匂いのいい花束。ANNEXE。

王の菜園からの手紙。

e0044929_2254357.jpg
前略

梅雨ももうスグ明けようとしています。Mさん、その後、如何お過ごしですか。
あまり調子が良くないって風の便りで聞きましたが無理は禁物ですからね。
僕は毎日バタバタだけど、そろそろ秋の剪定に向けてあれこれと考えている所です。
いつもは春の後は放ったらかしなんですけどけ……今年はチョッと真面目なんです(笑)

さて、昨日のこと、出掛けのポストにMさんからの絵葉書を発見!
しかもフランスからじゃありませんか。もうビックリしちゃいましたよ。
オマケに何処かで見慣れた図柄だと思ったらヴェルサイユの「王の菜園」からじゃないですか。
いつかお教えしたのを覚えていて下さったんですね。Mさんならきっといらっしゃると思っていましたが、
いやいや、僕はここ暫らく行っていませんので嬉しいやら懐かしいやら。

所で、感想が少しだけ書いてありましたが、片隅の小さな薔薇園はどんな感じだったのでしょう。
まだ薔薇は咲いていましたか。今年はフランスも暖かな春だったと聞きます。
あそこの菜園はルイ14世に一年中新鮮な野菜や果物を食べさせるために、
温暖な環境を確保するため周りの土地よりも一段低くなっていますから、
薔薇も早く終わってしまったのではないかと心配しています。
そうそう、結構、手入れが行き届いていなくて雑草が生えていたんですってね(笑)
まぁ、どこそこの庭園じゃありませんからね。それほどムキになる必要もないのかもしれません。
あそこの菜園は国立の園芸学校の生徒によって管理されているハズです。
そこここに生徒による色々な遊びが仕掛けてありませんでしたか。
今日は僕が最後に行った時の写真を何枚か同封しておきますね。
e0044929_2255672.jpg
e0044929_22551857.jpg
e0044929_22554979.jpg
e0044929_2256126.jpg
e0044929_22561066.jpg
そうそう、一枚目の写真!僕が今までの生涯で見た一番怪しい花、
危険な匂いのする芥子の写真です。色は綺麗なラヴェンダーですが、まさに禁断のラヴェンダー。
何とも危ない匂いが漂っています(笑)思わず撮る時に周りを見回しちゃいましたもんね(笑)
まぁ、ここは国立の菜園です、あらゆる植物が植えられていてもおかしくないです。
そうだ、日本産の茄子もありましたっけ(笑)

兎に角、ルイ14世はナルシストの大食漢だったそうですね。
戦場にまでお抱えの宮廷画家を連れて行っていたそうです。
王様のお口に入るものに虫食いの穴なんてもってのほかだし、
形も寸分の違いなく揃っていなければならない。不揃いの果物なんか出したら首が飛びます(笑)
まんべんなく太陽光線を浴びさせるため、果樹はとんでもない形に誘引され、
オレンジは夏は外に、冬場は室内に移されるために鉢植えにされ、しかも移動しやすいように
車輪付きの飾り箱に入れられる。そして、巨大な温室オランジェリーが建てられる。
食べるだけではなくて、もしもの時のために薬草が所狭しと植えられていたのでしょう。
海は遥か遠く、現在のように冷凍の技術も無かった当時は膨大な量の氷を使って決死の運搬……。
王の魚と言えば、料理人ヴァテールもそれが原因で自殺したようなものですしね。
現在のフランス料理の基礎を作った人達の苦労=移り気で我が侭勝手な
王侯貴族の胃袋を満足させる料理を作るのが目的だったのでしょう。
僕等が現在、フランス料理と言って美味しいものを食べて喜んでいる陰に、
色々なエピソード、色に関する悲喜交々の逸話があるんですよね。

今度ゆっくりフランス旅行の話を聞かせて下さいね。
楽しみにしています。これから暑さ本番です、呉ぐれもご慈愛下さいね。


草々

2007年8月1日


ブノワ。


[Louis XIV de France (1638~1715)]
[Francois Vatel (1631~1671)]

