我が家の庭見るたびにげんなりしそう。犬に散々あらされてますからね。近々UPしますけど…なるだけ、そこだけしか見せれない悲しさ。(お風呂場のタイルは犬もです)
Commented by Seedsbook at 2007-07-24 00:53 x
一番上の薔薇素敵ですね。こういうのがいつか手に入ったらなあと思います。
Commented by Madoka at 2007-07-24 06:44 x
ブノワさん。ムチエの森から帰ってきました。夢のように美しい数日間でした。私のために用意されていた目の前に海と森と咲き乱れる紫陽花が広がる部屋、神秘的な空気に満ちたサロンで森を見渡しながらピアノに向かう時間、私の弾くショパンのワルツに合わせてサロンで踊るアントワーヌの子供たち、朝食前に朝日が輝く森を散歩する贅沢、そして閉園後に誰一人いなくなった庭の中をスイカズラの香りをいっぱいに吸い込みながら歩く感動、、今思い出してもあれは夢だったのでは。。?と思うほど美しい時間でした。
そして!ミュリイエルとも毎日カフェを飲みながらおしゃべりを楽しみましたが、勿論ブノワさんからのメッセージもしかと伝えましたよ。スタッフのみんなからひやかされてほっぺたを薄っすらと赤らめた少女のようになっていたミュリイエルでしたが、ブノワさんへのお返しのプレゼントを何か送りたいということで、彼女お勧めの赤ワインをを送る準備を私も一緒にしてきました!お礼の言葉は彼女に頼まれて私が日本語に訳しました。
「ワインが届くのを待っててくださいね」とミュリイエルからのメッセージです!

Commented by Madoka at 2007-07-24 06:45 x
続きです。

私にとってもあの場所は特別な輝きを持って、私の音楽の中に、そして私の心の中に生き続けることになりそうです。今度は日本とニュージーランドでのコンサートを終えてパリに帰った後、10月に1週間ほど行ってくる予定です。

ブノワさんのご都合が許すのであれば、是非日本での9月のコンサートにこんな大きなご縁を作っていただいた感謝の気持ちを込めてご招待させていただきたいな、と思いますがいかがでしょうか?
まだ先のことですが、ご予定お知らせくださいね。
また私のブログのほうにもゆっくりとアップしていく予定ですので、遊びにいらしてください。

Commented by ふたば at 2007-07-24 10:15 x
旅先で思いがけない・・・そしてさりげない親切に出会うとそのたびがいっそう思い出深く忘れられないものになりますね。。。

ましてや素敵なバラ園のマダムとなればその思いもいっそう深まるのでしょうね・
その記憶をプレゼンしてくださった方へ薫り高くてゆかしい贈り物をして差し上げるなんて・
ブノワさんの繊細なお気持ちにこちらまで嬉しくなるような素敵なお話ですね。。

ところで下から二番目のお写真の白いお花はなんでしょうか・・サンザシそれとも・あとは思いつかなくて。。。
Commented by marie at 2007-07-24 11:01 x
ブノワ。さん、おはようございます^^

素敵なお話を聞かせて頂きありがとうございました・・・
こういう心に響くお話は日々の雑事をフッと忘れさせてくれます。
こちらはとっても暑くなってきましたが、心に吹くそよ風を感じました。

お庭の写真も素敵ですね!
うちも鉢植えがメインなので、のびのびと育っているばら達を見ると
地に放してあげたくなりました^^
パーゴラや壁面、何気ない支えにたわむれるように咲く花々は
夢の世界に誘ってくれるようです。


Commented by gyuopera at 2007-07-24 17:13
一枚目のバラ、ほぅ~とため息が出るくらい美しいですね。とても魅せられます。咲いている環境がまたいいのでしょうね。
どれも本当に素敵な写真で、一緒に庭園を散歩している気分です。
一杯に白い花を付けた大きな木下にあるベンチ・・・ 素敵。こんなところに座ってみたい。
もし自分の家の庭だったら、一人用のゆったりした椅子にして、その上にヴァイオリンを置いて・・・・
なぜヴァイオリンかって? そっくりの状況を描いた絵を見つけたことがあったのです。満開の木の下に白い小さな椅子がおいてあって、その上にヴァイオリンがおいてある。その絵はかなり大きく、ほしくてたまらなかったんですが、貯金を全部はたいてもまだ足りなかったのであきらめたのです。今でもはっきりと目に焼きついているんです・・・その絵を思い出す写真でした。
Commented by daikanyamamaria at 2007-07-24 22:53
美しいバラと、それにまつわる素晴らしい思い出。。。
時を得て、美しいバラが咲くように、人との出会いも、その時があるのでしょう。。。
アイスバーグは大好きなお花ですが、その花園にブノアさんと、Madokaさんとの繋がりを読ませて頂き、心を熱くしております。

