匂いのいい花束。ANNEXE。

文豪の宿に泊まる……福住楼。

e0044929_519481.jpg
拝啓

暖かな初冬の日が続きます。
Aさん、暫らくお目にかかっていませんが元気にお過ごしですか。

先日はわざわざメールを戴き大変に恐縮しております。
旅先からの便り、何のことはないんですよ。絵葉書を書くのは僕の趣味ですからね。
時間がない旅先故、細かなことは書けませんでしたが、
今回は箱根の温泉に一泊で旅行でした。
いつもは東海道線で小田原に出て箱根湯本に入るのですが、
今回は新宿からロマンスカーで箱根湯本入り。当然、一番前の展望車ですね(笑)

箱根は一年中、何かしら見るものがあって、常に人で溢れる観光スポット、
今回の目的は、川端康成なとが常宿としていた「福住楼」に泊り、
箱根が初めての友人のために黄金のコース(笑)ケーブルカーで強羅に登り、
チョッと芸術の秋を気取ってポーラ美術館で「モネと画家たちの旅」を見学、
強羅から早雲山へはケーブルカー、早雲山からローブウェイに乗り大涌谷で下車、
硫黄の匂いに包まれて黒タマゴを食べ、桃源台まで下り芦ノ湖の海賊船に乗ると言うもの。
どうです、黄金のコースでしょう(笑)
僕は何度も何度も箱根に行っていますからね、案内役は簡単でした。

さて、「福住楼」ですが、今回で何回目になるでしょう……。
箱根に来ると常宿にしていますから10回目くらいでしょうか。
今回泊まった部屋は「松二」……「福住楼」一番古いとされている明治期の部屋。
「福住楼」は日本の名だたる文化人、文人に愛された由緒正しい宿。
宿の様子は島崎籐村の「春」に描かれ、大佛次郎はこの宿で「帰郷」「宗方姉妹」を執筆し、
坂東妻三郎は新婚旅行の時に宿泊、福沢諭吉、夏目漱石、林家三平、吉川英治、
里見弴、北条秀司、川合玉堂、幸田露伴、林芙美子など、そうそうたる文人に愛されました。
川端康成は、名前が川端なのに川の音を嫌い(笑)庭側の部屋に籠り、昼寝て夜執筆、
朝方、雑誌社の編集員が戸口に挟んである原稿を引き取って行ったそうです。

この宿の売り物は何と言ってもその風呂……。
10畳くらいの檜の板の間に直径2メートルくらいの
松の樹を繰り抜いて作った湯船に銅製の枠が填まっています。
入り口から早川側を眺めると、春には淡い山桜の薄墨が、
初夏には新鮮な緑、秋には錦の綾織りが、冬には枯れた樹々が湯面に揺らぎます。
対岸の風景が映りこみ何とも言えない風情を醸し出すんです。
僕が明るいうちにチェックインするのはそのためなんです。
サービスは心が籠もっているけれど必要最小限の持て成し。
決して過剰じゃなく不足もなし。なかなか出来ることではありません。
明るいうちに一風呂浴びてマッサージを受け、
早川を望む窓際で川端康成を気取って友人に絵葉書をしたためます。
今回は一泊二日の旅です。僕の方が絵葉書よりも早く帰京することになりますが、
気は心、きっと友人達も喜んでくれたと思います。

今度、ご一緒に如何ですか?箱根は近いし沢山、見所もあるし楽しみ方も色々です。
きっとその人の楽しみ方に合った旅が演出できると思います。
取り敢えず、忘年会の予定を立てなければいけませんね。
近々、連絡しますから相談に乗って下さいね。
気温が低くなって来ました。Aさんも風邪など召しませんように。


敬具

2007年12月4日


ブノワ。


[福住楼]

[川端康成/Yasunari Kawabata (1899~1972)]
[島崎藤村/Touson Shimazaki (1872~1943)]
[春 (1908) 自費出版]
[大佛次郎/Jiro Osaragi (1897~1973)]
[帰郷 (1949) 苦楽社刊]
[宗方姉妹 (1950) 朝日新聞社刊]
[阪東妻三郎/Tsumasaburo Bando (1901~1953)]
[福沢諭吉/Yukichi Fukuzawa (1834~1901)]
[夏目漱石/Soseki Natsume]
[林家三平/Sanpei Hayashiya (1925~1980)]
[吉川英治/Eiji Yoshikawa (1892~1962)]
[里見弴/Ton Satomi (1888~1983)]
[北条秀司/Hideji Hojo (1902~1996)]
[川合玉堂/Gyokudo Kawai (1873~1953)]
[幸田露伴/Rohan Koda (1867~1947)]
[林芙美子/Fumiko Hayashi (1903~1951)]