★Copyright © 2005~2007 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2007-08-01 00:00 | 旅の栞。 | Comments(28)
Commented by MiscellaneousOGRs at 2007-08-01 00:22
ブノワ。さま

恐ろしく素敵な芥子ですね...。
ちょっと言葉を失ってしまう。
花径もかなり大きいのかな?しかもラヴェンダーの芥子なんて...。
こんな芥子を育てられるのなら、ひきかえに何かを失ってもいい(笑)
以前の赤い芥子もド迫力でしたけど、この芥子はまたなんとも...。
この花のたもとで眠りたいですよ(笑)
ボリジも、ここまで群生させると圧巻ですね。
ちょっと見た事ない眺めかもしれません...。
ルイ14世にまつわる食の歴史...、たいへん興味深いですね。
それこそ記事にはできないような逸話も!
まだまだいっぱい眠っているんでしょうね。

G d D
Commented by mchouette at 2007-08-01 00:33
早々とお邪魔します。こんな綺麗なラヴェンダー色の芥子もあるんですね。芯の黄色といい、その周りのくしゃくしゃとした花ビラの絡み方といい、本当になにやら妖しげ。でもこの芥子は極上品みたいですね。なっといっても国立の王様の菜園ですからね。国が違えば、なにやら訳の分からない見たこともない植物がありますね。やはり表の美しさ、華麗さの裏には言い知れぬことが星の数ほどもあるんですね。
ルイ14世もある意味凄いけど、こういう菜園などが現在もキチンと管理・維持されているところが凄いですね。
*本日まとめて書籍が届きました。でも若いときと違って一気読みは無理でしょう。いつ読み終わるやら。明日からです。ドキドキ。本って表紙開く時ってワクワクして好きです。ストーリーは映画をダジェスト版としてみているから少しは読みやすいでしょう。ほかに「フーコーの振り子」も届いたんですよ。中世の美学史もちらっとみたら面白そうです。学生時代にもどったみたい(笑)あの頃は講義なんかもちっとも出席しなかったのにね。 シュエット
Commented by gyuopera at 2007-08-01 02:43
びっくりしました! 本当の麻薬を採る芥子って、これですか! それもなんて美しいんでしょう。その美しさを、ブノワさんのカメラは余すところ無く捕らえていらっしゃる。

3枚目のは木の実? ロバが良く食べると言うのかしら?面白い形ですね。
その次の、とげの一杯の花も素晴らしく綺麗だし、ボリジの群生も見事です。ボリジの花は、薬用のほか、サラダやスープに浮かせたりするんだそうですね。

最後の両側に枝を水平に誘引した木と後ろのボリジの群生の写真、本当に素敵ですね!! 