いつか、その森にmariaも出かけることが出来たらと念じております。
Commented by raindropsonroses at 2007-07-25 07:36
yspringmindさんへ。
おはようございます。いつもメッセージありがとうございます。
お隣なのに……とも思いますが、縁ってそんな物なんでしょうね(笑)パリの緯度で日本の北海道くらいです。それ以北はよりイギリス色が強い庭園が多いんじゃないでしょうか。何となくそんな印象を受けます。ここの庭園は素晴らしくく綺麗に手入れされている割には、殆ど作業する人を見掛けなかったんですが、今回は数名、色々と薔薇の名前を教えてくれたりチョッとした雑談をしたりしました。その内きっと、意識が向けば足も向くのではありませんか?yspringmindさんの目で見たフランスの印象をお聞きしてみたいです。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2007-07-25 07:42
chouetteさんへ。
おはようございます。そうですねぇ、フランスには住んでみたいかな……。
現実的な問題が沢山ありますから気持ちだけね(笑)ここの邸宅の海側には、それはそれは広大な森が広がっています。庭園はそのごく一部、お屋敷の周りだけイギリス風の庭園になっているんですよ。だから、僕はいつもほんの一部しか見ていない事になりますね。時間がねぇ……それくらい庭園部の質が高いのです。ワンちゃんは庭を荒らしますか?(笑)猫はその点いいかもしれません、たまに鉢を引っくり返すくらいですから。マダムの親切にはビックリしましたよ。だってね、個人のお庭をどうぞって言うんじゃないし、6ユーロって1000円ですからね!でも、つくづく日本人って恩義に感じる民族ですね(笑)でも、それもまた楽し、次の旅に繋がるじゃないですか。何だかんだ言って口実を作っているのかもしれませんけれど。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2007-07-25 07:44
seedsbookさんへ。
おはようございます。いつもどうもありがとうです。
ここの庭園、見所が数えきれない程あるんですけれど、僕が毎回密かに楽しみにしているのがこの黒い薔薇なんです。いつもこの美しさで僕を迎えてくれます。名前が分からないんですよねぇ……ティー系だと思うんですけど……。薔薇だけが突出せずにバランスの取れたいい庭園だと思います。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2007-07-25 07:54
madokaさんへ。
おはようございます。お帰りになっていたんですね!
素晴らしかった滞在が様子が手に取るようです。なまじ庭園を知っているだけに想像する事は容易です。楽器が出来るってつくづくいいなぁって思います。また秋にいらっしゃるのですね?あそこの村には色々なジャンルの芸術家がいらっしゃるみたいですから、コンサートもきっと素晴しいものになるのでしょう。10月ですと、もしかして閉まっているかもしれませんが、あそこの村には素晴らしい紫陽花園もあるし、僕が知らない秘密の場所が沢山あるように思えてなりません。そうそう、何もありませんけれど、マノアール・ダンゴーにも是非!大航海時代の富豪のお屋敷跡、そのまま映画の撮影が出来そうです。マダムはお元気でしたか。親切にして貰った内容を伝言しませんでしたからね、いきなり日本茶が届いてビックリしたのではないでしょうか(笑)今でもマダムに名前を教えて貰った時の爆笑問答を思い出します。発音し辛いでしょう、マダムの名前?(笑)

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2007-07-25 08:01
madokaさんへ。
何だかかえってお気を遣わせてしまったみたいで申し訳ないと思っていますが、今回は遠慮なくワインをお待ちするとして、次回は何か日本的で面白い物をお持ちしようかな……どっちにしろ、毎年行くんですからね(笑)所で、madokaさんの嬉しい申し出ですが、現在、8月以降の予定が全く立っていない状態です。今の所既に決まりつつある案件の日時の調節をしている所なんです。その辺の予定が決まり、リサイタルの日時と合うようでしたら是非!庭園美術館にはよく行くんですよ、結構、クラシックのリサイタルをやりますものね。ニュージーランドにもいらっしゃるとか……8月なんてアッと言う間です、準備も大変でしょうけど充実した夏になりますように!ブログの方、楽しみにしております。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2007-07-25 08:09
ふたばさんへ。
おはようございます。メッセージありがとうございます。
人々との触れ合い、笑顔とかが、また次回、旅をしようと思う原動力になるんですよね。6ユーロ=1000円って確かに大きいけれど、お金の問題じゃなくて、前に日に来た事を覚えていてくれたことも嬉しいけれど、矢張り、そこは同じ植物を愛する物同士の何かが通じたのだと思っています。このブログでは大いに差し障りがあるので絶対に書けませんが(笑)いるんですよ、同じ日本人のクセに同胞の物が異国で困っている時に目の前に大きく腕で拒絶の罰点を作る奴が!名士面しちゃって(笑)いつか化けの皮をひんむいてやりたいです。所で、白いのは花じゃなくて葉っぱなんです。ゴメンなさい、名前は分かりません。オリーブの葉の裏側が白いでしょう?あんな色でもっと薄くてワサワサしていました。下の黄色い薔薇は「Crepuscule」……あら、聞いていません?(笑)