★Copyright © 2005~2007 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2007-12-04 00:00 | 旅の栞。 | Comments(21)
Commented by 猫のおなか at 2007-12-04 12:37 x
ブノワさま。
「福住楼」、いいところのようですねぇ~。
旅館というより、まさに「宿」、という処なんでしょうね。

温泉、気持ちいいとは思うんですが、
のんびり浸かっていると貧血ぽくなるので、実は苦手なのです・・・。
たぶん、湿気というか湯気がこもるのがダメなんだろうなぁ。
サウナなんてもってのほかだし。
温泉はともかく、この宿ならとっても気持ちよく、ゆるゆる過ごせそう。
Commented by kawazukiyoshi at 2007-12-04 12:54
突然で失礼します。
福住楼とはいい名前ですね。
こんな宿でゆっくり思索にふけってみたいものです。
といってもセチガナイわが身には
高嶺の花に聞こえてしまいます。
一度訪れたいものだとは
ごまめの歯軋りですね。
今日もスマイル
Commented by nanacy at 2007-12-04 21:21 x
ブノワさん、こんばんわ!
錦の綾織りが湯面に揺らいでる風情、いいですねぇ~。なんて、素敵なんでしょう?つくづく、日本人に生まれてきてよかったなぁと思います。出来ることなら、この温泉の中で日本酒でもいただきたいですね~。まさに極楽極楽でしょうね!冗談冗談ですよ!(笑)そうそう、マディソン群の橋でも、ビールを飲みながらお風呂に入りながらお風呂に入るシーンだあったでしょう?
わたし、妙に共感してしまったんですよ。でも、本当は身体によくないそうですけど。(笑)
ブノワさんが箱根にいらしている頃、私は両親と秋の京都に紅葉を見に行ってきました。京都の実相院は磨かれた板の間に映り込む床もみじで有名ですが、今日の水面に映る紅葉もいいですね~!とっても、好きです。「福住楼」、行ってみたくなりました。
Commented by nanacy at 2007-12-04 21:31 x
ブノワさ~ん!
誤字脱字のnanacyからのお願いです。
↑の4行目が変でしょう?直していただけたら、嬉しいです.
Commented by しん at 2007-12-04 21:39 x
ブノワ。さん
深秋の一日、温泉に浸かる・・・贅沢ですなぁ
でも・・・実は私も「猫のおなかさん」とちょっと似てまして、
湯あたりしてしまってから、実は苦手だったりします。
温泉宿に泊まる出張でも、あえて温泉に入らずお部屋の風呂に・・・って
ことも。勿体無い感じは、するんですけどね。
久しく箱根も行っていません~
元旦の箱根駅伝でも見て、景色を懐かしむことにします(笑)
Commented by mi-chan at 2007-12-05 07:33 x
ブノワ。さん
「福住楼」のお風呂、素敵ですね。
心も身体も、癒される感じが伝わってきました。
箱根旅行・・いろいろな楽しみ方があるのも魅力です。
私は新宿からの小田急ロマンスカーが大好きで、
二日間使用出来る平日フリーパスを利用していました。
「黄金のコース」も大好き!!です。
芦ノ湖の海賊船からの景色も、元箱根からの富士山も綺麗ですよね。
最近は訪れていない・・・ことに気がついてしまいました。
旅先からの絵葉書が趣味とありましたが、
ブノワ。さんからの絵葉書ならば、宝物になりますね!!





Commented by Coucou at 2007-12-05 10:53 x
ブノワ。さま、箱根にいらしていたのね。湯面に写る紅葉・・・きれい。福住楼、素敵ですね。なんかこう、文章がつぎつぎ浮かんできたりしそうな。湯を楽しみながら、景色を愛でる・・・嗚呼~茹ってしまいそう!で、ブノワ。さま、黒タマゴちゃんになっちゃいませんでしたか?(笑)
Commented by ハニー at 2007-12-05 16:41 x
ブノワ。さん
湯面に映る紅葉の美しいこと・・
こんなすてきな温泉をお持ちの老舗で
このところお忙しそうでしたから、心も身体も癒されましょう。
お友達もさぞお喜びになられたことでしょうね。
旅先で絵葉書を書く、いいご趣味ですね。
こんなにメールが普及しお手軽になったからこそ、
旅先から便りをしたためる、貴重です。
お心にかけて下さる思い遣り、
どんなに短くてもその時だけはその人だけを想って・・
その気持ちが嬉しいですもの。
すてきなご趣味です、大事になさって下さいませ。