数限りないエピソードがあったことでしょうが、いまだにその菜園が保存され手入れされているなんて! フランス革命のときはどうしたのでしょうね。
素晴らしい写真ばかり、目の保養になりました。
Commented by nanacy at 2007-08-01 05:55 x
なんて、美しい芥子なんでしょう!生まれて初めてこんなに妖艶な芥子を見ました、目が釘付けです!芥子、ボリジ、アルトランティアの花々と実の饗宴!どれもこれも、うっとりです。ブノワさんの感性って本当に素晴らしい!!大好きです。朝からこんな素敵な写真を見せていただいて、今日は何だか素敵な一日になりそうです。
ところで、ルイ14世って凄い王様だったのですね。なんだか、とっても、興味が湧いてきてしまいました。
ブノワさんも素な一日になりますように!
Commented by Coucou at 2007-08-01 10:05 x
ブノワさま、ぼんじる。今日のお写真いいですねえ。そそる!
ルイ14世には負けるけど、食いしん坊バンザイのナルカッパでゴザイマス、ええ、川流れしまくりでゴザイマス。
芥子!うちのほうの某植物園では鍵のかかった敷地に植えられてるらしいですけど、ここの菜園では自由に匂いがかげるのですね?!ビバフランス。ブノワさま次回の訪仏が待ち遠しいですね。
Commented by マドレーヌ at 2007-08-01 12:13 x
ブノワ。さん、こんにちは。寝ても覚めても仕事のことしか浮かばない毎日から、フランスの菜園の世界へ連れて行って下さってありがとうございました。 
写真一つ一つに引き込まれ、新鮮な空気に洗われた気持ちです。
Commented at 2007-08-01 15:26
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yspringmind at 2007-08-01 18:09
王の菜園!今迄その存在を知らなかったのが残念になるくらい気に入りました。一枚目の妖しい芥子の花も美しく素敵ですが、田舎好きな私は最後の2枚にぞっこんです。ブノワさんのブログに訪問するようになってからフランスのイメージが変わりつつあります。体裁ばかりを気にする煌びやかなフランスから、実はそればかりではない自然を愛するフランスを見つけました。ルイ14世もベルサイユも今まであまり関心がなかったけれど、こんなに素敵なところならば是非行ってみなくては! と思っています。
Commented by Tous-les-jours at 2007-08-01 21:31
こんばんは~ ブノワ。さん!!
今夜は勇気を出してコメントします。
芥子の花・・・なんて怪しげでいて魅力的なんでしょう。
ブノワ。さんのところで、私は知らない花をそれは数多く見させてもらってます。
グリーンローズ・・・ボウボウですが、元気です。^^
LINK、いただいて帰ります。
これからもお邪魔させていただきますので
まったく無知な私ですがよろしくお願いします!
ange
Commented by louis at 2007-08-01 22:00 x
こんばんは、ブノワさん。昨日はお返事を有難うございました。
覚えていただいていて嬉しいです!

すばらしい芥子ですね。美しいアメジストのようで・・・

ルイ14世のお話、私も菜園、フランス語でポタジェ、という響きも好きで、中世のポタジェやら18世紀のポタジェやらポタジェのスタイルの歴史が昔の挿絵画で載っているなどの本を集めたり、実際に当時のスタイルで作っている場所へ行ったりする事があります。

フランスの野菜、中世の野菜って不思議な可愛さがあるのですよね・・・パリでは今年の春から夏にかけて、<Jardin>ジャルダンの本が沢山出ていろんな本屋さんで特集をしていました。
ブノワさんが以前にお書きになった記事の、木のカットのいろいろ、とか緑の鉄格子を芸術的に組子にしてつくる庭の為のアーチとか、写真集がいっぱい出ました。
花々もいいけれど、野菜って面白いですよね。

薔薇の剪定ほか育てる意識、お返事の通りだと思います。
これからもご指南ください。いい写真と共に楽しみにしています。
Commented by raindropsonroses at 2007-08-01 22:37
G d Dさま。
こんばんは。続けてメッセージありがとうございます。
この芥子の大きさ知りたいでしょう?ね?(笑)これ、最近、再発売されたマック・グランくらいもあります(笑)分かりますよね、マック・グラン、ビッグ・マックのパテが4枚の奴(笑)兎に角、見つけた時の驚き、何回か周りを見回して写真に撮りました(笑)そんなイケナイ感満々の芥子、これって市販されているんでしょうかね?欲しい人沢山いるでしょうね(笑)僕も何かと引き換えに育ててみたいかも……ボリジですけど、僕が名前を知っている数少ないハーブ、と言うより、見て分かるハーブなんです。この群生は凄かったですよ。ここのポタジェには何やら秘密めいた植物が所狭しと植えられていて、そんな中に日本の茄子があったりして思い切り拍子抜け(笑)端っこに小さいながら薔薇園もあります。こんな学校で学んでみたいですね。ルイ14世……僕はブノワ・マジメルの印象が強いんですが、実際はねぇ……フランス料理ももっと荒々しくて今の物とは全く違った事でしょう……チョッとタイムマシンで行ってみたいです(笑)