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2007-07-25 08:17
marieさんへ。
おはようございます。メッセージ恐縮です!
旅ってこう言う事があるから止められないんですよね。何だかね、僕ってお金に困った顔しているんでしょうか(笑)今回も、アンティーク・ショップやチョコレート屋、至る所でオマケしてくれるんです。物をくれたり代金をまけてくれたり……結構、大きいんですよ、その額4全部で60ユーロにはなりますから。旅先のイヤな事って全部忘れてしまいますが、こう言う親切や、薔薇園とかで擦れ違った人と思わずニッコリし合った事とかはズゥ〜っと心に残りますよね。ウチも全て鉢で管理していますから、自然の姿で大きくなっている薔薇を見ると、何だか、僕が今やっている事って何なんだろうって思っちゃいます(笑)仕方ないんですけどね、他に方法がありませんから……。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2007-07-25 08:24
gyuさんへ。
おはようございます。いつもメッセージありがとうございます。
黒い薔薇の写真、トップに持って来て良かったです。色々と迷ったんですよ。でも、毎回〜楽しみにしている黒い薔薇にしました。僕のヘボなカメラではこの庭園の素晴らしさを表現する事は不可能だし、広さも全く伝わっていません。でも、何となくね(笑)gyuさんがその絵に思いを馳せて下さったんならこんなに嬉しい事はありません。ヴァイオリンなのですね?なぜフルートじゃないのかと思っちゃいました(笑)この村を訪れた時は結構、肌寒かったんですが、植物、特に薔薇にはこのくらいの気候がいいのでしょう。東京では暑すぎて(平均で5度以上は違う気がします)生育困難の品種も沢山あるのでは……そう思ってしまいます。3枚目の紫のモスローズなんかこんなに綺麗に、しかも、大きく咲いた所を見た事がありませんものね。所でgyuさん、薔薇は再チャレンジしないんですか?

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2007-07-25 08:31
daikanyamamariaさんへ。
おはようございます。「Iceberg」がお好きなのですね。
この庭園の一番有名なホワイト・ガーデンには「Iceberg」がメインの薔薇として使われています。残念ながら、薔薇にも寿命があります、今回、行った時は全部抜かれていてチョッと寂しい状態でした。また大きな苗を植えると思うんですが、このコーナーだけを見に行っても満足出来るくらいに素敵です。僕が自分で予定を組んで旅をする理由、地元の人々と触れ合う機会が多くなるからなんです。ツアーバスで移動ばかりじゃぁね……ほんの小さな事でもいいんです、それが次回の旅への原動力、一生残る思い出になりますから。mariaさんもいつかきっと行けると思いますよ!

ブノワ。
Commented by アキ at 2007-07-25 14:07 x
ブノワさま
大変ご無沙汰いたしました。久しぶりに海外旅行(オーストリア)に行きましたら元の生活に戻るのに随分日にちが掛ってしまい,やっとこの頃落ち着いてきました。
ノルマンデイーのムチエのお庭,素晴らしいですね。ブノワさんが何回も行かれるのがよく分りました。私もこうゆう所に行ってみたいです。ツアーでは絶対に行けないでしょうね。
写真をみてなんとなくイングリッシュガーデンぽいと思ったのですが、ガートルズ・ジェキルの作庭とは!
いつか訪ねてみたい、一生懸命願っていると叶うものものですよね・・・・きっと・・・
Commented by raindropsonroses at 2007-07-25 18:04
アキさんへ。
こんにちは。お久し振りですがお元気ですか。
旅行にいらっしゃってたんですね。オーストリア?僕はまだ行った事がありません。時差ボケがなくなり、疲れが取れるまで、旅行に行っていた時間と同じだけ日数がかかるんですよ。今度ゆっくり旅の話しをお聞かせ下さいね。ここの素晴らしい庭園、毎回時期がズレるせいか、行く度に様々な景色を見せてくれます。薔薇だけじゃなく色々な草花が植えられていますので、いつ行っても楽しめる庭園になっています。ジーキルのデザインだなんてチョッと感慨深いものがありますね。実は、ここにもツアー客が沢山来ます。観光バスで何台も乗り付けますからね。矢張り、ヨーロッパの人の方がガーデニングには熱心なのかな?とも思いますが
、何と皆さん見るのが早いこと!ドドドっとやって来て嵐のように去って行きます。気が付くと残されたのは僕だけ(笑)行こうと思えば必ず行けますよ。是非、次回のリストに載せてみて下さい。