Commented by raindropsonroses at 2007-12-06 05:33
猫のおなかさんへ。
おはようございます。いつも読んで戴き恐縮しております。
そう、ここは「宿」という感じですね。いつかご一緒したいと思っていますが、猫のお腹さんが温泉が苦手とは知りませんでした。僕が思うに、しこたま酒を喰らって……いやいや、御酒が過ぎて具合が悪くなってしまうんじゃないですか?(笑)その可能性はありますよね、いつも酔っぱらって……あわわわ。そうそうたる文豪たちに愛されたなどと聞くと、ついついこちらまで仲間入りをしたような気になるから不思議です(笑)

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2007-12-06 05:39
kawazukiyoshiさんへ。
おはようございます。はじめまして、ようこそいらっしゃいました。
そうなんですよね、何に付いても言えますが、名前って本当に大事だと思います。福が住む楼……センスがいいですよね。方々の温泉に行きましたが、結局、時間を持て余すことが多いんですよね……でも、ここの福住楼だと、風呂に入ってから川のせせらぎを聞いているとスグに夕飯になってしまいます。kawazuyoshiさんもいつかいらしてみて下さい。お値段も手頃ですよ。

こんな感じでつらつらとやっています。
お時間がありましたらまたメッセージを残して戴けると嬉しいです。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2007-12-06 05:45
誤字脱字のnanacyさんへ。
おはようございます。いつも抱腹絶倒のメッセージありがとうございます!
4行目……確かに確かに!でも、3行目も変ですよ。「マディソン群」じゃなくて「マディソン郡」ね(笑)でも、メッセージを読ませて戴いているとnanacyさんのお人柄が窺えてとてもGOOです。しかし、風呂の中で日本酒とは……だからウエストが……(笑)僕は風呂上がりにシャンパンを戴きました。京都はどうでしたか?物凄い観光客じゃありませんでしたか?図らずとも箱根も紅葉の真っ直中!錦秋の箱根……なかなかいい景色でした。いつか皆さんで行ってみたいものですね。お風呂がね……素敵なのですよ。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2007-12-06 05:49
しんさんへ。
おはようございます。あららら、しんさんも温泉が苦手?
それは意外でした。しんさんはポスターに出て来そうなほどの美人なのに……(笑)折角なんですから、今度は短い時間でもいので温泉に浸かってみて下さいよ。苦手は克服しないとね(笑)元旦の箱根駅伝と言えば、ここ福住楼は箱根をちょうど下って湯本温泉に向かう塔ノ沢の所にあります。旧国道一号線沿い、橋の袂の宿が福住楼ですよ。必ずテレビに映りますから注目していて下さい。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2007-12-06 05:55
mi-chanさんへ。
おはようございます、素敵なメッセージありがとうございます。
東京近郊の人にとって、箱根は本当に手軽に行ける観光地、見るもの遊ぶものが満載で決して飽きる事がありませんね。ロマンスカーは久し振りに乗りました。まるで子供のようにはしゃいじゃいました(笑)もう少し乗っていたかったです。今回は僕達も箱根フリーパスだったんですよ。あれは本当に便利でお得ですよね。芦ノ湖の海賊船はチョッと「?」な気もしますが(笑)兎に角、箱根に行くとあらゆる乗り物に乗れることも魅力の一つですよね。風呂はいつも貸し切り状態です。なぜなら、皆さんは観光をしてから夕方に宿に入るのに比べ、僕はこの景色を目当てに早めの予定を組むからです。次はいつ行けるかな……桜の頃に行きたいです。

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2007-12-06 05:58
Coucouさんへ。
おはようございます。お元気ですか?
Coucouさんのお宅みたいに、自家製温泉を持っていらっしゃる方はいいですよね……自家製温泉って言う言葉、変ですかね?(笑)ここ福住楼は温泉掛け流しで柔らかなお湯はお肌がつるつるになります。まぁ、Coucouさんはこれ以上つるつるになっても困るでしょうけど(笑)黒タマゴは一つ食べると寿命が7年延びるそうですね!僕は今回2個食べましたので、14年寿命が延びた事になります(笑)

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2007-12-06 06:04
ハニーさんへ。
おはようございます、いつも素敵なメッセージありがとうございます。
僕は何事につけ、お気に入りが出来ると浮気はしないタチなんです。レストランやバーもそう、温泉も、ここと決めたら繰り返し何度も訪れます。湯本に限っても、星の数ほど温泉はあるのにね。そうそう、「玉庭」にも玉に行きますよ。春には長野の温泉に行く予定になっています。そこは3年越しくらいで行きたいと思っているんですが、なかなか予定が付きません。旅先からの便り……自分が貰って嬉しいものの一つ、友人達も同じ気持ちだろうと思って書いています。早いんですよ、アッと言う間に一枚書いてしまいますから。そうそう、以前の記事、2006年11月24日の記事を読んで下さると嬉しいです。