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2007-08-01 22:45
chouetteさんへ。
こんばんは。いつもメッセージ貰っちゃって……大変に嬉しいです。
この芥子、シングルじゃなくて八重って言う所も凄いですよね(笑)シングルだったらもっと爽やかな感じになったかもしれませんが、何しろこのビラビラでしょう?(笑)この他にも僕が見上げるような巨大な名前も知らない花だとか、見た事も聞いた事も無い花が沢山植えられています。確かここ、国立の植物学校?そんな感じで学生が主に管理しています。収穫した物は一般に販売される事も多く人気だそうです。完璧な形の洋梨などはフォションなどの高級食材店に卸されるそう。文化を守るのって大変ですね、一々頭が下がります。本が届いたとの事、早速お読みになっているみたいですが、夜更かしして仕事にならないんじゃないですか?(笑)おそらく、あの本に書かれている事を100%分かる人はご本人以外にはいないでしょうから、適当に、ダイジェスト版の映画を思い出しながらだともっと楽しめるかもしれませんね。配役は非常にいいと思います。特に修道僧の人達ね(笑)感想を楽しみにしております。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2007-08-01 22:53
gyuさんへ。
こんばんは。メッセージありがとうございます!
所でgyuさん!これから麻薬を採るかどうか分かりませんよ(笑)僕の記憶では麻薬を採る芥子ってもっともっと毒々しかったような……赤かったと思いますが、真ん中がね……言葉では言い表せない感じです。もっとも、それって映画で観ただけですから実際には知りませんけど……。茶色い実は何かの草でしょうね。マメ科か何かでしょうか?僕の身長くらあいはありました。ここの菜園、碁盤の目状になっていまして、柵の代わりに洋梨やプラムの樹がこのような哀れな姿で(笑)植えられています。本当に色々な物が植えられているんですよ。この時、僕が周りを見回したのは2回、この芥子とタップリ生っている苺を見た時(笑)結局、苺は食べませんでした。苺泥棒でお縄になりたくありませんからね(笑)フランス革命の時はどうしたんでしょうね……きっと荒れ放題、後に整備されたんだと思います。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2007-08-01 22:59
nanacyさんへ。
こんばんは。メッセージ恐縮です。
ね、朝から目が板付でしょう?(笑)これ、売っている物なら是非お迎えしてみたいですよね。気候的には無理ではないと思うんですよ。ここの菜園は普通の土地よりも2メートルくらい低くなっていますからね。気温は日本と近いハズです。それにしてもnanacyさんって沢山の植物の名前を知っているんですね。いつも感心してしまいます。僕なんか薔薇すら覚束ないって言うのに(笑)僕の感性と言うよりは、この時は持って行ったレンズやフィルターが違うのですよ。接写が多いですもんね。今となっては懐かしい想い出です。ルイ14世……なんて言っても太陽王ですからね!全てに桁外れだったんじゃないですか?もう一度「王は踊る」観たくなっちゃいました(笑)

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2007-08-01 23:03
Coucouさんへ。
こんばんは。じゃなかった盆縫!(笑)
家の近くの某植物園ってどこですか?まさかご自宅の二の丸か三の丸?(笑)イヤですよ、冗談じゃありませんからね!このポタジェの怪しげな芥子はこの一株だけでした。名前くらい控えてくれば良かったですね。何しろビックリしちゃったもので……。次回の渡仏はいつでしょうねぇ……今度マイレージを寄付する時は僕にどうぞ!(笑)

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2007-08-01 23:06
マドレーヌさんへ。
こんばんは。メセージありがとうございます。
お仕事……急がしそうですね。寝ても覚めてもいいアイデアが浮かばない時には遊びに来て下さい。何かしら気晴らしになる事が書いてあると思いますよ(笑)この僕自身もたまに気晴らしになるくらいですから。仕事ってキチンとやっていればいつかは必ず日の目を見ます。あまり根を詰めないようにして下さいね。折角の美人なんだから笑顔でいなくちゃね!(笑)