ブノワ。
Commented by Brighton Rock at 2007-07-29 09:56 x
ブノワさん、おはようございます。1週間ぶりですがお元気ですか!?
フランスでイギリス庭園風の素晴らしいガーデンですね。背景のレンガの建物もイギリスを思わせます。ひとつだけある木の椅子に座って紅茶(この前も書きましたけれど)、目の前の芝生と木々を眺めながら・・・。ゆったりとした時間を過ごしたい場所ですね。フランスの田舎にあるというこの庭園は、フランス人でも知る人ぞ知る場所でしょうね。日本からはるばるお茶のお土産を持参して4回も訪れるファンがいるなんて、マダムにとっても嬉しいことでしょう。1回分オマケという融通のきく適当さも気がきいてます(笑)。
Commented by raindropsonroses at 2007-07-29 12:04
Brighton Rockさんへ。
こんにちは。ハイ、元気でしたよ(笑)
よく世間では「イギリス風」「フランス風」と言われていますが、余程の大きな庭園かお城じゃない限り、最近ではフランスでもイギリス風の自然な感じの庭園が多いように思います。フランス式の整形型庭園は、ある程度の広さがないとね(笑)ここは、キッチリとテーマ、テーマで囲いながら、その中を自然な感じに仕立ててあります。木の椅子、素敵でしょう?でもゆっくりなんかしていられませんよ。結構、団体客が多いですから。観光バスで乗り付けて、ダァ〜っと見学してダァ〜っと帰って行きます(笑)果たして本当に植物が好きなのか?そんな考えがフト頭を過ったりします(笑)きっと、マダムにしてみれば強烈だったんでしょうね(笑)まさか初めてのジャポネだったとは思いませんが、僕って結構インパクトありますから(笑)

ブノワ。
Commented by しん at 2007-08-04 21:08 x
ブノワ。さん
多くの薔薇にとって一番、適した環境ってどういう気候なんでしょうね?
なぜ、こんな事を聞くの?って思われるでしょう?
それはね・・・ちょっとウチ庭に新しい薔薇の苗をお迎えしようと思ったからなんですよ~ウチ庭の写真を撮っていて、ちょっとスペースが淋しいので新しい綺麗なカップ咲きの薔薇があったらいいな~って思いまして。
バリバリの初心者に育てやすい薔薇があったら、是非ともお教え下さい。どうかよろしくお願いします。
Commented by raindropsonroses at 2007-08-05 21:26
しんさんへ。
そうですね、寒さに強い薔薇、暑くてもヘッチャラな薔薇、日陰でもOKな薔薇……色々とあるけれど、ハッキリ言って、今の関東地方ではもうキツくなって来ましたね。一年に一回だったら東北の北でもいいんでしょうけど、数回咲かせるとなると、関東のもうチョッと北か標高が高い所かな。気温20度くらいがいいのですよ……バリバリの初心者で灰色の指を持っている人にはお勧め出来る薔薇はないのだけれど、今度、何か見繕ってもいましょうか?今はダメね、纏めてメッセージをドカンと入れた奴がいるからさ!(笑)

ブノワ。
Commented by yasuyasuyassy at 2007-08-06 13:06
ブノワ。さん
こんにちは。凄い庭園ですねぇ・・・そら昨日も今日も行きますよ!
僕はまだこんな庭園を観た事ないですね!この時期のフランスに行ったら絶対に行かねばなりませんね!この時は、フィルムをカラーにしようかな(笑)
マダムの親切・・・いいですね!微笑んでしまいました。

やす
Commented by raindropsonroses at 2007-08-06 22:13
やすさんへ。
おぉ、コワ。催促されちゃった(笑)
これで3回目だ……ちゃんと確認していてもこう言う事はあるんですよ。ゴメンあそばせ!
さて、素晴しい庭園でしょう?今度やすさんがパリにいる時に一泊でお連れしますよ。海辺のホテルに泊まって、美味しい料理を食べて、ここの庭園に行きましょう。レストランは鴨とリンゴのあそこです(笑)パリから2時間ですからね……花ですから、矢張りカラーの方がいいですね。モノクロも素敵なんですけど……。

ブノワ。