匂いのいい花束。ANNEXE。

年末年始……辛口雑記。

e0044929_9111791.jpg
穏やかな新年になりました……年末年始のことなどをチョッと……。

昨年の暮れ、30日には23年来の大親友と最後の食事に「ビストロ・プティ・ハナ」へ。
相変わらず美味しい料理の数々と心の籠ったサービスを堪能、
最後の営業日だと言うのに満席で賑わう店内に安堵の念を抱く……。
矢張り、大好きな店には繁盛を、客の熱気と厨房に向かってオーダーする弾んだ声が欲しい。
いつまでも変わらずそこにあって欲しい。チョッと落ち込んでいる友人も強引に誘い出し、
無理矢理に何とか笑顔にさせる。友達ってそう言うものだから……これは僕の主義ね(笑)

翌日、大晦日は酔いどれてウチに泊まった友人を叩き起こして観納めの映画に向かう。
作品は大好きな監督、フランゾワ・オゾンの「エンジェル」……。
期待していただけに大いにガッカリ。20世紀初頭のイギリスの風俗も描かれていないし、
先ず、主人公に全く魅力を感じられず。傲慢なまでに自分に素直でいる主人公エンジェル、
不躾で横柄で尊大で、ある意味で天真爛漫、
現実と夢の狭間で朽ち果てて行く主人公の何も描かれていなかった。
よく「風と共に去りぬ」のスカーレットと比較されるけれど、全く雲泥の差、
スカーレットはどんなに抜け目なく立ち回っても悪辣に金を稼いでも、
妹の男を次から次へと寝取っても愛すべきキャラクターなのだ。
これは女優の力量の差と言うべきか……大いに欲求不満な観納めとなった。
常々言っているけれど、大女優になるなら一人で悲劇を1本背負って行かなければね……。
誰のミューズだか知らないけれど、主人公に扮した女優に何の魅力も感じられず。

何だかムンムンした気分……その足で自由が丘の行きつけの蕎麦屋へ年越し蕎麦を食べに行く。
ここから合流した悪友とワイワイやりながら店の前に立つと、
何と、店はコンビニに変わっていて一同唖然……思えば最後に来たのは去年の大晦日、
通い始めてかれこれ20年になろうかと言う店がなくなっているのは大層辛いものがある。
気分を取り直して近くの蕎麦屋へ……天婦羅蕎麦で年越し蕎麦とする。

明るい内に新年の買い出しをして帰宅。
お世話になった薔薇の大先輩と、最近知り合いになり、
勝手に弟のように可愛らしいと思っている友達に電話で年末のご挨拶を。
溌溂とした先輩の声、まだ何処かぎこちなく緊張もするけれど、どこか通じるものがある弟の声に
心温まる気持ちを抱いて電話を切る……矢張り、人の声っていいものですね。

早い時間からシャンパンを開け、一人で大晦日の夕餉に……。
僕にとって、大晦日は一人でテーブルに向かうことが習慣となっている。
好きな食べ物を揃え、美味しい酒を開けてグラスを傾ける……なかなかいいものだ。
程よく酔った所で何年かぶりに紅白歌合戦を見る……。
僕が知らないうちに惨憺たるものになっている歌合戦、あれは一体なに?
蝋人形館のような歌手の面々、歌手不在、懐メロ番組に成り果てた紅白に愕然。
年々大きく結われる女性演歌歌手の髪、ベテランほど声が出ず、歌が下手になって行くって一体……。
普段からキッチリ歌を歌っていない証拠、バラエティーにばかり出ているからでしょう(笑)
大体が、歌だけで聴かせることが出来ない歌手って一体!
バックにダンサーやコーラスの大群を従え、歌を聴かせると言うより
視覚で驚かせる感じ……ジャリタレ、お笑いタレントと巨大芸能事務所が占拠する芸能界にウンザリ。
昔はヒット曲を持つ歌手が目白押しで、出場することすら困難で、
出場が叶った暁には、一体どの曲を歌うのか、ファンは一喜一憂したものなのに……。
一番感激したのは、山口百恵がトリを取った年、「プレイバック Part 2」を歌った年かな。
酔いを醒ますために風呂に浸かる……ここで2時間熟睡(笑)最近、多いのです、
湯船で寝てしまうことが……お湯が冷めて目が覚めることもしばしば……。

除夜の鐘を聴きながら友人にメールで新年の挨拶を……。
元旦はゆっくり起きて「エンジェル」の仕切り直しで地元のシネコンへ。
あんな作品が観納めじゃ収まりがつかないのです。何でもいいから映画が観たかった……。
そうだ、今日は映画の日!新年早々、欲をかいて「魍魎の匣」と
「ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記」を観る。
なぜ「魍魎の匣」?一番映像化しにくいハズなのに。京極夏彦の作品を全部映像化する積もり?
僕なら順不同に「鉄鼠の檻」を映画化するけどなぁ……。
ロケ地の関係か、全く昭和初期に東京には見えなかった、
瓦の形、窓枠、エキストラの顔……どれ一つとっても日本にあらず。
暫く日本映画は観たくないなぁ……ヒドイ出来にガッカリ……「エンジェル」から2連敗。
それに引き換え「ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記」は腐っても鯛か?
強引に観客を楽しませる底力を持つハリウッド映画に脱帽。
全て絵空事なんだけど、いかにもそれらしく見せてくれるもの……。
どうでもいいけど、副題の「Book of Secrets」って、リンカーン暗殺者の日記じゃなくて、
歴代大統領しか存在を知らない秘密のノートのことじゃないの?(笑)
これまたどうでもいいけれど、なぜこんなに売れているか全くチンプンカンプンの主役。
苦手だわぁ……この人(笑)脇で出るならいざ知らず、どうしてこんなに主役がとれるの?
俳優が全てバーグマンとクーパーみたいに美男美女である必要はないのだけれど、
矢張り、大きなスクリーンで彼を観るのは辛いものがありました(笑)
観たくない俳優の筆頭(笑)今年は映画受難の年になるかも……。

何だか新年早々辛口になりました(笑)
今日はこれから箱根駅伝を見て、今年、接いで貰うオリジナルの薔薇の選別です。
どうでしょう、株はしっかりと育っているかな?何種類くらい接いで貰おうかな……。
矢張り、薔薇のことを考えていると雑念を忘れていいですね。

皆さんはどのようなお正月を過ごされましたか。
初詣には行かれましたか?おせち料理は食べましたか?
素敵な三が日になりますように……。


草々

2008年1月2日 


ブノワ。


[Angel/エンジェル (2007)]
[Francois Ozon (1967~ )]
[Gone with the Wind/風と共に去りぬ (1939)]
[山口百恵/Momoe Yamaguchi (1959~ )]
[プレイバック Part 2 (1978)]
[京極夏彦/Natsuhiko Kyogoku (1963~ )]
[魍魎の匣/講談社ノベルズ 刊 (1995)]
[鉄鼠の檻/講談社ノベルズ 刊 (1995)]
[魍魎の匣 (2007)]
[National Treasure : Book of Secrets/ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記 (2007)]
[Ingrid Bergman (1915~1982)]
[Gary Cooper (1901~1961)]

★Copyright © 2005~2008 raindropsonroses, All Rights Reserved.
[PR]
by raindropsonroses | 2008-01-02 00:00 | 向き向きの花束。