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2007-08-01 23:13
魔笛さんへ。
こんばんは。何だかこの所、大変な事になっていますね……。
ベルイマン、アントニオーニ、そして阿久悠……なんでしょうね、そう言う時期なんでしょうね。チョッと気持ちが曇ります。お読みになっている本、僕みたいに知ったかぶりを恥知らずなほど全開にして書いている人とは違いますね(笑)マッサージと一緒で、女性の120%の力で揉んで貰うのと、男の80%の力で揉んで貰うのと、力加減は一緒でも全く別物じゃないですか。そんな感じがしますね。表現に余裕がある、言葉も適切な一言を選ぶだけの膨大なボキャブラリーがある。そして、何よりも、うず高く積まれた資料を整理する力がある……凡人には出来ない事ですよね。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2007-08-01 23:19
yspringmindさんへ。
こんばんは。いつもありがとうございます。
僕、フランスの親善大使に任命されてもいいですかね?(笑)勿論、旅先で嫌な思いをする事はありますよ。でも99%はいい想い出しか残っていません。パリなんかでは矢張り、皆さん時間に追われてせかせかしている印象もあるけれど、余裕がないのは東京もどこの大都市も一緒。フランス人、基本は大変に親切です。僕はそう思います。ここのポタジェには何回か行った事がありますが、実は、いつもヴェルサイユ宮殿は門の前の長蛇の列を素通りなんです(笑)どうせ観られる所は少ないんですもんね?鏡の間くらいでしょう?いつか行ってみたいですけど、僕にはこっちのポタジェの方が数段魅力的です(笑)ここ、確か春から秋までしか公開されていないハズです(しかも週末のみ?)行く時には気を付けて下さいね。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2007-08-01 23:24
angeさんへ。
こんばんは。ようこそいらっしゃいました!
もっと気軽に何でも書いて下さい。どうせ元の記事もいい加減なんですから(笑)グリーン・ローズ元気なのですね?!強い薔薇ですよね。ウチは挿し木の株を戴いて何年目でしょう……毎年、綺麗に咲いてくれます。ここのポタジェ、angeさんが行ったら大変だと思いますよ。入ったきり帰って来られないかも(笑)それほど風変わりな植物で一杯です。リンクの件どうもありがとうございます。僕も皆さんにお返事をお送りしたらスグ!これからもヨロシクお願いいたしますね。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2007-08-01 23:32
louisさんへ。
こんばんは。当たり前です!勿論、覚えています。
覚えていると言う言葉は、どちらかと言うと忘れる方により近いニュアンスですが、ことある毎に「どうしていらっしゃるかな?」って思うんですからね、覚えているとはチョッと違うかもしれません(笑)この芥子の色をアメジストに例える辺りはさすがに女性ですね。僕もフランスの本屋に行くと「Jardin」の本を時間が過ぎるのを忘れるほど見入ってしまいます。いつだったか、パリ市の植物園の入り口(モスクの方)を入って右側の建物で古の庭園の展覧会をやっていました。標本とか庭園の見取り図、設計図など、所狭しと並んでいて面白かったですよ。そう言う物をキチンと取っておく……そのシステムもしっかりしていますよね。薔薇は必ず信号を出しています。それをキチンと見極める事、そうすれば花はちゃんと咲いてくれます。お互い、秋にはいい花が咲きますように!

ブノワ。
Commented by pua at 2007-08-02 22:41 x
ルイ14世という人は、周りにいる人は大変だっただろうけど、文化の進歩に多大な功績を残した人なんですねえ。香りにも凝っていて、お抱えの調香師もいたとか。ベルバラがフランスの歴史の全てだと思っていた私には今いちピンと来ないんですが(出てこないんで・・・天然痘で死んじゃうのは15世ですよね?)、ちょっと何かを調べようとすると必ず名前が出てきます。そういう意味では、非常に興味深い人です。
ところで芥子といえば、犬神製薬を大企業にしたのも、こんな芥子だったのかしら・・・うふふふ。
Commented by raindropsonroses at 2007-08-02 23:11
puaさんへ。
こんばんは。そう!芥子と言えば「犬神家の一族」!(笑)
オリジナルの方にはチョッと映像が出て来ましたっけね……矢張り、毒々しい感じの芥子が……先日の選挙、某元アナウンサー候補の名前でピンと来てスイッチ入っちゃって「珠代さん!佐清をよろしくねぇ……」と松子夫人の絶命シーンを思い入れタップリに真似していたら友人に大顰蹙を買いました(笑)さて、僕の中に「ベルサイユのばら」はありませんので、puaさんと足して2で割ると丁度いいかもしれませんね。ルイ14世はフランスの歴史上、もっとも有名な王様なんじゃないですか?偉大な指導者って文化も作り出しますよね……タイム・マシンでチョッと遡ってみたいと思いませんか?1週間限定でね(笑)puaさんならドレス似合うかも。僕も思い切り白塗りして付けボクロ&超ドデカい鬘で対抗したいと思います(爆)