ブノワ。
Commented by ハニー at 2007-12-06 10:13 x
2006年11月24日の記事、拝見しました。
すごいのね、120枚!!!
おみそれいたしました。
まず、絵葉書と切手の調達なさるのね。
切手を絵葉書の柄や色と合わせたり、お相手の趣味とかけたり、
季節と合わせて選ぶの楽しいですよね。
こう書くと何だか着物の帯や小物選びのときみたい(笑)
旅先からハガキを下さる方は株が上がるのですね?
ご住所伺わなくっちゃ(笑)
Commented by ダヴィデ at 2007-12-06 11:10 x
わ~~美しい・・・お風呂ですね。なんて良い写真なんでしょうか。いいですね、文豪が泊まった旅館に、紅葉の頃滞在するなんて・・・実は、僕も「福住楼」泊まったことあります。いい旅館ですよね。でも紅葉の頃は残念ながらないんですよ。箱根から強羅から早雲山・・・懐かしいですね。僕も一息つきたいところですが、12月はなかなかできませんね。ブノワさんが羨ましい・・・
Commented by raindropsonroses at 2007-12-06 19:31
ハニーさんへ。
こんばんは。この時は特別でした。旅行の期間も長かったし、何カ所か街を廻ったし……。
書くことが多かったのですよ。そうです、先ず、絵葉書を大量に買い込みます(笑)そして切手ね!これがまた大変で、郵便局がやっている時間には公園や薔薇園を歩いていて都市部にいないものですから(笑)並ぶのも嫌だし……フランス語苦手ですから英語で「70 stanps please !」とやると、必ず「17 stanps ?」と聞き返されます(笑)僕の住所ですか?事務所を通して下さいね(笑)

ブノワ。
Commented by raindropsonroses at 2007-12-06 19:35
ダヴィデさんへ。
こんばんは。何と!福住楼に泊まった事があるだなんて!
本当に奇遇ですよね……もっとも、有名な宿ですからね、不思議はないのかもしれませんが……。写真、なかなかいいでしょう?自分でも気に入っているんですよ。ホラ、僕って物凄い天の邪鬼ですから紅葉の写真を正面切って載せるのは抵抗があるんです。ひねくれていますからね(笑)一度、川端康成が泊まった部屋に通された事があるんですが、非常に緊張しました……正に気分は文豪です(笑)

ブノワ。
Commented by たろう at 2007-12-06 23:18 x
写真を拝見し、ブノワ。さんが書かれた、春夏秋冬、このお湯に映る景色を観じて、あまりの美しさに、息をのみました。

私は、人生の前半をかなり外国ですごしたので、こんなに甘美な日本の美しさをほとんど知りません。年末には、日本に住むために帰国します。教えていただいた母国の美しい場所を、少しづつでも、尋ねてみたいと思っています。

ポーラ美術館のモネ展、私も、絵画で一つを選べば印象派、一人を選べばモネ、一点えらべばオランジュリの睡蓮になってしまう凡人の一人です(笑)。ネットで先日案内を見て、年があけたら、ああ行ってみたい、箱根の冬の空気を精一杯吸って、日本の自然とフランスの風景を、一緒に味わってみたいなあと思いました。

ブログで、お話ししながら、いただいている心の灯に感謝しつつ。
Commented by raindropsonroses at 2007-12-07 20:58
たろうさんへ。
こんばんは。いつも素敵なメッセージをありがとうございます。
僕が書く記事なんて大したことはないのですが、こうして目前に素晴らしい光景が広がり、由緒正しい宿の歴史に触れると、何だか自分も文豪の気分になってしまうのが不思議です(笑)たろうさんは外国生活が長いのですね?そして帰国ですか……色々と経験を積んだ今だからこそ、素晴らしい日本を再認識出来るのではありませんか。楽しみですね、箱根は冬も素敵ですよ。モネは3月まででしたっけ?こちらも機会があれば是非!そのモネですが、近々、記事にしようと下書きが出来ています。凡人だなんてとんでもない、印象派はともすれば軽んじられる傾向がありますが、画布を持って屋外に出た彼らが描いた市井の人々の生活や自然は絵画の歴史上で最も意義あることだと思っています。そろそろお忙しくなりますね、体調管理は万全になさって下さい。また遊びに来て下さいますか?楽しみにしております。

ブノワ。