ブノワ。
Commented by しん at 2007-08-05 20:48 x
ブノワ。さん
やっと時差が4日となりました、なんのこっちゃ!(笑)
1枚目の写真を見て「欲しいな~」と思ったのは私だけでしょうか?
匂いは嗅いでみましたか?どんな感じだったでしょう?
ちなみに「ベルサイユのばら」に出てくる王様はルイ16世です。
ルイ14世のお孫さんね・・・劇中の中でもルイ14世の威光が
語られています。いつの世も、偉大な祖父を持つと大変ですわね(笑)
Commented by raindropsonroses at 2007-08-05 22:02
しんさんへ。
時差が4日って何じゃそれ(笑)でも、沢山、沢山メッセージをありがとうございます。
久し振りに数十年前の小学校時代の気分だったんじゃありませんか?夏休みの宿題はイヤでしたよね……何で思い切り遊ばせてくれないんだろう……またギリギリまでやらないんですよねぇ……しんさんみたいに(笑)1枚目の芥子、欲しい人は沢山いると思いますよ。多分、日本の標準の気候で育つと思いますよ。匂いは良くありませんでした……どっちかと言うとイヤな匂いだったような記憶が……一般的に芥子ッてそうじゃありません?いいのは抽出した何か?(笑)「ベルサイユのばら」はルイ16世でしたか。あら、断頭台の人でしたっけ?

ブノワ。
Commented by yasuyasuyassy at 2007-08-14 00:00
ブノワ。さん
こんばんは。何だか凄い写真の数々ですねぇ・・・最後の一枚はなんですか?木??凄い形をしていますね!北山杉が真っすぐ伸びるように、そうなるように仕込まれているのでしょうか。
料理人ヴァテール・・・誰ですか??(笑)
僕はそんな人しりませんよ!
でも大変だったのでしょうねぇ・・・冷蔵庫が無いなんて。
保存のしようがありませんもの。当時、冷たいオードブルなんてあったのでしょうか。

やす
Commented by raindropsonroses at 2007-08-15 07:49
やすさんへ。
おはようございます。結構、えぐい写真ばかりでしょう?(笑)
全ては人間の、一人の人間のために大自然がねじ曲げられた結果なのですよ。ルイ14世は大食漢であるとともに大の美食家、その王様の胃袋を満たすために色々な事がなされた訳です。果樹は美味しいだけではなく寸分違わず形や色が揃っていなければならず、従って、樹が写真のように誘引されて太陽が満遍なく当たるようにされた訳です。ヴァテールは宮廷料理人で、コンデ城にルイ14世が逗留する時に、魚が届かず自殺したとされています。チョコレート・シャンティイーの「シャンティイー」を発明した人です。フランスで映画化されていますからレンタルしてみては如何ですか?勉強になる事が沢山あると思いますよ。

ブノワ。
Commented by 忍びの者 at 2008-02-03 18:09 x
ブノワ。さま
都美術館でルーブル美術館展やっておりまして、
この菜園で採れました果物から作られた「王様のコンフィチュール」を売っております。
ラ・フランスなかなか美味でございます。
それでは・・・・
Commented by raindropsonroses at 2008-02-03 20:04
忍びの者さんへ。
こんばんは。メッセージありがとうございます。
本家の王の菜園では、売店でジュースやジャムを売っています。運がいいと、収穫された野菜や果物などが手に入るそうです。形のいい洋梨は名だたるフランスの名店に出荷されるそうですよ。ルーヴル美術館展、行けそうにありません……。

ブノワ。